チャイルドシート

カーライフニュース - チャイルドシート

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

カーメイトは、2018年3月より発売しているチャイルドシート「エールベベ・パパット」に不具合があるとして、無償修理を行うと発表した。

対象製品は、2018年3月5日から10月30日までに製造された「エールベベ・パパット グランス」で品番はCF520、CF521、CF522、CF523、CF524。製造番号はL80F500001〜L80F508651。

肩ベルト長さ調節時に片側ベルトのみ強く引き出す動作を繰り返し行うと、最悪の場合肩ベ・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

「着用率最高70.5%」というタイトルを見ると、「すごい」と思うか、それとも「まだまだ」と思うか、悩ましいところである。警察庁と日本自動車連盟(JAF)が6月に、全国99か所で、乗車中の6歳未満の幼児1万3112人を対象にチャイルドシートの着用率調・・・

ニュースを読む

コンビ、新安全基準R129適合の後向き装着チャイルドシート発売へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年04月22日(月) 09時30分

コンビは、新・安全基準「R129」に適合したチャイルドシート「プロガード ISOFIX エッグショック RK」を5月上旬より発売する。

新基準R129では、従来の安全基準「R44」からさらなる安全性の向上が図られ、万が一の事故の際に、背中全体で衝撃を分散できる「後向き装着」で生後15か月まで使用することが義務化。さらにドア側からの衝突された時の安全試験なども追加された。

新製品では、従来後向き装着が体重9kg(1才頃)までだったのに・・・

ニュースを読む

アップリカは、新安全規則「R129」適合した日本初の回転式イス型チャイルドシート「クルリラ プラス 360°セーフティー」を3月下旬より発売する。

クルリラ プラス 360°セーフティーは、頑丈なプロテクター「サイドシールド」と両サイドに装備するほか、「全身マモールクッション」を搭載。前後からだけでなく、ドア側からの衝撃も考慮した新安全規則R129に適合し、生まれてすぐの赤ちゃんの未熟なからだを360°全方位からしっかり守る。

さら・・・

ニュースを読む

前席へのチャイルドシート装備に関する注意書きの内容を規制へ

by レスポンス編集部 on 2019年03月06日(水) 10時12分

国土交通省は、シートベルトなどに関する道路運送車両の保安基準の細目を定める告示を一部改正する。

国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)第176回会合で「座席ベルトに関する協定規則(第16号)」、「座席及び頭部後傾抑止装置に係る協定規則(第17号)」などの改訂が採択されたのに対応する。

具体的には、自動車の前部保護用エアバッグを装着した着席位置に表示するチャイルドシートを後向きに備えることについて絵や文字を使った危・・・

ニュースを読む

カーメイト、チャイルドシートの肩ベルト不具合で5000台をリコール

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年01月28日(月) 18時24分

カーメイトは1月28日、チャイルドシート「エールベベ・パパット グランス」の肩ベルトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2018年3月5日〜10月30日に製造された5022台。

今回の不具合は、肩ベルト穴の形状および肩ベルトハンガーの動作構造が不適切なため、肩ベルト長さ調節時に片側ベルトのみ強く引き出すと、肩ベルトループ部に捲れが発生するというもの。動作を繰り返し行うと、最悪の場合、肩・・・

ニュースを読む

コンビは、”電動ファン”標準装備の最上級チャイルドシート「クルムーヴ スマート エッグショック JKシリーズ」を2月上旬より発売すると発表した。

新製品は、昨夏の猛暑を受け、車内での赤ちゃんの快適環境を目指し、これまでクルムーヴシリーズの最上位機種のみに搭載されていた、電動式「すーすーファン」を全機種に標準装備する。電源プラグをシガーソケットに差し込むだけで、電動ファンを駆動。空気の流れで快適な環境をコントロールする。

さらに赤ちゃ・・・

ニュースを読む

◆事故に遭う確率はゼロではない

【車外放出】先日、乗車中の幼児が死亡する交通事故が起きた。クルマ同士が交差点でぶつかり、一台が横転したはずみに、幼児が車外に放出されるという痛ましい事故である。報道によると、車内にチャイルドシートは見当たらなかったとのこと。ほかの乗員は骨折〜軽傷だったときくと、なおさら、チャイルドシートを使っていなかったことが悔やまれる。

「私は安全運転ですから」
「事故は起こしませんよ」

これまで何度も耳にした言・・・

ニュースを読む

タイヤ破裂を発端としてキャンピングカーが横転、3人が死傷

by 石田真一 on 2018年08月06日(月) 18時45分

走行中にタイヤをバーストさせたキャンピングカーが急ハンドルを切った弾みで横転する事故が起きた。後部座席に同乗していた3人が車外に投げ出され、死傷している。

☆☆☆

5日午後4時20分ごろ、茨城県那珂市内の常磐自動車道下り線を走行していたキャンピングカーが道路左側のガードロープに接触。弾みで横転する事故が起きた。乗っていた5人のうち、3人が死傷している。

茨城県警・高速隊によると、現場は那珂市飯田付近で片側2車線の直線区間。キャンピ・・・

ニュースを読む

◆保護者に伝わっていないチャイルドシートの大切さ

警察庁とJAFが合同で行った、2018年のチャイルドシート(以下CRS)使用状況全国調査が発表になった。調査期間は2018年4月20日〜30日。調査人数は1万3103人。結果は、使用率66.2%と、昨年の64.1%に比べわずかに向上している。この調査、2002年に開始されたけれど(CRSの着用義務は2000年4月から)、2007年に46.9%と最悪な数字を示して以降、ずっと右肩上がりで・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiloichi

まさに人馬一体!

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:hil***** さん
総合評価:

2シーターのスポーツカーという性質上、どうしても載せられる荷物の量は限ら...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算41回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算41回目)を1/18に行いました。前回の給油から576.0km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針