VW ジェッタ

カーライフニュース - VW ジェッタ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フォルクスワーゲングループジャパンは4月23日、『ポロ』など29車種について、7速DSGに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2008年4月28日から2016年3月14日に輸入された5万6938台。

今回のリコールは2019年8月21日付けで17万6068台を対象に届出たものだが、対象車両の選定が不十分であったことが判明。対象車両を拡大するとともに、製造ロットの確認方法に不備があったため・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループジャパンは4月2日、『ポロ』など21車種の7速DSGに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2008年5月16日から2014年4月11日に輸入された5万1024台。

対象車両は7速DSG型自動変速機のメカトロニクスにて、アキュムレータ取付け部のハウジング加工精度が不適切なことが判明。始動時や渋滞走行などの大きな油圧変動が繰り返されると、ハウジングに微細な亀裂が発・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループジャパンは8月21日、『ゴルフ』など30車種について、7速DSGに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2008年4月28日から2016年3月14日に輸入された17万6068台。

7速DSG(デュアルクラッチトランスミッション)のアッパーハウジングねじ切り加工が不適切なため、耐久性が不足しているものがある。そのため、アキュムレーター(蓄圧器)の継続的な油圧変化によ・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは2月26日、新ブランドの「ジェッタ」(Jetta)を中国市場で立ち上げると発表した。ジェッタブランドは中国市場において、とくに若いユーザーにアピールするブランドに位置付けられる。

車の『ジェッタ』は初代が1979年に誕生。ハッチバックの『ゴルフ』のノッチバックセダン版として登場した。1981年には、日本市場にも導入されている。2代目ジェッタは1984年に発表。日本では、この2世代目モデルまでが、ジェッタを名乗り、以・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは、シカゴモーターショー2019において、新型『ジェッタGLI』(Volkswagen Jetta GLI)を初公開した。

初代『ジェッタ』は1979年に誕生。ハッチバックの『ゴルフ』のセダン版として登場した。1981年には、日本市場にも導入されている。2代目ジェッタは1984年に発表。日本では、この2世代目モデルまでが、ジェッタを名乗り、以後、3代目は『ヴェント』、4代目は『ボーラ』として販売された。2005年にデ・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループジャパンは6月20日、『ゴルフ』などの灯火装置用ヒューズに不具合があるとして、国土交通省に再度リコール(回収・無償修理)を届け出た。

なお今回のリコールは2014年1月に届け出たものだが、対象車種外でも不具合が発生したため、範囲を拡大し、再度リコールを届け出た。

対象となるのは、ゴルフ・シリーズが「ゴルフ1.2/77kW」、「ゴルフ1.4」、「ゴルフ1.4/90kW」、「ゴルフ1.4/103kW」、「ゴルフ・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンジャパンおよびアウディジャパンは2月28日、VW『ゴルフ』やアウディ『A3』など2万2912台について、ABS/ESCコントロールユニットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはVWが『シロッコ1.4』、『シロッコ1.4/118kw』、『シロッコ2.0』、『シロッコ2.0/147kw』、『イオス3.2/184kw』、『イオス2.0/147kW』、『ゴルフ1.4/90kw・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新型『ジェッタ』の「Rライン」を初公開した。

Rラインは、フォルクスワーゲンの子会社のフォルクスワーゲンR社が、フォルクスワーゲンの市販車に特別なカスタマイズを施したモデル。最近のRラインは、内外装のドレスアップを主体にした仕様が中心となっており、日本でも『パサート』、『ゴルフヴァリアント』、『ティグアン』、『ザ・ビートル』、『ゴルフトゥーラン』などに、Rラ・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新型『ジェッタ』に最新の先進運転支援システム(ADAS)を採用すると発表した。

新型ジェッタには、フロントアシスト付きの自動ブレーキを装備。その警告機能と自動ブレーキ機能は、高速道路や市街地などで、衝突を回避するのに役立つ。ブラインドスポットモニターは、追い越し時に死角に入る車両との衝突の危険を警告する。

また、アダプティブクルーズコントロール(ACC)も・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新型『ジェッタ』に最新のコネクティビティを搭載すると発表した。

新型ジェッタの上級グレードには、「デジタルコクピット」を標準装備。10.2インチの大型の高解像度ディスプレイには、ナビゲーションをはじめ、ドライバーに必要な情報を分かりやすく表示する。

また、新型ジェッタでは、スマートフォンとの連携を強化。アップルの「CarPlay」、グーグルの「Androi・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

love-ski-hokkaido

燃費いいですよ

車種名:マツダ CX-5 (ディーゼル)
投稿ユーザー:lov***** さん
総合評価:

CX5の2.2Lディーゼル4WDです。 根室から札幌まで片道500kmを...[ 続きを見る ]

kota

燃費モンスターです

車種名:トヨタ ヤリス (ハイブリッド)
投稿ユーザー:kot***** さん
総合評価:

納車後、1週間が経ってのレポートです。 毎日のように遠出して1000キロ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針