【ポルシェ】値引き額はいくら?初心者必見の交渉術!相場表と限界価格をレポート!

【ポルシェ】値引き額はいくら?初心者必見の交渉術!相場表と限界価格をレポート!

この記事では、ポルシェを値引きしてお得に購入するコツを解説します。

ポルシェはドイツの高級車メーカーで、正式名称は『Dr.Ing.h.c.F.Porsche AG』と言います。

ポルシェはロゴが特徴的で、シュトゥットガルト市の紋章である跳ね馬が中央に位置しています。

これはドイツの歴史と格を表しています。

新車価格はゆうに1,000万円を超え、オプション・グレードによっては4,000万円近くするものも。

非常に人気の車ですが、値引きでどのくらい安くなるのか気になりますよね?

もし購入資金が足りないからといって、グレードを下げたり、大きなローンを組むのを避けたいです。

そこでポルシェについて、以下をまとめました。

・ポルシェの値引き額の相場
・ポルシェの値引きテクニック
・ポルシェの購入資金を作る方法【おすすめ】

さらに値引き交渉をする上で、気を付けるべき注意点も紹介しています。

いくら値引きに成功しても、
手元に資金がなければ、ポルシェを買うことはできません!
購入資金が足りないからといって、大きなローンを組むのも、少し気が引けてしまいますよね?

そこで、もし今乗っている車があるなら、それを高く売るのがおすすめです。

無料のネット一括査定サービスを使えば、
「買取価格が数十万円アップした」なんて事例も♪

予想より大きな資金が入ってくるので、
「ポルシェが欲しい!」
「でも手元には資金があまりない…」
という方には、特におすすめです♪

・値引き額のアップ
・下取り価格のアップ
両方をうまく活用して、ポルシェを賢くゲットしてくださいね。

愛車を高く売って
ポルシェの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

 

愛車を高く売って
ポルシェの購入資金に!
おすすめ一括査定はこちら

ポルシェの値引き額の価格相場表【2021年10月最新】

ポルシェの値引き額の価格相場表【2021年10月最新】

まずは、ポルシェの値引き額の価格相場表をご紹介します。

値引き金額は日々変動し、グレードやモデルによって値引き金額は異なる点に注意してください。

2021年後半期、現在販売中のモデルは以下の6モデルになっています。

  • 「718 Models」
  • 「911 Carrera & Targa Models」
  • 「Taycan Models」
  • 「Panamera Models」
  • 「Macan Models」
  • 「Cayenne Models」

さらに各車種(モデル)ごとのタイプ・グレードを細分化し、それぞれの値引き額の相場を表にしています。

ポルシェ 718の価格相場表

車種(グレード別)値引き期待額
718 Cayman10~100万円
718 Cayman T0~30万円
718 Cayman S0~30万円
718 Cayman GTS 4.05~10万円
718 boxster0~40万円
718 boxster T0~10万円
718 boxster S0~10万円
718 boxster GTS 4.00~10万円
718 boxster 25 イヤーズ0~10万円
718 Cayman GT40~20万円
718 Spyder0万円

ポルシェ 911の価格相場表

車種(グレード別)値引き期待額
911 Carrera0~10万円
911 Carrera Cabriolet0~10万円
911 Carrera 40~10万円
911 Carrera 4 Cabriolet0~10万円
911 Carrera S5~30万円
911 Carrera S Cabriolet0~10万円
911 Carrera 4S0~10万円
911 Carrera 4S Cabriolet0~10万円
911 Carrera GTS0~10万円
911 Carrera GTS Cabriolet0~10万円
911 Carrera 4 GTS0~10万円
911 Carrera 4 GTS Cabriolet0~10万円
911 Targa 40~10万円
911 Targa 4S0~10万円
911 Targa 4 GTS0~10万円
911 Turbo0~10万円
911 Turbo Cabriolet0~10万円
911 Turbo S0~10万円
911 Turbo S Cabriolet0~10万円
911 Turbo GT30~10万円
911 GT3 with Touring Package0~10万円

