メルセデスベンツ AMG

カーライフニュース - メルセデスベンツ AMG

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデスAMG SLC43 が385hpにパワーアップ…2019年モデル

by 森脇稔 on 2018年06月13日(水) 15時45分

メルセデスベンツは6月12日、メルセデスベンツ「SLC」の高性能モデル、メルセデスAMG『SLC43』の2019年モデルを発表した。

SLCはメルセデスベンツの小型オープンスポーツカー、『SLK』の大幅改良モデル。SLKは2016年の大幅改良を機に、SLCにネーミングを一新した。SLCの高性能なAMGバージョンが、メルセデスAMG SLC43。従来の「SLK55AMG」の後継モデルとなる。

メルセデスAMG SLC43には、新開発の・・・

ニュースを読む

メルセデスAMG、eスポーツの予選を開始…10月に世界大会

by 森脇稔 on 2018年06月07日(木) 19時30分

メルセデスベンツは6月6日、ドイツのメルセデス博物館において、「国際メルセデスAMGモータースポーツeRacingコンペティション」の予選を開始した、と発表した。

メルセデスベンツは2017年夏、eスポーツ市場に参入。eスポーツとは、電子機器を使用したスポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。メルセデスベンツはeスポーツ市場の参入により、バーチャルなモータースポーツ・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は6月6日、ラダーフレームやサスペンションを刷新するなど大幅な改良を施した新型『Gクラス』の受注を開始した。価格は「G550」が1562万円、メルセデスAMG「G63」が2035万円で、納車開始は8月下旬以降を予定しているという。

ダイムラー社で新型Gクラスの商品企画責任者を務めるミヒャエル・ベルンハルト氏は同日、都内で開かれた発表会で「新型Gクラスは自身のオフロード記録を刷新した。それを達成するために、すべての・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は、 新型『Gクラス』を6月6日に発表し、同日より注文受付を開始した。納車は8月下旬以降の予定。

Gクラスは1979年の誕生以来、基本的なスタイリングやボディはそのままに、パワートレインや装備のアップデートを繰り返しながら約40年間、最高級クロスカントリービークルとして君臨してきた。新型はGクラス史上最も大幅に改良されたモデルであり、初のフルモデルチェンジとなる。

新型Gクラスは、新設計のラダーフレームを採用。・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは5月28日、新型『CLSクーペ』の高性能マイルドハイブリッド車、「CLS 53 4MATIC+」を8月に発売すると発表した。

メルセデスAMGは、上級車種を中心に、「43」と「63」シリーズを展開。CLS 53 4MATIC+は、43と63の間に位置する「53」シリーズの第一弾モデルとなる。43および63シリーズと、53シリーズとの違いは、パワートレーンがマイルドハイブリッドという点。・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは5月14日、メルセデスAMG『GT S ロードスター』を発表した。

メルセデスAMG GT S ロードスターの直噴4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンは、最大出力522hp/6250rpm、最大トルク68.3kgm/1900〜5000rpmを発生。0〜100km/h加速3.8秒、最高速308km/hというパフォーマンスを実現した。

また、メルセデスAMG GT S ロードスターには、最新の先進運転支援システ・・・

ニュースを読む

ラグジュアリーSUVの頂点へ…GLS 63 AMG 次期型、ついに600馬力超えか

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年05月07日(月) 19時00分

メルセデスベンツの高級クロスオーバーSUV『GLS』。その頂点に君臨する『GLS 63 AMG』次期型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

厳重にカモフラージュされたDピラーは、より傾斜を持ち、全体的に丸みを帯びたスポーティなボディシルエットが予想されている。AMGモデルは、最強の証パナメリカーナグリル、大口エアインテーク、専用のバンパー、大径ホイール、クロスドリル・ブレーキ、ツインエキゾースト・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツの高性能部門、メルセデスAMGは、『Eクラス・セダン』と『Eクラス・ステーションワゴン』に、高性能なマイルドハイブリッド車、「53 4MATIC+」を設定すると発表した。

メルセデスAMGは現在、上級車種を中心に、「43」と「63」シリーズを設定。53 4MATIC+は、43と63の間に位置づけられる新たな高性能モデルシリーズとなる。

53シリーズでは、パワートレーンにマイルドハイブリッドを採用。新開発のマイルドハイ・・・

ニュースを読む

「G55」が緊急レスキュー!AMG GLE63 開発車両のトラブルを救う

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年04月10日(火) 09時00分

メルセデスベンツのミッドクラス・クロスオーバーSUV『GLE』のトップモデル『AMG GLE63』の開発車両を、未だ豪雪のスカンジナビアでスクープした。

順調だった寒冷気候テストだが、開発車両にエンジントラブルが発生。急遽「AMG G55」に牽引されその場を去っていったという。生産型パーツは装備されているものの、厳重なカモフラージュでデザインの詳細は不明だ。しかしその下には、パナメリカーナグリルを装着し、大径ホイール、大型ブレーキシス・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは、米国で開催中のニューヨークモーターショー2018において、メルセデスAMG『C63』シリーズ全車の改良新型モデルを初公開した。

改良新型モデルで最初に発表されたが、クーペボディのメルセデスAMG『C63クーペ』。これに合わせて、セダン、ステーションワゴン、カブリオレのメルセデスAMG C63シリーズ全車が、ニューヨークモーターショー2018で改良新型モデルに移行した。

改良新型モデ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

FD乗り

燃費と感想

車種名:スズキ ソリオ(ハイブリッド)
投稿ユーザー:FD乗***** さん
総合評価:

走行距離4600kmの実績、感想。(下記燃費は車載メーター。エコモード、...[ 続きを見る ]

スピードバード

想像以上の燃費

車種名:トヨタ ハリアー
投稿ユーザー:スピ***** さん
総合評価:

千葉から実家のある大阪まで大人2名乗車+エアコン常時ON+荷物約20kg...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針