トヨタ ハリアー

カーライフニュース - トヨタ ハリアー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

総合カーチューニングパーツメーカーのブリッツは、カラーバリエーションが楽しめるマフラー「ニュルスペック カスタムエディション」にトヨタ『ハリアー ハイブリッド』を追加適合し、販売を開始する。

ニュルスペックは、鏡面仕上げによる上質な輝きと、高い耐久性を実現するオールステンレスSUS304製マフラー。マフラー本体とテール部分が別体となった新構造を採用し、テールパイプの交換およびボディからの突き出し量を容易に変更できる。

テール部分はチ・・・

ニュースを読む

デンソーは9月3日、ハンドル操作をモーターの力でアシストする「電動パワーステアリング モーター・コントロール・ユニット(EPS-MCU)」を開発したと発表した。

デンソーは、2015年に世界で初めて駆動回路とモーター巻線を2系統で持つEPS-MCU「DDA1(デンソー・デュアル・アシスト第1世代)」を開発。1つの機能を2つの系統で支えることで、万一片側の系統に問題が発生した際にも、もう一方の系統でアシストを継続し、スムーズなハンドル操・・・

ニュースを読む

◆ハイブリッドもSUVも

トヨタ製ハイブリッド車独特の、ウィーン、キーンといった電気的なノイズを発しながら静々と発進し、必要となるとヴァオーンとガソリンエンジンが目覚める。

ハイブリッドってこうなんだ…というイメージを定着させた傑作である。思えば初めて『プリウス』が世に出て四半世紀弱。はじめは動力源が二つある必要があるのかと、懐疑的だったヨーロッパのメーカーでも、今やHVやPHEVは時代の流れとして当然のように受け入れているのだから・・・

ニュースを読む

今年モデルチェンジを果たしたトヨタ『ハリアー』。1997年に初代モデルが登場した当時は高級SUVというカテゴリーは国内市場にほとんど無かったと言っても良いだろう。

そんなSUVシーンを引っぱってきたパイオニア的モデルであるハリアー、現在のSUVブームとも相まって先代モデルから引き続き人気の高さはハイレベルだ。プラットフォームは『RAV4』と共通とする。同社のSUVの基本設計が標準化されている証のひとつだろう。エンジンには2Lの直4ガソ・・・

ニュースを読む

◆サーキットと変わらない自然な走り

前回サーキットというクローズドエリアで試乗した新型『ハリアー』を公道でテストドライブした。発売後すでにオーダーもたっぷり入っているようだから、今年注目の一台であることは間違い無い。なんたって月販目標台数3100台に対し、発売後1か月で4万5000台注文を受けたくらいである。

試乗したのは、ハイブリッドのE-FourとFF、それと2リットル直4エンジンの3種類。どれも19インチを履いていた。そして、・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車(Toyota)の米国部門は、9月初頭に新型『ヴェンザ』(日本名:『ハリアー』新型に相当)を米国市場で発売すると発表した。現地ベース価格は、3万2470ドル(約345万円)と発表されている。

初代ヴェンザは2008年12月、米国市場で発売されたクロスオーバー車だ。『カムリ』の車台をベースとし、生産はトヨタ・モーターマニュファクチャリング・ケンタッキー(TMMK)で行われた。乗用車のスタイリングと快適性、SUVとしての使い勝・・・

ニュースを読む

7月17日付けのトヨタのニュースリリースによれば、新型『ハリアー』は6月17日の発売後1か月で、およそ4万5000台の注文が入ったという。月販目標台数が3100台だから単純計算でその14.5倍! 

ただ街のディーラーのショールームを見ていると、くまなく実車が配備されているように見受けられる。

色分けしながらトヨタのSUVを作ってきた……という中で、新型『ハリアー』の位置づけは“セダンの代わりになるクルマ”だそう。気構えずに気軽に選ん・・・

ニュースを読む

トヨタは新型ハリアーに同社としては初めて、走行中の映像をマイクロSDカードに記録保存できる「デジタルインナーミラー(前後方録画機能付)」を搭載した。ここでは、ほぼドラレコに近い使い方ができるこの機能の使い勝手や撮影した映像についてレポートする。

◆従来の「デジタルインナーミラー」とほぼ同サイズに録画機能を追加

試乗したのは新型ハリアー「Z」。本革仕様の「Leather Package」ではないがグレード的にはトップに位置する。「デジ・・・

ニュースを読む

三井不動産リアルティは、同社が運営する会員制サービス「カレコ・カーシェアリングクラブ」にて、7月16日より、トヨタの新型『ハリアー』を順次導入する。

カレコ・カーシェアリングクラブでは、ハリアーを2017年3月に初導入して以降、同車は現在、全車両4407台の約28%を占める、最も台数が多いクルマだ。また、2019年12月に実施したカレコ個人会員へのアンケートでは、「乗りたい車種名」で1位を獲得するなど高い人気を誇っている。

今回導入・・・

ニュースを読む

新型トヨタ『ハリアー』が斬新な機能を満載して登場し、受注が好調のようだ。気になる機能が「デジタルインナーミラー(前後方録画機能付)」だ。ほぼドライブレコーダー(ドラレコ)のような機能を備えるが、トヨタではそうは呼んでいない。その理由はどこにあるのか。

そもそも「デジタルインナーミラー」は後部に専用のカメラを備え、後方の様子をルームミラー上に映し出せるというものだ。車内に荷物を積んだ状態であっても後方視界を確保できるということでトヨタ車・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

kz

15年乗って休車中… 10年後に...

車種名:ミニ ミニ (BMC/ローバー)
投稿ユーザー:kz***** さん
総合評価:

学生の頃に憧れのキャブクーパーを購入して15年ほど乗りました。 あまり車...[ 続きを見る ]

かなジィ

MMC前だが

車種名:ホンダ N BOX
投稿ユーザー:かな***** さん
総合評価:

ジェイドだと車中泊が出来ないのと、山登で林道を行くと、岩や枝で傷が絶えな...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針