チャイルドシート

カーライフニュース - チャイルドシート

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産自動車と赤ちゃん本舗は、『セレナ』や『ルークス』での「赤ちゃんとのお出かけ」をリアルに体験できる展示会を12月15日から全国5会場で順次開催する。

赤ちゃんとのお出かけは、近隣であってもなにかと準備が必要で、ママやパパにとっては簡単なことではない。しかし、お出かけ先で子どもが見せてくれる楽しそうな姿はかけがえのない家族の思い出になる。思っているよりも短い、赤ちゃんと一緒に過ごす日々。両社は協業し、赤ちゃんとのお出かけを通した思い出・・・

ニュースを読む

チャイルドシート使用率は過去最高、74.5%…正しく取りつけてる?

by レスポンス編集部 on 2022年10月17日(月) 09時45分

警察庁と日本自動車連盟(JAF)が共同で実施したチャイルドシート使用状況の全国調査によると使用率は前回調査から4.0ポイントアップの74.5%で過去最高を更新した。

調査は2022年4月22日から6月30日の間、全国99か所で、6歳未満の乳幼児1万3110人を対象に実施した。2020、2021年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で調査しなかった。

チャイルドシートの使用以外では、車両シートにそのまま着座が10.9%、大人用シートベル・・・

ニュースを読む

プレママ向けにチャイルドシート安全情報を拡充…ninaru

by レスポンス編集部 on 2022年07月25日(月) 16時00分

国土交通省は7月22日、チャイルドシートの安全性評価の最新の結果を、多くの妊婦=プレママが利用している情報アプリ「ninaru」(ニナル)に内容を充実して配信すると発表した。

国土交通省では、チャイルドシートを選択する際の参考としてもらうため、自動車事故対策機構(NASVA)とともに、市販されているチャイルドシートの安全性を評価するチャイルドシートアセスメントを実施し、結果を公表している。

2021年度にニナルへ配信した結果、アンケ・・・

ニュースを読む

ブリッドは、リーマン社と共同開発した3点式シートベルト固定式チャイルドシート「ブリッド・カローレ」の受注を7月1日より開始する。

ブリッドではバケットシートを主力に、乗用車からトラック専用シートまで幅広くシート事業を展開してきたが、昨年、ユーザーからの要望が多かったチャイルドシート事業に参入。同じ愛知県でチャイルドシートを専門に製造するリーマン社との共同開発で初のチャイルドシート「ブリッド コンフォルテ ISOFIX」を発売した。今回・・・

ニュースを読む

スズキは2月3日、『エスクード』の取扱説明書においてチャイルドシート適合表に不備があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2015年9月23日〜2021年9月16日に製造された1万5854台。

対象車両は、取扱説明書のチャイルドシート適合表にて、本来記載すべきISO/R3仕様のチャイルドシート搭載時に関する注記を記載していないため、保安基準第22条に適合しない。なお、チャイルドシート固定時の機能上・・・

ニュースを読む

カーメイト×赤ちゃん本舗、R129適合のチャイルドシートを共同開発

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年11月29日(月) 13時30分

カーメイトと赤ちゃん本舗は新安全規則R129適合したチャイルドシート「エールべべ・クルットR ウィ」を共同開発。2022年1月21日から、全国の「アカチャンホンポ」とネット通販サイト「オムニ7」にて発売する。また、12月28日から1月20日まで特典付きの予約販売を実施する。

ウィは、エールべべ・クルットシリーズに特別機能とデザインを採用したアカチャンホンポ限定モデル。2017年2月に第1弾を発売以降、ユーザーから使いやすさやデザインな・・・

ニュースを読む

カーメイトは、新安全規則R129に適合したチャイルドシート「エールベベ・クルットR」シリーズを12月上旬より順次発売する。

新製品は、ISOFIXタイプでもミスユースがある「サポートレッグ」の床面への接地不足対策として、国内メーカーとしては初めて、床面に正しく接地するまで警告音が鳴るアラート機能を装備する。

安全面も強化し、新生児クッション、側面クッション、ビッグサイドガードにより、側面衝突の衝撃をR44モデル(クルット6i)から約・・・

ニュースを読む

GMPインターナショナルは11月15日、オランダのチャイルドシートブランド「MAXI-COSI(マキシコシ)」から最新ラインアップ「360ファミリー」の販売を開始した。

マキシコシは、1968年、欧州の育児用品先進国オランダで誕生したチャイルドシートブランド。2013年11月に施行された最新安全基準「R129」を遵守したi-サイズ対応モデルを世界で初めて商品化するなど、最新技術を取り入れた安全性能と、独創的なコンセプト・デザインが世界・・・

ニュースを読む

高齢化社会。報道も、高齢者が引き起こす事故ばかりを取り上げる傾向にある。たしかに人口比率や身体の耐性からいっても、高齢者がかかわる数は多く、高齢者の対策をすれば数字としての効果は表れやすい。効率がいいのだ。だけど、いくら少子化で人数が少ないとはいえ、費用対効果で議論している場合ではないと思う。

2021年11月9日、自動車安全運転センター主催「自動車安全運転シンポジウム2021」が開催された。テーマは子供の交通安全。子供の視点から見た・・・

ニュースを読む

日産自動車は10月8日、『キックス』のチャイルドシート固定用ISOFIXブラケットに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2020年7月30日〜2021年9月7日に製造された3万5111台。

対象車両は後席右座席中央側のチャイルドシート固定用ISOFIXロアアンカレッジのブラケットにおいて、成形型が不適切なため、ブラケット嵌合部寸法が規定より狭くなることがあり、最悪の場合チャイルドシートを取・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

otou

3か月で5000km 初めてのオイル交換をしました 燃費は21km/L ...[ 続きを見る ]

たつろう

納車しました

車種名:トヨタ シエンタ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:たつ***** さん
総合評価:

2023年1月に納車しました。 発売前8月19日に契約してから5か月ちょ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2023 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針