ホンダ

カーライフニュース - ホンダ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダのニュース

ホンダは、後付け部品として販売した「モンキー125専用リアキャリア」に不具合があるとして、国土交通省へ自主改善を届け出た。対象となるのは、2018年6月11日から6月25日に出荷した2707個。

今回の不具合は、リアキャリアの強度不足。リアキャリアに荷物を積んだ状態で走行すると、走行振動によりパイプの溶接部に亀裂が生じることがある。そのため、そのまま使用を続けると亀裂が進行し、破断して、最悪の場合、リアキャリアが脱落するおそれがある。・・・

ニュースを読む

ホンダは、低ノイズのオーディオ機器用蓄電機「LiB-AID(リベイド)E500 for Music」を200台限定で発売。12月18日までホンダ公式ウェブサイト上で購入申し込みを受け付ける。価格は29万7000円で、デリバリーは2020年2月中旬より開始する。

LiB-AID E500 for Musicは、ホンダ独自の正弦波インバーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせたハンディータイプ蓄電機「LiB-AID E500」をベース・・・

ニュースを読む

ホンダは、コンパクトミニバン『フリード』『フリード+』の内外装デザインを刷新するとともに、クロスオーバースタイルの新グレード「クロスター」を追加し、10月18日より発売する。

今回のマイナーモデルチェンジでは、フリードらしい「親しみやすさ」はそのままに、より洗練されたデザインへ進化させた。また、安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全タイプに標準装備とし、新たに後方誤発進抑制機能を追加。新グレード クロスターを追加するなど、商品力・・・

ニュースを読む

ホンダは10月16日、「東京モーターショー2019」(10月23日-11月4日開催)での世界初披露を予定している新型『フィット』を、ホームページで先行公開した。

4代目となる新型フィットは、独自のセンタータンクレイアウトによる広い室内空間と、多彩なシートアレンジを継承し、ハイブリッドモデルにはより小型になった2モーターハイブリッドシステムを搭載。従来の使い勝手の良さはそのままに、乗った人が“心地よい”と感じるような、日常をさらに豊かに・・・

ニュースを読む

F1日本グランプリ(鈴鹿サーキット)GPスクエアのブース内で注目を集めていたのは、レッドブル・ホンダのカラーリングが施されたホンダ『N-WGN カスタム』、トロロッソ・ホンダのカラーリングにつつまれた『N-BOX カスタム』。2台ともにF1マシンのカラーリングが再現されており、ホンダファンにとっては見逃せない。

担当者によると、「昨年トロロッソ・ホンダのカラーリングを施した『S660』を展示したところ好評だったので、今年は2台にパワー・・・

ニュースを読む

16歳の誕生日と共に原付免許を取り、でも、20代はクルマに夢中。アラサーでリターンライダーになるも、40代は仕事に忙殺される。そしてアラフィフで2輪に再々入門。そんな浦島ライダーが、最新のバイクをチェックしていきます!

◆ホンダらしく、わかりやすくカッコいい


ホンダ『CB650R』のデザイン上のハイライトは、キレイに並んだ4本のエグゾーストパイプである。いうまでもなく、マルチこと直列4気筒エンジンを搭載しているわけですが、「エッ!・・・

ニュースを読む

鈴鹿サーキットで行われているF1第17戦日本GPは11日に2回のフリー走行が行われ、フリー走行1回目に続き2回目もバルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップタイムをマークした。

フリー走行2回目が始まると、まずはバルテリ・ボッタス(メルセデス)が1分29秒469のトップタイムを記録。約25分経過した時点でセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が1分28秒392を記録してトップに立ち、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が0.0・・・

ニュースを読む

鈴鹿サーキットで開催を迎えた2019年F1日本GP。その数日前にレッドブル・ホンダの若きエース、マックス・フェルスタッペンはホンダF1“第1期”のマシンである1965年型「RA272」を佐藤琢磨とともにドライブしていた。

栃木にあるホンダの“プルービンググラウンド”に用意されたのは新旧2台のF1マシン。1台は現代の、といっても日進月歩のF1マシンとしては既に旧型の部類ともいえる2011年型レッドブルRB7とされる。2.4リットルV8エ・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

「安全第一」を最優先するのであれば懸命な判断である。大型で非常に強い台風19号が勢力を維持したまま日本列島に接近している。

過去最強クラスの勢力で、3連休の首都圏などを直撃する恐れもある。すでに、ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会も12日の・・・

ニュースを読む

ホンダアクセスは、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」にあわせ、展示会場である有明エリアと青海エリアをつなぐOPEN ROADに『ヴェゼル・ツーリング・モデューロX』を展示する。

今回の東京モーターショーは、従来の有明エリアに加え、新たな青海エリアとこの2つのエリアをつなぐOPEN ROADが加わり、過去最大規模の面積での開催となる。全長1.5kmのOPEN ROADは、気軽に立・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たか

低燃費タイヤとの相性はかなり良いと思います。 大分以前ですが、E36の3...[ 続きを見る ]

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針