村田製作所

カーライフニュース - 村田製作所

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

村田製作所は、車載Ethernet(100BASE-T1)向けコモンモードチョークコイル(CMCC)として、世界で初めて−55〜+150度の使用温度範囲を実現した「DLW32MH201YK2」を商品化し、12月より量産を開始する。

近年、自動車の高機能化にともない、ADASをはじめとする自動運転に向けて、自動車に搭載されるECUが増加。これらを接続するネットワークとして、車載Ethernetなどの差動伝送方式を採用した高速インターフェ・・・

ニュースを読む

村田製作所は10月15〜18日の期間で開催中の「CEATEC 2019」(千葉市)の自社ブース内で、「業界最高水準の電池容量を持つ」とした小電力機器向け全固体電池を披露した。高容量化が難しいとされる中で25mAhの電流容量を持つ製品の開発に成功。2020年度中の出荷を目指す。

披露された全個体電池は小電力で稼働する小型機器向けに開発されたもので、電解質に不燃性個体を使用することで「単純構造のため小さくても高容量」とし、リチウムイオン電・・・

ニュースを読む

村田製作所は「オートモーティブワールド2019」にCASEを支えるモジュールやセンサー類など自慢の製品を展示。これから自動車向けの製品で攻勢を加速させていくという。

村田恒夫会長兼社長も新年の賀詞交歓会で「スマホ向けは需要が減速して厳しくなっているが、反対に自動車向けの製品は大きく伸びている。これから自動車向けに力をさらに入れていきたい」と話していた。

今回の村田製作所のブースはそんな思いが込められたブースと言っていいだろう。自動運・・・

ニュースを読む

村田製作所は、過酷な環境下で高精度なセンシングを実現する3軸傾斜センサ「SCL3300シリーズ」を開発し、1月16日〜18日に東京ビッグサイトで開催される「第11回国際カーエレクトロニクス技術展〜カーエレJAPAN〜」(オートモーティブワールドを構成)に出展すると発表した。

ヘッドライトの照射軸を自動車の傾きによって自動調節する機能など、従来の傾斜検知以外の用途で3軸傾斜センサのニーズが高まっている。新製品はこれらのニーズに対応するた・・・

ニュースを読む

村田製作所は12月19日、世界で初めて車載向け高速LAN規格1000BASE-T1(最大1Gbps)に対応したコモンモード・チョークコイル「DLW32MH101XT2」を業界最小サイズで開発し、サンプル出荷を開始した。

近年、自動車業界では自動運転やADASなど高機能化のため車載カメラの高画質化が進み、これまで以上に各種ECU間を結ぶ車載ネットワークの高速化が進展。将来的には、現在普及が進む100BASE-T1(最大100Mbps)の・・・

ニュースを読む

村田製作所、フィンランドでADAS向けMEMSセンサの生産能力増強

by レスポンス編集部 on 2018年08月22日(水) 09時30分

村田製作所は、自動車の安全運転支援システムなどに使われるMEMSセンサの生産能力を増強するためにフィンランドのヴァンターに工場を新設する。総投資額は50億円。

MEMSセンサは微小電気機械システムをベースにしたセンサで、自動車の安全運転支援システムや心臓ペースメーカーなどに用いられている。自動車業界や産業用途に用いられるMEMSセンサの世界的な需要の高まりに応える。

開発・生産子会社ムラタ・エレクトロニクスがこれまで駐車場として利用・・・

ニュースを読む

村田製作所は、自動車の高信頼性用途向けで同社最小サイズとなる1608Mサイズ(1.6×0.8mm)の3端子積層セラミックコンデンサ「NFM18HC」シリーズを開発した。

3端子積層セラミックコンデンサは、一般的な2端子の積層セラミックコンデンサよりもESLが小さいため、少ない部品点数で高周波帯域のインピーダンスを低減できる。この特長を活かし、主に処理速度の高いプロセッサを搭載した小型化・高密度化が求められるスマートフォンなどで採用が拡・・・

ニュースを読む

村田製作所は、最高使用温度200度に対応する自動車用リードタイプ積層セラミックコンデンサ「RHS」シリーズを開発した。

開発品は、高耐熱積層セラミックコンデンサを、新しく開発した高耐熱樹脂でコーティングすることで、最高使用温度200度を実現した。定格電圧ラインアップは200Vdc、500Vdcで、今後さらに拡大する予定。

自動車の燃費向上を目的に、パワートレイン系制御システムにはDCモーター駆動による制御が増加している。自動車のエン・・・

ニュースを読む

村田製作所、ADASや自動運転車向けに世界最大音量のブザーを開発

by レスポンス編集部 on 2017年01月11日(水) 15時26分

村田製作所は、車載市場向けに世界最大音量の表面実装型圧電サウンダ(ブザー)を開発した。

車載市場では、将来の自動運転の実現に向け、ADAS(先進運転支援システム)の技術開発が進んでいる。マンマシンインターフェースのひとつとして搭載されている発音部品も、運転中の警告音・報知音用途で一層の大音量化が求められている。

しかし、従来のピンタイプ型圧電ブザーは、実装状態のばらつきによる特有の実装異常や音色が変化する異音の問題がある。このため、・・・

ニュースを読む

村田製作所は、1月18日から20日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「オートモーティブワールド 2017:第9回[国際]カーエレクトロニクス技術展」に出展する。

村田製作所は、GNSSシステムとIMU(慣性計測装置)を組み合わせたマゼラン社の高精度GNSS慣性航法システム(GNSS INS)に採用さた「ジャイロセンサSCC2000シリーズ」を出展。センサの実機とともに、同GNSS INSが農機に搭載され田畑での自動運転を開始した事・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiloichi

まさに人馬一体!

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:hil***** さん
総合評価:

2シーターのスポーツカーという性質上、どうしても載せられる荷物の量は限ら...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算41回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算41回目)を1/18に行いました。前回の給油から576.0km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針