S40

カーライフニュース - S40

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデスベンツのフラッグシップ、『Sクラス』のディーゼルモデルとなる『S400d』には、新型の6気筒クリーンディーゼルエンジンが搭載されている。

現行Sクラスは2013年に、時代の最先端を行く“インテリジェントドライブ=知能を備えた革新的テクノロジー”、“究極の快適性”、“徹底した効率向上”をコンセプトに、新時代のプレステージカーとして登場。累計販売台数は世界で30万台を超えるラグジュアリーセダンである。

このSクラスに搭載された・・・

ニュースを読む

◆ディーゼルでも「Sクラス」な静粛性

驚きというのは後になってじわじわと、そして津波のように押し寄せるものなのだろうか。東京の品川シーサイドを起点に、千葉県の浦安まで、決して長いドライブではないのだが、新しいメルセデスベンツ『S400d』に試乗した。

直6のディーゼルということで、それなりの期待をしていたのだが、地下駐車場からのスタートだったので、エンジンをかけて料金ゲートを抜けて、スロープをアクセルを踏みながら上がる、地下だけに反・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は9月13日、「S400」など『Sクラス』(Mercedes-Benz S-Class)7車種のプレフューズボックスに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「S400」、「S560 4MATIC」、「S560」、「S600」、メルセデスマイバッハ「S560 4MATIC」、メルセデスマイバッハ「S560」、メルセデスマイバッハ「S650」の7車種で、2017年10・・・

ニュースを読む

メルセデス CLS400、誤った仕様のNOxセンサを装着 リコール

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年08月08日(水) 13時02分

メルセデス・ベンツ日本は8月7日、『CLS400/CLS400シューティングブレーク』の排出ガス発散防止装置(NOxセンサ)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年4月26日〜2017年8月3日に製造された216台。

NOxセンサの車両への製造組付指示が不適切なため、誤った仕様のNOxセンサが装着されている。そのため、NOxの排出量が基準値を満足しなくなるおそれがある。

改善・・・

ニュースを読む

上質なクロームでドレスアップされたロー&ロングの車体に、空冷Vツインエンジンを搭載するヤマハのクルーザーモデル『XVS400 ドラッグスター』と『XVS400C ドラッグスタークラシック』が新車体色を採用し、3月1日から発売される。

「ブルーイッシュホワイトパール1」とネーミングされた白のニューカラーは、ドラッグスターシリーズの誕生20周年を記念したもので、フレアパターンを織り込んだ新グラフィックを燃料タンクにあしらい、「DRAG S・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は1月21日、メルセデスベンツ『S400ハイブリッド』などの燃料ポンプコントロールユニットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『S400ハイブリッド』『S550プラグインハイブリッド』の2車種で、2013年5月20日〜2015年6月7日に輸入された計5106台。

燃料ポンプを制御するコントロールユニットのプログラムが不適切なため、モータ走行からエンジン走行に・・・

ニュースを読む

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは12月9日、欧州仕様の新型『Sクラスクーペ』に「S400 4MATIC」グレードを設定すると発表した。

同車は、新型Sクラスクーペの入門グレードとして用意されるもの。新型Sクラスクーペは従来、V型8気筒およびV型12気筒のガソリンエンジンを搭載していた。S400 4MATICでは、新型にとって初のV型6気筒エンジン車となる。

注目のエンジンは、『SLクラス』などに順次導入している直噴V6ガソ・・・

ニュースを読む

メルセデス ・ベンツ日本は、『CLSクラス(4ドアクーペ/シューティングブレーク)』のラインアップに「CLS400」を追加し、2月18日より注文の受付を開始した。

CLS400は、3.5リットルV6ツインターボエンジンを搭載。最高出力333ps、最大トルク480Nmの力強い動力性能を発揮する。

装備面では、19インチAMGマルチスポークアルミホイールなど、AMGラインを標準装備するとともに、優れたロードノイズ特性とタイヤ振動特性を実・・・

ニュースを読む

新型Sクラスに設定されるハイブリッド(HV)は、今回、シリーズのエントリーモデルに位置づけられた。組み合わせられるのはショートボディ(ホイールベース=3035mm)だ。

ところで新型ではロングボディが“標準”、ショートボディは“派生”の開発だったという。そのせいか、ショートボディは(質量の差以上に)身軽な味付けの走りっぷりにキャラクターが振られている点に興味をもった。なのでサスペンション、動力性能等を切り替えて試すと、ラグジュアリーか・・・

ニュースを読む

ヤマハ発動機は、空冷Vツインエンジン搭載のクルーザー、『XVS400ドラッグスター』と『XVS400Cドラッグスタークラシック』のカラーリングなどを変更した2012年モデルを2012年1月10日から発売すると発表した。

XVS400ドラッグスターに設定する新色「ディープレッドメタリックK」(レッド)仕様は、燃料タンクの両サイド部に躍動感あるフレアパターングラフィックを採用。人気の「ブラックメタリックX」(ブラック)はグラフィックを廃し・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

かねちゃん35

記録更新

車種名:トヨタ ハイエース/レジアスエース (ディーゼル)
投稿ユーザー:かね***** さん
総合評価:

大阪泉大津周辺から静岡市迄の350キロくらいを高速90キロくらいで走行。...[ 続きを見る ]

まっつん

納車後の給油

車種名:トヨタ RAV4(ハイブリッド)
投稿ユーザー:まっ***** さん
総合評価:

11/10にオーリスから車両変更。 RAV4 X ハイブリットFFを新古...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針