トゥインゴ

カーライフニュース - トゥインゴ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

2019年に兄弟車のスマート『フォーフォー』がひっそりと生産中止になって、エンジンをリアシート下に積み、後輪を駆動する魅力的なコンパクトカーはルノー『トゥインゴ』だけになった。

そのトゥインゴも実は現行モデルをもって終了し、今年で誕生30周年を迎えたトゥインゴという名前自体が消滅する可能性が高いという。そしてあくまでも外誌が伝える情報によれば、後継車はルノー『5(サンク)』という懐かしい名前が与えられるようである。つまり、トゥインゴは・・・

ニュースを読む

ルノー トゥインゴ、受注を一時停止

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年08月05日(金) 20時45分

ルノー・ジャポンは、コンパクトハッチバック『トゥインゴ』の受注を8月5日より停止すると発表した。

現在、世界的な半導体不足による部品調達の遅延や新型コロナウイルス感染拡大による物流の停滞、さらに不安定な世界情勢の影響を受け、ルノーではトゥインゴの生産状況改善のめどが立たない状況が続いている。

トゥインゴには多くの注文が集まっており、現状ではさらなる納期の長期化が見込まれるため、ルノー・ジャポンでは、トゥインゴ全グレードの注文を8月5・・・

ニュースを読む

ルノー トゥインゴ インテンス、5速MTモデルを追加

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年03月17日(木) 18時15分

ルノー・ジャポンは、コンパクトカー『トゥインゴ』のラインアップに5速MT仕様の『トゥインゴ インテンス MT』を追加し、3月17日より販売を開始した。

トゥインゴ インテンスはボディ同色サイドプロテクションモール、16インチアロイホイール、プライバシーガラスなどを採用するほか、ボディカラーに応じて組合わされるレザー調×ファブリックコンビシートとインテリアカラーなどによる上質で洗練されたデザインが特徴。また、コーナリングランプ機能付フロ・・・

ニュースを読む

ルノー トゥインゴ、装備を充実…MTモデルは燃費向上

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年05月13日(木) 15時30分

ルノー・ジャポンは、コンパクトハッチバック『トゥインゴ』(Renault Twingo)の装備を充実させ、新インテリアカラーを採用した「トゥインゴ・インテンス/インテンス・キャンバストップ」を5月13日から、MTモデルの「トゥインゴS」を7月より発売する。

トゥインゴ・インテンス/インテンス・キャンバストップは、ボディ同色サイドモール、16インチアロイホイール、プライバシーガラスなどを新たに装備。加えて、4色のレザー調×ファブリックコ・・・

ニュースを読む

ルノー・ジャポンは、コンパクトハッチバック『トゥインゴ』(Renault Twingo)に特別仕様車「リミテ」を設定し、5月13日から140台限定で発売する。

限定車はブランクオーツM(ホワイト)の「インテンス」および「インテンス・キャンバストップ」のボディサイドに、フランスを象徴するトリコロールの専用サイドストライプを配置。パリの街角でシックな存在感を放つ1台となっている。

価格はインテンス・リミテが224万円、インテンス・キャン・・・

ニュースを読む

ルノー・ジャポンは、コンパクトハッチバック『トゥインゴ』(Renault Twingo)に特別仕様車「バイブス」を設定し、2月18日から販売を開始した。

トゥインゴ・バイブスは、3色の専用ボディカラー、オランジュ バレンシアM、ブランクオーツM、ノワール エトワールMを設定。見る人の心に響き、元気(=バイブス)を与えるオレンジ色のアクセントを散りばめ、エモーショナルな雰囲気を高めた、デザイン性が際立つ特別仕様車となっている。

特別仕・・・

ニュースを読む

ルノーグループ(Renault Group)は12月8日、ルノーブランドのEVの欧州市場における2020年1〜11月の販売台数が前年同期比80%増の9万5985台となり、欧州EV最量販ブランドになった、と発表した。

ルノーは2010年、欧州市場にEVを投入した。現在の販売の主力は、EVコンパクトカーのルノー『ゾエ』だ。2020年1〜11月は、欧州で8万4000台以上を販売した。前年同期に対して、ほぼ2倍の大幅増を達成する。ゾエはデビュ・・・

ニュースを読む

ルノー トゥインゴ、特別仕様車シグネチャーに新色ホワイトを追加

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年12月03日(木) 19時00分

ルノー・ジャポンは、コンパクトカー『トゥインゴ』の特別仕様車「シグネチャー」に、新色のブランクオーツM(白)を追加し、12月3日から販売を開始する。

トゥインゴは、1992年に「TWIst」「sWINg」「tanGO」という3つの言葉に着想を得て名付けられた。シグネチャーは、この3つの言葉をイメージして「TWINGO」の文字をデザインしたタイポグラフィーを、専用サイドストライプ、シート、キッキングプレートに散りばめ、個性と感性が際立つ・・・

ニュースを読む

ルノージャポンは、2021年1月1日から、日本で販売する『トゥインゴ』の「EDC」と「S」を値上げすると発表した。

値上げ幅と新価格は、トゥインゴEDCが3万円アップの204万5000円、トゥインゴSが2万5000円アップの181万5000円。

なお、「トゥインゴ・キャンバストップ」、オプション装備、特別塗装(メタリック)価格の変更はない。・・・

ニュースを読む

ルノーグループは10月16日、ルノー『トゥインゴZ.E.』(Renault Twingo Z.E.)を欧州市場で発売した。

「Z.E.」とは、ゼロ・エミッションを意味しており、ルノーのEVに共通して冠される名称だ。ルノーは、『トゥインゴ』にZ.E.のラインナップを拡大する。トゥインゴにEVが設定されるのは、初めてとなる。

なお、トゥインゴには、フロントマスクなどを大幅変更した改良新型が発表されており、日本市場にも2019年8月に導入・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ほだ

結構良い

車種名:三菱自動車 eKクロス (マイルドハイブリッド)
投稿ユーザー:ほだ***** さん
総合評価:

なかなかのびる、4WDターボなのでどうかなぁと思っていたが、夏タイヤで2...[ 続きを見る ]

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針