トヨタ RAV4

カーライフニュース - トヨタ RAV4

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆単独だと世界一売れているクルマ

トヨタ自動車の試乗会は、試乗後に毎回メーカーエンジニアとの懇談会がセッティングされる。まあ、他のメーカーも似たようなものだが…。今回は4人のエンジニアに囲まれてお話をすることになった。

「確かRAV4って、世界で4番目に売れているクルマですよね?」と振ったところ、同社MS製品企画ZD主幹の松本和彦氏から、「いえ、昨年3位に上がりました」と。さらに加えて、「上位2車はカローラとフォードFシリーズですが・・・

ニュースを読む

「ダイナミックフォースエンジン」と呼ぶ2.0リットルエンジン、発進用の1速ギヤを組み合わせたCVT、そして後輪左右の駆動力配分をアクティブにおこなう「ダイナミックトルクベクタリングAWD」。新型『RAV4』のパワートレインには“日本仕様のトヨタブランド初”となる新メカニズムが積極採用されている。

そもそも1車種のなかに4WDシステムが3タイプ(うち1種類はハイブリッド用で、ガソリン用は2タイプ)も用意されているのだから、つくづくパワー・・・

ニュースを読む

【トヨタ RAV4 新型】MEGA WEB、特別展示と試乗会を開始 7月8日まで

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年04月11日(木) 18時45分

MEGA WEBは、新型『RAV4』発表に伴い、4月11日から7月8日(予定)まで特別展示および試乗を開催する。

展示車は、「ハイブリッドG E-Four(ダークブルーマイカ)」、「ハイブリッドX 2WD(グレーメタリック)」(4月24日〜5月2日は展示なし)、「G Zパッケージ 4WD(ホワイトパールクリスタルシャイン)」、「アドベンチャー 4WD(アッシュグレーメタリック×アーバンカーキ)」(4月18日から展示、4月24日〜5月2・・・

ニュースを読む

トヨタは、ミドルクラスSUV『RAV4』をフルモデルチェンジし、3年ぶりに国内市場に復活させた。

◆驚くほど高回転で伸びるガソリンモデル



パワートレインは2つとも新世代の直噴4気筒DOHCだ。ガソリンエンジンは2.0リットルのM20A-FKS型で、最高出力126kW(171ps)/ 6600rpm、最大トルク207Nm(21.1kg-m)/ 4800rpmを発生する。これにダイレクトシフトCVTを組み合わせた。

CVTの採用と・・・

ニュースを読む

新型『RAV4』にはもちろんハイブリッド車が設定されている。FF(2WD)のほか、モーターで後輪を駆動するE-Four(電気式4輪駆動)も用意するのが特徴だ。

◆フロントまわりのデザインが異なるHYBRID



試乗車はE-Fourの“HYBRID G”。別にレポートしているガソリンエンジン車の“Adventure”とは外観上、フロントまわりのデザインが異なっており、グリルやバンパーまわりが独自の形状に。ボディ色もモノトーンのみの設・・・

ニュースを読む

第5世代となって日本市場に復活を果たしたトヨタ『RAV4』。新型の姿を初めて見たとき、「これは…!」と感じた。その一番大きな理由は、ずばり見た目の良さである。

新型RAV4のデザインには、『タコマ』や『タンドラ』といった北米市場向けピックアップや、『ハイラックスサーフ』といった本格クロカンファミリーの流れを汲むワイルドさがある。現在のトヨタトレンドである「キーンルック」(keen:鋭い、厳しい)の面影を残しつつも、タフで骨太な顔立ちで・・・

ニュースを読む

18年11月、ロサンゼルスショーに合わせて行なわれるWCA(ワールドカーアワード)の選考試乗会で初対面した新型『RAV4』にギョッとした。フロントは上からの眺めで八角形、キャビンから後方は横から見ると八角形をクロスさせて組み合わせるデザインと、その顔つき(マスクは六角形)にである。

どうしてこの奇抜なスタイリングが必要なのか?! 聞けば、なるほどアメリカでは威厳というか、威嚇できるツラ構えを含む造形がとくに女性ユーザーには重要で、男連・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、本格的なラフロード試乗が体感できる新型『RAV4』試乗イベントキャラバンを4月13日より順次開催すると発表した。

試乗イベントキャラバンでは、あらゆる路面状況に最適な対応ができる新型RAV4の本格性能を、本格的なラフロードコースで試乗体験できる。当日は試乗体感イベント以外にも楽しいコンテンツが盛り沢山。オリジナルグッズがもらえるキャンペーンも実施する予定だ。

初回は4月13日(土)〜14日(日)にふもとっぱら(静岡県・・・

ニュースを読む

トヨタは、ミドルクラスSUV『RAV4』をフルモデルチェンジし、3年ぶりに国内市場に復活させた。

◆「ハイブリッド」「ガソリン」「グレード」によって異なる4WDシステム


新型『RAV4』が搭載するのは「ダイナミックフォースエンジン」と名付けられた新世代のパワーユニットだ。直噴の直列4気筒DOHCガソリンエンジンとハイブリッドシステムを組み合わせたリダクション機構付きのTHS IIが用意されている。また、主役となる4WDモデルは、ハ・・・

ニュースを読む

モデリスタは、フルモデルチェンジしたトヨタ『RAV4』新型の発売に伴い、新型RAV4用のカスタマイズアイテムをラインナップ、4月10日に全国で販売を開始した。

標準グレード用の「エアロキット」は「URBAN SOLID STRIDER」をコンセプトに、ベ一ス車のスタイリングをさらに引き立てるダイナミックな造形にメッキ加飾とLEDイルミネーションを配置、洗練されたアーバンSUVスタイルを創出する。

また、エアロキットに加え、フロントグ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

bmc1275

一生モノ

車種名:ミニ ミニ (BMC/ローバー)
投稿ユーザー:bmc***** さん
総合評価:

生産中止の話が出てきてので新車購入に踏み切りました。それから早19年が経...[ 続きを見る ]

まあいける

車にスピードを求めない人のための車...

車種名:トヨタ ヴィッツ
投稿ユーザー:まあ***** さん
総合評価:

郊外の通勤で往復80km、深夜の走行が多いために燃費は稼げます。平均で1...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針