日産 スカイライン 歴代

カーライフニュース - 日産 スカイライン 歴代

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

タカラトミーは、1/43スケール「トミカプレミアムRS」シリーズの第2弾商品として、「トミカプレミアムRS日産スカイラインGT-R VスペックIIニュル」を2019年8月に発売する。色はベイサイドブルーとミレニアムジェイドの2種類で、価格(税抜)は各3500円。

トミカプレミアムRSは、ハイディテールコレクションモデル「トミカプレミアム」から派生した新シリーズで、1/43スケールのダイキャスト製。コンセプトは「大人が本気で遊べるトミカ・・・

ニュースを読む

世界大手の玩具メーカー、米国マテル社の日本法人であるマテル・インターナショナル株式会社(東京都千代田区)は、『カーカルチャー アソート』より、『HW カーカルチャーJAPAN HISTORICS 2 (ジャパン・ヒストリックス2)』を、2018年1月上旬より発売する。

カーカルチャーアソートとは、カルチャーにフォーカスした特徴的なデコレーションやファン絶賛のホイールなど、ホットウィールの象徴的なミニカーコレクションだ。

今回発売する・・・

ニュースを読む

京商は、「1/64スケール スカイライン&GT-R ミニカーコレクション NEO」をサークルK・サンクス限定で2015年1月20日から発売する。

今回は『KPGC10』『KPGC110』にはじまり、『2000ターボRS-X』『2000GTS-X』といったGT-R復活直前のメモリアルマシンから、その後の『BNR32』『BCNR33』『BNR34』、さらに『スカイライン』の冠をはずした現行『GT-R』までを一挙にモデル化。なかでも人気の高・・・

ニュースを読む

日産自動車は『スカイライン』に2リットル4気筒ターボモデルを追加し、6月5日より発売を開始した。価格は383万4000円から。

過去の系譜をさかのぼると、スカイラインに「GT」というグレード名が付けられたほとんどのモデルが6気筒であった。いうなれば、「GT」イコール6気筒というイメージだ。その始まりは2代目スカイラインに当時の『グロリア』用6気筒を搭載した2000GT(S54)からで、それ以降、歴代スカイラインのGTグレードは6気筒エ・・・

ニュースを読む

新しい、『スカイライン200GT-t』の発表会場には、過去12世代のスカイラインすべてが顔を揃えていた。これほど長い歴史を途絶えることなく紡いできた日本車も珍しい。

まだまだ日本の自動車産業がヨチヨチ歩きだった時代からスカイラインはモータリゼーションをリードし、そして技術革新を大いに進めたレースにおいても大活躍したクルマである。誕生は1957年のことだから、すでに今年で誕生57年目を迎えた。海外のメーカーでは50周年を盛大に祝うモデル・・・

ニュースを読む

日産自動車は12月23日、創立80周年を記念した「ヘリテージ・カー・パレード in Yokohama」を同社グローバル本社ギャラリーおよび周辺地域で開催した。

特設会場には115台の歴代ダットサンや日産の名車が集結。パレードは同社から赤レンガパーク、山下公園や中華街前など横浜らしい風景の中行われ、沿道には多くのギャラリーに見守られ無事に全車がゴールした。・・・

ニュースを読む

東京モーターショー2013年で、日産自動車は創立80周年を記念したモデルとなる『IDx』を初公開。ノーマルバージョンの「フリーフロー」とスポーツバージョン「ニスモ」と、2台のコンセプトを提案した。

IDxのデザインについて、日産の常務執行役員チーフクリエイティブオフィサーの中村史郎氏は「80周年を記念して日産の資産をデザインに反映した。これからは、コ・クリエーションと呼ぶカスタマーと一緒にものづくりをやっていく共同創造が重要となってく・・・

ニュースを読む

歴代スカイラインが富士スピードウェイに集結 7月10日

by 椿山和雄 on 2011年06月26日(日) 20時00分

7月10日、“日産スカイラインフェスティバル2011 in 富士スピードウェイ”が富士スピードウェイで開催される。日産『スカイライン』オーナーやファンを対象にした年に一度のイベントだ。

イベントは、オールドスカイラインによるヒストリック・スポーツ走行をはじめ、歴代のスカイラインによる車種別スポーツ走行会や、気軽にサーキット走行体験を楽しめるファミリー走行会が行われ、日産・プリンス車で「スカイライン」または「GT-R」の名がつく車両のオ・・・

ニュースを読む

桜井真一郎氏死去…スカイライン開発責任者

by 椿山和雄 on 2011年01月21日(金) 15時55分

桜井真一郎氏が1月17日午後10時23分心不全のため永眠した。享年81歳。桜井氏は、1952年にプリンス自動車工業(後に日産自動車と合併)に入社、その後『スカイライン』の開発者として初代開発から携わった。

86年に設立された日産車ベースの特装車メーカー、オーテックの初代社長に就任。94年に独立してエス・アンド・エスエンジニアリンングを設立し、地球温暖化防止や排ガスによる大気汚染防止対策技術の開発に取り組んでいた。

なお、エス・アンド・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たか

低燃費タイヤとの相性はかなり良いと思います。 大分以前ですが、E36の3...[ 続きを見る ]

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針