シボレー スパーク

カーライフニュース - シボレー スパーク

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは11月16日(日本時間11月17日未明)、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー16において、『スパーク アクティブ』を初公開した。

同車は2015年春、米国で開催されたニューヨークモーターショー15でデビューした新型『スパーク』の派生車種。新型スパークは、シボレーのグローバルミニカーとして開発。世界の40以上の市場で販売を予定しており、シボレー車としては、最も多くの市場へ投入されるモデル・・・

ニュースを読む

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドの小型車3車種。同車に不具合があるとして、米国でリコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「シボレー『ソニック』と『スパーク』、『トラックス』の3車種ついて、GMからリコールの届け出を受けた」と公表している。

今回のリコールは、オプションの「Bring Your Own Media」ラジオ装着車のキー抜き忘れ警告の不具合が原因。・・・

ニュースを読む

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは4月14日、『スパークEV』の米国価格を引き下げると発表した。

スパークEVは2012年11月、ロサンゼルスモーターショー12で発表。小型5ドアハッチバックの『スパーク』をベースに開発されたEV。EVパワートレインは、GMが独自開発。モーターは最大出力130ps、最大トルク55.3kgmを引き出す。強力なトルクのおかげで、0-96km/h加速は8秒以下の実力。

二次電池は、蓄電容量21kW・・・

ニュースを読む

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは4月1日(日本時間4月1日夜)、米国で開幕したニューヨークモーターショー15において、新型『スパーク』を初公開した。

スパークは、シボレーブランドの主力コンパクトカー。2009年後半、インドで『ビート』の車名で発売以来、世界累計販売台数は110万台を超えている。最量販市場は、韓国。以下、米国、メキシコの順で続く。

新型スパークは、シボレーのグローバルミニカーとして開発。世界の40以上の市場・・・

ニュースを読む

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは3月9日、米国で4月に開催されるニューヨークモーターショー15において、新型『スパーク』を初公開すると発表した。

スパークは、シボレーブランドの主力コンパクトカー。2009年後半、インドで『ビート』の車名で発売以来、世界累計販売台数は110万台を超えている。

現在、スパークは世界71の市場で販売中。最量販市場は、韓国。以下、米国、メキシコの順で続く。

スパークは、シボレーブランドを購入す・・・

ニュースを読む

シボレー スパーク、世界累計販売100万台…5年で達成

by 森脇稔 on 2014年10月10日(金) 09時00分

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは10月9日、『スパーク』の世界累計販売台数が100万台を超えた、と発表した。

スパークはまず2009年後半、インドで『ビート』の車名で発売。その後、世界71市場に販売エリアを拡大した。世界累計販売台数100万台は、発売から5年で達成した記録となる。

スパークの最量販市場は、韓国。以下、米国、メキシコと続く。米国では、スパークの販売は2014年1-9月で、前年同期比10%の伸びを示す。

ま・・・

ニュースを読む

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは5月29日、韓国で開幕した釜山モーターショー14において、『スパークEV』の2015年モデルを初公開した。

スパークEVは2012年11月、ロサンゼルスモーターショー12で発表。小型5ドアハッチバックの『スパーク』をベースに開発されたEVだ。EVパワートレインは、GMが独自開発。モーターは最大出力130ps、最大トルク55.3kgmを引き出す。強力なトルクのおかげで、0-96km/h加速は8・・・

ニュースを読む

米国の自動車最大手、GMは5月14日、米国ミシガン州のブラウンズタウン工場において、新型リチウムイオンバッテリーの生産を行うと発表した。

ブラウンズタウン工場では2010年1月、リチウムイオンバッテリーの生産を開始。GMは2009年8月、同工場に4300万ドルを投資して、製造ラインを整備。米国では、GMがリチウムイオンバッテリーを自社生産する最初の主要自動車メーカーとなった。

同工場製のリチウムイオンバッテリーはまず、シボレーブラン・・・

ニュースを読む

米国IIHS(道路安全保険協会)は1月22日、GMのシボレーブランドのコンパクトカー、『スパーク』を、最高の衝突安全性を備えた「2014トップセーフティピック」に認定すると発表した。

IIHSの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hで実施。ダミー人形が受けた傷害レベルに応じて、GOOD(優)、ACCEPTABLE(良)、MARGINAL(可)、POOR(不可)の4段階で評価するというもの。さらにI・・・

ニュースを読む

米国の自動車最大手、GMの韓国法人、GMコレアは10月29日、シボレー『スパーク』の韓国累計生産台数が100万台を突破したと発表した。

GMコレアは2009年、昌原市の工場で現行スパークの生産を開始。累計生産台数の100万台超えは、生産開始からおよそ4年で達成した記録となる。

現行スパークの開発は、GMの韓国グローバル商品開発センターが、開発を主導。現在、欧州、アジア、米国を含む世界150以上の市場へ出荷されている。

2013年9・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

CF4152

燃費(通算37回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算37回目)を10/6に行いました。前回の給油から464.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針