トヨタ ハイラックスサーフ

カーライフニュース - トヨタ ハイラックスサーフ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタ自動車の米国部門は4月9日、SUVの『4ランナー』(Toyota 4Runner)新型を発表した。

2009年9月に発表された従来型4ランナーは、5世代目モデルだ。4世代目モデルまでは、日本では『ハイラックスサーフ』として販売されていた。しかし、従来型から北米専用モデルとなり、日本では1984年の初代から4代25年間で、ハイラックスサーフが消滅している。15年ぶりにモデルチェンジした新型のデザインは、ミシガン州を拠点とするCAL・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は、4月9日19時15分(日本時間4月10日11時15分)に、SUVの『4ランナー』新型を初公開する。米国トヨタが4月8日に発表した。

新型4ランナーには、「トレイルハンター」グレードがラインナップされる予定だ。トレイルハンターは、冒険を求めるユーザーに向けたグレード。すでに、ピックアップトラックの『タコマ』新型に設定されている。

2009年9月に発表された現行4ランナーは、5世代目モデルだ。先代モデルまでは、・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は4月4日、SUV『4ランナー』(Toyota 4Runner)の新型の新たなティザー写真を公開した。

2009年9月に発表された現行4ランナーは、5世代目モデルだ。先代モデルまでは、日本では『ハイラックスサーフ』として販売されていた。しかし、現行型から北米専用モデルとなり、日本では1984年の初代から4代25年間で、ハイラックスサーフは消滅している。

この4ランナーが間もなく、モデルチェンジを行う。トヨタは、・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は、SUV『4ランナー』(Toyota 4Runner)の新型のティザー写真を公開した。

2009年9月に発表された現行4ランナーは、5世代目モデルだ。先代モデルまでは、日本では『ハイラックスサーフ』として販売されていた。しかし、現行型から北米専用モデルとなり、日本では1984年の初代から4代25年間で、ハイラックスサーフは消滅している。

この4ランナーに間もなく、新型が登場する。トヨタは新型4ランナーのティザ・・・

ニュースを読む

2017年に国内市場に復活して以来、4WDカスタムのベース車として注目を集めているトヨタ『ハイラックス』。現在ではオフロード系だけでなく、シティユースを見据えたものや、同車の『タコマ』パーツを流用したUSスタイルなど、多様化が進んでいる。また、トラックボディだからこそできるカスタムも人気で、ベッドにラックを組みよりヘビーなオフロードをイメージさせるものや、トラックキャンパーの進化系として表現しているものもあった。・・・

ニュースを読む

トヨタ『ハイラックス』が国内市場に復活した2017年以降、4WDカスタムのベース車としてさまざまなメーカーやショップから注目を集めているのはご存じの通り。従来の4WDやSUVとは異なるトラックボディならではの個性的なカスタムスタイルが注目されている。(東京オートサロン2024)

2017年の復活当初は「プラド」や「ランクル」などのオフ系カスタムスタイルをそっくり踏襲した、スタンダードなオフロード4WD系のカスタムが主流になっていたハイ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は10月2日、SUVの『4ランナー』(Toyota 4Runner)が10月12〜21日、米国で開催される女性だけで競うラリーレイド、「Rebelle Rally」に参戦すると発表した。

このラリーは、米国ネバダ州やカリフォルニア州の砂漠地帯を舞台に、10日間(そのうち競技は8日間)で2200km以上を走破するラリーレイドだ。2016年に開始された同ラリーには、「4×4」とクロスオーバー車の「X-Cross」の2・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は10月3日、SUV『4ランナー』(Toyota 4Runner)の2024年モデルに、「TRDプロ」を設定すると発表した。

2009年9月に発表された現行4ランナーは、5世代目モデルだ。先代モデルまでは、日本では『ハイラックスサーフ』として販売されていた。しかし、現行型から北米専用モデルとなり、日本では1984年の初代から4代25年間で、ハイラックスサーフが消滅している。

現行4ランナーは、高い悪路走破性や、・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は10月3日、SUV『4ランナー』(Toyota 4Runner)の2024年モデルを発表した。

2009年9月に発表された現行4ランナーは、5世代目モデルだ。先代モデルまでは、日本では『ハイラックスサーフ』として販売されていた。しかし、現行型から北米専用モデルとなり、日本では1984年の初代から4代25年間で、ハイラックスサーフが消滅している。

現行4ランナーは、高い悪路走破性や、乗用車と同等の快適性を維持し・・・

ニュースを読む

かつて日本で『ハイラックスサーフ』として人気を博したトヨタのミッドサイズSUVは、『4RUNNER(4ランナー)』として海外で進化を続けている。そんな4ランナーが現在、次期型の開発に着手しているとの情報をつかんだ。

初代4ランナーは、1983年に登場。かつて日本ではハイラックスサーフとして2009年8月まで販売されていた人気モデルだ。同年から販売されている現行型からは海外市場専売となっており、『シエナ』、『タコマ』、『タンドラ』、『F・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

運転志

2回目の給油

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

燃料警告灯とブザーが鳴るのは、推定走行可能距離が50km代まで減ってから...[ 続きを見る ]

運転志

工具が無いとね…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

初回3ヶ月点検の一週間前なんで、一応エンジンオイル量を確認しておこうかと...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針