バンコクモーターショー

カーライフニュース - バンコクモーターショー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

タイ国民がマイカーのスタンダードとするのがピックアップトラック。その分野で根強い支持を集めているフォードが、中でも人気が高い『レンジャー』の高性能版『レンジャー・ラプター』を2月より販売開始。その姿をバンコクモーターショーのフォード・ブースで披露した。

「RAPTOR」のロゴマークで隠された囲いから現れたのは、ベースのレンジャーをさらにマッシブにしたレンジャーの新たな姿だった。全長5398mm×全幅2180mmの堂々としたボディを持ち・・・

ニュースを読む

日産が誇るハイパフォーマンス・スポーツカー『GT-R』。ここタイでもSUPER GT(2014-15年 GT500クラス)で2年連続チャンピオンとなり、それが人気へとつながっていたが、そのGT-Rがついにタイ国内で正規販売されることとなった。

GT-Rの魅力は、存在感ある個性的なデザインと3.8リットルV6ツインターボが生み出す圧倒的な動力性能にある。デビューから10年を経過したクルマではあるが、これまでも年次改良を行いながら着実な進・・・

ニュースを読む

バンコクモーターショーで、タイ資本の新しいEVブランド「MINE」が産声をあげた。エネルギー関連企業が独自にプロジェクトを立ち上げ、車両事業への参入を目的として3台のコンセプトモデルを初公開。国内外のメディアから注目を集めていた。

公開されたコンセプトモデルは『City EV-CONCEPT』、『MPV EV-CONCEPT』という2台のEVと、電動スポーツカーのモックアップ『Sport EV-CONCEPT』の3台。このほか充電ステ・・・

ニュースを読む

昨2017年にバンコク モーターショーに初出展し、シンプルな小型電動ピックアップの試作車を公開したタカノオート。今年は「タカノカーズ」という商品ブランドを掲げ、より発売に近づいたプロトタイプを展示していた。

タカノカーズの母体は高野自動車用品製作所 。日本で商用車の用品やアクセサリーを手がけるサプライヤーだ。同社製品には日系トラックブランドの純正用品として取り扱われているものも数多い。同社は海外拠点の稼働率をさらに高める新規事業として・・・

ニュースを読む

3月26日のVIPデー、27日のプレスデーに続いて28日から一般公開がはじまった「バンコクモーターショー2018」。世界中のほとんどの国がそうであるように、ここタイでもプレミアムカーの代表格といえばメルセデスベンツだ。

BMWやアウディ、そしてレクサスなどのプレミアムブランドもタイでのプレミアムカーマーケットに参入しているが、バンコクの街で見かける比率はメルセデスベンツが圧倒的に多い。

そんなメルセデスベンツだけに、バンコクモーター・・・

ニュースを読む

「規模ではもっと大きなモーターショーは世界にたくさんあるし、ワールドプレミアも少ないけれど、美女の数と質ではどこにも負けていない」。バンコクモーターショーの主催者代表を務めるプラチン氏は、かつて現地メディアのインタビューでそう話したことがある。

実際、バンコクモーターショーの会場を歩いているの、ブースを彩る女性の多さに圧倒される。とにかく人数が多いのだ。会場を少し歩くだけで、主催者代表の語った言葉か決してオーバーではないことを理解でき・・・

ニュースを読む

日本でも高い人気を獲得したトヨタの小型SUV『C-HR』。ここタイでも昨2017年12月の「モーターエキスポ」でデビュー。その人気は今も変わらず、一般公開デーではC-HR周辺に多くの人だかりが出来ていた。

タイで販売されるC-HRは日本とは少しラインナップが違う。1.8リットルのハイブリッドエンジンは同じだが、1.8リットル・ガソリンエンジンがある。代わりに日本にある1.2リットル・ターボエンジンはなし。グレードも少し違っていて、ハイ・・・

ニュースを読む

バンコク国際モーターショー2018のプレスデーで、その意気込みに圧倒されたのがスズキだ。会場にあったのは新型『スイフト』のみ。新型スイフトは2月8日にタイで発表されたばかりで、その存在をメディアに少しでも多く報道してもらおうとこの対応となったらしい。

スズキがタイ国内でスイフト以外にラインナップしているのは、タイ国内で生産するCセグメント4ドアセダンの『シアズ』、コンパクトHBの『セレリオ』の3車と、他のASEAN地域で生産される7人・・・

ニュースを読む

タイの道路環境は左側通行右ハンドル。つまりは日本と同じだ。そんなタイの首都でおこなわれるバンコクモーターショーは、当然ながらヨーロッパ車も右ハンドルモデルを展示。メルセデスベンツやBMWは広いブースを構えているが、そこではモーターショーでの華として“右ハンドルの新型車”がお披露目されるのが慣わしとなっている。

BMWが今年のバンコクモーターショーでお披露目したのは、コンパクトSUVの『X2』。日本未発売でハンドル位置はもちろん右だ。カ・・・

ニュースを読む

2013年7月の観光目的における日本へ訪れるタイ人のビザ免除処置以降、急激に増え続けているタイからの訪日観光客。そんななか、バンコクモーターショー会場に観光誘致のブースを出しているのが、福島県だ。そして出展の目玉が「ドリフトタクシー」である。

ドリフトタクシーとは、見た目はタクシー風ながら中身はドリフト仕様に改造されたセダンにお客さんを乗せてドリフトしながらサーキットや峠道風のコースを走るアトラクション。普段は福島県にある「エビスサー・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

あにぃず

フリード+4WD…2回目の給油

車種名:ホンダ フリード (ハイブリッド)
投稿ユーザー:あに***** さん
総合評価:

本日が2回目の給油。メーターでは18.3kmだが、実測では約16km。こ...[ 続きを見る ]

修三朗

思いのほか、良い感じですね

車種名:スズキ バレーノ
投稿ユーザー:修三***** さん
総合評価:

☆走行性能 パワーはNAの1.2Lなので、あまり期待していなかったのです...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針