【トヨタ/タンク】値引き額はいくら?初心者必見の交渉術!相場表と限界価格をレポート!

【トヨタ/タンク】値引き額はいくら?初心者必見の交渉術!相場表と限界価格をレポート!

この記事では、トヨタのタンクをお得に購入できる方法をまとめています。

「欲しい車があるけれど予算が足りない」
「できるだけ安く車を買い替えたいけれど、営業マンと交渉する自信がない」

という悩みを抱え、車の乗り換えを迷っている人は多いのではないでしょうか。

もし購入資金が足りないからといって、グレードを下げたり、大きなローンを組むのを避けたいですよね?

せっかくなら妥協せず、自分の気に入った車に乗りたいですよね。

そこでタンクに関して、以下をまとめました。

  • タンクの値引き相場
  • タンクの値引きテクニック
  • タンクの購入資金を作る方法【おすすめ】

特に、誰でもカンタンに大幅値引きを狙える交渉術を紹介します。

さらに値引き交渉をする上で、気を付けるべき注意点も書いています。

ただし、いくら値引きに成功しても、
手元に資金がなければ、タンクを買うことはできませんよね?
購入資金が足りないからといって、大きなローンを組むのも、少し気が引けてしまいます。

さらに、もし今乗っている車があるなら、
それを相場より高く売ることで、タンクの購入資金をゲット
できます。

無料のネット一括査定サービスを使えば、
「買取価格が数十万円アップした」なんて事例も♪

予想より大きな資金が入ってくるので、
「タンクが欲しい!」
「でも手元には資金があまりない…」
という方には、特におすすめです♪

・値引き額のアップ
・下取り価格のアップ
両方をうまく活用して、タンクを賢くゲットしてくださいね。

愛車を高く売って
タンクの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

 

愛車を高く売って
タンクの購入資金に!
おすすめ一括査定はこちら

タンクの値引き額の価格相場表【2021年10月最新】

タンクの値引き額の価格相場表【2021年10月最新】

まず、タンクの値引き額の価格相場をグレードごとにまとめました。

トヨタタンクは、トヨタルーミーと兄弟車という位置づけで、タンクはトヨペット店とネッツ店、ルーミーはトヨタ店とカローラ店で販売されていました。

しかし2020年にトヨタであればどの店舗でも全ての車種を取り扱うようになり、そのタイミングでタンクは廃止され、現在はルーミーとして販売されています。

現在、トヨタで新車タンクの取り扱いがないため、本記事ではルーミーについての値引き情報をお伝えします。

車種】(グレード別)値引き額
ルーミーカスタムG-T15万~30万
ルーミーカスタムG0万~15万
ルーミーX10万~25万
ルーミーG10万~15万

実際にタンクを購入した人の値引き実績からも分かるように、交渉をしたとしても値引き率は大幅には上がりません。

とはいえ交渉をしなければ値引きはしてもらえませんので、交渉テクニックを押さえておくことは重要です。

「これくらいの値引きでは購入が難しい・・・」という人は、値引きだけでなく不要になる車を高く売ることで、購入資金を作ることをおすすめします。

愛車を高く売って
タンクの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タンクの値引き交渉術(新車購入で損をしないテクニック)

タンクの値引き交渉術(新車購入で損をしないテクニック)

新車を購入する際、ユーザー側からの価格交渉が無ければ、基本的に値引きをしてもらうことはできません。

とはいえ、ただ「安くしてください!」というだけでは、値引き額も微々たるものです。

そこでここでは、タンクの値引きをするにあたっての交渉術を紹介します。

新車購入で損をしないためには、商談の前に交渉術を押さえ、あらかじめ武器となる情報を事前に準備しておくことが重要なポイントです。

本記事では4つのテクニックと具体的な使い方をご紹介しますので、交渉の参考にしてください。

コツ1:ライバル車種と競合させる

タンクのライバル車種を競合させることで、値引きをしかけるコツです。

サイズや形状、排気量・価格帯がルーミーと近い車の見積もりを武器に、価格を競合させる方法は、値引き交渉で有効な手段です。

中には車両価格の15%の値引きを引き出したユーザーもいます。

ルーミーは、3列シートを持たないコンパクトタイプのトールワゴンに分類され、次の3車種がライバルと言えるでしょう。

  • スズキ・ソリオ
  • ダイハツ・トール
  • スバル・ジャスティス

特にタンク・ジャスティスはダイハツ・トールのOEM車(自社で製造した車を他メーカーに提供し、それぞれのデザインやエンブレムをつけて販売される車)なので、基礎となる車の作りが同じで比較がしやすい車種となっています。

本命ルーミーの商談前に、まずは競合車種の見積もりを取っておきましょう。

仕様が似た車種は比較されることが多く、他メーカーと比較していることが分かれば、「ユーザーにとって良い条件を出すことで、何とか自分の販売店でクルマを購入してもらおう」とディーラー側も交渉に応じてくれやすくなります。

また、相見積が武器になるのは他メーカーの車種だけではありません。

同じトヨタの看板を掲げていても、店舗を運営している会社が異なるケースは多く、運営会社が異なれば、営業方針や値引き額も異なります。

競合メーカーだけでなく、運営会社が異なる同メーカーで、ルーミーの相見積もりを取るのも有効な手段でしょう。

競合他社の見積が手に入ったら、次はルーミーを購入したい店舗での商談に挑みましょう。

他社から提示された見積書を見せ、「一番安い価格を出してくれた販売店で購入を考えています」と伝えてみてください。

値引きの限界は、メーカーや販売店ごとに異なるので、この交渉をしたからといって必ず他メーカーより安い見積が出るわけではありません。

しかし、ディーラーは1台でも多く新車を販売したいと考えています。

交渉材料を事前に用意することで、可能な限り有利な条件を提示してくれるでしょう。

コツ2:総額で攻める(付属品・ローンなどを含めて値引き)

タンクの車両価格の割引だけでなく、付属品やローンを含めた総額で値引き交渉をするのもコツです。

車の購入金額は、車両本体価格、任意で追加することができる付属品(オプション)価格、自動車税や自賠責保険などの合計金額です。

総額のうち税金や保険料金は、国で定められているため値引きの対象にはなりませんが、販売店に利益が出る車両本体やオプションからは値引きが可能です。

【オプションとは?】

オプションとは、ユーザーが任意で追加できるパーツや機能のことです。

オプションには、車両契約時に注文が必要なメーカーオプション(埋め込み式ナビや安全装置・オーディオなど)と、車両が到着した後でも追加が可能なディーラーオプション(フロアマットやエアロ・エクステリアパーツなど)があります。

とはいえ車両本体、オプション、それぞれ値引き交渉をしても値引き額は微々たるものでしょう。

そのため車の値引き交渉では、大きな金額になりやすい総額で勝負をかけることがおすすめです。

またオートローンで車を購入する場合には、更なる値引きが期待できます。

ディーラーが提案するローンを組んだ場合、月々支払いが必要な返済額の金利の一部は、ローンの契約を取ったディーラーに入る仕組みとなっており、見込める利益の一部を値引きに充ててもらうことが可能です。

しかし、ローンを組むと金利がかかるため支払い総額が高額になってしまうことが考えられます。

現金一括払いができるのに無理にローンを組む必要はありませんが、ローンでの購入を検討しているならば「ローンを組むことでいくらか安くなりますか?」と交渉してみるのもひとつの手段です。

