ランドクルーザー

カーライフニュース - ランドクルーザー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

新型 ランドクルーザー、ダカールラリー2023参戦へ トヨタ車体

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年06月11日(金) 13時45分

トヨタ車体のラリーチーム「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー(TLC)」は、新型『ランドクルーザー(300シリーズ)』ベースのラリー仕様車でダカールラリー2023市販車部門への参戦を目指すと発表した。

市販車部門へのエントリーには、生産開始後、一定の規定台数が生産されることが条件に設定されているため、新型ランドクルーザーのダカールラリーデビューは2023年大会となる予定。これに伴い、ランドクルーザー200シリーズでのダカールラ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は10日、圧倒的な悪路走破性を誇るフラッグシップSUVの新型『ランドクルーザー』を世界初公開した。70年の歴史で培われた技術と、TNGAに基づく新「GA-F」プラットフォームなどの最新技術を融合し素性を刷新。環境性能、先進安全性能も高めた。2021年夏以降、世界各地で発売予定。

ランドクルーザーは「TOYOTA BJ型」として1951年に誕生。2021年は生誕70周年にあたる歴史あるモデルだ。強力なエンジンを備えた四輪駆動・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の中東部門は6月7日、6月9日にワールドプレミアする予定の新型『ランドクルーザー』(Toyota Land Cruiser)の新たなティザー映像を公開した。

ランドクルーザーは、1951年に登場したトヨタ『ジープ』(BJ型)がルーツだ。しかし、「ジープ」という呼称がウイリス社の商標権に抵触することから、トヨタはトヨタ・ジープを、トヨタ・ランドクルーザーに改称した。今年で誕生70周年を迎える。

現行ランドクルーザー(200・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の中東部門は6月1日、新型『ランドクルーザー』(Toyota Land Cruiser)を6月9日、ワールドプレミアすると発表した。

ランドクルーザーは、1951年に誕生したトヨタ『ジープ』(BJ型)がルーツ。しかし、「ジープ」という呼称がウイリス社の商標権に抵触することから、トヨタはトヨタ・ジープを、トヨタ・ランドクルーザーに改称した。今年で誕生70周年を迎える。

現行ランドクルーザー(200系)は、2007年に登場し・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、『ランドクルーザープラド』を一部改良するとともに、ランドクルーザー生誕70周年を記念した特別仕様車「TX Lパッケージ・70th アニバーサリー リミテッド」を設定し、6月1日より発売した。

今回の一部改良では、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を標準装備したほか、19インチアルミホイールのデザインを変更した。

特別仕様車は、エントリーモデル「TX」をベースに“Lパッケージ"の・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は、米国向けの『ランドクルーザー』(Toyota Land Cruiser)の2021年モデルに、「ヘリテイジエディション」を設定し、9月から生産すると発表した。

◆ランドクルーザーの60年以上に渡る歴史に敬意

初代ランドクルーザーは、1954年6月に誕生した。1953年8月、トヨタはトヨタ『ジープ』(BJ型)の量産を開始する。しかし、「ジープ」という呼称がウイリス社の商標権に抵触することから、トヨタはトヨタ・・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、『ランドクルーザープラド』を一部改良するとともに、特別仕様車「TX Lパッケージ・ブラックエディション」を設定し、8月3日に発売した。

今回の一部改良では、2.8リットルディーゼルエンジンのターボチャージャーをサイズアップすることで、最高出力を従来の177psから204psに向上。さらに力強い走りを実現した。

安全装備では、トヨタセーフティセンスの機能を向上。プリクラッシュセーフティの検知範囲を拡大し、新たに夜間の歩・・・

ニュースを読む

日本損害保険協会が5月7日発表した「第21回自動車盗難事故実態調査結果」によると、『ランドクルーザー』がワースト1位となった。

調査は2020年2月に全国で発生した自動車本体盗難事故および車上ねらい(部品盗難含む)のうち、調査期間内に損害保険会社18社が車両保険金を支払った事案をまとめたもの。車両本体の盗難の調査総数は232件、車上ねらいは224件。

調査結果によると、『ランドクルーザー』が前回調査(2018年11月)に比べ7件増の・・・

ニュースを読む

4代目、150系となるトヨタの『ランドクルーザープラド』。世界中の極地で活躍するクロスカントリー『ランドクルーザー』譲りの堅牢性や走破性を持ちながらも、都会的な洗練されたデザインも持ち合わせている。現行型は、2017年に2度目のマイナーチェンジを受けた。

目次改良新型、日欧同時ワールドプレミア押し出し感アップ! セーフティセンスPも標準化[詳細画像]【試乗】軟弱なアーバンSUVに成り下がる気はさらさらないらしい…木下隆之【試乗】“小さ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、『ランドクルーザー』シリーズのグローバル累計販売台数が1000万台を突破したと発表した。1951年8月1日の『トヨタジープBJ型』発売以降、68年間での達成で、ランドクルーザーはトヨタで最も長い歴史を持つロングセラーカーでもある。

ランドクルーザーは、初代発売から4年後の1955年11月に投入した20系で本格的な輸出を開始。以降も「信頼性、耐久性、悪路走破性」を犠牲にせず顧客ニーズに応えるクルマづくりを一貫して続けるこ・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

NISMO:NE

e-powerからの乗り換えです。まだ500kmほどしか走行していないの...[ 続きを見る ]

A男

エンジン絶好調!

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:A男***** さん
総合評価:

購入から1年半が経過、走行距離も23000キロとなりエンジンは絶好調とい...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針