シートベルト

カーライフニュース - シートベルト

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

春の交通安全キャンペーン「ながら運転防止」などを訴求 自工会

by レスポンス編集部 on 2020年03月29日(日) 06時15分

日本自動車工業会は、4月6日〜5月5日の間、政府の実施する春の全国交通安全運動と連動して「自工会・2020年春の交通安全キャンペーン」を実施する。

2019年の交通事故の発生件数は38万1237件で、前年と比べて4万9364件減少し、死者数が3215人と3年連続で戦後最少を更新した。しかし、高齢運転者による重大事故が発生するなど、交通事故の実態は依然として厳しい。2020年は第10次交通安全基本計画(2016年度〜2020年度)の最終・・・

ニュースを読む

ボルボカーズ(Volvo Cars)は2月19日、スウェーデン・ストックホルムで開幕した交通安全に関する第3回国連グローバル閣僚会議において、世界中の政府と規制当局に対し、全席でのシートベルト着用を義務づけるよう呼びかけた。

毎年、推定135万人が交通事故で命を落としている。世界保健機関(WHO)のデータによると、交通事故死のリスクは、先進国より開発途上国が3倍以上高いという。

ボルボカーズは、各国が前席と後席の両方のシートベルト・・・

ニュースを読む

後席シートベルト着用率39.2%、依然として低い JAFと警察庁合同調査

by レスポンス編集部 on 2020年01月25日(土) 10時00分

日本自動車連盟(JAF)は1月24日、警察庁と合同で「シートベルト着用状況全国調査」を実施して結果を公表した。

2019年11月5〜21日に全国886カ所で調査した結果、後部座席のシートベルト着用率は、一般道路が前年比1.2ポイントアップの39.2%となり、2002年の合同調査開始以来、過去最高となったものの、依然として低い。高速道路は0.1ポイントマイナスの74.1%だった。

2008年に後席シートベルト着用が義務化され、10年以・・・

ニュースを読む

損害保険ジャパン日本興亜とPOSH WELLNESS LABORATORYは3月13日、POSH WELLNESSが開発した「シートベルトカバー型デバイス」で、ドライバーの眠気や健康状態悪化の予兆検知と事故防止を検知するサービスの提供を目指して実証実験を開始したと発表した。

両社は、健康に起因する交通事故の削減を目指すことで合意し「シートベルトカバー型デバイス」活用による新たな事故防止サービスの開発に向けて実証実験と受容性を調査する。・・・

ニュースを読む

◆シートベルトと“ふくよかな人”

本当は、怒りを込めて直球でそのまま書きたいところだが、差別用語にあたるので、“ふくよかな人”と表現させていただこう。

2019年2月。福岡市の国道でタクシーと乗用車の正面衝突事故が起きた。双方のドライバーは軽傷。しかし、タクシーの後部座席にいた男性は頭部損傷で亡くなっている。

この事故で明白なのは、シートベルト着用が生死を分けたということだ。後部座席での着用は高速道路だけでなく一般道でも義務である・・・

ニュースを読む

◆事故に遭う確率はゼロではない

【車外放出】先日、乗車中の幼児が死亡する交通事故が起きた。クルマ同士が交差点でぶつかり、一台が横転したはずみに、幼児が車外に放出されるという痛ましい事故である。報道によると、車内にチャイルドシートは見当たらなかったとのこと。ほかの乗員は骨折〜軽傷だったときくと、なおさら、チャイルドシートを使っていなかったことが悔やまれる。

「私は安全運転ですから」
「事故は起こしませんよ」

これまで何度も耳にした言・・・

ニュースを読む

肩ベルトのもぐりこみを防ぐチャイルドシート、カーメイトが発売へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年09月09日(日) 10時00分

カーメイトは、回転式チャイルドシートの新製品として、肩ベルトのもぐりこみを防ぐ「ジャンピング・ハーネス」を搭載した『エールべべ・クルット5』を10月5日より発売する。

ジャンピング・ハ−ネスは、2018年4月発売のジュニアシート『エールべべ・パパットグランス』で初採用した、肩ベルトが上がった状態をキープする新機構。今回、新生児用にも採用することで、赤ちゃんの乗せ降ろしが簡単になる。

このほか、スムーズで静かな回転を実現する「サイレン・・・

ニュースを読む

タイヤ破裂を発端としてキャンピングカーが横転、3人が死傷

by 石田真一 on 2018年08月06日(月) 18時45分

走行中にタイヤをバーストさせたキャンピングカーが急ハンドルを切った弾みで横転する事故が起きた。後部座席に同乗していた3人が車外に投げ出され、死傷している。

☆☆☆

5日午後4時20分ごろ、茨城県那珂市内の常磐自動車道下り線を走行していたキャンピングカーが道路左側のガードロープに接触。弾みで横転する事故が起きた。乗っていた5人のうち、3人が死傷している。

茨城県警・高速隊によると、現場は那珂市飯田付近で片側2車線の直線区間。キャンピ・・・

ニュースを読む

VW ポロ、後席左のシートベルトが走行中に外れるおそれ リコール

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年07月25日(水) 18時13分

フォルクスワーゲングループジャパンは7月25日、『ポロ』(1.0/70kW)および『ポロGTI』(2.0/147kW)のシートベルトバックルに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2017年12月25日〜2018年6月9日に輸入された4312台。

後席中央乗員用シートベルトバックルの取付位置が不適切なため、後席中央または左に乗車中、急ハンドル等によって後席中央乗員に大きな横応力が発生した場・・・

ニュースを読む

デンソーセールスは、バスの客席シートベルト装着を促す「シートベルトモニタリングシステム」の取り扱いを2018年7月より開始した。

シートベルトモニタリングシステムは、宮城県でバス向け製品開発などを行うヴィ・クルー社が製造。バスの客席シートベルトにセンサーを設置することで、各席のシートベルト装着状況を運転席のモニター上で確認できるシステムだ。シートベルト未装着の客席では警告ランプが点灯し、視覚的にシートベルト装着を促す。また、装着状況を・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

shiromatii

アイドリング中にクーラーが冷えない...

車種名:スズキ アルト
投稿ユーザー:shi***** さん
総合評価:

夏季の渋滞走行においてエアコンコンプレッサが連続稼働する状況や、長時間の...[ 続きを見る ]

yoineko

インジェクター等を交換しました

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:yoi***** さん
総合評価:

今さらですが、予見性リコール(No.4172)でインジェクターと排気スプ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針