ポルシェ Taycanの価格相場表

車種(グレード別)値引き期待額
Taycan5~20万円
Taycan 4 Cross Turismo5~20万円
Taycan 4S5~20万円
Taycan 4S Cross Turismo5~20万円
Taycan Turbo5~20万円
Taycan Turbo Cross Turismo5~20万円
Taycan Turbo S5~20万円

ポルシェ Panameraの価格相場表

車種(グレード別)値引き期待額
Panamera5~30万円
Panamera 45~30万円
Panamera 4 Executive5~30万円
Panamera 4 Sport Turismo5~35万円
Panamera 4 E-Hybrid5~35万円
Panamera 4 E-Hybrid Sport Turismo5~35万円
Panamera 4S E-Hybrid5~35万円
Panamera GTS5~35万円
Panamera GTS Sport Turismo5~35万円
Panamera Turbo S5~35万円
Panamera Turbo S E-Hybrid5~35万円

ポルシェ Macanの価格相場表

車種(グレード別)値引き期待額
Macan0~15万円
Macan S0~15万円
Macan GTS5~20万円

ポルシェ Cayenneの価格相場表

車種(グレード別)値引き期待額
Cayenne5~10万円
Cayenne Coupé5~10万円
Cayenne E-Hybrid5~10万円
Cayenne E-Hybrid Coupé5~10万円
Cayenne S5~10万円
Cayenne S Coupé5~10万円
Cayenne GTS5~10万円
Cayenne GTS Coupé5~10万円
Cayenne Turbo5~10万円
Cayenne Turbo Coupé5~10万円
Cayenne Turbo S E-Hybrid5~10万円
Cayenne Turbo S E-Hybrid Coupé5~10万円
Cayenne Turbo GT5~10万円

ポルシェの値引きは難しい

まず第一に結論をお伝えしますが、新車のポルシェは基本値引きすることが難しいです。

基本的に新車購入の値引き額相場は、車両価格の10%ほど。

なぜポルシェの値引きが難しいのかと言うと、販売台数を増やして知名度・ブランド力を上げる必要がないメーカーだからです。

さらに限定モデル(役物車両)や、発売して間もない車種は、ポルシェの場合「全世界で生産台数が決まっている」というのも理由の一つ。

そのため、値引き交渉をしても断られたり、少額の値引き額でしか購入できないという訳なのです。

ポルシェのターゲット層

現にメーカー側であるポルシェは販売側のディーラーへ「もっと売ってくれ!」と強い催促があるわけではないのです。

そもそも新車のポルシェを購入する対象は、アッパーマス層=純金融資産3,000万円以上5,000万円未満含めてそれ以上の富裕層がメイン。

準富裕層・富裕層・超富裕層がそれに該当し、いわゆるお金持ちですね。

ポルシェ1台あたりの価格もそれなりにします。

よって、わざわざ販売台数を稼がなくても、経営が成り立っているということです。

実際に値引きを行うには?

車両値引きは難しいものの、中には新車でも値引きが行われている事例もあります。

上記の値引き期待額は基本オプション値引きとなっており、ポルシェゆえの価格によって値引き額が40万円となることもあります。

ただし他のメーカーと違って車両値引きが難しいため、グレード・駆動などは値引き期待額に考慮していません。

ですが、オプションを付け加える場合は値引きの余地があります。

ポルシェのオプションは比較的高額であり、100万円~300万円相当のオプションもザラです。

200万円のオプションをつけた人の事例ではありますが、値引き額が15万円だったという話があります。

そのため、この後にお伝えする値引きの交渉術が必要になってきます。

さらには、今乗っている車を高値で売却してポルシェの購入資金を増やすことも重要です。

愛車を高く売って
ポルシェの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ポルシェの値引き交渉術(新車購入で損をしないテクニック)

ポルシェの値引き交渉術(新車購入で損をしないテクニック)

