ETC 自動料金収受システム

カーライフニュース - ETC 自動料金収受システム

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

国土交通省は3月13日、高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」制度について3月27日から一時退出可能時間を延長すると発表した。

高速道路では、休憩施設の間隔が25km以上離れている空白区間が約100区間ある。この空白区間を半減するため、現在全国23か所の「道の駅」を対象に、高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」を実施している。

これまでの実験で「時間が短いため十分な休憩ができない」などの意見があったことを踏まえ、現在・・・

ニュースを読む

ワンストップ型で ETC の普及を促進する---神奈川県道路公社が社会実験へ

by レスポンス編集部 on 2020年03月01日(日) 15時45分

システム整備コストが安価なキャッシュレス決済システム「ワンストップ型ETC」の導入に向けて、モニターによる社会実験が本町山中有料道路料金所(神奈川県横須賀市)で2020年3月23日から5月21日まで実施される。

高速道路ではETC(ノンストップ型自動料金支払いシステム)が普及しているが、地方道路公社などではシステム整備コストが負担となるため、整備されていない。いっぽうで、ETC技術を活用した、初期費用および維持管理費用が安価なネットワ・・・

ニュースを読む

阪神高速は、春の行楽シーズンに合わせて「ETC乗り放題パス【2020 SPRING】」の販売を2月28日より専用ウェブサイトにて開始する。

ETC乗り放題パスは、ETC無線通行する軽自動車等(軽・二輪)および普通車を対象とし、事前申込した日の通行料金が1日定額で乗り放題となるもの。実施期間は3月7日から4月19日までの土・日・祝日、15日。各設定日4000名限定で、期間中、1枚のETCカードで3回まで申し込みできる。

利用料金は東地・・・

ニュースを読む

パイオニア、カーナビ連動タイプのETC2.0ユニット発売へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年01月28日(火) 18時30分

パイオニアは、カーナビゲーション連動タイプのETC2.0ユニット「ND-ETCS2」を3月より発売する。

新製品は、ITSスポットの双方向通信で収集した車両の走行履歴情報を活用したETC2.0サービスに対応。ETCによる高速道路料金の支払いに加え、広範囲の渋滞・規制情報や安全運転、災害時支援に関する情報を取得できるほか、有料道路の一時退出などの新サービスも利用できる。

カーナビと連動することで、画像・音声でETC2.0サービスの情報・・・

ニュースを読む

東名高速 駒門スマートIC、3月28日開通

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年01月27日(月) 16時45分

NEXCO中日本は、御殿場市と整備を進めていた東名高速 駒門スマートインターチェンジ(IC)が3月28日15時に開通することになったと発表した。

駒門パーキングエリア(PA)は、東名高速 御殿場ICと裾野IC間に位置。スマートICの開通により、高速道路へのアクセス性が向上し、観光・物流・医療等の様々な面において、地域経済の発展に寄与することが期待される。

駒門スマートICは24時間運用で一旦停止型。ETC車載器を搭載した軽自動車等、・・・

ニュースを読む

ETC2.0を地域交通マネジメントに活用する取り組み 研究結果を公表へ

by レスポンス編集部 on 2019年12月18日(水) 07時30分

国土交通省は12月16日、ETC2.0を活用した地域交通マネジメントの実装に向けて「地域道路経済戦略研究会」を12月18日に開催すると発表した。

国土交通省では、ICTやビッグデータを活用した新たな道路政策を実行するため「地域道路経済戦略研究会」を設置し、全国で産学官による取り組みを進めている。

今回は東北・関東・中部・中国・四国の全国5ブロックで実施しているETC2.0を活用した地域交通マネジメントを中心とした取り組みについて議論・・・

ニュースを読む

ETC2.0と民間のデータを連携、サービスの実用化を目指す 国交省が選定

by レスポンス編集部 on 2019年12月09日(月) 13時30分

国土交通省は12月6日、ETC2.0データと民間所有データを統合して地域のモビリティサービス強化につながる新たなサービス案について4つのサービスを選定したと発表した。

国土交通省では、生産性革命プロジェクトとしてETC2.0データを官民連携で活用することで、民間での新たなサービスの創出を促し、地域のモビリティサービスを強化することを目指している。この実現に向けて10月8日〜11月7日まで、公募したところ、民間企業4社から4つのサービス・・・

ニュースを読む

ETC2.0を活用した地域交通マネジメント、取り組みの発表会を開催へ

by レスポンス編集部 on 2019年11月29日(金) 08時30分

国土交通省は、ETC2.0を活用した地域交通マネジメントを実装するため、11月29日に「地域道路経済戦略研究会」を開催すると発表した。

国土交通省では、ICTやビッグデータを活用した新たな道路政策を実行するため、「地域道路経済戦略研究会」を設置し、全国で産学官による取り組みを進めている。

今回の研究会では、北海道・北陸・近畿・九州・沖縄の5つのブロックで実施しているETC2.0を活用した地域交通マネジメントを中心とした取り組みについ・・・

ニュースを読む

障がい者割引制度を悪用、ETC不正走行で逮捕

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年11月28日(木) 17時30分

NEXCO中日本/東日本および首都高速道路は11月28日、障がい者割引制度を悪用して第三京浜道路などのETCレーンを走行したドライバーが、神奈川県警に逮捕されたと発表した。

神奈川県警は、第三京浜道路などのETCレーンにて、本人名義で登録された「ETC車載器」および「ETCカード」を障がい者割引登録している車両とは別の車両に載せ替えてETCレーンを通行したとして、容疑者を道路整備特別措置法違反の容疑により11月26日に逮捕し、11月2・・・

ニュースを読む

ミツバサンコーワ、新セキュリティ対応の二輪車用ETC車載器発売へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年11月27日(水) 22時00分

ミツバサンコーワは、二輪車用で初めて新セキュリティ規格に対応したETC車載器「MSC-BE61/61W」を12月6日より発売する。

ユーザーの決済情報を保護する現行のETCセキュリティ規格は、最長で2030年頃までで、その後は変更が予定されている。ただし、問題が発生した場合は変更時期が早まる可能性もある。

MSC-BE61/61Wは、販売中のETC車載器「MSC-BE51/51W」の基本性能はそのままに、将来実施されるこの新セキュリ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

mashita

4年半、8万km走行したので再レビ...

車種名:スバル レヴォーグ
投稿ユーザー:mas***** さん
総合評価:

ファミリーカーとしての実用性と、EyeSightの運転支援システムは、長...[ 続きを見る ]

BLAUERLUZ

燃費仕様

車種名:スズキ ジムニー
投稿ユーザー:BLA***** さん
総合評価:

●TOYO OPENCOUNTRY R/T 185/85R16 ●JB2...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針