フォード (ブランド)

カーライフニュース - フォード (ブランド)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フォードモーターは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018において、2019年に新型『シェルビーGT500』を設定すると発表した。

シェルビーGT500は、フォード『マスタング』をベースに開発された高性能モデル。歴代マスタングの多くに用意されてきた最強グレードとなる。

先代シェルビーGT500は、5.8リットルV8スーパーチャージャーを搭載。最大出力662hp、最大トルクは87.3kgmを引き出す。北米量産車として・・・

ニュースを読む

フォードモーターは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018において、新型の電動SUVを2020年に市販すると発表した。

フォードモーターはパワートレインの電動化を進めており、今後5年間に、合計16のEVを投入する計画を掲げている。新型の電動SUVは、この計画に沿って開発されるモデル。

2020年に市販される新型の電動SUVは、フォードモーターが2017年秋、米国ミシガン州デトロイトに設立したEV専門組織、「チーム・・・・

ニュースを読む

フォードモーターは1月14日(日本時間1月15日)、米国で開催したデトロイトモーターショー2018のプレビューイベントにおいて、フォード『マスタング・ブリット』の2019年モデルを初公開した。

同車は、最も有名な「マスタング」といわれ、1968年公開のスティーブ・マックイーン主演の映画『ブリット』に起用された「マスタングGT390」をモチーフにしたモデル。映画『ブリット』では、マックイーンが操るマスタングGT390と、ダッジ『チャージ・・・

ニュースを読む

22日にFIAが公表した2018年世界ラリー選手権(WRC)の参戦マニュファクチャラーリストにおいて、王者セバスチャン・オジェらを擁するMスポーツ陣営が、来季は「M-SPORT FORD WORLD RALLY TEAM」として参戦することが分かった。

マルコム・ウィルソン氏が率いるMスポーツ(本拠は英国)は、長年、フォード車でのWRC最前線への参戦を続けているが、2012年を最後にフォードの“ワークス”としての立場からは外れていた。・・・

ニュースを読む

「アートすぎる」開発車を目撃!次期 フォーカス のダブルヌード

by 子俣有司@Spyder7 on 2017年12月08日(金) 18時00分

フォードのベストセラー、『フォーカス』次期型プロトタイプが、芸術的なカラーリングを施し、ファイナルテストを開始した。市街地に現れたのはセダンとハッチバックで、共にほぼフルヌードの状態だ。

捉えた開発車両は、現行モデルから刷新されたL字型テールライトやフロントバンパー、ハッチバックとセダンで異なるデイタイムランニングライト付きLEDヘッドライトやコンパクトなエアインテークを装備している。

ハッチバック、セダン共に全長、及びホイールベー・・・

ニュースを読む

MEGA WEB(東京都江東区)では2017年11月22日から2018年1月14日にかけて、箱根駅伝とクルマの歴史を知る特別展示「箱根駅伝 感動をつなぐチームとクルマSTORY & HISTORY」を開催する。

特別展示は、箱根駅伝でたすきをつなぐ選手たちの姿と、過去から現在までのクルマの変遷とを重ねあわせて展示し、箱根駅伝と自動車の歴史を身近に感じてもらおうと企画された。

箱根駅伝の歴史や各大会のエピソードをその時代の出来事等と紹・・・

ニュースを読む

フォードのクロスオーバーSUV『エッジ』次期型プロトタイプを初めて捉えた。アウディ『Q5』やメルセデスベンツ『GLC』を競合とするエッジだが、次期型ではそんなライバル達にとって脅威となる“秘策”が盛り込まれるという。

エッジは『エスケープ』と『クーガ』の間を埋めるモデルで、世界100か国で発売されているグローバルモデルだ。アウディ、メルセデスベンツ、BMWらメジャーメーカーに対しコストパフォーマンスで優位に立っているが、販売面では押さ・・・

ニュースを読む

フォードモーターは10月31日、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー2017において、世界初の電気制御式サイドブレーキ、「ドリフトスティック」を発表した。

ドリフトスティックはその名の通り、ドリフトを簡単に行う目的で開発。フォードモーターのモータースポーツ部門、フォードパフォーマンスが、ラリーレース参戦から得られたアイデアを実用化したもの。

ドリフトスティックは、アルミ製のレバーを軽く引くだけで後輪をロックでき、車両を簡単にドリフ・・・

ニュースを読む

フォードモーター世界販売、1.7%減の150万台 第3四半期

by 森脇稔 on 2017年10月27日(金) 17時37分

米国の自動車大手、フォードモーターは10月26日、2017年第3四半期(7〜9月)の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は150万4000台。前年同期の153万台に対して、1.7%のマイナスだった。

市場別では、北米が65万台にとどまる。前年同期の68万7000台に対して5.4%のマイナス。これまで好景気が続いてきた米国だが、新車販売は後退局面に入ったと見られている。ただし、大型ピックアップトラックのフォード『Fシリーズ』の販売は・・・

ニュースを読む

フォードのコンパクトハッチバック、『フォーカス』のハイパフォーマンスモデルとなる、『フォーカスRS』次期型のレンダリングCGを入手した。

フォーカス次期型は、フロントノーズに傾斜を持たせ、スポーティなイメージが大幅アップする。そしてこの高性能「RS」では、冷却効果を高める大口エアダクト、パワーバルジ、リアスポイラーなど、一見して高性能モデルを印象付けるエクステリアが特徴となる。

そのパワートレインは、2.3リットル直列4気筒ターボ「・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

TOMOCHIKI

満足度もミドルクラス

車種名:日産 プレサージュ
投稿ユーザー:TOM***** さん
総合評価:

乗り心地、シートはそこそこ良く、気に入っています。遠出の高速ドライブ等で...[ 続きを見る ]

ponta1966

ロードスターRF

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:pon***** さん
総合評価:

RS・ソウルレッド 積載性/収納性が低評価なのは車の性質上仕方ないのです...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針