SLK

カーライフニュース - SLK

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデス・ベンツ日本は7月27日、メルセデスベンツ『SLK250』などの横滑り防止装置(ESP)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『SLK250』、『SLK350』、『SLC180』、メルセデスAMG『SLC43』の4車種で、2015年7月21日〜2017年3月6日に輸入された1047台。

ESPの制御プログラムが不適切なため、衝突被害軽減ブレーキまたは、車間制御付きクルーズコ・・・

ニュースを読む

メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

by 森脇稔 on 2016年07月25日(月) 23時15分

ドイツの高級車、メルセデスベンツの小型オープンカー、『SLK』。同車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。メルセデスベンツの米国法人、メルセデスベンツUSAから、SLKに関するリコールの届け出を受けた、と公表している。

今回のリコールは、ヘッドライトの不具合が原因。NHTSAによると、SLKのロービームの調整が、出荷の際、正しく行われなかった可能性が・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ SLC 発売、SLK 後継の新型ロードスター…530万円から

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年06月02日(木) 15時30分

メルセデスベンツ日本は、小型オープンスポーツ『SLK』を刷新、名称を『SLC』に改め、6月2日より販売を開始する。

SLKは1996年、世界初の電動開閉式ハードトップ「バリオルーフ」を備えた全天候型オープンカーとして登場。デビューから20周年となる今回の新型モデル導入を機に、メルセデスのロードスターを表す「SL」と車格を表す「C」を組み合わせ、「SLC」と刷新した。

エクステリアは、ロングノーズショートデッキの流麗なサイドプロポーシ・・・

ニュースを読む

メルセデス SLK、米国でリコール…電装系に不具合

by 森脇稔 on 2016年05月12日(木) 09時15分

ドイツの高級車、メルセデスベンツの小型オープンカー、『SLK』。同車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。メルセデスベンツの米国法人、メルセデスベンツUSAから、SLKに関するリコールの届け出を受けた、と公表している。

今回のリコールは、電装系の不具合が原因。NHTSAによると、SLKのイグニッションスイッチへのバックアップ電源の供給が適切に行わ・・・

ニュースを読む

ドイツの高級車、メルセデスベンツは12月15日、『SLC』の概要を明らかにした。実車は2016年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー16で初公開される。

SLCはメルセデスベンツの小型オープンスポーツカー、『SLK』の大幅改良モデル。メルセデスベンツはSUVを中心に順次、新呼称を採用。SLKは大幅改良を機に、SLCにネーミングを一新した。

この呼び方は、メルセデスベンツのサルーン系の中核車種、『Sクラス』、『Eクラス』、『・・・

ニュースを読む

ドイツの高級車、メルセデスベンツの3車種が米国において、リコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。メルセデスベンツの米国法人、メルセデスベンツUSAから、「『CLA』『GLA』『SLK』に関するリコールの届け出を受けた」と公表している。

今回のリコールは、エンジンの不具合が原因。NHTSAによると、吸気および排気のカムシャフトの溶接が適切に行われておらず、エンジンを損傷・・・

ニュースを読む

タイムズモビリティネットワークスは、ヴィンテージカーおよびスポーツカーを貸し出す「サービスX」の取り扱い店舗に「タイムズステーション池袋店」と「恵比寿駅前店」の2店舗を追加し、9月17日よりレンタルを開始する。

「サービスX」は2014年8月より「タイムズステーション有楽町イトシア店」にてサービスを開始。これまでに、ウエストフィールド『SE(スーパー7レプリカ)』、アルファロメオ『スパイダー』などをレンタカーとして提供してきた。その後・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ SLK200 一部改良、全車に2リットル直噴ターボを搭載

by 纐纈敏也@DAYS on 2015年08月20日(木) 12時15分

メルセデス・ベンツ日本は、2シーターオープン、メルセデスベンツ『SLK』の装備内容を大幅に充実し、8月20日より販売を開始する。

今回の改良では、「SLK200」全モデルに2.0リットル直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンを採用。成層燃焼リーンバーンとターボ過給により、優れた動力性能と高い環境適合性を実現する。従来の1.8リットルエンジンと比較し、最大トルクは30Nm向上させ300Nmとした。最高出力は184psと変わらない。・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ SLK 後継の「SLC」、ニュル高速テストをキャッチ!

by 子俣有司@アポロニュースサービス on 2015年06月24日(水) 21時00分

欧州の市街地で度々目撃されているメルセデベンツ『SLK』の改良型、『SLC』がニュルの高速テストを開始した。カメラマンの最新情報によればテスト最終段階に入っており、かなり高速で走らせていたと言う。

リネームと共にエクステリアもリフレッシュされる。フロントバンパーは依然ベールに包まれているが、ヘッドライトを始めグリル、リアコンビランプなどがリフレッシュされ、フロントマスクは『Cクラス』に似たデザインと伝えられる。

新名称は『SLC40・・・

ニュースを読む

メルセデス SLK 後継の「SLC」に早くもAMGモデルか…V8ターボで440ps!?

by 子俣有司@アポロニュースサービス on 2015年06月05日(金) 12時06分

メルセデスベンツ『SLK』の改良型として車名を変更し登場する『SLC』。そのハイパフォーマンスモデル「AMG」の姿を初、いち早く捕捉することに成功した。

SLCは、現在SLKの名で販売されているコンパクト2シーターオープン。メルセデスベンツは2014年11月に「2016年から車名を変更する」としていた。

ノーマルモデルとは異なるフロントのエアインテーク、バンパー、ホイール、そしてリアにはAMGの代名詞クワッド・エキゾースト・パイプが・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

FD乗り

燃費と5AGS

車種名:スズキ ソリオ(ハイブリッド)
投稿ユーザー:FD乗***** さん
総合評価:

500km走行後の感想。標準モードではCVTのにゅるにゅる感がなく、ギア...[ 続きを見る ]

もぶすけ

ビックリしました!

車種名:三菱自動車 eKスポーツ/アクティブ
投稿ユーザー:もぶ***** さん
総合評価:

25年位前に三菱の軽自動車を中古車で購入した所、直ぐパワステが壊れて返品...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針