ディーラー側は、車両・オプション・ローンそれぞれで値引きをするよりも、まとめて値引き額を出したほうが高額値引きを出しやすい傾向があります。

値引き交渉時には付属品、ローンも含めた総額で攻めるようにしましょう。

コツ3:若手の売れてなさそうなセールスマンを選ぶ

ディーラーで値引き交渉をする際は、若手の売れていなさそうなセールスマンに声をかけるのもおすすめの方法です。

交渉相手に誰を選ぶかも、車の値引き額に大きな影響を与えます。

「ベテランでたくさん実績があるセールスマンの方が安心できるし、値引きもしてくれそう」と考える人もいるかもしれませんが、値引きのしやすさに限って言うと、若手で売れていなさそうなセールスマンを選んだ方が良いでしょう。

その理由は、ディーラーのシステムにあります。

多くのディーラーでは、販売台数がそのセールスマンの実績となり、給与や社内の評価に繋がります。

ベテランのセールスマンは、車を売るテクニックや既存のユーザーを多く持っているため、わざわざ販売店の利益が減るような無理な値引きは行いません。

しかし、若手で実績が少ない営業マンの場合は、少しでも実績を上げさせようと、販売店の店長など責任者の判断で、通常提示できないような値引きを特別に出してくれるケースがあります。

初めてディーラーに訪れ、セールスマンをこちらから指定できることは少ないですが、ベテランよりも若手を選んだほうが最大値引きを狙える可能性が高まるでしょう。

コツ4:今乗っている車の買取相場を把握しておく

最後のコツは「今乗っている車の買取相場を把握しておく」です。

値引き交渉のコツ1~3では、新車価格をどのようにして値引きしてもらうかをご紹介しましたが、「今乗っている車をどうするか」は、新車の購入総額を安く抑える上で非常に大切なポイントです。

ディーラーで新車を購入する場合、商談のなかで「乗換えなら下取り査定をしておきましょうか」とセールスマンから提案されることがあります。

そのままの流れでディーラーに下取りを任せるという人も多いのではないでしょうか。

しかし、ディーラーでの下取りは注意が必要です。

ディーラーはあくまでも新車を販売することを目的としており、中古車の買い取りは専門外です。

中古車の買い取りを専門としている業者と買取価格を比較すると、数万円~数十万円の差がでることがあります。

とはいえ、ディーラーで提示された下取り価格が高いのか、安いのか判断するのは難しいでしょう。

そのため下取り査定を受ける前に、自分の車にどれくらいの価値があるのかを把握しておくことが大切です。

そのため、ネットの無料一括査定を利用する方法がおすすめです。

ネットの無料一括査定なら、
提携している買取業者の査定額をカンタンに比較できます。

その結果、あなたの車の相場や、一番高く買ってくれるお店を知ることができます。

もし相場よりも高く売れれば、その分をタンクの購入資金に回せますよね。

新車の値引きだけでは限界があるので、
愛車の買い取りを合わせて、値引き額を増やしましょう。

愛車を高く売って
タンクの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タンクの購入資金を作る方法【必見!】

タンクの購入資金を作る方法【必見!】

ここでは、タンクの購入資金を作る方法を紹介します。

気に入った車を予算内で手に入れるためには、値引き交渉も大切です。

ですが、より重要となるのが、「今乗っている車をいかに高く売って購入資金を作るか?」というポイントです。

車体価格や付属品(オプション)価格は、車を作るのにかかった「製造原価」、トヨタ(メーカー)の利益となる「メーカー利益」、車をユーザーに販売した店舗に入る「販売店利益」から構成されています。

そのなかでディーラーが金額を操作できるのは、販売店利益のみで、値引き金額は限られてしまいます。

交渉がうまくいったとしても、数万円~15万円程度が限界でしょう。

これはどのメーカーや販売店でも同じことが言えます。

しかし、車の売却は、業者によって数十万円の差が出ることも少なくありません。

なぜ買取業者によって価格差が生まれるのでしょうか。

その理由は必要としている車や買取が得意な車がそれぞれ異なるからです。

例えば、軽自動車を専門で販売している業者なら、普通車よりも軽自動車のほうが高額査定が出しやすく、海外への転売ルートを確保している業者ならば、海外で人気の高いディーゼル車や大型車を高く買い取ることができます。

また中古車買取店は、新車を販売するディーラーとは異なり、在庫となる中古車がなければ営業活動を行うことができません。

人気車種や中古車として需要が高い車の場合、なんとか自分の店舗で車を売却してもらおうと、他の業者よりも高い査定額を出そうとしてくれます。

このように複数業者に査定を依頼すれば、オークションのように価格を競り合い、査定額が上がっていくのです。

(以下、イメージです)

買取業者買取価格
買取業者Aバツ30万円
買取業者B二重丸
60万円
買取業者Cバツ45万円
ディーラー下取りバツ15万円

このように、
値引き額は数万円の差しかありませんが、
買取価格は数十万円の差が生まれるケースがあります。

こうすれば、数十万円分のタンク購入資金を追加でゲットできる可能性があります。

タンクの車両価格の値引きが少ない場合でも、
買取価格を上げると、結果的に安くタンクが買えるのでおすすめです。

そのため、1回の入力で、数十社の業者の買取価格を比較できる、ネットの無料一括査定サービスがおすすめです。

無料一括査定の入力時間は約1分程度で、買い取りを行っている会社の査定価格を一覧で見ることができます。

最終的にディーラーで下取りをする場合も、
買取価格を見せて交渉することで、買取価格をアップできる可能性があります。

タンクの値引き価格の相場は10万円前後ですが、
買い取りを含めると、実質値引き100万円以上が叶う場合もあります。

現在の車を売りたいという場合は、ディーラーでの下取りを利用するよりも、買い取り業者を利用する方がお得になる可能性が高いです。

愛車を高く売って
タンクの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タンクの購入に役立つ!無料一括査定を利用した人の口コミ・評判

