トヨタ ハリアー

カーライフニュース - トヨタ ハリアー (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

7月17日付けのトヨタのニュースリリースによれば、新型『ハリアー』は6月17日の発売後1か月で、およそ4万5000台の注文が入ったという。月販目標台数が3100台だから単純計算でその14.5倍! 

ただ街のディーラーのショールームを見ていると、くまなく実車が配備されているように見受けられる。

色分けしながらトヨタのSUVを作ってきた……という中で、新型『ハリアー』の位置づけは“セダンの代わりになるクルマ”だそう。気構えずに気軽に選ん・・・

ニュースを読む

トヨタは新型ハリアーに同社としては初めて、走行中の映像をマイクロSDカードに記録保存できる「デジタルインナーミラー(前後方録画機能付)」を搭載した。ここでは、ほぼドラレコに近い使い方ができるこの機能の使い勝手や撮影した映像についてレポートする。

◆従来の「デジタルインナーミラー」とほぼ同サイズに録画機能を追加

試乗したのは新型ハリアー「Z」。本革仕様の「Leather Package」ではないがグレード的にはトップに位置する。「デジ・・・

ニュースを読む

三井不動産リアルティは、同社が運営する会員制サービス「カレコ・カーシェアリングクラブ」にて、7月16日より、トヨタの新型『ハリアー』を順次導入する。

カレコ・カーシェアリングクラブでは、ハリアーを2017年3月に初導入して以降、同車は現在、全車両4407台の約28%を占める、最も台数が多いクルマだ。また、2019年12月に実施したカレコ個人会員へのアンケートでは、「乗りたい車種名」で1位を獲得するなど高い人気を誇っている。

今回導入・・・

ニュースを読む

新型トヨタ『ハリアー』が斬新な機能を満載して登場し、受注が好調のようだ。気になる機能が「デジタルインナーミラー(前後方録画機能付)」だ。ほぼドライブレコーダー(ドラレコ)のような機能を備えるが、トヨタではそうは呼んでいない。その理由はどこにあるのか。

そもそも「デジタルインナーミラー」は後部に専用のカメラを備え、後方の様子をルームミラー上に映し出せるというものだ。車内に荷物を積んだ状態であっても後方視界を確保できるということでトヨタ車・・・

ニュースを読む

TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、トヨタ自動車が6月から販売を開始した新型『ハリアー』の新車装着用タイヤとして、「プロクセス R46A」の納入を開始した。

新型ハリアーは、エレガントさと逞しさが融合した美しいフォルムや上質な室内空間、重厚感としなやかさを併せ持つ乗り味などが特長。同社が新車用タイヤとして納入しているプロクセス R46Aは、新型ハリアーの力強い走りを足元で支えるとともに、独自の材料設計基盤技術「ナノバランステクノロ・・・

ニュースを読む

住友ゴム工業は、トヨタ自動車が6月から販売を開始した新型『ハリアー』の新車装着用タイヤとして、ダンロップ「グラントレック PT30」の納入を開始した。

グラントレック PT30は、SUVの運転をより楽しくするために高次元の走行性能を追求し、操縦安定性能と低燃費性能を向上させたSUV向けタイヤ。独自のトレッドコンパウンドを採用することで、走行性能と環境性能を高次元で両立させ、新型ハリアーが求める、走る歓びと上質な乗り味の実現に貢献してい・・・

ニュースを読む

愛知トヨタ自動車は、新型『ハリアー』のすべてわかる初のオンラインイベント「UPDATE NOW」を7月4日に開催する。

イベントには、モータージャーナリストの島下泰久氏や、レーシングドライバー/自動車コンサルタントの三浦健光氏を招き、専門家から見た新型ハリアーのこだわりや機能を紹介。新型ハリアーとともに島下氏・三浦氏の試乗した感想など、ここでしか聞くことのできない見応えのある内容となっている。

開催時間は第1回が11時から12時、第・・・

ニュースを読む

北米カーオブザイヤー主催団体は6月23日、「2021北米SUVオブザイヤー」(2021 North American Utility of the Year)のノミネート23車種を発表した。

北米SUVオブザイヤーは、米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型SUVの中からベストな1台を選出するもの。

2021北米SUVオブザイヤーのノミネート23車種は以下の通り。

●BMW X・・・

ニュースを読む

AGCは6月18日、調光ガラス 「ワンダーライトDx」が、トヨタ自動車の新型『ハリアー』のパノラマルーフに採用されたと発表した。量産車への採用は世界初。

ワンダーライトDxは、自動車用外装ガラス向けでは世界最速の瞬時に透過光を制御できるガラス。フィルム中には目に見えないほどの小さな特殊材料が詰まっている。調光モード、透過モードのどちらの場合も紫外線を約99%カットする。

AGCの調光ガラスは、2枚のガラスの間に特殊なフィルムを挟み込・・・

ニュースを読む

4世代目『ハリアー』の特徴はハードウェアである。ご覧のようにデザインはキープコンセプトで、大きな変化は感じない。相変わらずスタイリングはシュッとしていて、SUVクーペ的ニュアンスが強い。都会的なイメージのあるハリアーにはぴったりだ。

このほかではフロントとリアのコンビネーションランプをリデザインし、従来型にはなかったボディサイド後方のキャラクターラインを加えている。

◆新型RAV4の実績も活きている?


注目はTNGAプラットフォ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

CVTフルードを交換しました・・・

車種名:スズキ ランディ
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

CVTフルードの交換が過去されていないことがわかり、 9年目の車検と合わ...[ 続きを見る ]

love-ski-hokkaido

燃費いいですよ

車種名:マツダ CX-5 (ディーゼル)
投稿ユーザー:lov***** さん
総合評価:

CX5の2.2Lディーゼル4WDです。 根室から札幌まで片道500kmを...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針