フォード

カーライフニュース - フォード

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フォードのニュース

MEGA WEB(東京都江東区)では2017年11月22日から2018年1月14日にかけて、箱根駅伝とクルマの歴史を知る特別展示「箱根駅伝 感動をつなぐチームとクルマSTORY & HISTORY」を開催する。

特別展示は、箱根駅伝でたすきをつなぐ選手たちの姿と、過去から現在までのクルマの変遷とを重ねあわせて展示し、箱根駅伝と自動車の歴史を身近に感じてもらおうと企画された。

箱根駅伝の歴史や各大会のエピソードをその時代の出来事等と紹・・・

ニュースを読む

フォードのクロスオーバーSUV『エッジ』次期型プロトタイプを初めて捉えた。アウディ『Q5』やメルセデスベンツ『GLC』を競合とするエッジだが、次期型ではそんなライバル達にとって脅威となる“秘策”が盛り込まれるという。

エッジは『エスケープ』と『クーガ』の間を埋めるモデルで、世界100か国で発売されているグローバルモデルだ。アウディ、メルセデスベンツ、BMWらメジャーメーカーに対しコストパフォーマンスで優位に立っているが、販売面では押さ・・・

ニュースを読む

BMWグループ、ダイムラー、フォルクスワーゲングループ(アウディとポルシェを含む)、フォードモーターの4社は11月3日、共同出資の新会社、イオニティ(IONITY)を設立したと発表した。

イオニティ設立の目的は、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)などの電動車両の普及促進にある。イオニティは、超急速充電ステーション400か所を、2020年までに欧州に設置する計画を掲げている。

この超急速充電ステーションは、現行のものを上回り、最・・・

ニュースを読む

フォードモーターは10月31日、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー2017において、世界初の電気制御式サイドブレーキ、「ドリフトスティック」を発表した。

ドリフトスティックはその名の通り、ドリフトを簡単に行う目的で開発。フォードモーターのモータースポーツ部門、フォードパフォーマンスが、ラリーレース参戦から得られたアイデアを実用化したもの。

ドリフトスティックは、アルミ製のレバーを軽く引くだけで後輪をロックでき、車両を簡単にドリフ・・・

ニュースを読む

フォードモーター世界販売、1.7%減の150万台 第3四半期

by 森脇稔 on 2017年10月27日(金) 17時37分

米国の自動車大手、フォードモーターは10月26日、2017年第3四半期(7〜9月)の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は150万4000台。前年同期の153万台に対して、1.7%のマイナスだった。

市場別では、北米が65万台にとどまる。前年同期の68万7000台に対して5.4%のマイナス。これまで好景気が続いてきた米国だが、新車販売は後退局面に入ったと見られている。ただし、大型ピックアップトラックのフォード『Fシリーズ』の販売は・・・

ニュースを読む

米国のフォードモーターは10月26日、2017年第3四半期(7〜9月)の決算を公表した。

同社の発表によると、第3四半期の売上高は、364億5100万ドル(約4兆1620億円)。前年同期の359億4300万ドルに対して、1.4%のプラス。

また、第3四半期の純利益は、15億6400万ドル(約1785億円)。前年同期の9億5700万ドルに対して、63.4%増と大幅な増益となった。

大幅な増益となったのは、地元、北米で利益幅の大きいフ・・・

ニュースを読む

欧州では人気の高い、フォード『フォーカスワゴン』。第4世代となる次期型プロトタイプが、始めてニュルブルクリンクで高速テストを開始した。生産型パーツを装備し、大刷新されるその新型のディテールがいよいよ見えてきた。

最新の開発車両では、新たにボルボ風の上下二分割されたLEDヘッドライト、メッシュグリルが装着されている他、ツインエキゾーストパイプやエアインテークの形状も見ることができる。次期型では「Cプラットフォーム」を採用、ホイールベース・・・

ニュースを読む

フォードモーターは10月18日、英国ロンドンにスマートモビリティ・イノベーションオフィスを開設した。

スマートモビリティ・イノベーションオフィスは、世界的に有名なデジタル企業やスタートアップ企業、大学などと協力して、次世代モビリティの開発を促進するために開設されたもの。ロンドンにオフィスを置くことで、フォードはプロジェクト関係者やパートナーと密接に連携することが可能になる。

また、フォードモーターの欧州向け電動パワートレイン車両の開・・・

ニュースを読む

フォードモーターは10月9日、新たなVR(仮想現実)アプリ、「フォード・リアリティ・チェック」を開発した、と発表した。

このアプリは、スタジオ・ハッピー・フィニッシュと共同開発。若いドライバーの運転中のスマホ操作が、どのような結果を招くか、実際に体験できるというもの。

最新の欧州委員会のデータによると、毎年欧州では3600人以上の若者が交通事故で死亡。その3分の2がドライバー。フォード・リアリティ・チェックの狙いは、若いドライバーの・・・

ニュースを読む

フォードモーターは10月3日、米国ニューヨークにおいて投資家向けの説明会を開催し、電動化戦略を加速させると発表した。

フォードモーターは、電動車両の開発を強化するために、内燃機関(ガソリン/ディーゼルエンジン)への設備投資を3分の1に減らす方針。ここで捻出した資金を、以前に発表した45億ドルに上乗せして、電動化に投資する。

またフォードモーターは、社内に電動化の専門部門を立ち上げ。この部門では、次世代の電動パワートレインの開発を中心・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

rs2000

のんびりゆったり走るクルマ

車種名:プジョー 508
投稿ユーザー:rs2***** さん
総合評価:

日本ではフルサイズに近いクルマ。1.6リッターターボで1.5t以上動かす...[ 続きを見る ]

smart-K

DA16T 四駆 5速AGS 30...

車種名:スズキ キャリイ
投稿ユーザー:sma***** さん
総合評価:

DA63Tより乗り換えで3000km 前は四駆3ATで燃費約10km/L...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針