タンクの購入に役立つ!無料一括査定を利用した人の口コミ・評判

「一括査定を利用したことがないけど大丈夫?」
「本当に高く買い取ってもらえるの?」
という不安を抱える人も多いのではないでしょうか。

ここからは、そんな悩みを解消してもらうために、実際に無料一括査定を利用して、車を査定してもらった方の口コミや評判を紹介します。

実際に一括査定を利用した人からは「相場の倍以上で買い取ってもらえた」という声もあります。

ディーラーでの下取りだけや、一社の買い取り査定だけでは、「こんなものか」と安い価格でも無理に納得して売却を決めてしまうこともあるでしょう。

しかし、実際にはもっと高く売れる可能性があります。

売却してから、「ここならもっと高く買い取ってもらえたかもしれない…」と後悔しないためには、一括査定を利用して複数業者に査定を依頼してみることがおすすめです。

納得できる価格で車を売却し、欲しい車を手に入れましょう。

この口コミからも分かるように、一括査定は対応が非常に早いという特徴があります。

一括査定では、一度の申込みで複数の業者に査定依頼が送信されるという仕組み上、買取業者は依頼を受けた時点から競合業者がいることになります。

どこよりも早くユーザーとアポイントを取ることで、自分の店舗に車を売ってもらおうと考えるため、申込みするとすぐに業者から連絡が入るのです。

車の購入を決めたら、できるだけ早く乗り換えたいと考える人が多いと思いますが、対応の早い一括査定に今乗っている車の売却を任せれば安心でしょう。

また既に他業者やディーラーで査定をしている場合は、競合他社よりも高い金額を提示することで車の売却を決めてもらおうとします。

このように業者の価格を競り合わせることで査定の上乗せも可能です。

ディーラーの下取りが40万円だった車が、一括査定を利用したことで35万円プラスの75万円の査定が出たという口コミもあります。

この投稿からも分かるように、新車販売を専門とするディーラーの下取りと、中古車売買が専門の買取業者ではどうしても価格に大きな差が出てしまいます。

今乗っている車を高く売って、タンク(ルーミー)購入の資金を作りたいのであれば、高額査定が出やすい買取業者に査定を依頼しましょう。

無料一括査定の大きなメリットとしては、「ネットで手軽に申込みができる」という点が挙げられます。

通常車を売却するためには、まず車の買い取りを行っている業者を探し連絡を取る必要がありますが、一括査定サイトを利用すれば、住んでいるエリアで買取が可能な業者へ自動的に査定依頼が送信されるため手間を減らすことが可能です。

また、一括査定を出したからといって必ずその業者の中から売却先を決めなければいけないわけではありません。

価格や対応に納得ができなければ、他の業者を探すこともできます。

まずは手軽に申込みができる一括査定で車の相場を知り、売却先を決める参考にしてみてはいかがでしょうか。

一括査定に登録している業者の多くは、「出張査定」に対応しています。

通常、査定時には業者の店舗へ車を持ち込む必要がありますが、出張査定では査定士が車を保管している場所まで出張し査定を行ってくれます。

そのため相見積もりのために何店舗も販売店を回る必要がありません。

また出張を行う査定士は、中古車に関する知識が豊富なプロなので、「初めての車売却で分からないことばかり…」という人にも優しく丁寧に対応してくれます。

ネット上に投稿されているユーザーの口コミからも分かるように、一括査定は「スピーディーな対応」・「高価買取」・「親切丁寧」・「どこでも出張対応してくれる」ことが魅力のサービスです。

ネットで高額商品の売買を申し込むことに対して不安を覚える人も少なくないとは思いますが、車を高く売りタンク(ルーミー)の購入資金を確保するためには、一括査定で買取相場や最高査定額を把握しておくことが重要なポイントです。

愛車を高く売って
タンクの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タンクの購入資金をゲット!【無料一括査定サービスおすすめランキング】

タンクの購入資金を作るために!【無料一括査定サービスおすすめランキング】

ここでは、タンクの購入資金を作る”ために、おすすめの無料一括査定サービスをご紹介します。

「愛車を高く売れば、それだけタンクの購入資金が増えるのはわかった!」
「でも具体的に、どの一括査定サービスを使えば良いの?」

という方におすすめです!

それぞれにサービスの特徴がありますので、自分に合ったサイトを選んでみてください。

おすすめの無料一括査定サービスを比較!

車の買取価格を引き上げるコツとしては、
ランキング上位のサービスを複数同時に利用するのがおすすめです!

(※横にスクロールできます→)

順位サービス名利用料提携業者数同時査定依頼数業者選択入力の時間電話の多さ
1位
カーセンサー.net
二重丸無料二重丸1,000社以上二重丸30社二重丸可能
三角約60秒
三角多い
メールでの取引も可
2位
カービュー
二重丸無料二重丸230社以上三角8社二重丸可能二重丸約45秒バツ多い
3位
ナビクル車査定
二重丸無料三角50社以上三角10社バツ不可能二重丸約45秒バツ多い
4位
査定比較.com
二重丸無料二重丸290社以上三角10社バツ不可能二重丸約30秒バツ多い
5位
ズバット車買取比較.com
二重丸無料二重丸290社以上三角10社二重丸可能二重丸約30秒バツ多い
6位
楽天Car(楽天カーサービス)
二重丸無料二重丸100社三角10社バツ不可能三角約90秒バツ多い
7位
一括査定.com
二重丸無料二重丸230社以上三角8社バツ不可能二重丸約40秒バツ多い
番外編グーネット買取グーネット買取二重丸無料二重丸376社以上三角1社限定二重丸可能二重丸約30秒二重丸なし

(※横にスクロールできます→)


それぞれのサービスの詳細は「中古車買取の一括査定おすすめ無料ランキング」で紹介しています。

Q.もし「お店から電話がかかってくるのが大変…」という人は?
グーネット買取A.グーネット買取も候補に入れてみましょう!
ネットだけで完結できるから、しつこい電話は一切なく、安心です。

ここからは、一つ一つのサービスを詳しく見ていきます。

1位:カーセンサー.net

提携業者数1,000社以上!
高額査定の期待大の一括査定サービス
車の買取価格5.0
多くの買取店が競合するため、高額査定が見込める
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード5.0
申込みから最短で数分後に連絡がくる
提携査定会社数4.0
1,000社以上
最大査定数4.0
最大30社
メールのみの連絡5.0
メールのみの取引も希望可

カーセンサー.netは、無料一括査定サービスでは知名度が特に高いサイトです。

・リクナビ
・タウンワーク
・じゃらん
・ホットペッパー
・ゼクシィ
などのサービスで有名な「リクルートホールディングス」が運営しています。

無料一括査定サービスを利用するなら、ここは外せません!

提携している車買取業者の数は、一括査定サービスでは業界最大級の1,000社以上。

さらに、大手やJADRI加盟店も多数含まれるので、信頼性は抜群です。

最大30社の同時査定が可能で、これは業界でも圧倒的な数を誇ります。

査定を依頼したい業者が選べるのも、カーセンサー.netのおすすめポイントです。

カーセンサーの画面上で、買取会社との連絡方法を「メールのみ希望」に設定することもできます。

  • 提携業者や同時査定数が業界トップクラスで、高額買取が期待できる
  • 運営は上場企業のリクルート、提携先は優良業者ばかりで安心
  • メールでの取引が可能で、営業電話を減らせる

カーセンサーはこちら

 

2位:carview(カービュー)

平均16万円アップ!
大手買取店との提携が多い一括査定サービス
車の買取価格4.0
ディーラーの下取りより平均16万円高い
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
24時間以内にcarviewからメールが届き、2営業日以内に各査定会社から連絡がくる
提携査定会社数3.0
230社以上
最大査定数3.0
最大8社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

「carview(カービュー)」は日本最大級のクルマ情報サイトです。

車の買取トラブルに対応する「一般社団法人日本自動車購入協会」の監修を受けているので、信頼性も高いので安心ですね。

システムは使いやすさと分かりやすさを重視しており、初心者でも簡単にサービスが利用できると評判です。

・ガリバー
・ビッグモーター
・カーセブン
・オートバックス
・アップル
・ラビット
といった、大手買取店と多く提携しているのも、carviewの特徴です。

carviewが行う無料一括査定サービスは、450万人超えの利用実績があります。

  • 一般社団法人日本自動車購入協会の監修サイトで安心
  • 多くの大手買取店と提携しているので、信頼性が高い
  • 商用車や修復歴ありの車も高価で買い取ってくれる

