電気自動車普及協議会

カーライフニュース - 電気自動車普及協議会

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

専門学校HAL カーデザイン学科の学生が、カーデザインコンテスト「国際学生EVデザインコンテスト2019」にて、国内外47チームからファイナリストに選ばれ、世界1位に輝いた。

国際学生EVデザインコンテストは、東京モーターショーに合わせて、次世代を担う若者の育成を目的に開催。今回の審査委員には、中村史郎氏、安藤忠雄氏、奥山清行氏ら、著名なデザイナーが名を連ねている。

学生たちは事前審査やワークショップを経て、東京モーターショー内で開・・・

ニュースを読む

電気自動車普及協会(APEV)は1月25日、「国際学生EVデザインコンテスト2019」のキックオフ記者発表会を開催。2月5日からエントリーを受け付けると発表した。

このコンテストは「EV の可能性を通して次世代を担う学生を育成すること 」を目的として2013年から隔年開催され、今回が4回目。課題は前回と同じ「ゼロエミッションEVの可能性を最大限に活用した未来のモビリティと、その社会のかかわりのデザイン提案」というもの。

ただし今回・・・

ニュースを読む

「国際学生EVデザインコンテスト」を主催している電気自動車普及協会(APEV)は21日、国内の大学生を対象にしたワークショップを開催。マーカーとパステルを用いたスケッチワークの基礎がレクチャーされた。

このワークショップは、コンテストのプレイベントとして位置づけられたもの。会場のThe Gallery Too(東京・虎ノ門)に集まった学生は首都大学東京と千葉工業大学に在籍する合計7名。当初はさらに多くの学校から申し込みがあったものの、・・・

ニュースを読む

EVは自動車文化を豊かにするか?…APEV講演会

by 古庄 速人 on 2018年06月05日(火) 22時11分

APEV(電気自動車普及協会)は5日、社員総会にあわせて講演会を開催。国土交通省と日本カートラベル推進協会の担当者が登壇し、超小型モビリティや電気自動車における取り組みや、将来の可能性について紹介した。

最初に登壇したのは、国土交通省・自動車局環境政策課の久保田秀暢課長。EVやFCEV、ハイブリッド車など「次世代自動車」を取り巻く状況や現在進められている施策の具体例を、具体的なデータとともに紹介した。

たとえば2016年の日本のCO・・・

ニュースを読む

11月4日、東京モーターショー会場内で電気自動車普及協会(APEV)が主催する「国際学生EVデザインコンテスト2017」の最終プレゼンテーションと審査、表彰式がおこなわれた。最優秀賞は広州美術学院のチームが獲得した。

最優秀賞は広州美術学院のチーム「Triple Six」が提案した「EV ZERO」。球形キャビンの外周にあるローターで走行するコミューターで、軌道がどんな角度でもキャビンは水平に保たれる。急角度の登攀もできることで立体的・・・

ニュースを読む

電気自動車普及協会(APEV)は、「国際学生EVデザインコンテスト2017」の最終審査会と表彰式、およびパネルディスカッション「近未来の展望(-2050年)・EVが創る社会とデザインの役割」を11月4日、東京モーターショー開催中の東京ビッグサイト 会議棟6Fで開催する。

同コンテストは「EVの可能性を通して次世代を担う学生を育成すること 」を目的として2013年から隔年開催され、今回が3回目。課題は「ゼロエミッションEVの可能性を最大・・・

ニュースを読む

全世界の学生を対象として、APEV(電気自動車普及協会)が主催する「国際学生EVデザインコンテスト2017」。その第2次審査を通過したチームを対象に、作品のさらなるブラッシュアップを促すワークショップが9月24日に開催された。

ワークショップは第1次審査後に続いて2回目となる。今回はThe Gallery Too(東京・虎ノ門)が会場となり、第2次審査を通過した10チームのうち千葉工業大学、産業技術大学院大学、名古屋市立大学、首都大学・・・

ニュースを読む

APEVが主催する「国際学生EVデザインコンテスト2017」で、一次審査を通過した応募者を対象にしたワークショップが7月1日に開催された。審査を通過した23チームのうち、全国から10チームが参集。交流と研鑽が図られた。

「国際学生EVデザインコンテスト」は2013年にはじめて開催された、APEV(電気自動車普及協会)主催のデザインコンテスト。テーマは「ゼロエミッションEVの可能性を最大限に活用した未来のモビリティとその社会のかかわりの・・・

ニュースを読む

電気自動車普及協会(APEV)の会員向けセミナーが9日、東京都内で開催された。国土交通省、ルネサスエレクトロニクス、東京都市大学から、担当課長や研究者を招いてそれぞれの電気自動車(EV、PHEV、FCV)に関する取り組みが発表された。

●超小型モビリティの普及の鍵は価格?

国土交通省は、電気自動車の普及促進のための施策と、その施策における超小型モビリティに対する取り組みについて、自動車局環境政策課西本俊幸課長がセミナーを行った

国・・・

ニュースを読む

APEVのEVデザインコンテスト、エントリー受付開始

by 古庄 速人 on 2017年01月23日(月) 11時00分

電気自動車普及協会(APEV)は「国際学生EVデザインコンテスト2017」のエントリー募集を開始した。 このコンテストは18歳以上の学生を対象にしたもので、個人でもチームでも応募することができる。

このコンテストは「EV の可能性を通して次世代を担う学生を育成すること 」を目的として2013年から隔年開催され、今回が3回目。課題は「ゼロエミッション EV の可能性を最大限に活用した未来のモビリティと、その社会のかかわりのデザイン提案 ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiloichi

まさに人馬一体!

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:hil***** さん
総合評価:

2シーターのスポーツカーという性質上、どうしても載せられる荷物の量は限ら...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算41回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算41回目)を1/18に行いました。前回の給油から576.0km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針