オペル

カーライフニュース - オペル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

オペルのニュース

オペル、再チャレンジの本番[日本にまだないブランド]

by 井元康一郎 on 2021年11月05日(金) 19時00分

世界には日本での知名度は低いが他の市場ではメジャーというブランドが多数存在する。そんなブランドにスポットライトを当ててみる本企画の第2弾は、2022年に日本市場に登場予定のドイツブランド、オペルだ。

120年以上にわたる自動車製造の歴史を持つオペルは第二次世界大戦前にアメリカのゼネラルモーターズの100%子会社となり、GMの欧州戦略を担い続けてきたが、21世紀に入ってから業績が悪化。2017年にフランスのPSAプジョー・シトロエン(そ・・・

ニュースを読む

2年前より日本市場へのカムバックが公式に発表されていたオペル。先だって日本語の公式サイトも開かれたが、それにしてもいつから買えるのか?そしていつから乗れるのか?現在の状況についてひと回り聞いてみた。

まずオペルとは、ドイツはフランクフルト近郊、ルセルスハイムに拠点を置くメーカーだが、2016年からPSAグループに統合買収され、それまでのGMグループ傘下を離れた。つまり現在は「ステランティス」グループの一部をなす。

日本市場ではスモー・・・

ニュースを読む

オペルは8月25日、2名乗りの小型EVの『ロックスe』(Opel Rocks-e)を欧州で発表した。シトロエン『アミ』のオペル版となる。

◆シトロエンのシティコミューターEVがアミ

シトロエンはブランド誕生から100年間、大胆さと創造性をもって、誰でもアクセスできるモビリティを追求してきた。そして101年目となる2020年、ブランドの完全電動化への流れに従い、新たなモビリティとして、アミを発表した。「アミ」の車名は、1960〜197・・・

ニュースを読む

グループPSAジャパンは8月4日、2021年中に予定していた日本市場再参入を2022年上半期に延期すると発表した。

オペルは、1862年にドイツ・リュッセルハイムで創立。1931年にGMの完全子会社となり、日本ではヤナセなどが輸入販売を行っていた。GMは2001年、直営ディーラー網による販売をを開始。しかし、売れ行きは低迷し、2006年に日本市場から撤退。2017年、オペルはPSA・プジョーシトロエンに売却された。

当初、オペルの発・・・

ニュースを読む

オペル、EVブランドに---2028年から欧州で

by 森脇稔 on 2021年07月13日(火) 07時45分

オペル(Opel)は2028年から、欧州市場でEVのみを販売する。7月9日、オペルが発表した。

オペルは現在、ステランティスの傘下にあり、大規模な電動化攻勢に取り組んでいる。オペルのラインナップにおける電動モデルは、2021年現在で9車種。すべてのラインナップに、2024年までに電動モデルを設定する計画だ。

その後、欧州では2028年から、オペルはEVのみをラインナップするEVブランドになる。また、世界最大の新車市場の中国への再参入・・・

ニュースを読む

オペルは6月29日、次期『アストラ』(Opel Astra)のプロトタイプの写真を公開した。

アストラは、オペルの主力コンパクトカーで、かつて、日本市場にも導入されたことがある。競合車は、フォルクスワーゲン『ゴルフ』やプショー『308』、ルノー『メガーヌ』など。

次期アストラでは歴代で初めて、パワートレインを電動化する。オペルは現在、ステランティスの傘下にあり、グループ内のプジョー、シトロエン、フィアットなどの電動化テクノロジーが、・・・

ニュースを読む

オペルは6月8日、次期『アストラ』(Opel Astra)のティザーイメージを公開した。

アストラは、オペルの主力コンパクトカーで、かつて、日本市場にも導入されたことがある。競合車は、フォルクスワーゲン『ゴルフ』やプショー『308』、ルノー『メガーヌ』など。

現行アストラは11世代目モデルだ。2015年秋、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2015において、ワールドプレミアされた。現行型のデビューからおよそ6年となる現在・・・

ニュースを読む

オペルのサブコンパクト・クロスオーバーSUV、『モッカX』の次世代型をスウェーデン北部でカメラが捉えた。オペルは2021年に日本市場への再参入が発表されており、人気セグメントであるモッカX投入の可能性もゼロではない。

モッカは、2012年3月のジュネモーターショーにてワールドプレミアされ、当時はGM傘下として発売された。2016年には、フロントマスクを刷新し車名を『モッカX』に変更。今回は初のフルモデルチェンジとなるが、2017年にプ・・・

ニュースを読む

2017年にGMからグループPSA傘下になったオペル。グローバル展開に転じ日本にも再進出が2021年後半に決まった。そこでオペルオートモビル gmbh CEO およびグループ PSA 執行役員のミヒャエル・ローシュラー氏に同グループ内のオペルの位置づけなどについて話を聞いた。

◆社会の真ん中にいる人がターゲット

ヨーロッパではメジャーブランドのオペルだが、日本では2006年に撤退してしまっているので、そのイメージは薄い。そこでローシ・・・

ニュースを読む

オペルは、新型『コルサ』のEV、『コルサe』(Opel Corsa-e)の受注を欧州で開始した。ドイツ本国でのベース価格は、2万9900ユーロ(約352万円)と発表されている。

オペルは2020年2月、日本市場に再参入すると発表した。2021年に予定される再参入時には、コルサ、『コンボライフ』、『グランドランドX』の3車種を投入する。コルサのEV、コルサeも日本市場に導入される計画だ。

◆航続は最大337km

第6世代のコルサをベ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

スズ(_ _)

AWDモデルについて

車種名:スズキ キザシ
投稿ユーザー:スズ***** さん
総合評価:

キザシの魅力、AWDモデルの機能についても掘り下げます。 燃費に付いて、...[ 続きを見る ]

デカ耳こーぎー

【全般】  Aピラー下端を除き良好な視界で不思議な安心感があり、見た目も...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針