プジョー 5008

カーライフニュース - プジョー 5008

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

プジョー 5008 新型のEV仕様、『e-5008』発表…航続660km

by 森脇稔 on 2024年03月21日(木) 18時00分

プジョーは3月20日、新型電動SUV『e-5008』(Peugeot e-5008)を欧州で発表した。新型『5008』のEVバージョンになる。

e-5008は、プジョーが属するステランティスの新世代EV車台「STLAミディアム」をベースにする。EVパワートレインのモーターは、最大出力が210hp、230hpの「ロングレンジ」、320hpの「デュアルモーター4WD」の3種類を用意した。1回の充電での航続は、セグメント最高の660kmに到・・・

ニュースを読む

プジョーは2月26日、新型電動SUV『e-5008』を3月に初公開すると発表した。内装のティーザー写真を公開している。

e-5008には、運転の楽しさを一段と高めるプジョーの最新技術「パノラマi-Cockpit」が搭載されている。このシステムには、ヘッドアップディスプレイと中央のタッチスクリーンを組み合わせた21インチのHDパノラマスクリーンが含まれる。

このスクリーンは浮遊感を強調するために、周囲のLED照明がスクリーンの下に配置・・・

ニュースを読む

プジョーのSUV『5008』 にEV、『e-5008』は2024年内に発表へ

by 森脇稔 on 2024年02月05日(月) 17時00分

プジョーは、SUV『5008』のEVバージョンの『e-5008』(Peugeot e-5008)を、2024年内に発表する。

初代5008は2009年6月、プジョーのMPVとして登場した。『3008』よりもひと回り大きい2/3列シートのMPVだ。2016年秋のパリモーターショー2016では、2世代目となる現行5008が発表された。プジョーは現行型をMPVではなく、SUVに位置付けている。

現行5008は、プジョーの新世代モジュラープ・・・

ニュースを読む

プジョーは現在、フラッグシップ・クロスオーバーSUV『5008』次期型を開発中だが、次期型で初めて導入されるBEV(フルエレクトリック)バージョン『e-5008』のプロトタイプをカメラが捉えた。

初代5008は、2009年7月にMPVとしてグローバルデビュー。2016年にデビューした第2世代では、ボディタイプを大きく変え3列シートを備えるクロスオーバーSUVへと進化した。5008としては第3世代となるが、SUVボディを初代と考えれば、・・・

ニュースを読む

プジョー 3008&5008 にナッパレザーシートの限定仕様

by 纐纈敏也@DAYS on 2023年10月19日(木) 20時00分

ステランティスジャパンは、プジョーのCセグメントSUV『3008GT』および『5008GT』に特別仕様車「エグゼクティブエディション」を設定し、10月19日より各120台限定で発売する。

3008/5008は、スタイリッシュなフレンチデザインに、高い悪路走破性を兼ね備え、プジョーのSUVとして人気を博してきた。

3008/5008GTエグゼクティブエディションは、それぞれの「GT(ガソリン)」グレードをベースに、ブラックナッパレザー・・・

ニュースを読む

9月上旬、プジョーのフラッグシップ・クロスオーバーSUV『5008』次期型の市販型プロトタイプをキャッチしたが、今度は初めて導入されるフルエレクトリック(BEV)版の『e-5008』をスクープした。

初代5008は、2009年7月にMPVとしてグローバルデビュー。2016年にデビューした第2世代では、ボディタイプを大きく変え3列シートを備えるクロスオーバーSUVへと進化。日本市場には2017年から導入され、主力モデルの1つとなっている・・・

ニュースを読む

プジョーのフラッグシップ・クロスオーバーSUV『5008』次期型の市販型プロトタイプを、カメラが初めて捉えた。『3008』の7人乗りバージョンというイメージが強い5008だが、次期型ではこの2台に明確な差別化が図られることになりそうだ。

初代5008は、2009年7月にMPVとしてグローバルデビュー。2013年のマイナーチェンジでは、エンジンのアップグレードやエクステリアデザインを刷新した。大きな転換期となったのが2016年にデビュー・・・

ニュースを読む

プジョーの人気クロスオーバーSUV『5008』次世代型に、ついにEVが登場する。開発中の『e-5008』の姿を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

初代5008「T87型」は2009年にミニバン(MPV)スタイルで登場。現行型となる2代目からはボディをクロスオーバーSUVに大刷新し、2017年から販売されている。これまで30万台以上が販売され、欧州市場では絶大な人気を誇っている。

プジョーは1月、この5008に・・・

ニュースを読む

プジョー 3008&5008、ブラックデコレーションの特別仕様車を発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2023年03月08日(水) 08時30分

ステランティスジャパンは、クリーンディーゼルを搭載するプジョー『3008GT BlueHDi』『5008GT BlueHDi』にブラックデコレーションを施した特別仕様車「ブラックパック」を設定し、3月7日より販売を開始した。

プジョー 3008はミドルクラス、5008はロングボディ7シーターのSUV。スタイリッシュなフレンチデザインに優れた悪路走破性を兼ね備える。

特別仕様車「ブラックパック」は、エンブレムを含むラジエーターグリル、・・・

ニュースを読む

プジョー(Peugeot)は2月16日、SUVの『3008』と『5008』の欧州仕様車に、新開発の48Vハイブリッドシステム搭載車を設定すると発表した。2023年第2四半期(4〜6月)、欧州市場で発売される予定だ。

◆1.2リットル3気筒ターボエンジンにモーターの組み合わせ
新開発の48Vハイブリッドシステムのエンジンは、1.2リットル直列3気筒ガソリンターボ「PureTech」だ。可変ジオメトリーターボチャージャーを採用し、最大出力・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

運転志

2回目の給油

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

燃料警告灯とブザーが鳴るのは、推定走行可能距離が50km代まで減ってから...[ 続きを見る ]

運転志

工具が無いとね…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

初回3ヶ月点検の一週間前なんで、一応エンジンオイル量を確認しておこうかと...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針