上海モーターショー

カーライフニュース - 上海モーターショー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

昨年11月の広州モーターショーで初公開されたトヨタの『カローラ』と、その兄弟車『レビン』。共にミドルサイズのセダンとして高い注目を浴びたが、中でも見逃せない新装備が、オートエアコンに組み込まれたPM2.5除去システムだ。上海モーターショー2019で公開された。

多くの人が知っているように、中国では微小粒子状物質(PM2.5)などによる大気汚染が深刻な社会問題となっている。特に冬期は石炭を中心とした暖房によって煤塵や粉塵が排出されるよう・・・

ニュースを読む

今年4月、フランスの大手サプライヤー「フォルシア」の新事業部として傘下に入ったクラリオンが、同月16日から開催された上海モーターショー2019へ同事業部として初めて出展。クラリオンが開発を進めてきた次世代のHMI技術を関係者向けに披露した。

フォルシアは 現在、37カ国に約300カ所の工場、46カ所の研究開発センター、12万2000人の従業員を擁し、2018年の同グループの売上は175億ユーロ。自動車部品のサプライヤーとしては世界トッ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは、上海モーターショー2019において、新型コンパクト電動SUV、『EQB』(Mercedes-Benz EQB)を2021年に発売すると発表した。

メルセデスベンツは2018年秋、メルセデスベンツブランド初の市販EV、『EQC』(Mercedes-Benz EQC)を発表した。「EQ」は、メルセデスベンツが立ち上げた電動車に特化したサブブランド。EQブランドの最初の市販車として登場したEVが、SUVのEQCだ。

メ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは、上海モーターショー2019において、同ショーでワールドプレミアした『コンセプトGLB』(Mercedes-Benz Concept GLB)の市販モデル、『GLB』(Mercedes-Benz GLB)を今夏、初公開すると発表した。

◆オフロード性能を追求。新型Gクラスのコンパクト版といえる位置づけ

GLBはメルセデスベンツ『GLA』と『GLC』の間に位置する新たなコンパクトSUV。コンセプト GLBは、メルセデ・・・

ニュースを読む

日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは、上海モーターショー2019において、コンセプトカーの『Qs インスピレーション』(Infiniti Qs Inspiration)をワールドプレミアした。

◆インフィニティは2021年にブランド初のEVを発売する予定

インフィニティは2021年以降に発売する新型車に、電動パワートレインを搭載する計画だ。2021年に発売される新型車は、インフィニティブランド初のEVになる。インフィ・・・

ニュースを読む

MINIは、中国で開幕した上海モーターショー2019において、『クラブマン』(MINI Clubman)の改良新型を初公開した。

現行クラブマンは、2世代目モデルだ。2015年秋、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2015でワールドプレミアされた。現行クラブマンの最大の特徴は、先代モデルの個性でもあった2+1ドアを改め、一般的な4ドアとした点だ。現行型は乗降性の面で、先代に対して大幅に利便性が引き上げられた。その一方で、車・・・

ニュースを読む

カルマオートモーティブは、中国で開幕した上海モーターショー2019において、『カルマSC1ビジョンコンセプト』(Karma SC1 Vision Concept)を初公開した。

カルマオートモーティブは、プラグインハイブリッド(PHV)の4ドアスポーツカー、『カルマ』を製造・販売していたフィスカーオートモーティブの破産後の資産を買収する形で、2014年に米国カリフォルニア州に設立された。現在、カルマ後継車の『カルマ・レヴェーロ』を生産・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループは、中国で開幕した上海モーターショー2019において、フォルクスワーゲン『テラモントX』(Volkswagen Teramont X)を初公開した。

『テラモント』は、フォルクスワーゲングループの新世代モジュラー車台、「MQB」を基本に開発。ボディサイズは全長5039mm、全幅1989mm、全高1773mm、ホイールベース2980mm。フォルクスワーゲンと上海汽車の中国合弁、上海フォルクスワーゲンとしては、初・・・

ニュースを読む

ボルグワーナー(BorgWarner)は、中国で開幕した上海モーターショー2019において、新開発の「OBC」(オンボード・バッテリー・チャージャー。電動パワートレイン車向けの車載充電器)を初公開した。

ボルグワーナーの新開発OBCは、EVとプラグインハイブリッド車(PHV)のどちらにでも使用できる。出力は7.4kwと11kwの2種類が用意されている。

ボルグワーナーの新開発OBCの特長は、三相電源入力により、強力で効率的、スピーデ・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループは、中国で開幕した上海モーターショー2019において、フォルクスワーゲン『SMVコンセプト』(Volkswagen SMV Concept)を初公開した。

SMVコンセプトは、フォルクスワーゲングループと第一汽車の中国合弁、一汽フォルクスワーゲンの歴史において、最もプレステージ性の高い自動車を提案するコンセプトカーだ。車名の「SMV」のMは、マルチパーパスを意味している。

高いプレステージ性が表現された部分・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

PoKeCo

iMMDインサイト自己最高燃費更新...

車種名:ホンダ インサイト
投稿ユーザー:PoK***** さん
総合評価:

満タン法で27.08km/lとなり、自己最高記録となりました。また新車購...[ 続きを見る ]

N

8割り方満足出来る車

車種名:日産 ノート(e-POWER)
投稿ユーザー:N***** さん
総合評価:

燃費・装備など満足出来る車です e POWER NISMO Sを購入しま...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針