コベルコ 神戸製鋼 グループ

カーライフニュース - コベルコ 神戸製鋼 グループ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

神戸製鋼とマツダは、足回り部品の防錆性能を高めた画期的な溶接方法「自動車足回り向けスラグ低減溶接プロセス」を開発、同技術が「日本溶接協会賞技術賞受賞」を受賞したと発表した。

近年、環境性能や走行性能の向上のため、車両軽量化が積極的に進められている。車両軽量化には、鋼板の薄板化は不可欠だが、薄板化では接合部の性能確保が課題であり、そのために連続接合可能なアーク溶接を多用している。このアーク溶接では、溶接ビード上にスラグが発生・付着した場・・・

ニュースを読む

コベルコ建機と日本マイクロソフトは5月22日、クラウドやAI、IoTなどを活用した建設現場のテレワークシステム「K-DIVE CONCEPT」推進のために協業することを発表した。

コベルコ建機は昨年、「誰でも働ける現場へ・KOBELCO IoT」をテーマにICTロードマップを策定し、その実現に向けて中長期的に研究・開発を進めている。そのひとつの柱であるK-DIVE CONCEPTは、クラウドマッチングシステムにより、特定の人・場所・時・・・

ニュースを読む

神戸製鋼所グループは、5月22〜24日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に出展すると発表した。

「コベルコ ソリューションズ&テクノロジーズ」がテーマ。高加工性冷延980〜1470MPaハイテンや高生産性ホットスタンプ用鋼板などの鉄鋼製品、自動車ボディ用アルミ合金板やサスペンション部品用アルミニウム鍛造品などのアルミ・銅などの素材と、そのソリューション技術を展示する。

また、評価・解析や技術調査な・・・

ニュースを読む

神戸製鋼、自動車用接合技術ショールームを藤沢事業所内にオープン

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年07月10日(火) 06時30分

神戸製鋼所は7月9日、神奈川県・藤沢事業所内に自動車用接合技術ショールームをオープン、自動車軽量化を促進させる多様な接合技術を紹介する。

藤沢事業所は、溶接材料で国内トップシェアを誇る溶接事業部門の研究開発拠点として57年の歴史を持ち、最も首都圏に近い事業所。今回、ここに自動車用接合技術ショールームをオープンさせることで、気軽に自動車メーカーや部品メーカーが足を運べる環境を整える。

ショールームには、異種金属接合技術「エレメントアー・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2018年6月22日付

●米関税JFE製除外、鉄鋼、中国・ドイツ企業も(読売・1面)

●車各社カーシェア参入「車離れ」市場急拡大(読売・3面)

●クルーズ旅若者にかじ、利用者最多、低価格、日本発着プラン増(読売・10面)

●JALサーチ・・・

ニュースを読む

未認証工場で分解整備作業、特殊車メーカー6社に業務改善指示

by レスポンス編集部 on 2018年06月20日(水) 17時00分

国土交通省は20日、認証を受けていない事業場で分解整備作業を行っていた大型特殊自動車メーカー6社に、業務改善を指示した。

三菱ロジスネクストについて、自動車分解整備事業の認証を受けていない全国56事業場(子会社の販売会社)で、ブレーキドラムを分解するなどの分解整備作業を実施していたことが発覚した。これを受けて国土交通省は4月24日、大型特殊自動車メーカー関係団体に対し、適切な分解整備を実施するよう傘下の会員に周知するよう指示した。

・・・

ニュースを読む

神戸製鋼、加古川製鉄所で自動車用ハイテン鋼板生産拡大へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年04月06日(金) 18時30分

神戸製鋼は4月4日、加古川製鉄所薄板工場にて、自動車用超ハイテン鋼板の需要拡大に対応するため、新たに薄鋼板の連続焼鈍設備を中心とした設備投資を実施すると発表した。投資額は約500億円。2021年2月の稼働開始を目指して、設備建設を進めていく。

近年、自動車メーカーは厳しさを増す燃費規制と衝突安全規制への対応のため、車体の軽量化と高強度化を推進。自動車用ハイテン鋼板に対する需要拡大、機能向上ニーズが今後さらに高まっていくと見込まれている・・・

ニュースを読む

神戸製鋼、引責辞任する川崎社長兼会長ら3人が特別顧問に就任へ

by レスポンス編集部 on 2018年03月22日(木) 08時14分

品質データの改ざん問題を抱える神戸製鋼所は、新しい経営体制を発表した。20日の取締役会で決定した。

同社はすでに川崎博也会長兼社長が4月1日付けで引責辞任し、山口貢氏が社長に就任することを公表している。

川崎氏と、品質データを改ざんが発覚したアルミ・銅事業部門を統括していた金子明副社長、品質部門を統括していた梅原尚人副社長の3人は6月下旬の定時株主総会で取締役を退任し、新設するポストである特別顧問に就任する。

同社は社長・会長出身・・・

ニュースを読む

神戸製鋼所は、子会社とともに米国カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所に、品質データを改ざんしていた部材を使用していた自動車の所有者らから損害賠償を求めて提訴されたと発表した。

原告は、対象製品を使用して製造された自動車のリースや購入者。本来満たすべき引張強度、厚さなどの水準を満たしていない対象製品が自動車に使用されていたことが分かっていたら自動車のリース料を支払わなかったはずで、そうした対象製品が使用されていることによって自動車の転・・・

ニュースを読む

神戸製鋼所、非主力部門の山口副社長が後任社長に昇格

by レスポンス編集部 on 2018年03月09日(金) 17時19分

神戸製鋼所は、4月1日付けで辞任を表明していた川崎博也社長兼会長の後任社長に山口貢代表取締役副社長執行役員の昇格を決めたと発表した。

川崎社長兼会長は長年にわたって品質データを改ざんしていた問題の責任を明確化するため、4月1日で社長兼会長を辞任し、6月の定時株主総会で取締役も退任することを決めていた。会長職を廃止することを決めており、後任の社長は後日発表する予定としていた。

山口氏は同社では非主力である機械事業部門長で、今回発覚した・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たか

低燃費タイヤとの相性はかなり良いと思います。 大分以前ですが、E36の3...[ 続きを見る ]

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針