コメント

ホンダ グレイスについて情報交換をしよう!・・・新規書き込み

タイトル:ホンダのやる気、2台目の5ナンバーハイブリッドセダン

分類:燃費
投稿ユーザー: ユー***** さん
投稿日時:2015/05/17 08:51
通報
総合評価:

2001年式シビックハイブリッド(ES9型)の買換えとして、2014年11月に現車の試乗もせずに予約購入、2014年12月に納車されました。

外形サイズ的にはシビックハイブリッドとほぼ同じです。

2代目インサイト(ZE2、ZE3)も外形サイズは同じでしたがあちらはハッチバックで居住性は狭く、またメカニズムもシビックハイブリッドとほとんど変わらないため、新システム搭載のグレイスの登場を待っていました。

購入したグレードはLX(2WD)。

カタログ燃費は34.4km/リットル(JC08モード燃費)です。
シビックハイブリッド(ES9)は29.5km/リットル(10・15モード燃費)でモードが違うため一概に比較できませんが、シビックハイブリッドから進化が少なかったインサイト(ZE2)の燃費が28~30km/リットル(10・15モード)、27.2~28km/リットル(JC08モード)だったことから、カタログ値だけでも大いに期待できた。

2014年12月~2015年5月までの使用状況での燃費は、満タン法で21.9~36.8km/リットル、平均24.0km/リットルです。
通勤に使用していますが、走行距離約22km、平均速度約40km/hの条件で冬場22~24km/リットル、春28~31km/リットルの期待以上の燃費です。

ECONスイッチは運転になれている人ならオフにした方が燃費が向上する傾向があります。
グレイスはアクセルペダルとスロットルが機械的に繋がっていないドライブ・バイ・ワイヤーの技術が使われていて、ECONスイッチをオンにするとアクセルペダル操作に対してスロットルが緩慢な反応をするようにセッティングされているようです。

クルマ全体の静粛性は高いですが、CVTに比べてi-DCDは変速時の機械音が気になります。
またエンジンも冷間時のタペット音が気になります。

外観、インテリアの質感も高いです。

一時期のホンダはハイブリッド車を安く造るだけのクオリティ無視の傾向がありましたが、今回はそれを払拭した本気が見えます。

総合的にはたいへん満足できる自動車です。

参考になった 参考になった人:1人ステ*****さん

コメントを書く

ホンダ グレイスについて情報交換をしよう!・・・新規書き込み

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

はしゅ

カタログの8割かな

車種名:BMW 1シリーズ (ハッチバック)
投稿ユーザー:はし***** さん
総合評価:

当初13.2kmだったが、最近14.5kmまで走るように。 STOP&G...[ 続きを見る ]

はるりく

今は売ってないけど ギリギリ 買えて良かった この車は燃費を気にして 丁...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針