シトロエン

カーライフニュース - シトロエン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆奇抜さで人を驚かせるシトロエンは過去の話

シトロエンと言えばその昔は変な恰好だったリ、独特の乗り心地だったリ、複雑怪奇なメカニズムだったリ、とにかく人を驚かせることが趣味のようなメーカーだった。

それが一時PSA傘下となってプジョーに同化して、正直どうでもいいクルマ作りをしていた時期もあった。だが今、シトロエンは再び独自の道を歩み始めているような気がする。実はつい先日、1919年生まれのシトロエン100周年を祝うイベントが開かれた・・・

ニュースを読む

プジョー・シトロエン・ジャポンは、シトロエン創業100周年記念特別仕様車の第3弾『C3エアクロスSUVオリジンズ』を10月1日より発売する。

特別仕様車は、今年7月に日本デビューした『C3エアクロスSUV』の上位グレード「シャイン」をベースに、ブランドの初代ダブルシェブロンをモチーフとした100周年記念ロゴマークと、ヴィンテージ感溢れるブロンズのテーマカラーを内外装にちりばめた。2019年のみの製造で、C3エアクロスSUVが持つ、ポッ・・・

ニュースを読む

プジョー・シトロエン・ジャポンは、10月5日・6日の2日間、車山高原(長野県茅野市)で開催されるフランス車とフランス文化の祭典「フレンチブルーミーティング(FBM)2019」に出展する。

FBMは、1987年に始まった日本最大のフランス車とフランス文化の祭典。毎年、ヒストリックモデルから現行モデルまで、数多くのフランス車オーナー、ファンが参加している。

ブランド創立100周年を迎えたシトロエンは、100周年を記念したオリジナルコレク・・・

ニュースを読む

◆楽しげな外観スタイルが特徴

もとの『C3』と較べると、全長は165mm長く、全幅は15mm広く、全高は135mm高い。ホイールベースも70mm長い。とはいえコロン!としたデザインのせいか、SUVといえどもコンパクトで、いかにも親しみやすい普段使いのクルマ……そんな第一印象だった。

コミュニケーションカラーという試乗車は、オレンジ色のアクセントが随所にちりばめられた“カラーパック”仕様。同パッケージには他にシルバーとホワイトがあり、・・・

ニュースを読む

プジョー・シトロエン・ジャポンは、9月17日から23日の7日間、日本独自のシトロエン創業100周年記念イベント「シトロエン センテナリー ギャザリング」を東京・赤坂のアークヒルズ アーク・カラヤン広場にて開催する。

1919年にアンドレ・シトロエンが自動車を作りはじめて以来、その一世紀の歴史は、人々の「移動の自由」と「自由な移動」を支え、それを快適なものとするための創造と探求の積み重ねだった。シトロエン センテナリー ギャザリングは、・・・

ニュースを読む

◆プログレッシブ・ハイドローリック・クッション

その名をプログレッシブ・ハイドローリック・クッション(PHC)という。ご存知の通り、シトロエンにはその昔ハイドロニューマチックなる、独特なサスペンションが存在した。そのハイドロニューマチックはその後ハイドラクティブに名を変え、電子制御技術を導入して日本では2015年に販売を修了したシトロエン『C5』にまで使われた技術である。

個人的な話をすると、このハイドロニューマチックのモデルとハイ・・・

ニュースを読む

プジョー・シトロエン・ジャポンはシトロエン創立100周年を記念し、日本においてもイベントを開催。そこに日本で発見された1923年製の『5CV』を展示すると発表した。

◆戦後すぐに日本に来た5CVを発掘

バーンファインド(Barn Find)=「納屋モノ」とも呼ばれるクラシックカーが話題を集めている。長らく倉庫やガレージに放置され、そして人々の記憶から忘れ去られていたクルマが、ある時発見される。中にはとても希少なクルマたちもその中には・・・

ニュースを読む

プジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ社長は7月17日に都内で会見し、シトロンブランドに対する取り組みが着実な成果を上げていると評価する一方で、シトロエンブランド初のSUVモデルの投入で「新たなステップに入った」との認識を示した。

プレヴォ社長は「4年前、日本におけるシトロエンをいかに持続可能なブランドにするかということで、我々は計画を本格的に練り始めた。新たなプロダクトプラン、販売ネットワークの再構築、そしてシトロエン・・・

ニュースを読む

プジョー・シトロエン・ジャポンは7月16日、シトロエンブランドの新型SUV『C3エアクロスSUV』を発売した。シトロエンプロダクトマネージャーを務める水谷昌弘氏は「MPVで今まで培った豊富なノウハウを新たなSUVに注ぎ込んだ」と語る。

まず外観デザインについて水谷氏は「アンダーガード風な処理を施した前後のバンパー、フォグランプを内蔵した大きなヘッドランプをアクセントカラーで囲い、太いホイールアーチがSUVらしさを一段と強調する。ルーフ・・・

ニュースを読む

プジョー・シトロエン・ジャポンの3ブランドが東京モーターショー2019に出展しないことになった。17日に都内で開催した「シトロエン2019年ビジネス中間報告会」において明らかになった。シトロエンだけでなく、プジョーとDSのグループ3ブランドとも出展しない。

報告会ではプジョー・シトロエン・ジャポンの日本市場における好調がプレゼンテーションされ、東京モーターショーの“欠席”理由は「日本市場を軽視しているわけではない。会場が大きな問題。費・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

CF4152

燃費(通算37回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算37回目)を10/6に行いました。前回の給油から464.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針