シトロエン

カーライフニュース - シトロエン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

シトロエンは6月3日、『eジャンピー・ハイドロジェン』(Citroen e Jumpy Hydrogen)を欧州で発表した。シトロエン初の量産燃料電池車として、2021年秋に欧州市場で発売される予定だ。

◆ベース車両のジャンピーはトヨタ向けにもOEM供給

eジャンピー・ハイドロジェンのベース車両は、シトロエンの主力商用車のひとつ、『ジャンピー』のEV、『eジャンピー』だ。シトロエンジャンピーは、兄弟車のプジョー『エキスパート』ととも・・・

ニュースを読む

シトロエン(Citroen)は5月28日、ブランド初の量産FF車の『トラクシオン・アヴァン』が7月から、南北アメリカ14か国、4万kmの縦断ツアー「テラ・アメリカ」を行うと発表した。

◆トラクシオン・アヴァンは前輪駆動を意味

シトロエンは1934年4月、最初のトラクシオン・アヴァンの『7CV』を発表した。シトロエンを創業したアンドレ・シトロエンが、1935年に亡くなる直前に、送り出した1台だ。トラクシオンは駆動力(トラクション)を意・・・

ニュースを読む

4月8日、シトロエンからコンフォートSUV『C5エアクロスSUV』の新仕様車がデビューした。既に多くのユーザーから支持を得ている前仕様車と同様に、オプションとしてプレミアムスピーカーキット「BEWITH Platinum Voice」を選択することができる。

◆コンフォートSUVのサウンド面を
一気にグレードアップするキット登場

シトロエンC5エアクロスSUVの国内発売から早2年。SUVの新星としての期待を裏切らないシトロエンならで・・・

ニュースを読む

シトロエンというブランドは、クルマ作りの根底に「車を揺らさない」という信念を持っているのだと思う。それは例えばかつての『2CV』。あの車は朝摂れた卵を乗せて割らないように走れるように作ったそうだ。

あるいはDS(現代のDSではなく1955年に誕生したDSだ)。その宣伝ポスターには水面に4つの大きな球とその上に乗ったDSのボディで、揺れが少なく乗り心地が良いことが表現されていた。勿論この時誕生したハイドロニューマチックサスペンションはク・・・

ニュースを読む

グループPSAジャパンは、シトロエンのコンパクトSUV『C3エアクロスSUV』に特別仕様車「CUIR(キュイール)」を設定し、5月10日より販売を開始した。

特別仕様車キュイールは、鮮やかなキャメルブラウンのレザーと千鳥格子(ハウンドトゥース)のファブリック、アルカンタラのアクセントを組み合わせたハーフレザーシートを装備する。さらにダッシュボードとセンターコンソールの一部をレザー同色のキャメルブラウンに、ドアアームレスト部分も千鳥格子・・・

ニュースを読む

シトロエンは5月5日、2名乗りの小型EVの『アミ』の商用バン仕様、『マイ・アミ・カーゴ』(Citroen MY AMI CARGO)をフランス本国で発表した。

◆シトロエンのシティコミューターEVがアミ

シトロエンはブランド誕生から100年間、大胆さと創造性をもって、誰でもアクセスできるモビリティを追求してきた。そして101年目となる2020年、ブランドの完全電動化への流れに従い、新たなモビリティとして、アミを発表した。「アミ」の車・・・

ニュースを読む

個性引き立つシトロエン C3「BEWITH Platinum Voice」を試す

by 土田康弘 on 2021年05月07日(金) 21時30分

内外装のユニークなデザインが特長のシトロエンC3。そんなC3に一段と彩りを添えるのが、ディーラーオプションとして用意されている「BEWITH Platinum Voice」だ。今回は編集部スタッフによる試聴を通じ、その進化のほどをリポートした。

◆編集部の女性スタッフが試聴を実施
シトロエンC3の音の進化をリアル体感

取り回しやすいコンパクトなボディながら、SUVを彷彿とさせるフォルムを持つシトロエンC3。デザインのそこかしこに欧州・・・

ニュースを読む

グループPSAジャパンは、シトロエン・ジャパン公式Instagramの偽アカウントを確認したとし、注意を呼びかけている。

偽アカウントは「citroen__jp」(アンダーバーが2つ並んでいる)。フォローやキャンペーン当選連絡のDM送信が確認されている。

グループPSAジャパンでは、偽アカウントについて現在対処中。もし偽アカウントからフォローリクエストやDMが届いた場合、偽アカウントをブロックしDMも削除するよう注意を呼びかけている・・・

ニュースを読む

シトロエン アミ6 60周年…フランス語で友達じゃないの?

by 高木啓 on 2021年05月05日(水) 09時00分

60年前の1961年4月24日、シトロエンは小型車の『アミ6』を報道発表した。リアウィンドウが後ろ向きに傾いているのがデザインの最大の特徴で、“Zライン”と呼ばれた。1971年までに100万台が売れるヒットとなる。

アミ6は、ちいさな外寸の割に室内空間が広い“大きな小型車”だった。「このモデルは2CVの置き換えを意図しておらず、明確に異なる」と1961年のプレスリリースには書かれていた。アミ6の投入により、『2CV』『ID』『DS』を・・・

ニュースを読む

グループPSAジャパンは、人気のコンパクトSUV、『C3エアクロスSUV』に特別仕様車「C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL」(C3エアクロスSUVサーフエディション・バイ・リップカール)を追加し、5月1日に全国のシトロエン販売店で発売した。

シトロエン100周年の2019年7月に日本デビューしたC3エアクロスSUVは、世界販売約29万台のヒットモデルだ。日本でも、ユニークなスタイルとともに・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

NISMO:NE

e-powerからの乗り換えです。まだ500kmほどしか走行していないの...[ 続きを見る ]

A男

エンジン絶好調!

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:A男***** さん
総合評価:

購入から1年半が経過、走行距離も23000キロとなりエンジンは絶好調とい...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針