サーブ

カーライフニュース - サーブ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

サーブのニュース

スズキの欧州部門は7月30日、『ビターラ』(Suzuki Vitara、日本名:『エスクード』)の改良新型を欧州で発表し、同車に最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

今回、デビューからおよそ4年が経過し、現行ビターラが登場以来、初となる大幅改良を受けて、改良新型を発表。同車に、最新の先進運転支援システム(ADAS)が搭載された。

「デュアルセンサーブレーキサポート」は、フロントガラスの単眼カメラとレーザーレー・・・

ニュースを読む

スズキ『スペーシア』が12月14日、初めてのフルモデルチェンジを果たした。その中で安全装備として注目したいのが「スズキセーフティサポート」だ。新型では従来のシステムを一新してその範囲を後退時にまで拡大。これでうっかりミスの大幅低減に寄与することとなった。

新型ではスズキセーフティサポートを、単眼カメラと赤外線センサーを組み合わせた『デュアルセンサー ブレーキサポート』とした。システムはドイツのコンチネンタル社製で、基本的にはトヨタの「・・・

ニュースを読む

サーブブランドを傘下に持つナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(NEVS)社は12月5日、中国天津工場から、NEVS『9-3エレクトリック』の量産第一号車がラインオフした、と発表した。

NEVS 9-3エレクトリックは、先代サーブ『9-3』の後継車で、パワートレインはEV。ガソリンおよびディーゼルエンジンを搭載していたサーブ9-3が、EVとして復活を果たした。

EVパワートレインの詳細は明らかにされていないが、1回の充・・・

ニュースを読む

スウェーデンのEVメーカーで、サーブブランドを傘下に持つNEVSは6月7日、中国で開幕したCESアジア2017において、『In Motionコンセプト』を初公開した。

In Motionコンセプトは、未来の自動運転車を提示したコンセプトカー。大都市に住む車を所有しない人々に向けて、安全かつ効率的に移動できる手段として、自動運転車を提案する。

In Motionコンセプトは、「レベル5」の完全自動運転車。そのため、室内にはステアリング・・・

ニュースを読む

サーブ 9-3 がEVで復活…最新コネクト搭載

by 森脇稔 on 2017年06月01日(木) 13時54分

サーブブランドを傘下に持つナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(NEVS)社は5月31日、NEVS『9-3 EV』を発表した。

NEVS 9-3 EVは、先代サーブ『9-3』の後継車で、パワートレインはEV。ガソリンおよびディーゼルエンジンを搭載していたサーブ9-3が、EVとして復活を果たした。

EVパワートレインの詳細は明らかにされていないが、1回の充電で、最大300kmを走行可能。スマートフォンアプリを使ったデジタ・・・

ニュースを読む

ベリサーブは1月18日、東京ビッグサイトで開幕した「第9回オートモーティブワールド/第9回国際カーエレクトロニクス技術展」に出展した。

ベリサーブは、30年以上に渡って、ソフトウェアの検証サービスにより、品質向上に貢献。スマートフォンやデジカメなどの身近な製品から、自動車、航空機などの大型プロダクト、また、エンタープライズ、WEBサイト、パッケージソフトなどのシステムにいたるまで、700社を超える企業の製品・システムを検証してきた。
・・・

ニュースを読む

自動車ブランドのサーブ、消滅へ…70年の歴史に幕

by 森脇稔 on 2016年06月23日(木) 07時30分

スウェーデンの名門自動車ブランド、サーブ。同ブランドが、消滅することが分かった。

これは6月21日、自動車のサーブブランドを保有するスウェーデンのNEVS(ナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン)が明らかにしたもの。同社は、「2017年をもって、サーブの商標を使用しないことを決定した」と発表している。

サーブは1947年、スウェーデンに設立された老舗自動車メーカー。2000年には、米国の自動車大手、GMの子会社に。201・・・

ニュースを読む

かつてGMの傘下にあり、現在はブランド売却および廃止となったサーブとサターン。両ブランドがタカタ製エアバッグの不具合により、米国でリコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。GMから、サーブとサターン合計約18万台のリコールの届け出を受けた、と公表している。

このリコールは、タカタ製のエアバッグのインフレーター(膨張装置)の不具合によるもの。ガス発生剤の成型工程や成型後の吸湿・・・

ニュースを読む

サーブの親会社、NEVS…中国で25万台のEVを受注

by 森脇稔 on 2015年12月18日(金) 15時15分

スウェーデンの自動車メーカー、サーブの現在の親会社、NEVS社は12月17日、中国で25万台のEVを受注した、と発表した。

25万台ものEVを発注したのは、中国のパンダ・ニュー・エナジー社。同社は、中国のリース会社で、世界で最大のEVリース会社を目指している。

両社の合意内容は、まず2020年末までに、サーブ『9-3』をベースにしたEV15万台を、NEVS社がパンダ・ニュー・エナジー社に納入。

さらに、他のEV10万台および、それ・・・

ニュースを読む

ルネサスエレクトロニクスは、ナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(Nevs)と、戦略的パートナーシップを締結したと発表した。

両社は今後、Nevsの電気自動車(EV)用Phoenixアーキテクチャ技術と、ルネサスの新エネルギー自動車向け技術を融合、中国の新エネルギー自動車市場へ向けた各種のシステムソリューションを共同開発する。

今回のパートナーシップ締結により、ルネサスとNevsは、中国市場向けEVの研究開発に着手する・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

にゃんこ界のにゃんこ

ATより燃費はいい

車種名:マツダ デミオ
投稿ユーザー:にゃ***** さん
総合評価:

【燃費】 主に阪神間の国道を50km/hぐらいで走行。コールドスタート込...[ 続きを見る ]

キャシー

初投稿です

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:キャ***** さん
総合評価:

デミオ ディーゼルターボのXD L購入後の感想です。 兵庫県神戸市で主に...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針