アウディ Q7

カーライフニュース - アウディ Q7

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

アウディのフラッグシップ・3列シートSUV『Q7』次期型の詳細が見えてきた。スクープ班がつかんだ情報によると、次期型は「より大きく、大胆なSUV」として大刷新され、ICEモデルとして2025年にも登場するという。

現行型の2代目「Q7」は2015年に登場しており、すでに9年が経過している。今年1月には改良モデルが発表され、次期型はフルエレクトリックモデルとして2028年に登場すると予想されていた。しかし、これよりも早く2025年にもI・・・

ニュースを読む

アウディ Q7 と Q8、PHEVに改良新型…EVモードは85kmに拡大

by 森脇稔 on 2024年04月25日(木) 07時00分

アウディは4月23日、最上位SUV『Q7』と最上位SUVクーペ『Q8』のプラグインハイブリッド車(PHEV)の改良新型を欧州で発表した。

改良新型のPHEVは、「55 TFSI e クワトロ」グレードを名乗る。直噴ガソリンターボエンジンを基本にした新世代のPHEVシステム、「TFSI e」は、直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンターボ「TFSI」エンジン(最大出力340ps)に、モーター(最大出力177ps、最大トルク46.9kgm)・・・

ニュースを読む

アウディは1月30日、大型高性能SUV『SQ7』(Audi SQ7)の改良新型を欧州で発表した。同時に発表された『Q7』シリーズの頂点に立つ高性能モデルになる。

◆0〜100km/h加速4.1秒で最高速は250km/h
改良新型SQ7には、「4.0 TFSI」エンジンを搭載する。直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力507ps、最大トルク78.5kgmを発生する。2つのツインスクロールターボチャージャーは・・・

ニュースを読む

アウディは1月30日、大型SUV『Q7』(Audi Q7)の改良新型を欧州で発表した。2015年に登場した現行型が、2019年に次ぐ2度目の大幅改良を受け、商品力を引き上げている。

改良新型には高輝度LEDヘッドライトが標準装備され、マトリクスLEDヘッドライトもオプションで用意された。「アウディレーザーライト」を備えたHDマトリクスLEDヘッドライトも用意されている。それぞれ24個のLEDとハイパワーレーザーダイオードで作動し、レー・・・

ニュースを読む

マイナーチェンジモデルが開発されていると見られていたアウディの大型SUV『Q7』だが、「その先のモデル」と思わしきプロトタイプをスクープした。ボディは厳重にカモフラージュされているが、その表情はこれまでにないもの。このプロトタイプの正体とは…?

北極圏の北にあるフォルクスワーゲングループのテストセンター付近で、静かな攻防が繰り広げられた。カメラマンによると、厳重にカモフラージュされたプロトタイプは長いレンズから逃げるように走行し、黒い・・・

ニュースを読む

アウディ Q7 のディーゼルモデルが日本初登場…限定車も発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2023年09月20日(水) 15時30分

アウディジャパンは、フルサイズSUV『Q7』に直噴ターボディーゼルTDIモデルをラインアップに追加。また、TDI導入記念の限定モデル『Q7ブラックスタイルプラス』を設定し、9月20日より販売を開始した。

初代Q7は2006年に日本デビュー。スポーツ性とラグジュアリー性を高次元で融合するとともに7人乗り3列シートを採用し、時代を先取りしたフルサイズSUVとして人気を博した。2016年のフルモデルチェンジを経て、今なお、進化を続けている。・・・

ニュースを読む

最高出力507ps、アウディの高性能フルサイズSUV『SQ7/SQ8』日本上陸へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2023年07月31日(月) 14時15分

アウディジャパンは、フルサイズSUV『Q7』『Q8』の高性能バージョン『SQ7』『SQ8』を日本市場に導入し、今秋以降に販売を開始すると発表した。価格はSQ7が1419万円、SQ8が1460万円。

2006年に日本でデビューした初代Q7は、スポーツ性とラグジュアリー性を高次元で融合するとともに、7人乗り3列シートを採用。2016年に2世代目へのフルモデルチェンジを経て、進化を続けている。一方Q8は、よりスポーティでラグジュアリーなモデ・・・

ニュースを読む

アウディは現在、大型クロスオーバーSUV『Q7』改良新型を開発中だが、その最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

第2世代となる現行型Q7は2015年に登場。4年後の2019年には初の大幅改良がなされており、これが2度目の大幅改良となる。タイミング的にはフルモデルチェンジの時期ではあるが、アウディはラインアップのEVシフトを急速に進めており、全く新しいSUVの開発よりも既存モデルをアップデートすることで効・・・

ニュースを読む

アウディは現在、最大7人乗りクロスオーバーSUV『Q7』のフェイスリフトに着手しているが、その最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

第2世代となる現行型は2015年に登場、4年後の2019年には初の大幅改良がなされており、これが2度目の大幅改良となる。タイミング的にはフルモデルチェンジの時期ではあるが、次世代型はフルエレクトリックモデルへ変わるため、現行モデルをリフレッシュすることで延命を図る。

捉え・・・

ニュースを読む

アウディは現在、大型クロスオーバーSUV『Q7』の改良に着手しているが、その市販型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉ええた。

初代Q7は、ポルシェ『カイエン』やVW『トゥアレグ』と同じ「L7型」プラットフォームを採用する兄弟モデルとして2005年に誕生した。第2世代となる現行型は2015年に登場、4年後の2019年には初の大幅改良がなされており、これが2度目の大幅改良となる。

アウディは2026年からピ・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

運転志

2回目の給油

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

燃料警告灯とブザーが鳴るのは、推定走行可能距離が50km代まで減ってから...[ 続きを見る ]

運転志

工具が無いとね…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

初回3ヶ月点検の一週間前なんで、一応エンジンオイル量を確認しておこうかと...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針