ヘッドアップディスプレイ(HUD)

カーライフニュース - ヘッドアップディスプレイ(HUD)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

セイコーエプソンは、同社初となるヘッドアップディスプレイ専用コントローラIC「S2D13V40」を開発、量産を開始した。月産10万個の予定で、サンプル価格(税別)は1000円。

ヘッドアップディスプレイは、少ない視点移動で必要な表示を視認できることから、安全性の向上・疲労の軽減を目的に搭載する自動車が近年増加。今後もさらなる需要の拡大が見込まれている。その一方、システムコストや、開発工数などが課題となっている。

新製品は最高105度・・・

ニュースを読む

Borderlessは5月20日、HUDやリアカメラを搭載する次世代ヘルメット「クロスヘルメットX1」を「Makuake」で発表。クラウドファンディングキャンペーンを開始した。

クロスヘルメットは専用開発の170°超広角リアカメラを内蔵し、HUD上にその映像を投影。ライダーは走行中、後方を振り返ることなく、HUDに表示される後方映像を少しの視線移動で確認できる。

また、サウンドコントロール機能「クロスサウンドコントロール」を搭載。外・・・

ニュースを読む

パナソニックは、同社の小型HUD(ヘッドアップディスプレイ)が、日産自動車が9月17日発売した改良新型『スカイライン』に採用されたと発表した。

小型HUDは、世界初のインテリジェント高速道路ルート走行を実現したプロパイロット2.0のインテリジェントインターフェースの一つとして採用。システムから送信される、車線変更タイミングの提案など、重要な情報をドライバーの視界の中心近くに表示することで、視線移動によるドライバーの負担を軽減し、ドライ・・・

ニュースを読む

マクセル、車載向けAR-HUDを製品化…自由曲面光学技術で小型化実現

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年03月28日(木) 07時30分

マクセルは3月25日、独自の自由曲面光学技術により小型化を実現した車載向けARヘッドアップディスプレイ(AR-HUD)を開発・製品化すると発表した。

近年、自動車業界では自動運転実現に向けて、関連技術・製品の開発が活発化。映像表示技術により安全運転支援をするニーズも高まっている。HUDは、行き先や速度表示などのナビゲーション情報、対向車や歩行者を検知した際のアラート情報などを実際の風景に重ね合わせることで、ドライバーの視点移動を最小限・・・

ニュースを読む

パテント・リザルトは、2019年1月末までに日本の特許庁で公開された「ヘッドアップディスプレイ関連技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果を特許・技術調査レポートにまとめた。

レポートは、2014年2月27日にリリースした内容に、新たに出願・公開されたデータを加えて再調査した結果となる。その結果、前回調査同様、1位はパイオニア、2位にデンソー、3位には前回5位の日本精機がランクイン。以・・・

ニュースを読む

モジは、クラウドファンディングの支援により製品化した自動車用ヘッドアップディスプレイ『HUDネオトーキョーGPS-W1』の一般販売を12月11日より開始した。同製品はクラウドファンディングで400万円、300名近い支援を得て製品化されたもの。

特徴はGPSを備える点で、GPS+シガーソケット接続のため、あらゆる車種に後付けで装着可能。また、GPSによる時計表示のため、時刻合わせの必要がなく、速度も状況によっては車両標準のメーターより正・・・

ニュースを読む

JDI、HUD搭載スマートヘルメットを開発 ライダーの安全性向上

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年08月01日(水) 19時45分

ジャパンディスプレイ(JDI)は8月1日、車載ヘッドアップディスプレイ(HUD)を応用した「HUD搭載スマートヘルメット」を開発したと発表した。

HUD搭載スマートヘルメットは、車載HUDに採用されているユニットを小型化し、ヘルメットに搭載。オートバイで走行しながら視界の中に、速度メーターやGPS情報、着信・メールなどの情報を投影する。

オートバイをはじめモータースポーツではスピードメータなどの確認時に視線を移す必要があるが、ヘルメ・・・

ニュースを読む

JDIの「高透過 透明カラーディスプレイ」をヘルメットに装着 実走行試験

by レスポンス編集部 on 2018年08月01日(水) 19時00分

ジャパンディスプレイ(JDI)は、スーパーフォーミュラレースで「高透過透明カラーディスプレイ」をヘルメットに装着した走行実験を実施した。透明ディスプレイを活用した実走実験は世界初。

実験はスーパーフォーミュラに参戦する「ダンディライアンレーシング」と実施した。走行実験に使用したディスプレイは、JDIの独自技術を導入することで、従来のカラー液晶ディスプレイでは必須だったカラーフィルターと偏光板を取り除いて実現した、透過率80%の高透過・・・・

ニュースを読む

モジ株式会社は、自動車ヘッドアップディスプレイシリーズ「HUDネオトーキョー」の最新機種「GPS-W1」を発表。Makuakeクラウドファンディングにより先行予約の受け付けを開始した。

新製品はGPS+シガーソケット接続により、あらゆる車種に後付で簡単に装着できる。さらに投射専用スクリーンを標準装備。簡易なフロントガラス投射型と比べ、圧倒的に明るく見やすい表示画面を実現した。

GPS-W1は、運転視界に速度計/バッテリー電圧/時計/・・・

ニュースを読む

アルパインとコニカミノルタは11月16日、3D AR(拡張現実)技術を応用した車載用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の共同開発を開始したと発表した。

コニカミノルタは2017年1月、世界初の車載用3D AR HUDの技術を開発。同技術では、歩行者や障害物など、安全運転をサポートする多様な画像情報を、近距離から遠距離までの奥行きを持った任意の位置に同時に重畳表示できるほか、運転速度やドライバーの視線の変化に応じ、必要な情報を適切な距離・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

のわー

平均的な車

車種名:トヨタ カローラフィールダー
投稿ユーザー:のわ***** さん
総合評価:

MTで走りを求めず、ある程度快適さを求める方におすすめです。 特に遮音性...[ 続きを見る ]

シロボル

一度ディーゼルモデルに乗ってみたいと思い、本当に思いきって、買ってしまっ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針