京王電鉄

カーライフニュース - 京王電鉄

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

西東京バス(京王グループ)とヤマト運輸は、11月1日から30日まで、東京都あきる野市と檜原村を結ぶ路線バスの区間で宅急便を輸送する「客貨混載」輸送の実証運行を実施する。

西東京バスが運行する、武蔵五日市駅バス停〜数馬バス停間のローカル線は、あきる野市と檜原村を結ぶ唯一の公共交通機関として地域住民にとって重要な交通手段だが、人口減などにより乗車人数が減り、路線を維持していくことが難しくなっている。

一方、ヤマト運輸は、東京都あきる野市・・・

ニュースを読む

ヤマハなどは、首都圏の鉄道、バス、エアラインなど15社が連携してヤマハの「SoundUD」を活用した多言語サービスを提供すると発表した。

ヤマハが開発し提唱する「SoundUD」(Sound Universal Design)は、音のある空間とICT機器をつなぐプラットフォームだ。インターネットを介することなく、音声を起点にして、スマートフォン等のICT機器に情報を表示する。「音声トリガー」と呼ばれる一般的なスピーカーを利用して音響通・・・

ニュースを読む

ヤマハ発動機は、京王電鉄と講談社協力のもと、バイクとサウナと終電ちゃんのコラボ漫画を、サウナの日である3月7日から「ととのったMAGAZINE」にて配信する。

サウナブームが高まりを見せる昨今、3社は事業PRにサウナを積極的に取り入れている。

ヤマハ発動機は2017年、WEBムービー「サウナとトリシティでととのった」を公開、翌2018年には「サウナとバイクでととのってサウナ飯でととのう」漫画を公開。講談社はタナカカツキ氏による「マン・・・

ニュースを読む

高速バスの貨客混載で農産物を輸送 京王電鉄グループ

by レスポンス編集部 on 2018年06月22日(金) 09時19分

京王電鉄は、長野県駒ヶ根市と高速バスを活用した貨客混載で長野県駒ヶ根市の農産物を東京へ輸送し、販売する販路拡大事業を6月26日に開始する。

今回の事業は、同社が岐阜県高山市と連携し、2017年9月に開始した貨客混載による地方の農産物を輸送・販売する取り組みを拡大させるもので、京王バス東が運行している高速バス路線・伊那飯田線(新宿〜駒ヶ根間)で、新宿方面行きのトランクを活用して長野県駒ヶ根市の野菜や果物を東京へ定期的に輸送して、京王スト・・・

ニュースを読む

2月22日に走り出す、京王電鉄の座席指定列車「京王ライナー」。1月の概要発表会では、同社 紅村康社長をはじめ、鉄道事業本部長 高橋泰三専務取締役、加藤慎司鉄道営業部長、梁瀬哲夫車両電気部長が登壇。会場で、誰もが気になる、「あのこと」について聞いてみた。

京王電鉄史上初の有料座席指定列車「京王ライナー」は、新宿から京王八王子・橋本へ、夜間の下り列車にのみ設定された優等列車。

車両は京王電鉄16年ぶりの新造車両5000系。ロング・クロス・・・

ニュースを読む

「断熱塗料になぜアスベストが含まれていたのか。車両メーカーでも塗料メーカーでもわからなかった」

京王電鉄の担当者が戸惑いを見せたのは、使われているはずのないアスベスト(石綿)入り塗料が列車に使用され、それを知らずに車両改造工事を行った作業員12人について、健康被害が疑われる事態となったためだ。

該当する車両の断熱塗料は、車両の外板と内装の化粧板の間に塗布されていた。アスベストは樹脂に練りこまれて固化しているため、建材に使われたものの・・・

ニュースを読む

高速バスが貨客混載、飛騨高山の農産物を都内で販売へ---京王電鉄バス

by レスポンス編集部 on 2017年09月11日(月) 08時30分

京王電鉄と岐阜県高山市は、9月14日から高速バスを活用した貨客混載により飛騨高山の農産物を東京へ輸送し、販売する事業を開始する。

貨客混載事業は、京王電鉄バスと濃飛乗合自動車が共同運行している高速バス路線「飛騨高山線」(新宿〜飛騨高山間)の新宿方面行きの保冷トランクを活用し、岐阜県高山市の新鮮な野菜や旬の果物を定期的に輸送、京王ストアが運営する「キッチンコート永福町店」(東京都杉並区永福)で販売する。

1便当たりの輸送量は60〜12・・・

ニュースを読む

「デザインが似ている」ヤマハ ビーノ と京王電鉄がコラボ

by 草町義和 on 2017年05月10日(水) 16時30分

ヤマハ発動機は5月10日、同社ウェブサイトで「京王女子とビーノ男子」と題したウェブ小説の第1話を公開した。京王電鉄とのコラボレーション企画の一環。全5話が順次公開される予定だ。

『ビーノ』はヤマハ発動機のスクーター。2月から販売されている「ビーノ デラックス」のニューカラーは「ベージュ」「ブルー」「マットグリーン」「ダークブラウン」の4種類がある。このうち「ベージュ」のデザインが京王電鉄の電車に似ていると、SNSで話題になっていた。こ・・・

ニュースを読む

1999年、日野自動車(日野車体工業→ジェイ・バス)から登場した『レインボー』の京王バス版(KL-HR1JNEE)が今年度末に引退。京王電鉄バスは3月18日、グループ会社である京王バス南の多摩営業所で『ありがとうHR』イベントを11〜14時に開催する。入場は無料。

京王版のKL-HR系は、車体長10mの低床ボディに、大型行き先表示、側窓拡大などを追加したモデルで、「2000年以降、約17年に渡って京王電鉄バスグループで活躍した車両」。・・・

ニュースを読む

「鉄道業界では初となる民泊事業への取り組み」という新たなステイ先が蒲田に誕生する。京王電鉄が手がける「KARIO KAMATA(カリオ カマタ)」だ。特区民泊として大田区から特定認定を受けた事業で、鉄道会社が事業主体となる初の取り組み。

現場はJR蒲田駅と京急蒲田駅の間、京急蒲田駅から徒歩4分、JR蒲田駅から7分。所在地は東京都大田区蒲田4丁目27-4で、ちょうど蒲蒲線構想ライン上に建つイメージ。鉄筋コンクリート造地下1階・地上6階建・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

CF4152

給油(通算52回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算52回目)を9/30に行いました。前回の給油から595.7km...[ 続きを見る ]

にゃおたん

1年乗ってみて

車種名:スバル ジャスティ
投稿ユーザー:にゃ***** さん
総合評価:

1年乗ってみて 大きさは丁度いいですね 燃費はエアコンを使わない時期はい...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針