カービューはこちら

 

3位:ナビクル車査定

優良買取店が揃う!年間35万人が利用する一括査定サービス
車の買取価格4.0
下取りから平均17万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア4.0
全国に対応
※一部地方は対象外
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数1.0
50社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

ナビクル車査定は、年間35万人が利用する無料一括査定サービスです。

運営しているのは、上場企業「エイチーム」の子会社である「エイチームライフスタイル」です。

ナビクル車査定では、一括査定の申し込み後、
全国の査定データから算出した、愛車の最新の買取価格(概算)をWeb上ですぐに見ることができます。

業者数は50社と少なめですが、これは優良買取店だけに絞って提携しているからです。

提携業者の中には、JPUC認定の適正買取店も含まれるので、悪質な業者にあたる心配は低いです。

  • 申し込み後、車の買取相場がすぐわかる
  • 多くの大手買取店と提携しているので、信頼性が高い
  • 商用車や修復歴ありの車も高価で買い取ってくれる

ナビクル車査定はこちら

 

4位:査定比較.com

80%が査定士の対応に満足している一括査定サービス
車の買取価格3.0
サービス利用者の7割が、平均で23.2万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数3.5
290社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

査定比較.comには、「車買取のノウハウ」や「高額売却のコツ」などのコンテンツがありません。

つまり、一括査定に特化したサイトなのです。

システムはシンプルで使いやすいと評判で、利用者の累計は200万人を突破しています。

査定比較.comは、後ほど紹介するズバット車買取比較.comと同じ「ウェブクルー」が運営しています。

提携業者は、JADRI加盟店を含む大手から、地域密着型の中小買取会社まで様々です。

査定士の対応の良さに満足している利用者が多いのも、サービスのポイントですね。

  • システムが分かりやすく、初心者でも簡単に利用できる
  • 提携業者には、JADRI加盟店も入っているので安心
  • 査定士の対応や査定額に満足しているユーザーが多い

査定比較.comはこちら

 

5位:ズバット車買取比較.com

75万台の取引データから相場を分析する一括査定サービス
車の買取価格3.0
利用者の7割が、下取りから平均23.2万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数3.5
290社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

ズバット車買取比較.comは、累計利用者数200万人超えの実績を持つ、一括査定サービスです。

運営会社は「ウェブクルー」です。

同じ運営会社の査定比較.comと違い、「車買取の基本」や「高額売却のコツ」など、参考になるコンテンツが満載です。

さらに、
「サービスの利用方法が分からない」
「買取業者からの営業電話を止めてほしい」
といった、疑問や要望に応えてくれるカスタマーサポートもあります。

ズバット車買取比較.comなら、数か月先の買取相場(概算)も分かるため、売却のタイミングを判断しやすいのもポイントです。

  • 申し込み前に平均査定相場が分かる
  • 査定時だけでなく、6か月後の買取相場も分かる
  • 電話サポートがあるので、初心者でも安心

ズバット車買取比較.comはこちら

 

6位:楽天Carサービス

楽天スーパーポイントがもらえる一括査定サービス
車の買取価格3.0
下取りより査定額がアップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード5.0
申し込みから最短で数分後に連絡がくる
提携査定会社数2.0
100社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

楽天Carの一括査定サービスは、楽天Carオークションと同じ、「楽天株式会社」が運営する一括査定サービスです。

サービスは無料で利用でき、100社以上の業者の中から最大10社に同時査定してもらえます。

提携業者には、JADRI加盟店や大手買取店も多く含まれるので、トラブルのリスクも少ないです。

  • 完全無料でサービスを利用できる
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 上場企業の楽天が運営するサービスで信頼度が高い

楽天Carサービスはこちら

 

7位:一括査定.com

日本自動車流通研究会(JADRI)が運営する安心の一括査定サービス
車の買取価格4.0
各買取社が高額査定を出してくれる
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード3.5
申し込み後48時間以内に査定結果がわかる
提携査定会社数3.0
200社以上
最大査定数3.5
最大8社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメール連絡がくる

一括査定.comは、株式会社メディア4uが運営する車一括査定サイトです。

安心して利用できる車査定サイトであるために、「一般社団法人 日本自動車購入協会(通称:JPUC)」と提携。

実際の車買取現場で発生するトラブル等の監視に努めています。

万が一トラブルが発生した時も、JPUC車売却消費者相談室が対応してくれ、サポート体制も充実しています。

それもあり、一括査定.comは利用者累計数400万人超え&年間5,000台の実績を誇ります。

公式サイトでは、車種やグレードごとの査定相場の情報も公開しているので、査定前に参考にするのもおすすめです。

  • 愛車の相場がすぐに分かる
  • 利用実績も多く、信頼性が高い
  • トラブルにはJPUC(日本自動車購入協会)が対応してくれる

一括査定.comはこちら

 

番外編:電話がわずらわしいなら「グーネット買取」がおすすめ

グーネット買取

ネット完結なので、車一括査定サービスと違って
電話が大量にかかってくるマイナス点なし!
車の買取価格4.0
各買取社が高額査定を出してくれる
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード3.5
申し込み後48時間以内に査定結果がわかる
提携査定会社数3.0
376社以上
最大査定数3.5
最大1社
メールのみの連絡5.0
面倒な電話がかかってこない、すべてネットのみで完結できるサービス

グーネット買取は、車の情報を入力するだけで、愛車の買取価格の相場を把握できる査定サイトです。

ネットだけで、買取業者の選定から査定依頼まで完結できるのが特徴です。

そのため、一括査定サービスにありがちな、「電話がたくさんかかってきて大変…」ということがありません。

運営会社は、一部上場企業のプロトコーポレーションなので安心です。

プロトコーポレーションは、大手ウェブサービス「goo」を運営しており、300万人以上の利用者がいます。

ディーラーの下取りよりも、「数十万円も高く買い取ってもらえた」という実績もあり、多くの人から利用されています。

  • 愛車の相場がすぐに分かる
  • めんどうな電話がかかってこない
  • 大手の会社が運営している安心感

グーネット買取はこちら

 

1番おすすめの車一括見積もりサービスはどこ?

