燃費
eRAP[g

カーライフニュース - 燃費

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

カルソニックカンセイ、新型EGRクーラーの生産開始…燃費改善に貢献

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年12月15日(木) 13時15分

カルソニックカンセイは12月15日、新型のVGフィンを搭載したEGR(排気再循環)クーラーの生産を開始したと発表した。

EGRクーラーとは、エンジンの排気ガスの一 部を燃焼室に戻す際に冷却するための熱交換器。エンジン内の燃焼温度を下げることで窒素酸化物(NOx)の排出量を減らすとともに、エンジン吸気時のポンピングロス(抵抗損失)を軽減し、燃費を改善する。

カルソニックカンセイは東京ラジエーター製造と共同で、2014年に世界で初めてV・・・

ニュースを読む

燃費表示方法と大型車の燃費基準を見直しへ

by レスポンス編集部 on 2016年12月14日(水) 10時19分

国土交通省と経済産業省は、燃費表示方法と大型車の燃費基準を見直すと発表した。

国交省、経産省は、エネルギーの使用の合理化に関する法律に基づく自動車の新たな燃費基準策定と、適切な燃費値の表示方法について検討を開始する。

このため、交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会の下に「自動車燃費小委員会」、総合資源エネルギー調査会省エネルギー・新エネルギー分科会省エネルギー小委員会の下に「自動車判断基準ワーキンググループ」をそれぞれ設置して具体・・・

ニュースを読む

【カーオブザイヤー16 選考コメント】30km/リットル近い実燃費性能を評価…青山尚暉

by 《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》 on 2016年12月09日(金) 15時36分

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2016-2017」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする59名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリスト/ドッグライフプロデューサーの青山尚暉氏はトヨタ『プリウス』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「トヨタの新骨格TNGA1号車であり、HVセダンとして・・・

ニュースを読む

住友ゴム工業は、乗り心地性能と静粛性能を高め、耐偏摩耗性能を向上した低燃費タイヤ、ダンロップ「ル・マン V」を2017年2月から順次発売する。

ル・マン Vは、サイドウォールとトレッド部のクッション性を向上させることでタイヤの振動を吸収する新技術「SHINOBIテクノロジー」と、タイヤ内部の空気振動に起因するノイズを低減する世界初技術「サイレントコア(特殊吸音スポンジ)」を搭載。突起乗り越し時の入力を10.0%低減、ロードノイズを36・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は12月6日に都内で、同社独自の設計手法であるTNGAに基づいて新開発した直列4気筒2.5リットル直噴エンジンを世界初公開するとともに、エンジンの開発種類数を約40%削減する方針を明らかにした。

トヨタの岸宏尚常務役員は同日都内で会見し、「TNGAに基づき開発したエンジンシリーズを『ダイナミック フォース エンジン』と命名し、今後展開する異なる排気量の新型エンジンシリーズすべてを環境性能と出力性能を大幅に向上した力強いエン・・・

ニュースを読む

現代のかぶと虫、『ザ・ビートル』が4年ぶりに改良された。

ベーシックモデルに搭載される105psの1.2リットルターボ+7速DSGのパワートレーンに変更なし。しかし前後バンパーに最新のVWに共通したデザインが施され、一段と精悍なスタイリングへと変身している。

インテリアもインパネデザインが新しくなり、改良版としてもっとも印象的な「ザ・ビートル デザイン」はダッシュパッド、ドアトリム、ステアリングトリムをボディカラー同色としている。乗・・・

ニュースを読む

スズキ ソリオ、ハイブリッド仕様を追加…32.0km/lの低燃費

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年11月29日(火) 13時21分

スズキは、小型乗用車『ソリオ』および『ソリオ バンディット』に、新開発のハイブリッドシステムを搭載した新モデルを追加して、11月29日より発売する。

新たに発売するハイブリッド仕様車は、コンパクトボディと広い室内空間はそのままに、スズキ独自のハイブリッドシステムを搭載し、コンパクトハイトワゴントップの低燃費32.0km/リットル(JC08モード)と、力強い加速感のある走りを両立。「標準モード」と「エコモード」の2つの走行モードを設定し・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンが昨年9月に発売したプラグインハイブリッドモデル『ゴルフGTE』で東京、鹿児島間を4000kmあまり周遊した。昨今話題のプラグインハイブリッドということで、その間、ノーマルモード、パワードライブのためのGTEモード、ピュアEV走行のEモード、充電しながら走るチャージモードを試し、それぞれのデータをとってみた。

まずはプラグインハイブリッドの最大の特徴であるEV走行から。ゴルフGTEの特徴のひとつ、Eモードに入れるとエ・・・

ニュースを読む

速さと燃費を競う「エコカーカップ」参加者募集 2月11日

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年11月06日(日) 17時45分

富士スピードウェイは、レーシングコースで速さと燃費を競うチーム対抗競技「エコカーカップ 2017 ウィンターフェスティバル」を2017年2月11日に開催。現在参加者を募集している。

開催種目は、軽自動車やハイブリッドミニバンも参戦でき、主に燃費を競う1時間耐久レース「エンジョイ60」と、省燃費技術を採用した車両(軽自動車、ミニバンを除く)で速さと燃費を競う3時間耐久レース「チャレンジ180」の2種類を用意。また両種目に参加し合計ポイン・・・

ニュースを読む

マツダは、米国環境保護庁(EPA)が11月2日に公表した2015モデルイヤー車の「燃費トレンドレポート」にて、企業平均燃費値で4年連続となる総合1位を獲得したと発表した。

EPAの燃費トレンドレポートは、当該モデルイヤーとして米国で発売された車種の燃費動向をまとめたもので、各社別に企業平均燃費実績値を集計した結果などが公表されている。マツダの2015モデルイヤー車総合の平均燃費は、29.6mpg(マイル毎ガロン・約12.5km/リット・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2015-2016
ただしがe燃費を使ってみるようです
自動車保険一括見積もり

車レビュー

toso

二代目シエンタのサスペンション

車種名:トヨタ シエンタ
投稿ユーザー:tos***** さん
総合評価:

古いものと比べると、新しいシエンタはスピードが出る分だけ、ちょtっと硬め...[ 続きを見る ]

はえぬきみるみる

ピラーレスドアについて

車種名:トヨタ アイシス
投稿ユーザー:はえ***** さん
総合評価:

子どもが増えたタイミングで以前所有していたカルディナGTを泣く泣く手放し...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針