日本通運

カーライフニュース - 日本通運

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日本通運は、東京都江東区で建設を進めていた同社最大の都市型物流拠点「Tokyo C-NEX」が竣工したと発表した。2月1日に竣工式を実施する。

Tokyo C-NEXは、江東区新砂に位置し、都心部への配送拠点としてアクセス性にメリットがある。鉄道コンテナ・港・空港など各種輸送モードのアクセスが30分以内で、国内外の貨物集約拠点に適した立地であるほか、「時間」、「物量」、「距離」など、顧客のニーズに応じた輸送モードをフレキシブルに選択す・・・

ニュースを読む

日本通運は、上海通運国際物流が中国最大手の通関・物流会社の中国外運グループの中外運化工国際物流)と、危険品を含む化学品輸送分野で業務提携を締結した。

中外運化工物流は、中国での化学品・危険品輸送分野でトップクラスの物流企業で、中国国内で自社車両約360台を運行している。上海市奉賢区に3万6450平方メートルの危険品保管用自社倉庫を持ち、各種危険品(毒物および劇物を含む)の保管・配送業務も展開している。

中国では、2015年8月の天津・・・

ニュースを読む

業界最速、メキシコ向け航空混載サービス…日本発翌日早朝に到着

by レスポンス編集部 on 2016年12月21日(水) 11時46分

日本通運は、日本発メキシコ向け航空混載サービス「メキシカンイーグルライナー」シリーズを拡充し、航空貨物輸送では業界最速となるメキシコシティ・グアダラハラ向けハイスピード商品「メキシカンイーグルライナーミッドナイトエクスプレス」を発売開始した。

メキシコは、中央高原地域を中心に日系企業をはじめ世界の自動車関連企業の進出が進んでいる。これに伴って日本からの部材や試作品の緊急輸送需要が増加している。

海外への緊急輸送では、自社社員か委託先・・・

ニュースを読む

日本通運は、日本全国38港からロシア・モスクワに向けた国際複合一貫輸送サービス「Sea and Rail Moscow」を2017年1月10日から提供する。

モスクワ向け海上輸送サービスはこれまで、東京、大阪などの主要港からサンクトぺテルブルク経由で輸送するサービスが中心で、シベリア鉄道の利用は一部のスポット貨物が主流だった。

今回、モスクワ向けの取扱いを38港に拡大することで、利用者は最寄り港から船積みが可能となり、国内輸送費用を・・・

ニュースを読む

鉄道と内航に対応するハイブリッドコンテナ---日本通運が開発、試験輸送

by レスポンス編集部 on 2016年11月01日(火) 10時45分

日本通運は、鉄道・内航船双方の輸送に対応した12フィートハイブリッドコンテナを開発し、10月26日に帯広=大阪間で1回目となる試験輸送を実施した。

開発したコンテナは、鉄道と内航船両方の輸送に対応した緊締が可能で、荷物を積み替えることなく鉄道と内航船の輸送を相互にシフトできるのが特徴。JR貨物コンテナ番号と内航船用番号を併記している。

また、従来、北海道地区では生野菜や青果物の収穫時期に通風コンテナが不足していたことから、今回開発し・・・

ニュースを読む

日本通運、メキシコ・アグアスカリエンテス州に拠点開設へ

by レスポンス編集部 on 2016年08月29日(月) 08時00分

日本通運は、子会社メキシコ日本通運がアグアスカリエンテス州アグアスカリエンテス市に同州内2拠点目となる「アグアスカリエンテス・ロジスティクスセンター」を開設し、9月5日に営業を開始すると発表した。

アグアスカリエンテス州はメキシコ中央高原に位置し、日系自動車メーカーをはじめ、多数の自動車関連企業が進出している。

自動車業界では、最近は物をA地点からB地点まで運ぶという単純な輸送ではなく、より高度なロジスティクスへの需要が高まっている・・・

ニュースを読む

日本通運、国際物流総合展2016に出展…グローバルロジスティクス

by レスポンス編集部 on 2016年08月25日(木) 17時00分

日本通運は、9月13〜16日の4日間、東京ビッグサイトで開催される「国際物流総合展2016」に出展すると発表した。

同社では、ブース内にセミナー会場を特設し、グローバルロジスティクスサービスやソリューションについて、具体的な事例を交えて紹介する。

今回の出展は、同社グループの日通商事、日通NECロジスティクスと共同で行い、それぞれ鮮度保持特殊冷蔵コンテナ「fresh bank」、包装設計・梱包レスサーバー輸送・プロジェクト管理による・・・

ニュースを読む

物流各社、熊本発着荷物が集荷・配達不能に…熊本向けの受付を中止へ

by レスポンス編集部 on 2016年04月18日(月) 11時00分

九州熊本エリアを中心に発生した地震による影響で、集荷・配達不能および遅延が発生している。

日本通運は、熊本県向けと宮崎県東臼杵郡椎葉村向けアロー便の受付と集配を停止している。福岡県、大分県、佐賀県、長崎県、宮崎県、鹿児島県で半日から1日程度集配・配達が遅れている。

航空貨物も熊本県向け全域で停止している。

佐川急便は、熊本県行のすべての荷物の受付を一時中止した。集配・配達不能地域は、熊本市や宇土市、宇城市、下益城郡、菊池市、阿蘇市・・・

ニュースを読む

豊田自動織機、アサヒセキュリティなど子会社2社を売却

by 纐纈敏也@DAYS on 2015年10月31日(土) 06時45分

豊田自動織機は10月30日、連結子会社のアサヒセキュリティおよびワンビシアーカイブズを2015年12月をめどに売却すると発表した。

アサヒセキュリティは、貴重品運搬警備や売上金回収、釣銭作成配送などのサービスを全国に展開し、2015年3月期の売上高は363億円。全株式をセコムに売却する。また、ワンビシアーカイブズは情報資産管理サービスなどを展開し、2015年3月期の売上高は211億円。全株式を日本通運に売却する。

豊田自動織機は、今・・・

ニュースを読む

日本通運は、コンテナ1本に満たないカンボジア発、日本向け貨物を運ぶ、複合輸送サービス「ネックスサオ-カンボジアSAT」を開始する。

クロスボーダー陸路一貫輸送により、積み替え時のダメージリスクを低減すると同時に、これまでの混載サービスに比べ輸送日数を3日短縮することが可能となる。

これまで同社のプノンペン=東京間海上混載輸送では、ホーチミン経由とシンガポール経由があり、シンガポール港経由の場合、同港で海上コンテナを一旦開けて、全ての・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

Takeshi Nakazawa

燃費がいい‼

車種名:トヨタ エスクァイア
投稿ユーザー:Tak***** さん
総合評価:

エコマークが消えないように優しい運転を心掛け、渋滞の少ない田舎道を選択し...[ 続きを見る ]

chanta

都内だけだと燃費悪い

車種名:ボルボ V40
投稿ユーザー:cha***** さん
総合評価:

T3です。基本週末の買い物用なので燃費は7km台 他の人の燃費と比べると...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針