おすすめの無料一括査定サービスは、ランキング1位の「カーセンサー.net」です。

査定の申し込み手続きも簡単なので、初めて一括査定サービスを利用する人でも安心

なんと最大30社の同時査定が可能なので、高額買取の期待大です。

提携業者は大手からローカル企業まで幅広く、近場の買取店が見つかりやすいのも魅力です。

また、提携業者にはJADRI加盟の優良買取店も含まれるため、トラブルのリスクも少なく、安心して査定を依頼できます。

メールのみでの取引も希望できるので、他の車査定サイトよりも、初めての利用でもハードルが低いことが特徴です。

運営しているのは、上場企業のリクルートなので、安心して利用することができます。

公式サイトには、査定依頼が多い車の月・週・日別ランキングに加え、査定の基礎知識や高額査定のテクニックなど、参考になる情報も掲載されています。

ランキング1位
カーセンサーはこちら

もくじに戻る▲

タンクの購入資金作りに最適!無料一括査定を利用するメリット

タンクの購入資金を作るために無料一括査定を利用するメリット

次に、タンクの購入資金作りに最適!無料一括査定を利用するメリットを紹介します。

無料一括査定のメリットは、高額査定が期待できるだけではありません。

車を売却する際にユーザーが「手間だな」「めんどくさいな」と感じるポイントをカバーするさまざまなサービスを提供しています。

便利な上に高額査定が狙える一括査定を利用することで、タンクの購入資金を作りましょう。

一度の情報入力で複数の見積もりが手に入り、高額査定が狙える

一括査定の大きな魅力は、高く車を買い取ってくれる業者が見つかるという点にあります。

通常、複数業者に査定をしてもらう場合、一から業者を探し買取店へ車を持ち込まなければいけません。

また、より高額査定を狙い業者同士で査定額を競争させるなら、何度も店舗を訪れる必要があり、非常に手間と時間がかかります。

その点、一括査定なら一度情報を入力するだけで複数業者に自動的に査定依頼を送信してくれます。

あとは査定をしてくれた業者の中で一番高い金額をつけた業者と売買契約を結べば売却は完了です。

「面倒は減らしたいけれど、高額査定は譲れない!」という人に一括査定はピッタリのサービスとなっています。

好きなタイミングでカンタンに申込みが可能

ネットで申込みができるため、24時間・365日好きなタイミングで査定依頼ができる点も一括査定の魅力です。

申込みに必要な内容は、住所や氏名・電話番号などの個人情報と、車種やグレード・走行距離といった車両情報のみです。

車両情報の入力は、選択式となっているサイトが多く、スマートフォンやパソコンの操作に慣れていない人でも1~3分程度で申込みが完了します。

手軽にできるため「忙しくて買取店が営業している時間帯に査定依頼をする時間が取れない…」という人にも是非試していただきたいサービスです。

また査定をしなくても、申込みをするだけで概算の買取価格が分かるというサービスを展開するサイトもあります。

実際に車を査定に出したわけではないため、あくまでも概算金額とはなりますが、買取相場はこれまでの買取実績を元に算出しているため、かなり精度が高いものと考えて良いでしょう。

出張査定の時間がスピーディー(15分~1時間程度)

無料一括査定は入力時間が1分程度で、スピーディーに買取価格の比較ができます。

また無料一括査定を利用した後の出張査定は、約15分~1時間で、スピーディーに査定できるのがメリットです。

店舗型の買取店に車を持ち込む場合には、「事前に連絡や予約をしていたのに、スタッフが他の対応をしていて長い時間待たされた」といったケースもありますが、主張査定ならそのような心配はありません。

全国に出張し、手数料も不要

無料一括査定は、手数料が無料であり、全国に出張してくれるサービスもあるので、住んでいる場所を気にせずに利用できます。

買取業者の中には、車を売却しなくても出張費用や査定費用を請求する業者もあります。

せっかく高く車が売れても、査定に費用がかかれば手元に残るお金が少なくなってしまいます。

一括査定なら査定はもちろん、車を移動させるためのレッカー代や手続き費用がかかりません。

査定日時もユーザーの都合に合わせて決められるため、非常に便利なサービスです。

また一括査定サイトの出張査定は日本全国に対応しています。

そのため「近くに中古車買取店がない」という人も安心です。

愛車を高く売って
タンクの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タンクの購入資金をゲット!愛車売却の流れ・必要なもの

タンクの購入資金をゲット!愛車売却の流れ・必要なもの

今乗っている愛車を売却して、
タンクの購入資金をゲットするための流れや必要なものを紹介します。

買い取りまでの流れ

最初に、愛車の査定、買い取りまでの流れを紹介します。

車を高く売り、タンクを購入する資金を作るのに一括査定は有効な手段ですが、どのような流れで売却が成立するのでしょうか。

一括査定

まずはインターネットから査定申込を行います。

まず初めの画面で「メーカー・車種・グレード」、「年式」、走行距離を入力し、申込をスタートします。

次の画面では「次回車検時期」「車体カラー」などより詳しい情報を入力してください。

最後に個人情報を入力し、確認画面に進めば申込完了です。

一括査定はネットから申し込みができるため、いつでもどこでも査定依頼が可能です。

また申し込み後に各業者から「査定額」が届きます。

実際車を査定してもらったわけではありませんので、あくまでも目安ではありますが、この暫定額はこれまでの買取実績から算出されているため、実際の査定額に近い金額が提示されます。

契約には本査定が必要ですが、申し込み内容に間違いがなければ、概算金額と大きなズレはないと考えていいでしょう。

一括査定申込は無料なので、車を高く売りたいのであれば、まずは査定申込を試してみてください。

本査定

各業者から連絡が来たら、次は実際に車を査定してもらう日程を調整します。

通常車を持ち込む必要がある査定ですが、一括査定を利用すれば、自宅まで出張査定に来てもらうことが可能です。

この本査定で提示される金額が正式な査定額です。

価格に納得できれば契約に進みますが、納得できない・他の業者の査定額を見てみたい場合は、無理に契約に進まず、買い取りを断ったり、保留にしましょう。

売買契約書をかわす

納得できる買取業社が見つかったら、売買契約に進みます。

業者が用意する書類にサインをした時点で契約が完了するので、後からトラブルにならないよう次の項目は必ず確認しておきましょう。

  • 車の引き渡し日
  • 入金方法や入金日
  • 名義変更などの手続きがいつ行われるか
  • 代車を借りることができるか

他にも気になることや、不安な点がある場合は、契約前にしっかり確認するようにしてください。

車の引取、入金

契約が完了したら、指定日に買取業者が車を引き取りにきます。

代車を依頼している場合はここで代車の手続きも行いましょう。

引き取り後、お金が指定口座に振り込まれたら、売却完了です。

車の引き渡しと同時に現金で支払いをしてくれる業者もいますが、現在は銀行振り込みが主流となっています。

振り込みまでは3~4日程度かかりますので、車を売却したお金を新車の購入金額に充てる場合は、一週間程度余裕を持った支払日を設定した方がいいでしょう。

必要なもの(必要書類一覧)

ここでは、車両の売却の際に必要なもの(必要書類一覧)をご紹介します。

普通車と軽自動車では、必要書類が少し異なります。

普通車の場合

用意しておくもの備考
自動車検査証
自賠責保険証明書
自動車リサイクル券リサイクル料金を買取業者から返金してもらえる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
自動車納税証明書その年の4~5月に支払ったもの。売却後に月割りで還付を受けられる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
振込口座情報通帳など。
印鑑登録証明書発行から1~3ヶ月以内のもの。※買取業者により異なる
実印印鑑登録済の実印。
譲渡証明書※買取業者が用意
委任状※買取業者が用意
メンテナンスノート(任意)メーカー保証書と点検整備記録簿がセットになったもの。

軽自動車の場合

用意しておくもの備考
自動車検査証
自賠責保険証明書
自動車リサイクル券リサイクル料金を買取業者から返金してもらえる。
※買取業者が用意
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
軽自動車納税証明書その年の4~5月に支払ったもの。売却後に還付を受けられる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
振込口座情報通帳など。
認印軽自動車は認印でOK
自動車検査証記入申請書運輸支局窓口、国土交通省ホームページにあり。
買取業者の店舗においていることも。
メンテナンスノート(任意)メーカー保証書と点検整備記録簿がセットになったもの

