ダイムラートラック

カーライフニュース - ダイムラートラック

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデスベンツは6月17日、フランス・パリで開幕する防衛・安全保障展示会「ユーロサトリ」に、『アロクス6x6』を出展する。ダイムラートラックが6月7日に発表した。

メルセデスベンツの特別車両部門が開発したアロクス6x6は、『ゼトロス』シリーズと同じエンジンを搭載している。「OM460」型直列6気筒ディーゼルエンジンは最大出力421hpを発揮する。

アロクス6x6は、重装備の運搬に適したセミトレーラートラクターだ。とくにオフロードで・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは6月17日、フランス・パリで開幕する防衛・安全保障展示会「ユーロサトリ」において、新型『ゼトロス8x8』を初公開する。ダイムラートラックが6月7日に発表した。

この新型車は、2025年から販売開始予定で、軍用物流および支援車両の分野での利用を見込んでいる。「ゼトロス」シリーズは、2軸、3軸、4軸のトラックとして用意供され、必要に応じて保護キャブ付きのモデルも選択できる。

新型ゼトロス8x8は、25トンまでの積載能力・・・

ニュースを読む

ダイムラー・トラック(Daimler Truck)は5月21日、北米向けの次世代のEVスクールバスやラストマイル配送車両に、プロテラ(Proterra)の新型バッテリーを採用すると発表した。

2018年から、プロテラとダイムラー・トラックは、プロテラのバッテリー技術を活用して商用車の電動化を進めてきた。これまでに、プロテラの電池技術を搭載した1000台以上のEVスクールバスとラストマイル配送車両が、北米全域の学校や企業に販売されている・・・

ニュースを読む

ダイムラー・トラックの新ブランド「ライゾン(RIZON)」は5月20日、米国で開幕した「アドバンスト・クリーン・トランスポーテーション(ACT)エキスポ」において、新型電動トラック『e18Mx』と『e18Lx』を発表した。三菱ふそう『eキャンター』をベースにしたEVトラックだ。

これらのモデルは、都市および地域配送向けに設計されており、積載能力の向上と革新的な機能を備えている。

ライゾンは2024年3月、最初の顧客への引き渡しを行っ・・・

ニュースを読む

ダイムラートラックは5月8日、同社初のレベル4の自動運転セミトラック、フレイトライナー『eカスケディア』(Freightliner eCascadia)のプロトタイプを発表した。

このトラックは、量産型の電動フレイトライナーeカスケディアがベース。トルクロボティクスの自動運転ソフトウェアと最新のレベル4センサー、計算技術を搭載している。これにより、将来的にレベル4の自動運転が可能になる。トルクロボティクスは、ダイムラートラックの自動運・・・

ニュースを読む

これも未来だ、メルセデスベンツ『アクトロスL』受注開始

by レスポンス編集部 on 2024年05月02日(木) 17時15分

メルセデスベンツ・トラックスは、新型『アクトロスL』(Mercedes-Benz Actros L)の受注を4月から開始し、12月に生産を開始する。新型は未来的なデザインの「プロキャビン」を採用し、シリーズに新たな時代の到来を告げている。

新型アクトロスLはフロントエンドを従来型比で80mm延長し、ドライバーズキャブの空力改善を施した。最新世代の「OM471」エンジンと合わせて、最大3%の燃費削減を実現したという。

アクティブ・ブレ・・・

ニュースを読む

ダイムラートラックは4月2日、大型トラック、メルセデスベンツ『アクトロスL』(Mercedes-Benz Actros L)の新型を欧州で発表した。12月に生産を開始する予定だ。

未来的なデザインのプロキャビンは、『アクトロス』シリーズの新時代を告げるものだ。フロントエンドが80mm延長され、空力対策がさらに強化されたことで、燃料を最大3%節約できるようになった。

新型アクトロスLの効率は、空力特性に優れた運転席と、現行世代のOM ・・・

ニュースを読む

ウニモグ75年の歴史:万能モーターツールの誕生と進化

by レスポンス編集部 on 2024年03月25日(月) 11時30分

1949年3月19日、ドイツ南西部のゲッピンゲンにあるベーリンガー社の工場で、『ウニモグ』が最初の顧客に引き渡された。これが成功の始まりだった。

ウニモグはそのオフロード能力と耐久性と多機能性を発揮して、農業、建設、消防、救助など、さまざまな分野で活躍している。75年が経過し、この万能モーターツールは37万台以上が製造されている。絶え間ない開発により進化してきたウニモグの歴史を振り返ろう。

初のウニモグは、型式「U70200」の車両・・・

ニュースを読む

ダイムラートラック(Daimler Truck)は10月31日、EVトラックの新ブランド「ライゾン(RIZON)」が、米国で認証を取得した、と発表した。三菱ふそう『eキャンター』をベースにしたEVトラックを、米国市場で販売する予定だ。

ライゾンブランドは、「e18L」「e18M」「e16L」「e16M」の4モデルで事業展開を開始する。車両総重量はおよそ7.2〜8.1 トンで、米国市場における中型トラックセグメントのクラス4、クラス5に・・・

ニュースを読む

ダイムラーの大型EVトラック、航続400km…量産開始

by 森脇稔 on 2023年11月01日(水) 13時30分

ダイムラートラック(Daimler Trucks)は10月30日、新開発のEV大型トラック、フレートライナー『eM2』の量産を米国で開始した、と発表した。

この新開発のEV大型トラックは、ダイムラートラック傘下のフレートライナーブランドから北米で発売される予定だ。フレートライナーeM2は主に、配送業務と個人宅配サービスを対象に開発された。

eM2には、独自の完全統合型EVパワートレインを搭載する。その合理的な設計により、電気モーター・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

よたろう

キャパシター交換

車種名:マツダ アテンザセダン (ディーゼル)
投稿ユーザー:よた***** さん
総合評価:

2013年9月初年度登録、走行距離8万キロのXDを2月に購入。買って1週...[ 続きを見る ]

運転志

くそtたれ(物理的)

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

車庫の支柱にエ■モンのガレージプロテクタ■コーナー用を張り付けるも…こり...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針