西武鉄道

カーライフニュース - 西武鉄道

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ヤマハなどは、首都圏の鉄道、バス、エアラインなど15社が連携してヤマハの「SoundUD」を活用した多言語サービスを提供すると発表した。

ヤマハが開発し提唱する「SoundUD」(Sound Universal Design)は、音のある空間とICT機器をつなぐプラットフォームだ。インターネットを介することなく、音声を起点にして、スマートフォン等のICT機器に情報を表示する。「音声トリガー」と呼ばれる一般的なスピーカーを利用して音響通・・・

ニュースを読む

所沢に東村山、小川、萩山……。X字状に線路が分流合流する駅が多いのが西武鉄道の路線だ。その中で今、東村山が「こんなんじゃなかった」と思うほど、大きく変わろうとしている。X字状の線路を高架化して踏切を解消する東村山駅付近連続立体交差事業だ。

西武鉄道は5月14日、2019年度 鉄道事業設備投資計画を発表。同社は、新型の看板特急001系 Laview 5本増備や、40000系 2本増備といった今年度の計画を伝えるなかに、「新宿線連続立体交・・・

ニュースを読む

西武鉄道は2月14日、新型特急車両・001系「Laview」(ラビュー)のメディア向け内覧・試乗会を小手指車両基地(埼玉県所沢市)にて開催した。Laviewは昨年10月に、西武線上に姿を現しており、3月16日から営業運転を開始する予定だ。

現在運行している特急車両10000系「ニューレッドアロー」も運行開始から25年が経っていることから、内観・外観ともに「いままでに見たことのない新しい車両」として開発され、これからの西武鉄道の未来を担・・・

ニュースを読む

鉄道駅構内でうずくまる人を検知してロボットが駆けつける……。東京都新宿区の西武鉄道西武新宿駅構内で11月26〜30日に、自律移動型のAI監視カメラ搭載警備ロボット「ペルセウスボット」の実証実験が実施された。鉄道駅で稼働する同種のロボットは日本初だという。

2020年に向けて、インバウンド観光客の増加に伴い乗降客の増加が予測される首都圏の駅においては、安全性の向上と同時に従業員の警備・監視業務負荷軽減のニーズがある。解決策として、自律移・・・

ニュースを読む

レクサス試乗&レストラン列車による「至福の旅」

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年06月26日(火) 19時30分

ブランド体験型施設「LEXUS MEETS...(レクサスミーツ)」は、特別試乗体験プロジェクト第2弾として「レクサスで行き、レストラン列車で帰る秩父“至福の旅”」を7月21日より計4回開催。参加者を募集している。

今回の特別試乗体験プロジェクト第2弾では、今話題のラグジュアリー列車である、西武旅するレストラン「52席の至福」とのコラボレーションにより、車と電車というモビリティを超えた「至福の旅」が実現した。

往路は、東京ミッドタウ・・・

ニュースを読む

西武、3月4日に『拝島ライナー』を初運行…お披露目イベントや記念乗車券の発売も

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2018年02月19日(月) 18時15分

西武鉄道(西武)は3月4日、西武新宿〜玉川上水車両基地(東京都東大和市)間で『拝島ライナー』の初列車を運行する。

『拝島ライナー』は、池袋線の『S-TRAIN』でおなじみの40000系を使用して、3月10日から一般運行を開始する、西武新宿→拝島間の有料座席指定列車。初列車は臨時列車として運行され、『拝島ライナー』デビュー記念のヘッドマークを取り付ける。

乗車には事前の申込みが必要で、2月22日までローソンチケットのウェブサイト「O-・・・

ニュースを読む

西武鉄道は6月17日から、京浜急行電鉄(京急電鉄)の割引切符「みさきまぐろきっぷ」を発売する。

「みさきまぐろきっぷ」は、京急線の各駅から三浦半島(神奈川県)の三崎口駅までの往復乗車券と、三浦・三崎地区の京急バスフリー乗車券、提携店舗で使えるマグロの食事券などがセットになった割引切符。2009年から発売されている。西武鉄道が今回発売するのは、西武線各駅から池袋駅か高田馬場駅までの往復割引乗車券に、品川発着の「みさきまぐろきっぷ」引換券・・・

ニュースを読む

西武鉄道は6月13日、「新型特急車両」の基本デザインが決まったと発表した。2018年度末の営業運転開始を目指す。

西武鉄道は2016年3月、新型特急車両を2018年度から2019年度にかけて56両(8両編成7本)導入すると発表。デザインコンセプトは「都市や自然の中でやわらかく風景に溶け込む特急」「みんながくつろげるリビングのような特急」「新しい価値を創造し、ただの移動手段ではなく、目的地となる特急」の三つとしていた。

今回の発表によ・・・

ニュースを読む

呑む、食す、浸かる、泊まる…。西武線最果ての駅、西武秩父駅が変貌をとげ、4月24日に全面開業する。その名も「西武秩父駅前温泉 祭の湯」。これまでのイメージを刷新し、駅と複合型温泉施設を合体させ、秩父のゲートウェイとして存在感を強める。

1969(昭和44)年に開業した西武秩父駅は、2面3線の西武鉄道の終端駅で、駅舎は国道140号(彩甲斐街道)や武甲山に向いて立つ。その構内に、温泉エリア「祭の湯」、フードコート「呑喰処 祭の宴」、物販エ・・・

ニュースを読む

西武鉄道が横浜アリーナを子会社化

by 大野雅人 on 2017年03月03日(金) 16時59分

キリンホールディングス、西武ホールディングス、アミューズは3月3日、横浜アリーナの保有株式について発表。キリンHDが保有する発行済み株式58.8%のうち、46.2%を西武鉄道に、4.2%がアミューズに譲渡し、横アリは3月下旬から西武鉄道の子会社になる。

横浜アリーナは、横浜市政100周年・開港130周年の記念事業の一環として建設された多目的イベントホール「横浜アリーナ」の運営管理を行う企業として1986年11月に設立。キリンHDは、「・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

CF4152

燃費(通算37回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算37回目)を10/6に行いました。前回の給油から464.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針