日本板硝子

カーライフニュース - 日本板硝子

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

国産連節バス、いすゞ エルガデュオ にNSG製ガラスを採用

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年06月17日(月) 16時45分

日本板硝子(NSG)は、いすゞ自動車が発売した国内初のハイブリッド連節バス『エルガデュオ』に、NSGのガラスが採用されたと発表した。

ハイブリッド連節バスは、イベントや観光地など、これからニーズが高まる大量輸送に対応する、車体をジャバラ状の連節部分で2台つなげた最大120人乗りの大型のバス。フロントガラスにはNSGの3次元曲げ合わせガラスを採用。快適な室内空間へ貢献するとともに、広くクリアな視界を保ち、取り回しの難しい全長約18メート・・・

ニュースを読む

トヨタ シエンタ 改良新型、日本板硝子の防曇機能付ガラスが採用

by レスポンス編集部 on 2018年09月14日(金) 07時30分

日本板硝子は、トヨタ自動車の改良新型『シエンタ』に、防曇機能付ガラスが採用されたと発表した。

日本板硝子が長年培ってきた有機無機ハイブリッドコーティング技術によって開発した防曇膜を、フロントガラスに付与することで、曇りを防止する。

冬季、梅雨などの曇り易い環境下でも、カメラ前のガラスが曇りにくくすることで、トヨタセーフティセンスにも貢献する。・・・

ニュースを読む

GMの新型ピックアップトラック、日本板硝子のHUD対応ガラスを採用

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年08月22日(水) 06時30分

日本板硝子(NSG)は8月21日、ゼネラルモーターズ(GM)の新型ピックアップトラックに、同社のヘッドアップディスプレイ(HUD)対応ガラスが採用されたと発表した。

同社のHUD対応ガラスが採用されたのは、GMが北米で発売を予定しているGMC『シエラ・デナリ』とシボレー『シルバラード』の2019年モデル。フルサイズピックアップトラックのフロントガラスとしては初搭載となるHUDは、縦7.62cm×横17.78cmのカラー画面で、ドライバ・・・

ニュースを読む

日本板硝子は、トヨタ新型『アルファード』および『ヴェルファイア』に世界初の新プライバシーガラス「UVプロテクト400」が初めて採用されたと発表した。

UVプロテクト400は、同社がこれまで長年にわたり培ってきたフロート工法の技術と経験を活かして製造。ガラス単独で従来のプライバシーガラスに比べて、長波長側の紫外線(370nm〜400nm)も含めて約99%カットしながら、赤外線カット性能も大幅に向上し、約90%以上をカットする。

アルフ・・・

ニュースを読む

日本板硝子、米国工場にフロントガラス用最新工法設備を導入

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年02月21日(火) 15時09分

日本板硝子(NSGグループ)は2月21日、米国ケンタッキー州バーセールズの自動車用ガラス工場に750万米ドル(約8億4000万円)を投じ、フロントガラス(合わせガラス)製造用の最新高精度プレス(APBL)設備を導入すると発表した。着工は今春の予定。

高精度プレス工法は、複雑形状で面精度の高いフロントガラス製造のために開発した同社独自技術。人気が高まるヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)に対応するフロントガラス製造の中核技術となるもの・・・

ニュースを読む

日本板硝子は、トヨタ 新型『プリウスPHV』の印象的なリアビューを演出する「ダブルバブルウインドウ」を製造・提供している。

新型プリウスPHVのリアガラスは、センターに溝があり2つの膨らみを持つ形状のダブルバブルウインドウとなっている。この特殊な形状は、日本板硝子のシミュレーション技術を駆使した型の設計と、独自開発のリアガラス用プレス設備で培ってきた経験によって、製造が可能となった。この形状によりキャビン側面の気流がリアガラスに吸い寄・・・

ニュースを読む

日本板硝子、フロントガラス用高精度プレス工法設備を増設

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年10月18日(火) 17時12分

日本板硝子は10月18日、舞鶴事業所に、同社独自技術による高精度プレス工法を用いた自動車フロントガラスの生産設備を増設すると発表した。増設は今年中に着工し、来年稼働開始の予定。

高精度プレス工法は、高温に熱したガラスを1枚ずつ型にあわせてプレス成形する曲げ加工方法。ガラス自体の重力によって自然成形を行う自重工法に比べ、ガラスを深く曲げるまたは立体的に曲げるような難しい成形や、ガラスに高い面精度が求められる場合に適している。

近年、自・・・

ニュースを読む

日本板硝子は6月24日、世界初となる長波長紫外線を約99%カットできる自動車用ガラス「UVプロテクト400」の開発にめどが付いたと発表した。

UVプロテクト400は、皮膚深層部にダメージを与えて皮膚のたるみ・ハリの低下・しわなどの原因となる紫外線UVAの長波長領域(380nm〜400nm)を含んだ紫外線(300nm〜400nm)を約99%カットする新製品。400nmまでの紫外線を約99%カットできるガラスは世界で初めてとなる。同社では・・・

ニュースを読む

日本板硝子とトヨタ、ショールーム向けインナーガラススキンを開発

by 纐纈敏也@DAYS on 2015年06月26日(金) 14時15分

日本板硝子環境アメニティは、トヨタ自動車と共同開発した、自動車ショールーム等の店舗向けダブルスキン用インナーガラススキン「トロポス NEO」の試作品を、7月8日から10日まで東京ビッグサイトで開催される「省エネ・節電EXPO」に出展する。

今回展示する「トロポス NEO」は、従来のダブルスキン構造にもある高い省エネ環境性能はそのままに、新開発の電動収納システムによるフルオープン機能を搭載し、ショールーム等の外部から必要な視認性を重視し・・・

ニュースを読む

日本板硝子、スーパーUVカットガラスの国内生産数量を引き上げ

by 纐纈敏也@DAYS on 2014年06月19日(木) 20時18分

日本板硝子は6月19日、昨年11月に引き上げていた、自動車用スーパーUVカットガラスの国内生産レベルを再び引き上げると発表した。

スーパーUVカットガラスは、紫外線を約90%カットする強化ガラスの車内面に、さらに紫外線を吸収する膜を成膜し、紫外線約99%カットを可能にした高機能なガラス製品。自動車のフロントドアを中心に使用され、運転席や乗員の日焼けを防止し、快適なドライビング環境を提供する。

同製品は、日本国内市場向けの様々な車種に・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

moo

なかなか走ります!

車種名:ダイハツ ハイゼットトラック
投稿ユーザー:moo***** さん
総合評価:

ハイゼットジャンボ、リクライニングが出来、腰がだいぶ楽です。エンジンはツ...[ 続きを見る ]

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針