クライスラー コンセプト

カーライフニュース - クライスラー コンセプト

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

米国の自動車大手、FCA USは1月4日、米国ラスベガスで開幕したCES17において、クライスラーブランドのコンセプトカー、『ポータル』を初公開した。

FCA USは、グーグル(Google)と共同で、自動運転車の早期実用化を目指している。ポータルは、未来の自動運転EVを提示したコンセプトカー。2000年前後に生まれた若い世代をターゲットに想定する。

EVパワートレーンは、二次電池が蓄電容量100kWhのリチウムイオンバッテリー。1・・・

ニュースを読む

クライスラーグループは23日、中国で開幕した北京モーターショー12において、コンセプトカーの『300 Ruyi』を初公開した。

このコンセプトカーは、クライスラーブランドにとって重要な意味を持つ。それは、同ブランドの中国再投入を記念したコンセプトカーだからだ。6月から始まるクライスラーブランドの中国発売を前に、『300C』をベースにしたデザインコンセプトカーを披露したのである。

300 Ruyiは、中国の顧客の好みを反映させた特別仕・・・

ニュースを読む

9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー12。クライスラーグループのブースでは、予告なしに『700C』と呼ばれるモデルが披露された。

この700Cに関して、同社が明らかにしているのは、コンセプトカーという点のみ。そのデザインやボディサイズから、大型ミニバンということが分かる。つまり700Cは、次期『タウン&カントリー』(日本名:『グランドボイジャー』)を示唆したコンセプトカーの可能性がある。

そのデザインには、サイドウィンドウの・・・

ニュースを読む

クライスラーグループは16日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー11において、コンセプトカーの『300S 426』を初公開した。

同車は、新型『300』(日本名:『300C』)のスポーツモデルを、自社の高性能ブランド「MOPAR」が提案した1台。そのハイライトは、パワフルなエンジン。車名の「426」とは、426キュービックインチ=立方インチの意味で、排気量に換算すれば7.0リットルとなる。

ベースとなったのは、新型300の頂点・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiloichi

まさに人馬一体!

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:hil***** さん
総合評価:

2シーターのスポーツカーという性質上、どうしても載せられる荷物の量は限ら...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算41回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算41回目)を1/18に行いました。前回の給油から576.0km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針