マツダ アクセラ

カーライフニュース - マツダ アクセラ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

新型 マツダ3、レッドドットアワード最高賞を受賞

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年04月08日(月) 15時30分

マツダは4月8日、新型『マツダ3』が、世界的デザイン賞「レッドドットアワード・プロダクトデザイン2019」にて最高賞である「Best of the Best」に選ばれたと発表した。マツダ3は、2014年に「レッドドットアワード」に選ばれた3代目に続き、2世代続けての受賞となる。

新型マツダ3は、日本の美意識の本質を体現することを目指す、深化した「魂動デザイン」を体現。ワンモーションのシンプルな動きでフォルムを描きつつ、繊細なボディ造形・・・

ニュースを読む

マツダ(Mazda)の米国法人、北米マツダは4月3日、新型『マツダ3』(Mazda 3)が最初の自動車賞を受賞した、と発表した。

新型マツダ3の米国仕様には、ハッチバックとセダンを設定する。全車が2.5リットルガソリンのSKYACTIV-G を搭載。最大出力は186hp/6000rpm、最大トルクは25.7kgm/4000rpmを引き出す。気筒休止技術を採用して、燃費性能を追求している。

新型マツダ3の米国ベース価格は、2万1000・・・

ニュースを読む

マツダ、アクセラ 5万台をリコール ワイパーが動かなくなるおそれ

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年04月04日(木) 16時56分

マツダは4月4日、『アクセラ』のフロントワイパーについて、動作不良となるおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2015年7月20日〜2017年7月15日に製造された5万0885台。

不具合の原因は、フロントボディコントロールモジュール(車両制御コンピュータ)。内蔵されるワイパーリレーの接点構造およびワイパーモータとの組み合わせが不適切なため、リレー作動時の熱により接点部に異物が生成され、・・・

ニュースを読む

スポーツモデルを数多く用意しているマツダは、1980年代からシートに強いこだわりを持っていた。この設計哲学は現在まで脈々と受け継がれている。注目したのは、人間が持っている動的バランス保持能力。『マツダ3』のプロトタイプ試乗で驚かされたことのひとつは、バランス保持能力を最適に引き出せるシートの開発と採用だ。

人間は歩くときに、骨盤と上体を自然に逆方向に動かし、頭部を安定させている。意識することなく、骨盤を立てて脊柱が自然なS字カーブを描・・・

ニュースを読む

マツダは人馬一体のクルマづくりをポリシーにしている。加速から減速、コーナリングまで、運動性能の連携性にこだわり、なめらかな加速度のつながりにこだわってきた。ブレーキやステアリング、アクセルなどの操作感と応答性をバランスさせ、一貫性を持たせることによって人が運転しやすい車両特性を実現したのである。なめらかなG(加速度)のつながりを実現するために、マツダの多くのクルマに採用している新発想の制御技術が「G-ベクタリングコントロール(GVC)」・・・

ニュースを読む

2018年11月に開催されたロサンゼルスモーターショーでベールを脱ぎ、間もなく発売が開始される『マツダ3』(次期アクセラ!?)のプロトタイプに、北海道剣淵町にあるマツダの試験場で試乗した。

雪が降り積もった特設コースでステアリングを握ったのは北米向け仕様のセダンとヨーロッパ市場向けの5ドアハッチバックだ。いずれもFF車で、ガソリンエンジン(SKYACTIV-G)に電子制御6速ATの6EC-ATを組み合わせている。

◆荒れた雪道でもし・・・

ニュースを読む

マツダの欧州部門、マツダモーターヨーロッパは3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2019において、新型『マツダ3』(Mazda3)の欧州仕様車を初公開した。

マツダ3は2003年のデビュー以来、世界累計販売台数が600万台を超えるマツダのグローバル戦略車だ。新型は4世代目モデルとなり2018年秋、ロサンゼルスモーターショー2018で初公開された。新型にも引き続き、5ドアハッチバックと4ドアセダンの2種類のボディが設定され・・・

ニュースを読む

マツダは3月5日からのジュネーブモーターショー2019で、新型コンパクトSUVを発表する(既報)。欧州マツダではこれら4車種5車型をジュネーブモーターショー2019で訴求する構えだ。

新型コンパクトSUVは、新世代マツダ車第2弾だ。新世代ボディ構造にSKYACTIVテクノロジーを搭載、魂動デザイン哲学による最新デザインを身にまとう。

新世代マツダ車第1弾は新型『マツダ3』(ハッチバック/セダン)。2月18日にポルトガルのリスポンで欧・・・

ニュースを読む

マツダの欧州部門、マツダモーターヨーロッパは2月19日、新型『マツダ3』(Mazda3)にマツダの欧州仕様車として初めて、「G-ベクタリング コントロール プラス」(「GVC Plus」)を採用すると発表した。

GVC Plusは、マツダの新世代車両運動制御技術、「スカイアクティブ ビークル ダイナミクス」(SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS)の第二弾となるテクノロジーだ。第一弾の「G-ベクタリング コントロール」(「・・・

ニュースを読む

マツダは、アメリカ・カリフォルニア州で新型『マツダ3』の試乗会を行った。
用意された試乗車は下記の通り。

●ハッチバック 欧州仕様 SKYACTIV-G 2.0(マイルドハイブリッド)
ボディサイズ 全長4460×全幅1795×全高1435mm
ホイールベース 2725mm
最大出力 122ps/6000rpm
最大トルク 213N・m/4000rpm
トランスミッション MT

●セダン 北米仕様 SKYACTIV-G 2.5
ボデ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ときわ公園

燃費27.0km/L

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:とき***** さん
総合評価:

走行距離13500km。長距離通勤に使ってますが、結構なエコ走行だと思い...[ 続きを見る ]

gokuhaze

通勤での実燃費がカタログ燃費をはるかに超えるリッター20km/L なかな...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針