ホンダ

カーライフニュース - ホンダ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダのニュース

ホンダ S660、ヒダマリカラーの特別仕様車を限定発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年10月20日(金) 19時29分

ホンダは、軽2シーターオープン『S660』のβタイプに、特別仕様車「#komorebi edition(コモレビ エディション)」を設定し、11月10日より期間限定で販売する。

コモレビ エディションは、専用色の「ヒダマリアイボリー・パール」や専用のブラウンルーフトップ、ライトタンインテリア、アルミ製コンソールプレートなどを特別装備。上質でシックな親しみやすさを演出した。

また、要望が多かったシティブレーキアクティブシステム(低速衝・・・

ニュースを読む

ホンダ CB1300SF、新型発売…最高出力アップや新排ガス規制対応など

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年10月20日(金) 14時00分

ホンダは、大型ロードスポーツモデル『CB1300スーパーフォア』および『CB1300スーパーボルドール』を改良するとともに、平成28年度排出ガス規制に対応させ、10月20日より発売する。

CB1300スーパーフォアは、力強いエンジン性能と軽快な操縦性、ツーリングでの快適性を高次元で調和。防風効果の高いフロントカウルを装着するCB1300スーパーボルドールとともに、多くのファンの支持を集めている。

今回の改良では、最高出力を9ps増の・・・

ニュースを読む

ホンダは19日、四輪車に関する安全宣言を出した。神戸製鋼所が品質を保証する書類を改ざんして、要求基準に合わない製品を顧客に納品していた問題で調査を終えた。

神鋼から直接購入していたアルミ板が、乗用車などのボンネットやドアなどに使われ、基準を満たしていない部材であったが、衝突安全性能は保たれていることがわかった。鉄粉については、データ改ざんが行われた工場から出荷されたものではないため影響はない、と神鋼から報告を受けているとして、調査から・・・

ニュースを読む

ホンダは『スーパーカブ』シリーズを5年ぶりに全面改良し、11月10日発売する。丸型ヘッドランプを復活させるとともに、排ガス規制強化でガラパゴス化が進む50ccクラスも規制をクリアし存続する。

スーパーカブの開発責任者を務める本田技術研究所二輪R&Dセンターの亀水二己範主任研究員は「お客様の要望するカブ、日本の原点でいうと丸だった。現行モデルは法規対応、ASEANモデルとの共用も含めて角型に統一し、明るさを法規的に通してきた。今回、LE・・・

ニュースを読む

ホンダは10月19日、二輪車『スーパーカブ』の世界生産累計台数が1億台を達成したと発表した。1958年の初代モデルの発売開始から59年を経ての大台乗せとなる。

ホンダの二輪事業本部長務める安部典明執行役員は同日、熊本製作所(熊本県大津町)で開いた記念式典で「スーパーカブは1958年の誕生以来、各国の文化の違いや多様化するお客様のニーズに合わせて進化を続け、160か国以上で販売された、まさにロングセラーモデル」と紹介した上で、「需要のあ・・・

ニュースを読む

ホンダ スーパーカブ、世界生産累計1億台…59年で達成

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年10月19日(木) 18時15分

ホンダは、『スーパーカブ』シリーズ(49〜125cc)世界生産累計1億台達成の記念式典を10月19日、日本における生産工場である熊本製作所にて開催した。

ホンダは、1958年8月に初代「スーパーカブC100」の量産を大和工場(旧埼玉製作所和光工場)にて開始。その後、1961年に台湾でノックダウン生産を開始し、現在は世界15か国16拠点で生産している。

初代スーパーカブC100は当時2ストロークエンジンが主流の中、経済性、耐久性に優れ・・・

ニュースを読む

ホンダは、東京ビックサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」にて、子ども達を対象としたオフィシャルカメラマン体験キャンぺーンを実施。10月18日から22日まで参加者を募集する。

ホンダは、今回の東京モーターショーにコンセプトモデルを含む四輪車・二輪車等を出展。「自分を、もっともっと連れ出すんだ。」をブースコンセプトに、モビリティーを通して拡がる人間の可能性、豊かな生活をブース全体で提案する。また初めての取り組みとして、・・・

ニュースを読む

ホンダ CR-V 、米国で2018年型…先進運転支援が充実

by 森脇稔 on 2017年10月19日(木) 11時45分

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは10月17日、『CR-V』の2018年モデルを発表した。

現行CR-Vは5世代目モデルで、2016年10月に発表。デビュー以来、1年が経過して登場した2018年モデルでは、先進運転支援システム(ADAS)の充実ぶりが特徴となる。

CR-Vの2018年モデルには、前方衝突警告(FCW)と歩行者検知機能を備えた衝突軽減ブレーキ(CMBS)、車線逸脱を伴う道路逸脱軽減(RDM)などの機能を含む「ホンダ・・・・

ニュースを読む

ホンダアクセスは10月17日、“犬の日”である11月1日に向けて、自家用車を保有していて犬を飼っているドライバーを対象とした「愛犬とのお出かけ・ドライブに関する調査2017」の結果を発表した。

調査は9月5〜7日の2日間、インターネット調査にて実施、自家用車を保有していて犬を飼っている30〜69歳のドライバー1000名(30代・40代・50代・60代の男女各125名)の有効回答を集計した。

調査結果によると、愛犬がクルマでのお出かけ・・・

ニュースを読む

ホンダは、安全運転教育用「Hondaライディングシミュレーター」をフルモデルチェンジし、11月29日に発売すると発表した。

3代目となる新型「Hondaライディングシミュレーター」では、走行中にどの地点で危険を感じ取ったかを記録して走行再生時に表示する「危険予測表示機能」など、危険予測の学習ができるソフトを充実させた。

また車体に傾斜機能をもたせないことで、軽量・コンパクト化・低価格化を実現。搬入時の負担軽減や設置エリアの省スペース・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

yt527

燃費

車種名:トヨタ ピクシス エポック
投稿ユーザー:yt5***** さん
総合評価:

新型が欲しかったけどH14年式ワゴンRが壊れてH28年7月のDグレード新...[ 続きを見る ]

Nobuo Shimokwa

初めての三菱以外を購入

車種名:ダイハツ タント
投稿ユーザー:Nob***** さん
総合評価:

車乗り初めて30年初めてメジャーな奴をゲット しかもパールホワイト 希望...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針