マツダ RX-7

カーライフニュース - マツダ RX-7

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

マテル・インターナショナルは、ダイキャストミニカー「ホットウィール(HW)」の新製品として、「ワイルド・スピード」シリーズ劇中車の日本車のみで構成した新シリーズを4月中旬より順次発売する。

ホットウィールは、1968年に販売を開始した販売台数世界一の米国ダイキャストカ―ブランド。発売以来、60億台を製造し世界中の子どもたちに親しまれ、現在ではコレクターアイテムとしても発展し、大人から子どもまで、幅広い年齢層に支持されている。

今回発・・・

ニュースを読む

オートエクゼは、絶版スポーツカーに向けたアップデートプログラムとして、マダ『RX-7』(FD)、『ロードスター』(NA)用ストリートサスキットを限定生産し、全国のマツダ販売会社、有名カー用品店、オートエクゼ商品取扱店などで発売する。

同社が開始したアップデートプログラムのキャッチフレーズは「量産以上、チューニング未満」。RX-7(FD)とロードスター(NA)を対象に、量産車のオリジナリティをキープすべく、佇まいは極力そのまま、要所に最・・・

ニュースを読む

RX-7 FD3Sタペストリー、迫力の1/1スケールで発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年11月14日(水) 20時00分

ワキプリントピアは、「1/1スケールタペストリーRX-7FD3Sデザイン」の販売を同社が運営するECサイト「キャライフ」にて開始した。

ワキプリントピアでは、初代RX-7の登場から40周年を迎える節目の年に、歴代3車種の1/1スケールRX-7タペストリーを展開。2018年7月より全国の郵便局で販売し、好評を博した。

今回発売するのは、貴重なアンフィニエンブレムのFD3S(ホワイト)。サイズは縦160×横120cm。1/1スケールが織・・・

ニュースを読む

オートエクゼは、絶版スポーツカーに向けたアップデートプログラムの第2弾として、RX-7(FD3S)用のステンレスマフラーを限定生産し、全国のマツダ販売会社、有名カー用品店、オートエクゼ商品取扱店などで発売する。

同社が開始したアップデートプログラムのキャッチフレーズは「量産以上、チューニング未満」。RX-7(FD)とロードスター(NA)を対象に、量産車のオリジナリティをキープすべく、佇まいは極力そのまま、要所に最新のアップデートを施こ・・・

ニュースを読む

ワキプリントピアは、京商製ミニカーと切手をセットにした「名車コレクションフレーム切手セット マツダ サバンナ RX-7編」を全国202の郵便局と「郵便局のネットショップ」で8月29日より発売する。

同社はこれまで、名車コレクションフレーム切手セットとして、「ハコスカGT-R(KPGC10型)」、「ケンメリGT-R(KPGC110型)」、「R32 GT-R(BNR32型)」、「NSXタイプR」、「S800」、「トヨタ2000GT」などを・・・

ニュースを読む

マツダ『RX-7』誕生40周年を記念したオリジナルグッズコレクションが登場。7月17日より全国の郵便局および郵便局のネットショップにて申込みを受け付ける。

1978年、初代「RX-7 SA22C」が誕生してから40年。ロータリーエンジン搭載の日本製スポーツカー RX-7の誕生40周年を記念して、RX-7の魂を具現化したオリジナルグッズを全国の郵便局で販売する。

老舗貴金属店・田中貴金属ジュエリーの高い加工技術による純金の記念プレート・・・

ニュースを読む

自動車オークション大手のRMサザビーズが9月6日、英国ロンドンで開催するオークションに、マツダの希少なラリーカーを出品する。

このラリーカーは、マツダの初代『RX-7』(『サバンナRX-7』)をベースに開発されたマツダ『RX-7 Evo グループBワークス』。「グループB」とは、当時のモータースポーツのカテゴリーで、市販車として公認された車両をベースに、大幅な改造を施したマシンで参戦可能。グループB車両による WRC(世界ラリー選手権・・・

ニュースを読む

去る1月8日に栃木県佐野市で行われた「佐野ニューイヤークラシックカーミーティング」。ここでは歴代のマツダロータリー車をピックアップした。

珍しかったのは、1970年式の『ファミリア・ロータリーTSS』。68年に『コスモスポーツ』に続くロータリーエンジン搭載車となる「ファミリア・ロータリークーペ」が誕生し、翌年に登場したのが「ファミリア・ロータリーSS」と名乗る4ドアセダン。そしてクーペ同様のスポーティなT型のコクピットタイプ・インパネ・・・

ニュースを読む

絶版スポーツカー売れ筋ランキング、トップは RX-7 2016年度上半期

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年11月25日(金) 12時15分

IDOMが運営するスポーツカー専門店「GT-ガレージ@ガリバー」は11月24日、2016年度上半期(3〜8月)スポーツカーランキングを発表した。

それによると、トップはマツダ『RX-7(FD3S)』、2位はトヨタ『スープラ(JZA80)』、3位は日産『スカイラインGT-R(BNR34)』。以下、ホンダ『S2000(AP1)』、日産『スカイラインGTターボ(ER34)』が続いた。上位5位にランクインした車両はいずれも絶版モデルで流通量が・・・

ニュースを読む

6月25日、英国で開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」。このイベントに今年初めて、「ドリフト」カテゴリーが創設される。

これは5月末、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの主催者が明らかにしたもの。「特別カテゴリーとして、新たにドリフトを設ける」と発表している。

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードは1993年、マーチ卿がイングランドのウエストサセックス州グッドウッドの広大な邸宅で始めたイベント。・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

mtoisa

久しぶりのセダン

車種名:トヨタ プレミオ/アリオン
投稿ユーザー:mto***** さん
総合評価:

前の車が、故障続きであまり時間のない中大手中古車で見つけました 全くそ...[ 続きを見る ]

イ~さん

1年経過しての感想

車種名:トヨタ カムリ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:イ~***** さん
総合評価:

購入して1年経過しての感想です。 まずスタイルについては好みの問題なので...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針