ハイブリッド
eRAP[g

カーライフニュース - ハイブリッド

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタ自動車は12月6日、来年から本格展開が始まる次世代パワートレインの概要を発表した。初出となるのは直噴2.5リットル直列4気筒ミラーサイクルエンジンで、次期『カムリ』に搭載されるものとみられる。これを皮切りに2021年までの5年間で19機種のエンジンを投入するという。エンジンの開発は手間と時間がかかるものであることを勘案すると、更新のスピード感は異例と言える。

新エンジンにはトヨタが「D-4S」という商品名で展開している、直噴とポ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の水島寿之専務役員は12月6日に都内で開いたパワートレイン技術説明会で「2021年までの5年間で電動化のコア技術であるハイブリッド技術者を約30%増強し、将来への開発体制を進めていく」方針を明らかにした。

トヨタは12月1日付で電気自動車(EV)の戦略や開発を行うEV事業企画室を社長直轄の組織として立ち上げたばかりだが、水島専務は「「EV、それからFCV(燃料電池車)、PHV(プラグインハイブリッド車)、HV(ハイブリッド・・・

ニュースを読む

日野、ハイブリッド25周年の企画展 3月31日まで

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年12月03日(土) 09時00分

日野自動車は、ハイブリッド商用車発売25年を記念して、「日野オートプラザ(東京都八王子市)」にて企画展示「日野ハイブリッドのロマン - ハイブリッド技術の進化 -」を12月1日から2017年3月31日まで開催する。

日野自動車は1991年、ディーゼル・電気ハイブリッドシステム「HIMR(Hybrid Inverter controlled Motor & Retarder system)」を搭載した大型路線バスを発売。その後、トラック・・・

ニュースを読む

スズキ ソリオ、ハイブリッド仕様を追加…32.0km/lの低燃費

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年11月29日(火) 13時21分

スズキは、小型乗用車『ソリオ』および『ソリオ バンディット』に、新開発のハイブリッドシステムを搭載した新モデルを追加して、11月29日より発売する。

新たに発売するハイブリッド仕様車は、コンパクトボディと広い室内空間はそのままに、スズキ独自のハイブリッドシステムを搭載し、コンパクトハイトワゴントップの低燃費32.0km/リットル(JC08モード)と、力強い加速感のある走りを両立。「標準モード」と「エコモード」の2つの走行モードを設定し・・・

ニュースを読む

プロトタイプの試乗会が行われたトヨタの新型SUV『C-HR』。日本仕様のC-HRは1.8リットルのハイブリッド(FF)と、1.2リットルのターボ(4WD)の2タイプ。試乗車はハイブリッドモデルだ。

C-HRはTNGAと言われるトヨタが進める新しいクルマ造りの手法を取り入れた第二弾のクルマ。第一弾は『プリウス』であった。C-HRのプラットフォームは基本的にプリウスと同一で、SUV化にあたり多少の変更を受けている。また、ハイブリッドシステ・・・

ニュースを読む

音声認識機能の実態調査…カーナビ音声認識はハイブリッド型へ

by レスポンス編集部 on 2016年11月23日(水) 09時15分

音声認識エンジンを提供するニュアンス・コミュニーケーションズ・ジャパンは、11月18日、音声認識機能の利用実態調査について、説明会を実施した。

登壇したニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン株式会社 オートモーティブ・ビジネスユニット プリンシパル・マーケティングマネージャーの村上久幸氏は、説明会の終わりに、カーナビ音声認識機能の普及について説明した。

「こんにちメーカーオプションのカーナビにはほとんど音声認識が搭載されている。・・・

ニュースを読む

2016年末の発売が予定されている『C-HR』には、ハイブリッド車も用意される。新プラットフォーム(TNGA)をベースにしたモデルとしては『プリウス』に次ぐ2番目のモデルになる。

プラットフォームは共通だが、もちろん車種ごとの専用開発。開示されている範囲だけでもでは『プリウス』に対しアンダーボディでは大径タイヤ化、高ピップポイント化(ほかに1.2リットルターボでは4WD化も)などを専用部品で対応。さらにSACHS製ショックアブソーバー・・・

ニュースを読む

トヨタは新型コンパクトSUV『C-HR』のプロトタイプを報道陣向けに公開した[写真46枚]。C-HRは2014年のパリモーターショーでコンセプトカーとして初出展、以来欧州を中心に多くのモーターショーで披露されている。

C-HRは「格好」と「走り」に重点をおいて開発され、そのデザインはスピード感あふれるボディと、SUVのたくましい足回りを表現したほか、質感・形状・色など細部のこだわりを追及。

走りのコンセプトは「我が意の走り」。新型『・・・

ニュースを読む

日産のコンパクトカー、『ノート』にEVである『リーフ』用の駆動モーターを搭載したシリーズハイブリッド「e-POWER」(イーパワー)が追加された。

ノートe-POWERのシステム構成は、1.2リットルのガソリンエンジンで発電し、その電気でモーターを駆動、というもの。エンジンの駆動力は直接タイヤを回すことはない。シリーズハイブリッド方式となる。

搭載されているエンジンは、エンジン仕様のノートに使われている「HR12DE」型と基本的に変・・・

ニュースを読む

ホンダが9月に発売した小型トールワゴン『フリード/フリードプラス』を短距離ながらテストドライブする機会があったので、ファーストインプレッションをお届けする。

試乗したのは量販グレードの「G」で、新世代安全システム「ホンダセンシング」が装備されていた。ガソリン版に続き、ハイブリッド版もテストドライブしてみた。ドライブコースは横浜および三浦半島界隈で、全区間2名乗車。

基本的な走りのテイストはおおむねガソリン版と同じ。異なるのはやはり、・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2015-2016
ただしがe燃費を使ってみるようです
自動車保険一括見積もり

車レビュー

はえぬきみるみる

ピラーレスドアについて

車種名:トヨタ アイシス
投稿ユーザー:はえ***** さん
総合評価:

子どもが増えたタイミングで以前所有していたカルディナGTを泣く泣く手放し...[ 続きを見る ]

CF4152

2017年初の給油

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

2017年初の給油(通算7回目)を1/18に行いました 前回の給油から4...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針