「納税証明書」は毎年税金を支払うと交付されますが、紛失している人も多いので、事前に確認が必要です。

「リサイクル券」が手元にない場合は、用意しなくても問題ありません。

住民票は、車検証に記載されている住所と現住所が異なる場合、または、買取店舗によって提出が必須です。

上記書類の他に、委任状(車の名義変更手続きを業者に委任する書類)や譲渡証明証(車を販売店に譲渡する書類)を買取店側が用意してくれます。

車の売却前までには、必要な書類はすべて準備しておくようにしましょう。

愛車を高く売って
タンクの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タンクの値引きの注意点

タンクの値引きの注意点

ここでは、新車のタンクの値引きを交渉するにあたっての注意点を紹介します。

タンクの値引きや購入資金を作るための買い取りで、知らず知らずのうちに損をしていたり、悪徳業者に引っかかってしまう可能性もあります。

値引き交渉や買い取りの注意点を押さえておくことで、安心して車の乗り換えを行いましょう。

タンクに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない

ディーラーでは、決算期やボーナス期に合わせてセールを打ち出していることがよくあります。

普段より安い価格や、期間中だけ特別に付くサービスやオプションがあり、「お得にタンクを買うためにセールを待とう」と思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際にはセール期間中と通常期の値引き金額はほとんど変わりません。

セール期間中にはタンクの見積書の値引き額が普段より多くなることもありますが、その分査定額を低くすることで調整している可能性があります。

見積書の値引き額だけに騙されず、車の売却金額との総額で売却先を決めるようにしましょう。

また購入時期で値引き額が大幅に変わることは少ないので、自分が乗り換えをしたいタイミングで車を購入することをおすすめします。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!

ディーラーでは、値引き分を下取り価格で調整することがあります。

相場より多く値引きをしてもらっても、その分下取りが安くなってしまう可能性があるのです。

またディーラーは新車を販売することを目的としているため、中古車を専門に扱う業者と比較すると査定額が安くなってしまう傾向があり、相場よりも安い金額で買いたたかれることもあります。

車の売却で損をしないためには、車の買取相場を把握しておくことが大切です。

適正価格を知っておけば、買いたたきを防ぐだけでなく、下取り価格の交渉の武器とすることも可能です。

悪徳な業者に引っかかるとどうなるの?

せっかく高く車を売ろうと買取店を探したのに、悪徳業者に引っかかってしまうケースも少なくありません。

悪徳業者に引っかかると、相場よりもかなり低い金額で車を買いたたかれてしまったり、契約後に「申告漏れがあった」と査定金額の減額を要求してくる場合があります。

また業者の中には、査定料や引き取り、手続きにかかる費用という名目で高額な請求をしてくることもあります。

そうなれば、いくら高額査定でも意味がありません。

車の買い取りは安心できる業者に任せることが大切です。

悪徳な業者に引っかからないためには?

悪徳業者に引っかからないためには、信頼できる業者に買い取りを依頼しましょう。

「優良業者かどうかをどのように見分ければいいかわからない」という人には一括査定がおすすめです。

一括査定に買取業者として登録するには、中古車売買に関する資格を持っているかをはじめとしたさまざまな条件をクリアする必要があります。

金額を減額したり、高額な費用を請求するような業者は登録することができません。

そのため一括査定なら、初めての車の売却でも安心して任せることができます。

下取りではなく買取業者の一括査定を利用(タンクの新車値引きと同じ効果!)

タンクを予算内で購入するためには、値引き交渉も重要ですが、値引き額をアップするのは、メーカーの利益を直接削るので、非常に難しいです。

「それでもどうしてもタンクに乗りたい!」という人は、不要になった車を売却することで購入資金を作りましょう。

値引き額はアップしても数万円程度ですが、
買取額はアップできれば数十万円単位も可能です。

一括査定を使えば、
当初より数十万円も多い金額を受け取れる可能性があるので、
得した金額をそのままタンクの購入資金に回せます♪

買取価格が増えると、タンクの資金が増えるので、
結果的にタンクの新車の大幅値引きと同じ効果があるのです。

さらに一括査定なら、下取りよりも高く車が売れる可能性があるだけでなく、出張査定にも対応しているため、手間なく査定額を知ることができます。

一括査定で提示された査定額は、ディーラーでの下取り額UPの交渉材料として利用することも可能です。

今所有している車を高く売ることができれば、タンクを大幅値引きしてもらうのと同じ効果が得られます。

一括査定で高額査定を狙い、お得にタンクに乗り換えましょう!

愛車を高く売って
タンクの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タンクの購入資金をゲット!手持ちの廃車/事故車/不動車の売却におすすめの査定サービスは?

タンクの購入資金をゲット!手持ちの廃車/事故車/不動車の売却におすすめの査定サービスは?

ここからは、廃車/事故車/不動車の売却におすすめの査定サービスをご紹介します。

車は持っているけど、

「廃車だから…」
「事故車だから…」
「動かない車だから…」

なんて諦めていませんか?

実は、「廃車/事故車/不動車」を対象とした買取査定サービスがあるんです。

実際に査定してもらうと、予想以上の金額で買い取ってくれた事例もたくさんありますよ!

ここでは、おすすめの査定サービスをランキング形式でご紹介します。

それぞれに特徴があるので、自分に合ったサービスを選んでみてください。

おすすめの廃車OK査定サービスを比較!

(※横にスクロールできます→)

順位サービス名利用料入力の時間電話の多さその他(提携業者)
1位
カーネクスト
二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)サービス運営のため、
1,000社以上の自動車関連業者と提携
2位
廃車本舗
二重丸無料二重丸約10秒二重丸少ない(1社のみ)販路として海外輸出事業と連携
3位廃車ラボ二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)全国に協力会社や提携会社が多数
4位
廃車買取.com
二重丸無料二重丸約25秒二重丸少ない(1社のみ)販路として海外業者と提携
5位
ハイシャル
二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)販路や運営のため、
全国1,000社以上の専門業者と提携

(※横にスクロールできます→)

比較しても迷ってしまいますが、
1位のカーネクストは、
・買取価格が高い
・廃車手続きや引き取りの費用が無料
・コールセンターの評判が高い
などの理由から、おすすめ度1位となっています。
※迷ったら、複数のサービスに依頼してみるのもアリ!
※買取価格がさらに上がるかも!

