MINI ハッチバック

カーライフニュース - MINI ハッチバック

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

MINIは6月12日、5ドアハッチバックの新型MINI『クーパー5ドア』を欧州で発表した。

新型の全長は4036mm、全幅は1744mm、全高は1464mm。ボディサイズは前モデルとほぼ同じで、MINIの基本理念の「小さなフットプリントで最大限のスペースを」を体現している。

新型は、5人の乗員に充分なスペースを提供する。新型MINI『クーパー3ドア』と比較すると、ホイールベースは72mm長く、ボディは172mm長い。これにより、乗員・・・

ニュースを読む

MINIは6月5日、ハッチバック新型のEV、MINI『クーパー・エレクトリック』の「クーパーSE」に、欧州で「クラシック」仕様(MINI Cooper SE Classic)を設定すると発表した。

クラシック仕様は、光沢のあるブラックのグリルフレームや、合成ベスキンレザーシートに施された千鳥格子模様のパーフォレーションなど、時代を超えたデザインのディテールが特徴。また、LEDヘッドライト、パノラマルーフ、新しいOLEDディスプレイなど・・・

ニュースを読む

[15秒でわかる]MINI EVハッチバック「Favoured Trim」…爽やか

by 宮崎巧郎 on 2024年06月02日(日) 07時30分

MINIは5月24日、欧州で新型電動ハッチバックMINI『クーパー・エレクトリック』の「Favoured Trim」仕様を発表した。「Blazing Blue」のボディに白いルーフを特徴とし、シルバーのグリルフレームやLEDヘッドライト、パノラマガラスルーフが装備されている。内装は合成ベスキンレザーのスポーツシートや最新のOLEDディスプレイが採用されている。・・・

ニュースを読む

MINIは5月24日、ハッチバック新型のEV、MINI『クーパー・エレクトリック』に、欧州で「Favoured Trim」仕様(MINI Cooper SE Favoured Trim)を設定すると発表した。

Favoured Trim仕様は、「Blazing Blue」のボディに白いルーフを組み合わせているのが特長だ。「Vibrant Silver」のグリルフレーム、LEDヘッドライト、パノラマガラスルーフなどのディテールが際立って・・・

ニュースを読む

MINIは5月19日、「ハッチバック」新型の高性能モデル、「ジョンクーパーワークス(JCW)」(Mini John Cooper Works)を今秋、ワールドプレミアすると発表した。

これに先駆け、プロトタイプの写真を公開した。プロトタイプは、6月にドイツで開催されるニュルブルクリンク24時間レースに登場する。

新型は、MINIデザインチームが特別にデザインしたカモフラージュをまとう。1960年代のクラシックミニの赤と白のカラースキ・・・

ニュースを読む

MINIは5月15日、全ての新型MINIモデルに「SiriusXM 360L」を米国で標準装備すると発表した。

「SiriusXM」は2022年にMINIの全ラインアップに初めて導入されたが、今回の発表により、SiriusXM 360Lの拡張されたコンテンツとパーソナライズ機能が、全てのMINIに搭載されることとなる。

新型MINI『カントリーマン S ALL4』、MINI『JCW カントリーマン ALL4』、MINI『クーパーS ・・・

ニュースを読む

MINIは3月11日、3ドアハッチバックのMINI『クーパー』(MINI Cooper)新型の生産を、英国オックスフォード工場で開始した。内燃エンジンを搭載する新型がラインオフしている。

新型では、ガソリンエンジンの性能レベルの違いで、「クーパーC」と高性能な「クーパーS」の仕様が設定されている。新型のパワートレインは、3気筒または4気筒の効率的なガソリンエンジンだ。

米国向けは、2.0リットル直列4気筒エンジンが搭載される。クーパ・・・

ニュースを読む

先ごろ“今のミニ”の4世代目が登場。この最新型のハッチバックは「MINIクーパー3ドア」がモデル名となった。そこで今回は、クーパーがまだグレード名の位置づけだった頃のクラシックミニの終盤近くのモデルを、その日本仕様のカタログで振り返ってみたい。

手元には35周年記念車や当時のローバージャパンが用意した、かなり立派なカタログの数々がある。もともとタイムレスなクルマであるだけに、カタログを眺めていると今でも欲しくなってしまう(!)が、ミニ・・・

ニュースを読む

3月1日、MINIの3ドアハッチバックが『クーパー』と名乗りフルモデルチェンジし、MINI初の電気自動車『クーパーE』もデビューした。そのデザインはクラシックMINIをモチーフとしながらも、新しさを感じさせるものに仕上がった。発表に合わせて来日したデザイナーに、新型クーパーのデザインの肝、そして同時に追加されたBEV『カントリーマンE/SE』との違いについて直撃した。

◆カリスマ的なシンプルさ
発表に際しドイツ・ミュンヘンから来日した・・・

ニュースを読む

MINIは2月24日、新型3ドアハッチバックEV、MINI『クーパー・エレクトリック』(MINI Cooper Electric)のベースグレード、「クーパーE」を欧州で発表した。


◆「クラシック」仕様はイエローのボディカラーにホワイトルーフを用意
クーパーEは、「クーパーSE」の下に位置するMINIクーパー・エレクトリックのベースグレードだ。クーパーEには、4種類の仕様が用意される。中でも「クラシック」仕様では、ボディカラーとコン・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

nori

流れの良い幹線道路では20km/l前後で走ることができました。 一方で、...[ 続きを見る ]

運転志

三度目だし正直…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

純正オプションの約1/7価格のカ■メイト・セキュリテイボルト買うも、ネジ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針