車レビュー

ホンダ フィットアリアについて情報交換をしよう!・・・新規書き込み

ホンダ フィットアリアの車レビュー 新着順

nanbu.
何の為の存在感? 2015年05月14日 20時34分

分類:その他 投稿ユーザー:nan***** さん  総合評価:

免許取得以来、シビックでしたが、スポーツ、ミラクルと来てスマートシビック。スポーティー路線から転換した姿に違和感を感じました。
代々、『売り』があった(筈)がスマートシビック?どこがスマート?という佇まい。
そこにフィットアリアが出た訳です。シビックのカローラ化。梯子を外された感…。センタータンクレイアウトは見事に(それまでのホンダが熱心に設定に腐心していた)『所謂、飛び道具』を見たのです。
対プラッツ(ヴィッツセダン)としては成功してたと思います。が、アリアはvtec載っけて終わり(笑)プラッツはミニカムリ化したケド、次アリアは現地モデルはミニアコードに?なったのに日本販売終了…。モデルのファンをホンダはどう思っているのだろう?(アリア終了しインサイトに注力という話もありましたが、セダンからHBは無いだろう?しかも、プリウスに負ける燃費、システム。この頃からホンダは変節してたかも…)

[この車レビューにコメントを書く]     参考になった

nanbu.
走行能力 仕向けは日本? 2014年12月21日 19時24分

分類:ドライブ 投稿ユーザー:nan***** さん  総合評価:

登場時は1300、1500ccの二種。ツインプラグの省燃費仕様。スパークプラグが8本という継続的管理が予想出来るいわゆる『ユーザー無視、不在の設定』もともとはハッチバックの『見事な商品性』に期待し、発売当時のクラストップを狙った力業。
当然、『力不足』は予想出来た(筈)。足周りの安普請は直進性に難点があり、マイナーチェンジにVTEC採用(しかも旧世代設定)載ったのは悪い冗談かと思った。
だが、スタイルはハッチバックより背丈が低い(らしい)。脚もハッチバックよりは柔らかい。センタータンクレイアウトにより、クラストップどころか越えた積載性。新型車グレイスは後席は上がらない(残念です)。

[この車レビューにコメントを書く]     参考になった

nanbu.
ホンダの姿勢が問われる 2014年12月21日 19時05分

分類:メンテナンス 投稿ユーザー:nan***** さん  総合評価:

初期ロットは『日本で売ってはいけない』レベル。私が購入したタイプは外装ラバーが『新車の段階でヘタって』おり、エンジン内装組付けもハッチバックと共通なのに、比べると仕上げが汚ない。
もっとも、日産の現マーチも陸揚げの段階の品質チェックが『輸入車なのに安くならい』原因で、より規模が小さいホンダにしてみれば、拡販領域のサイズセダンの継続的販売は見送った(アリア次モデルのシティはミニアコードの容姿を得たスマートセダンになっただけに残念です)。◆電装系は8年目でハイビーム切り替えが不能に。同時期にヘッドランプ左突然死。そして、そろそろ次期購入検討期に、『タカタエアバックリコール』前代未聞の「交換部品納入待ちによる、助手席エアバック不作動加工」→そして運転席エアバックも交換しました。コスト管理は日本製品の得意分野の筈でしたが、海外進出して久しく、管理能力も海外並みになったという事でしょうか。

[この車レビューにコメントを書く]     参考になった

≪ 前の20件 | 次の20件 ≫

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2015-2016
ただしがe燃費を使ってみるようです
自動車保険一括見積もり

車レビュー

しずやん

燃費について

車種名:トヨタ カローラフィールダー (ハイブリッド)
投稿ユーザー:しず***** さん
総合評価:

2016年10月に納車しました。 スタイリング良くするためTRDをカスタ...[ 続きを見る ]

NenpiLog

H8/1996年式 L502S モ...

車種名:ダイハツ ミラ
投稿ユーザー:Nen***** さん
総合評価:

NAのJBエンジンはスペック通りの高回転型で低中速が弱く、中間加速の鈍さ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針