ここからは、1つ1つのサービスを詳しく見ていきます。

1位:カーネクスト

どんな車も原則0円以上の値がつく!廃車買取サービス
車の買取価格5.0
どんな車でも0円以上で買い取ってもらえる
手間(電話査定可)4.5
専用フォームか電話で申し込み
対応スピード5.0
書類があれば契約にも即対応
提携査定会社数
※全国引取りを可能にするため、1,000社以上の業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、カーネクストと電話でやり取り

カーネクストは、他店で値段がつかない車も、原則0円以上で買い取ってくれる廃車買取サービスです。

査定依頼は24時間WEB受付中で、20秒の簡単入力で見積りを出してもらえます。

また、車の買取額とは別に、還付金が返ってくるのもポイントです。

面倒な廃車手続きや自動車税の還付手続きは、カーネクストの専門スタッフが無料で代行してくれます。

カーネクストは全国の専門業者と連携しているので、どこでも希望の場所まで車を引き取りに来てくれて、レッカー代も無料です。

サポートも充実しており、専門スタッフが年中無休で対応してくれますよ。

  • 原則0円以上の買取保証
  • 買取額の他に還付金も受け取れる
  • 廃車手続きでは、必要書類を揃えるだけでOK

カーネクストはこちら

 

2位:廃車本舗

リサイクル工場&海外への販売ルート保有で、高額買取が期待できる!
車の買取価格4.0
他社で0円査定だった車にも買値がつく
手間(電話査定可)4.5
専用フォームまたは電話で申し込み
対応スピード4.0
当日または翌日に査定金額を回答
提携査定会社数
※販路として海外輸出事業と連携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車本舗と電話でやり取り

廃車本舗は、事故車、不動車、ボロボロの車、エンジンがかからない車でも、高値で買い取ってくれる廃車買取サービスです。

高額買取が実現する理由は、
国内3ヵ所に自社のリサイクル工場があり、さらにアジア圏を中心に海外への販売ルートを持っているからです。

廃車本舗は自動車リサイクルシステム登録業者なので、適正な廃車処理を行ってくれ、非常に信頼できます。

査定依頼は専用フォームから簡単にでき、情報入力も10秒ほどで済みます。

廃車手続きの代行や車の引取り(レッカー代含む)も、すべて無料。

専門のスタッフが一貫してサポートしてくれるので、初心者でも安心ですよ。

  • 自社の解体工場と海外への販路があるため、高価買取が実現
  • 面倒で複雑な廃車手続きも無料で代行
  • 自動車リサイクルシステム登録業者&手厚いサポートで安心

廃車本舗はこちら

 

3位:廃車ラボ

買取と廃車の2通りから査定してくれる!
車の買取価格3.5
どんな車も引き取ってくれる
手間(電話査定可)4.0
メール・電話・FAXでの問い合わせ
対応スピード3.0
引取りは連絡から3営業日以降
提携査定会社数-(非公開)
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開))
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車ラボと電話でやり取り

廃車ラボは、放置車・不動車・カギなし車・事故車といった、どんな車も引き取ってくれる廃車買取サービスです。

そして、買取と廃車の2通りから査定を行い、より高値で売れるほうを提案してくれるのが特徴です。

ちなみに、
買取は車両の価値から算出し、
廃車は車両(鉄や部品)と還付金(重量税・自賠責保険・自動車税)の価値から算出します。

サービスは完全無料で利用でき、査定依頼はメールまたは電話から、24時間・年中無休で受け付けています。

廃車手続きは、書類の準備と当日の立会いだけでOKです。

公式サイトには、廃車に関する豆知識がたくさん載っており、とても参考になりますよ。

  • 廃車と買取の2通りから査定
  • 廃車手続きは、必要書類の準備と当日立会いだけ
  • サイトには廃車のノウハウが満載

廃車ラボはこちら

 

4位:廃車買取.com

事故車や故障車など、多くの買取実績あり!
車の買取価格3.0
0円以上保証で、高値がつく場合も
手間(電話査定可)4.5
専用フォームから申込み
対応スピード4.0
最短で翌日引き取り
提携査定会社数
※販路として海外業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車買取.comと電話でやり取り

廃車買取.comなら、20年前の車や車検切れの車でも高値がつく場合があり、還付金も返ってきます。

古い車を高値で買い取ってくれる理由は、
全国50箇所に自社の廃車工場があり、海外の業者にパーツやメタル資源として販売しているからです。

廃車買取.comなら、廃車に出すか決まっていなくても、査定だけお願いできます。

公的な資格を持つ査定士が車の価値をしっかり見極め、適正価格を出してくれるのもポイントです。

全国への出張引取り手数料・不動車や事故車のレッカー代・解体費・手続き代行費などは、全て無料です。

さらに、当日の立ち会いができなくても引き取り可能なので、忙しい人でも利用しやすいですね。

  • 低年式や多走行の車、事故車や故障車など、高額買取実績あり
  • 廃車が決まっていなくても、査定依頼してOK
  • 当日立ち合いができなくても、引き取り可能

廃車買取.comはこちら

 

5位:ハイシャル

査定のみOK&無理な営業電話なしの廃車買取サービス!
車の買取価格4.0
どんな車も0円以上で買取保証
手間(電話査定可)4.5
専用フォーム・電話・LINEで申込み
対応スピード4.0
最短で翌日の引き取り
提携査定会社数
販路や運営のため、全国1,000社以上の専門業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
電話またはメールで、ハイシャルとやり取り

ハイシャルは、女性や年配の人でも安心して利用できる、廃車買取サービスです。

2019年の相談実績は65,000件を突破しました。

分かりやすいシステムと専門スタッフによる年中無休のサポートが、ハイシャルの特徴です。

1,000社以上の専門業者と提携することで、サービスの全国展開を可能にしています。

エリアや車両状況によっては、午前中の依頼で当日に引き取ってもらえる場合もあります。

ハイシャルは、国内での再販・輸出・マテリアルとしての再利用など、様々な販路を持っているため、どんな車も0円以上の買値がつくのです。

それから、廃車手続きも無料で代行してくれて、還付金も受け取れますよ。

  • 廃車買取に詳しくない人でも、分かりやすいシステム
  • 査定のみOKで、無理な営業電話なし
  • LINEでの査定申込みや相談も可能

ハイシャルはこちら

 

1番おすすめの廃車OKの査定サービスはどこ?

おすすめの廃車OKの査定サービスは、ランキング1位の「カーネクスト」です。

カーネクストは、業界でもトップクラスの廃車買取価格を実現しています。

廃車に高値がつく理由は、海外に独自の販路を持っており、そこに輸出やパーツ資源を販売しているからです。

15年以上前の車・15万Km以上走行の車・車検切れの車・故障車・事故車・不動車などの買い取り実績も多く、安心して査定を任せられますよ。

カーネクストは、専門スタッフが利用者一人一人を最後までしっかりサポートしてくれるため、廃車買取が初めての人でも利用しやすいです。

「売れないだろう」と諦めていた車に、思わぬ買取価格がつくケースもあります。

古い車の処分に困ったら、カーネクストに査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

ランキング1位
カーネクストはこちら

もくじに戻る▲

タンクとは(特徴・どんな車)

タンクとは(特徴・どんな車)

高級感のある見た目と、使い勝手の良さから人気の高いタンクですが、どんな特徴があるのでしょうか。

価格の交渉やライバル車との比較をするためにタンクの特徴を把握しておくことは大切です。

商談前にタンクがどんな車なのかを知っておきましょう。

タンクとは?特徴・どんな車?

タンクは室内空間が広く、最新の安全機能が搭載された利便性の良いコンパクトカーで、女性や小さなお子様がいる家庭でも人気の車です。

グレードによって異なる2種類のエンジンが搭載されており、ターボエンジンを搭載したグレードでは、コンパクトカーと思えないほどの力強い走りを実現しています。

また2017年にはグッドデザイン賞を受賞しており、高級感があるエクステリアも魅力のひとつです。

タンクの実燃費は?

