フォード

カーライフニュース - フォード

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フォードのニュース

VWとフォードモーター、戦略的提携に向けての覚書を締結

by 森脇稔 on 2018年06月20日(水) 11時30分

フォルクスワーゲングループとフォードモーターは6月19日、戦略的提携に向けての覚書を締結した、と発表した。

フォルクスワーゲングループとフォードモーターは、複数の共同プロジェクトを検討中。これには、世界中の顧客のニーズの変化に対応することを目的にした商用車の共同開発が含まれる。

また、フォルクスワーゲングループとフォードモーターの共同プロジェクトでは、両社の競争力を強化することを目指す。今後、協議の進展に伴い、両社はさらなる情報を開・・・

ニュースを読む

フォードモーターは6月12日、ハイブリッドSUVでは米市場初の追跡業務を想定した警察専用車両、新型フォード『ポリスインターセプター』を発表した。

初代(現行)ポリスインターセプターは2010年に発表。『エクスプローラー』をベースに、警察がパトロールなどの業務を行うのに必要な装備を追加したモデル。フォードは4ドアセダンのポリスカーとして、『トーラス』ベースの車両も用意しており、2種類の警察専用車をラインナップ。

現行ポリスインターセプ・・・

ニュースを読む

フォードモーターは6月11日、宅配専用の自動運転車を開発した、と発表した。

フォードモーターは2017年夏から、ドミノピザと共同で、自動運転車を使ったピザ配達の実証実験を開始。ユーザーはスマートフォンにダウンロードした専用アプリを利用して、配達に来る自動運転車をGPS経由で追跡。ピザデリバリーの自動運転車が到着すると、ユーザーはドミノのロック解除のコードを使って、車両からピザを取り出す。

フォードモーターはこの実証実験のノウハウを生・・・

ニュースを読む

クアルコムは6月1日、パナソニック、フォードモーターとの間で、米国初となる「セルラーV2X」の展開において、協業すると発表した。

3社は米国コロラド州デンバー市の「CityNOW」の道路において、2018年夏からセルラーV2Xの評価を行う予定。その後、その他の地域に年内に拡大展開していく。

パナソニックは、コロラド州運輸局のV2X開発プログラムにおいて、ロードサイドユニット(RSU)を提供する企業と協業。フォードモーターの車両には、・・・

ニュースを読む

5GAA(5Gオートモーティブ・アソシエーション)、アウディ、フォードモーター、クアルコムは、異なる自動車メーカーの車両間での「C-V2X」(セルラーV2X)のデモンストレーションを、世界で初めて行うと発表した。

5GAAは、5G通信ソリューションの開発やテストを行う団体。5G通信ソリューションの標準化を促進し、社会的ニーズに対処するために、商業的な可能性とグローバルな市場浸透を加速することを目的とした複数業種にわたる連合組織となる。・・・

ニュースを読む

米国の自動車大手、フォードモーターは、2017年第1四半期(1〜3月)の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は166万2000台。前年同期の170万3000台に対して、2.4%のマイナスだった。

市場別では、北米が79万6000台。前年同期の77万1000台に対して、3.2%増とプラスに転じた。これまで好景気が続いてきた米国だが、新車販売は後退局面に入ったと見られている中での回復。主力の大型ピックアップトラック、フォード『Fシリー・・・

ニュースを読む

フォードモーターは4月25日、2020年までにフォードブランドの北米市場のラインナップから、セダンを廃止すると発表した。

今回の発表は北米、とくに米国市場において、顧客のライトトラック(SUVやピックアップトラック)シフトが強まっていることを受けての対応。2020年までに、北米で販売されるフォードブランド車の90%をSUVやピックアップトラック、商用車とする。

フォードモーターは現在、主力ミディアムセダンとして、フォード『フュージョ・・・

ニュースを読む

米国の自動車大手、フォードモーターは4月25日、2018年第1四半期(1〜3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は390億1200万ドル(約4兆2687億円)。前年同期の364億7500万ドルに対して、7%増加した。

また、第1四半期の純利益は、17億3600万ドル(約1586億円)。前年同期の15億9200万ドルに対して、9%の増益となっている。

第1四半期の部門別の業績では、モビリティ部門の赤字が増大。しかし、フ・・・

ニュースを読む

1.5Lターボで275馬力!? フォードの新型ホットハッチが熱い走り

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年04月21日(土) 08時00分

フォードのCセグメント・ハッチバック『フォーカス』に設定される高性能モデル、『フォーカスST』新型の姿を初めてカメラが捉えた。ニュルを激走する開発車両には、新エンジンが搭載されていると見られる。

「ST」は最上位モデル「RS」の下に位置するホットハッチで、スポーツ開発部門が手がけている。捉えた開発車両は、ハニカムメッシュのラジエーターグリル、ブートリッドに固定スポイラー、深さを増したサイドシルなどを装着。18インチ大径ホイールは標準で・・・

ニュースを読む

タイ国民がマイカーのスタンダードとするのがピックアップトラック。その分野で根強い支持を集めているフォードが、中でも人気が高い『レンジャー』の高性能版『レンジャー・ラプター』を2月より販売開始。その姿をバンコクモーターショーのフォード・ブースで披露した。

「RAPTOR」のロゴマークで隠された囲いから現れたのは、ベースのレンジャーをさらにマッシブにしたレンジャーの新たな姿だった。全長5398mm×全幅2180mmの堂々としたボディを持ち・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hgp

NZ12について質問です。

車種名:日産 キューブ
投稿ユーザー:hgp***** さん
総合評価:

NZ12キューブ購入検討中です。 皆さまの意見をお聞かせください。 皆さ...[ 続きを見る ]

モリケン

80ノア後期試乗

車種名:トヨタ ノア/ヴォクシー
投稿ユーザー:モリ***** さん
総合評価:

70後期型のノアの二回目の車検が年末にあるので、下取り含めて80後期型の...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針