フォード

カーライフニュース - フォード

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フォードのニュース

フォードモーター(Ford Motor)のジム・ファーリーCEOは、2023年末までに、年間60万台のEVをグローバルで生産すると発表した。当初計画の2倍に台数を引き上げている。

ファーリーCEOは2020年10月、フォードモーターのトップにCOO(最高執行責任者)から昇格する形で就任した。かつて米国トヨタ販売で、副社長を務めた経歴も持つ人物だ。

フォードモーターは、電動化を加速している。すでに、フォード『マスタング』シリーズの新型・・・

ニュースを読む

フォードモーター(Ford Motor)は10月27日、2021年1〜9月の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は283万8000台。前年同期比は4%のマイナスだった。

市場別では、北米が140万7000台にとどまる。前年同期比は9%のマイナスだった。このうち、米国では1〜9月、前年同期比7%減の139万7504台を販売した。

米国では、大型ピックアップトラックのフォード『Fシリーズ』が9.2%減の53万4831台。『エクスプロ・・・

ニュースを読む

フォードモーター、純利益は3.7倍に 2021年1-9月期決算

by 森脇稔 on 2021年10月29日(金) 07時30分

フォードモーター(Ford Motor)は10月27日、2021年1〜9月期の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は986億6300万ドル(約11兆2210億円)。前年同期の911億9200万ドルに対して、8.2%増加した。

また、1〜9月期の純利益は、56億5500万ドル(約6430億円)だった。前年同期の15億0900万ドルに対して、およそ3.7倍の増益となっている。

大幅な増益となったのは、フォードモーターの最大市場・・・

ニュースを読む

フォードモーター(Ford Motor)は9月27日、米国にEV生産工場1か所とバッテリー生産工場3か所の合計4工場を建設すると発表した。

フォードモーターとSKイノベーションは、新工場の建設に114億ドルを投資し、約1万1000人の新規雇用を創出する計画。新型EVとリチウムイオンバッテリーの生産は、2025年に開始される予定だ。

テネシー州西部の約6平方マイルの敷地には、「ブルーオーバルシティ」と呼ばれる複合施設を建設する。ブルー・・・

ニュースを読む

フォードモーターは9月24日、フォード『マスタング・マッハE』(Ford Mustang Mach-E)のプロトタイプが、米国ミシガン州警察の2022年モデル評価テストに合格した最初のEVになった、と発表した。

プロトタイプのベース車両が、マスタング・マッハEの高性能グレードの「GT」だ。GTグレードのモーターは、前後に搭載されており、2つのモーターは合計で最大出力459hp、最大トルク84.6kgmを獲得する。駆動方式は4WDの「e・・・

ニュースを読む

フォードモーター(Ford Motor)のジム・ファーリーCEOは9月21日、フォードブランドのSUV、『ブロンコ』新型に高性能グレードの「ラプター」を設定すると発表した。

ファーリーCEOは2020年10月、フォードモーターのトップにCOO(最高執行責任者)から昇格する形で就任した。かつて米国トヨタ販売で、副社長を務めた経歴も持つ人物だ。

そのファーリーCEOが、ブロンコ新型に高性能グレードのラプターを設定すると発表した。ラプター・・・

ニュースを読む

フォードモーターは9月17日、新型EVのフォード『マスタング・マッハE』(Ford Mustang Mach-E)をベースにした警察車両のプロトタイプを発表した。

『マスタング』はフォードを代表する伝統のスポーティカーの名前だ。マスタング・マッハEは、マスタングの伝統に従い、パフォーマンス志向の電動SUVとして登場した。

◆ツインモーターは480hpのパワー

警察車両のプロトタイプのベース車両が、マスタング・マッハEの高性能グレー・・・

ニュースを読む

フォードモーターは9月16日、フォード『F-150ライトニング』(Ford F-150 Lightning)のプリプロダクションを開始した、と発表した。2022年春、米国市場で発売される予定で、すでに15万台以上の予約を獲得しているという。

◆米国最量販車のEVバージョン

フォードモーターは、電動化を加速している。すでに、フォード『マスタング』シリーズの新型EV、フォード『マスタング・マッハE』を米国で発表している。このマスタング・・・・

ニュースを読む

フォードモーター(Ford Motor)は9月15日、ウォルマートとアルゴAIと提携を結び、自動運転車によるラストマイルの配達サービスを開始すると発表した。

ラストマイル配達サービスには、アルゴAIの自動運転システムを搭載したフォードブランドの自動運転テスト車両を使用する。まずは、首都ワシントン、フロリダ州マイアミ、テキサス州オースティンの3都市で、ウォルマートで注文した顧客に商品を届ける。

3社の提携により、自動運転技術を手がける・・・

ニュースを読む

フォードは第二次世界大戦前から日本で販売され、ノックダウン生産も実施されていた。1996年にはフォードエクスプローラーなどがヒットして、2万3000台以上を登録している。この売れ行きは、2021年のアウディよりも少し多い。

それが2010年以降は3000〜5000台に下がり、フォードは2016年に日本市場から撤退した。1年間に3000〜5000台の販売規模は、今のシトロエンなどと同等だ。キャデラックやシボレーは400〜500台だから、・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

スズ(_ _)

AWDモデルについて

車種名:スズキ キザシ
投稿ユーザー:スズ***** さん
総合評価:

キザシの魅力、AWDモデルの機能についても掘り下げます。 燃費に付いて、...[ 続きを見る ]

デカ耳こーぎー

【全般】  Aピラー下端を除き良好な視界で不思議な安心感があり、見た目も...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針