タンクを日常で使用するとなると、維持費がどれくらいになるかが気になるところです。

まずはカタログ値からタンクの燃費について解説します。

走行シーン燃費
高速道路中心17.7~19.2km/L
郊外・幹線道路17.9~19.7km/L
市街地13.9~15.5km/L

上記でご紹介したデータは、実際の走行に近い条件で測定したWLTCモードの測定値です。

タンクは2WDと4WDの2タイプの展開があり、4WDのほうがやや燃費が劣る傾向がありますが、燃費が悪くなりやすい市街地走行でも13.9km/Lの燃費を実現しているので、燃費性能は十分と言えるでしょう。

新車のタンクの納期は?

現在のタンク(ルーミー)の納期は「注文後1~2ヶ月程度」です。

新車の納期としては標準的な期間となっています。

注文状況や工場の状況によって納期が前後することがあるため、時間に余裕を持った注文がおすすめです。

タンクのグレードの違い、おすすめのグレードは?

現在ルーミーとして販売されているタンクには、8種類のグレードがあります。

  • カスタムG-T
  • カスタムG 2WD
  • カスタムG 4WD
  • G-T
  • G 2WD
  • G 4WD
  • X 2WD
  • X 4WD

グレードの違いとしては、1.0LLNAエンジンを搭載したのが「X」、「G」で、力強い走りが魅力のターボエンジンを搭載しているのが「G-T」です。

また、「カスタム」が付くグレードは、メッキ加工や専用のインテリアが採用され、より高級感があるデザインとなっています。

走破性を求めるのであれば、4WDタイプやターボエンジンを搭載した「G-T」、見た目を重視するなら、カスタムグレードがおすすめです。

タンクのカラーバリエーションは?

タンクは9種類のモノトーンと、3種類のツートンから車体色を選べます。

仕事でもプライベートでも使いやすく、リセールも良いのは定番の白・黒ですが、最近では2トーンカラーのコンパクトカーも人気です。

他とは違ったカラーで個性を出すのも良いかもしれません。

タンクの安全装備・システムは?

タンクには次の先進安全性能が全グレードに標準装備されています。

事故を未然に防ぐための技術が搭載されているため、安心で安全なカーライフを送ることができるでしょう。

安全性能機能

衝突回避支援ブレーキ昼夜問わず車や歩行者を認識し、ブレーキ支援を行うシステム

衝突警報危険を察知し、ドライバーに知らせるシステム

車線逸脱警報車線から車がはみ出した際にドライバーに知らせる機能

ブレーキ制御付誤発進抑制機能踏み間違いによる事故を抑制する機能

先行車発進お知らせ機能先行車が発進したことをお知らせする機能

タンクの新型は機械式の立体駐車場に入る?

タンクのサイズは、次の通りです。

  • 全長3,705~3,700mm
  • 全幅1,670mm
  • 全高1,735mm

一般的な立体駐車場の高さ制限は、自走式駐車場で2~2.5m、機械式駐車場で1.5m程度となるので、利用する駐車場によっては高さ制限に引っかかる可能性があります。

あらかじめ確認しておきましょう。

タンクのおすすめオプションは?

そのままでも使いやすいタンクですが、車両注文時に取りつけが可能なディーラーオプションを追加すれば、使い勝手や安全性能が向上します。

おすすめのディーラーオプションはバックカメラ・ステアリングスイッチがついた「ナビレディパッケージ」です。

価格は税込31,900円で、個別で追加するよりも安いため、お得に快適なカーライフを手に入れることが可能です

タンクのメリット・デメリット

タンクのメリットは、コンパクトカーながら高級感のあるデザインと、広々とした車内空間が挙げられます。

しかし、荷物や人を多く乗せた場合には「パワーが足りない」と感じることもあり、大人数でのお出かけや重い荷物をよく乗せる人は、ターボエンジンを搭載した「G-T」がおすすめです。

愛車を高く売って
タンクの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タンクの値引きでよくある質問と回答

タンクの値引きでよくある質問と回答

ここでは、タンクの値引きを交渉、安く買うためによくある質問と回答をまとめました。

Q1.タンクの値引き価格は、決算期等・購入時期によって変わる?

タンクの値引き額が購入時期によって大幅に変わることはほとんどありません。

セール期間中などで見積書の値引き額が通常よりも多くなる場合がありますが、下取り価格を下げるなどして調整されている可能性があります。

そのため自分が乗り換えたいと思うタイミングで購入することをおすすめします。

Q2.車を売るか分からなくても、ネット査定できる?

ネット査定を申し込んでも、査定額に納得できなければ、契約する必要はありません。

買い取りを断ったり契約を保留にしたりしてもOKです。

車の売却で損をしないためには、まず買取相場を把握しておくことが大切なポイントです。

そのため売るかどうか悩んでいる状態でも、一括査定を申し込んでみることがおすすめです。

Q3.車を高く売るためにはどうしたらいい?

車を高く売るためには、複数の買取業者の査定額を比較することが大切です。

業者によって査定基準や高く買取ができる車種が異なるので、査定額に数十万円の差が出ることも少なくありません。

ディーラーで車を売却することもできますが、ディーラーは新車の販売を目的としているため、買取業者よりも査定額が安くなる傾向があります。

そのため車の売却は中古車を専門として取り扱う業者に依頼しましょう。

愛車を高く売って
タンクの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

まとめ(タンクの値引き)

まとめ(タンクの値引き)

さいごに、タンクの値引きについてまとめます。

結論として、車の値引きには「限界」があります。

たとえ交渉に成功しても、
「相場から数万円のプラス」にしかならないのが実情だからです。

タンクの購入負担を減らすなら、
値引き交渉だけでなく、
古い車を高く売って、購入資金を増やすのがおすすめです。

車を高く売るなら、
ディーラー下取りよりも高く買ってくれる買取専門店を使うのがおすすめです。

ただし、査定方法が違うため、
買取専門店によって査定額は大きく変わります。

(以下、イメージです)

買取業者買取価格
買取業者Aバツ30万円
買取業者B二重丸
60万円
買取業者Cバツ45万円
ディーラー下取りバツ15万円

このように、
値引き額は数万円の差しかありませんが、
買取価格は数十万円の差が生まれます!

この中から最も高い査定額を提示した買取店に売却しましょう。

すると、差額の数十万円も得して、タンクの購入に回せる可能性があるのです。

ただし、買取店を1店1店巡り、買取価格を聞いて回るのは非常に大変です。

そこでおすすめなのが一括査定サイトです。

無料の一括査定サイトなら、
たった一度の入力で、複数の買取店から見積額が届きます。

その中で、最も高い査定額を提示した業者に売却すれば、より割安でタンクに乗り換えることが可能になります。

多くの資金をゲットするためにも、無料一括査定を利用して、一番高く買い取ってくれる業者を探しましょう。

また、まとめて複数業者に査定を依頼できるため、査定額を比較することで高額買取ができる業者が見つかりやすくなります。

一括査定で車を高く売ることで、タンク購入の支払い総額を安く抑えましょう。

愛車を高く売って
タンクの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

「新車が欲しい…」
「購入資金がない…」
それなら一括査定で最高額のお店に売れば、愛車の買取額を大幅UP!
たったの数分でOK!一括査定はこちら(無料)
「新車が欲しい…」
「購入資金がない…」
それなら一括査定で最高額のお店に売れば、愛車の買取額を大幅UP!
たったの数分でOK!一括査定はこちら(無料)
タイトルとURLをコピーしました