BMW 7シリーズ

カーライフニュース - BMW 7シリーズ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BMWが開発を進める次世代『7シリーズ』に設定されるプラグインハイブリッド(PHEV)、及びフルEVの『i7』市販型プロトタイプを同時にキャッチした。

ライバルとなるメルセデスベンツ『Sクラス』は従来の内燃機関モデルに対し、EV版『EQS』でボディスタイルを明確に差別化、5ドアハッチバックとして登場することが濃厚。一方でBMWは、内燃機関モデルとEVモデルが同じスタイルで市販化されるようだ。


捉えた2台のプロトタイプはヘッドライト・・・

ニュースを読む

BMWが称賛、「ナイスS」…メルセデスベンツ Sクラス 新型

by 森脇稔 on 2020年09月07日(月) 09時57分

BMWは9月3日、メルセデスベンツ『Sクラス』新型を称賛(?)する映像を、公式ツイッターを通じて配信した。

メルセデスベンツは9月2日、新型Sクラスをデジタルワールドプレミアした。メルセデスベンツ伝統のラグジュアリーサルーンのSクラスは、自動車業界の指標のひとつとされている。

新型Sクラスは、エモーショナルとインテリジェンスとの新たな融合を目指し、最新のテクノロジーと職人技を組み合わせることにより、ラグジュアリーサルーンの新基準を標・・・

ニュースを読む

BMWのフラッグシップ・セダン、『7シリーズ』次世代型に設定されるフルEV版『i7』の最新プロトタイプを鮮明にカメラが捉えた。

次世代型7シリーズは、4つの異なるパワートレインをラインアップする。電動化も加速され、現行型のプラグインハイブリッドに加え、新たにフルEVが登場する。それがi7だ。

プロトタイプのヘッドライトやテールライトはプレースホルダー(仮のコンポーネント)を装着、ボディは完全にカモフラージュされ、ディテールは不明だ。・・・

ニュースを読む

BMW史上最強のセダンはEVに!? 『i7』2022年デビューか

by Spyder7編集部 on 2020年07月17日(金) 09時30分

BMW『7シリーズ』のフルEV版『i7』の市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

これまでの現行型7シリーズの皮を被ったテストミュールから一転、今回のプロトタイプはSUVのような245/50R19サイズのミシュランパイロットスポーツを履き、より尖ったシャークノーズや新デザインのドアハンドルを備えていることがわかる。

ヘッドライトの位置はこれまでより低いようにも見えるが、カモフラージュの一部の可・・・

ニュースを読む

BMW、7シリーズ と 8シリーズ を改良…7月から欧州で

by 森脇稔 on 2020年06月30日(火) 12時50分

BMWは、7月から生産される欧州向けの『7シリーズ』(BMW 7 Series)と『8シリーズ』(BMW 8 Series)に、改良を施すと発表した。

◆インテグレイテッド・アクティブ・ステアリングは3km/h以下でも後輪操舵が可能に

今回の改良では、「インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング」に最新バージョンが導入される。インテグレイテッド・アクティブ・ステアリングは、操車時の最小回転直径を小さく抑え、取り回しの良さと俊敏性を・・・

ニュースを読む

BMWは7月から、欧州向けの『7シリーズ』(BMW 7 Series)改良新型に、新世代の直列6気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載すると発表した。

BMWの新世代の直列6気筒クリーンディーゼルエンジンは、より多くのパワーを獲得しながら、CO2排出量を抑えることを目指して開発された。改良されたBMWのツインパワーターボテクノロジーなどを導入している。

◆48Vのマイルドハイブリッドを組み込む

新世代の直列6気筒ディーゼルエンジンは・・・

ニュースを読む

BMW 7シリーズ 次期型、歴代初のEV設定が決定

by 森脇稔 on 2020年03月26日(木) 15時45分

BMWグループ(BMW Group)は、ドイツで開催したデジタル年次記者会見において、次期BMW 『7シリーズ』(BMW 7 Series)にEVを設定すると発表した。

7シリーズは、BMWブランドのフラッグシップサルーンだ。メルセデスベンツ『Sクラス』や、アウディ『A8』などと競合する。次期7シリーズでは、ドイツのライバルに先駆けて、EVを設定する。

◆現行7シリーズには電動モデルとしてPHVを用意

現行7シリーズには、電動モデ・・・

ニュースを読む

BMW 7シリーズ のEVバージョン『i7』は670馬力で580kmの航続を実現か

by Spyder7編集部 on 2020年03月14日(土) 08時00分

BMWのフラッグシップ・4ドアサルーン、『7シリーズ』次世代型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。現行型7シリーズは、2022年6月まで生産されると予想されており、同年内には次世代型へバトンタッチされるだろう。

キャッチしたプロトタイプには、前回のスクープ時に見られた電動テスト車両を示すステッカーが貼られておらず、リアバンパー下部にエキゾーストシステムを装備している点からも、これがEVモデルではないことがわかる。またPHEVモデルかの・・・

ニュースを読む

◆「顔」が変わった7シリーズ

3サイズ、全長5265×全幅1900×全高1485mm、ホイールベース3210mmの堂々たる体格である。軽自動車ならホイールベース内にほぼ9割収まってしまう大きさだ。

基本的に今回デビューしたものはマイナーチェンジモデル。従ってコードネームはオリジナルがデビューした2015年(日本は2016年)以来変わらず、G11/12とされている。今回試乗した『M760Li』はロングホイールベースモデルのため、その呼・・・

ニュースを読む

BMW 5車種、装備をアップグレード…2020年春から欧州で

by 森脇稔 on 2020年02月05日(水) 12時45分

BMWは2020年春から、欧州向けの『X5』、『X6』、『X7』、『7シリーズ』、『8シリーズ』の5車種の装備をアップグレードすると発表した。

2020年3月以降、BMW は7シリーズと 8シリーズの快適性を向上させる。7シリーズ、8シリーズ、『M8コンペティションクーペ』、『M8コンペティションカブリオレ』、『M8コンペティショングランクーペ』に、自動ソフトクローズ機能付きドアを装備する予定だ。

X5、X6、X7の上級SUV3車種・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

トトロ

燃費は上々

車種名:マツダ アクセラスポーツ (ディーゼル)
投稿ユーザー:トト***** さん
総合評価:

現在片道30キロの通勤で利用しています。通勤路は走りやすい農免道やバイパ...[ 続きを見る ]

カンノマン

デイズハイウエイスター(B21W 4WD)からデイズハイウエイスターシン...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針