続いては、ポルシェの値引き交渉術を見ていきましょう。

ここでは新車を購入する際に、損をしない4つのテクニックを解説します。

コツ1:ライバル車種と競合させる

第一に王道な値引きのコツとして、ライバル車種と比較・競合させることです。

販売台数で儲けを得るポルシェとは言え、類似するメーカーと比較してしまえば、話は別です。

BMW・ベンツといった、外資系高級車を天秤にかけるよう話を持ち掛けると話が展開できます。

例えば「ポルシェCayenne」を購入したい場合、以下が候補です。

  • BMWの「BMW X6」「BMW X7」
  • ベンツの「GLE」「GLS」

いわゆる同じ走行・ボディタイプと競合に合わせることがポイント!

ポルシェのSUVなら「BMWのSUV」、ポルシェのセダンなら「ベンツのセダン」といった具合ですね。

また、販売店の地域によっても値引き額に差が出ます。

「こっちの店舗では〇〇万円値引きしてもらったし、見積書もある」と言えば、強気に交渉できる材料です。

値引き交渉の第一声として「私、今SUVを買いたいんだけど、こっちのメーカーの○○とポルシェの◎◎のどちらを買うか迷ってて…」と切り出します。

ポルシェは難しいですが、少しでもセールスマンが食いついてくれるようでしたら話を続けて、最終的に数十万円値引きして欲しいと伝えましょう。

コツ2:総額で攻める(付属品・ローンなどを含めて値引き)

付属品やローンなどを含めた総額で攻めるのも、ポルシェを値引き交渉するコツです。

新車のポルシェを購入する場合、この交渉術が最も合理的です。

ポルシェは車両値引きが難しいので、オプションやローンなどを含めて値引き交渉するのが妥当です。

先ほどの値引き価格相場表は、オプションを少なくても1つ以上加えた際の値引き期待額です。

ディーラー側も販売総額が高くなれば、セールスマンとしての実績に評価が付きます。

よって「高くオプションを付ける分、数十万円安くして欲しい」という旨を伝えることで、双方Win-Winとなりえる妥当価格を算出してもらえるでしょう。

その他、ポルシェでの購入を検討する場合は手付金が大きくなります。

ポルシェは購入代金の20%~30%くらいが手付金となるので、1,000万円の車種を購入する場合、手付金だけで200万円ほどを口座振込することが基本です。

それとは別に、ローン契約をすると一括払いと違って「ディーラー側は手数料」を得ることができます。

よって「新車をローンで購入しようか迷っている」という、悩みを投げかけることも、値引き交渉の種に変わるのです。

コツ3:若手の売れてなさそうなセールスマンを選ぶ

若手のセールスマンに限りますが、販売実績が浅い人は交渉に応じてくれやすい傾向があります。

これはどんなシチュエーションでも言える話で、ポルシェだからと言っても人は人。

よって「値引きしてくれるとこちらも嬉しいし、販売員さんにとっても評価になるじゃないですか?」という旨を持ち出しましょう。

販売員にはインセンティブ=成果報酬も存在するので、実績を積めるなら、価格次第で値引きすることも承知の上で営業しているのです。

これらは、やや弱みを握るような形にはなりますが、お堅いポルシェならば少しくらい強気に交渉する方がいいのです。

なお新人セールスマンの探し方として、事前に張り込みしたり、若そうな人を目で判断するのが妥当です。

無暗に新人が誰なのか?と聞くのは失礼なので、それだけは控えましょう。

コツ4:今乗っている車の買取相場を把握しておく

ここで一番忘れてはならないのが、今乗っている車の買取相場を把握しておくことです。

新たに車を購入すると、今まで乗っていた車は下取りに出すことになりますが、安易にディーラーに下取りしてもらうのは間違いです。

ディーラーは買取業者ではないので、かなり安い金額で下取りされる場合があるからです。

でも、買取価格の相場を把握していれば、安い値段で下取りされることを防ぐだけでなく、価格交渉の手段になります。

買取相場を調べるには、車の無料一括査定を利用しましょう。

複数の買取店から査定をしてもらうことで、買取相場が把握できますよ。

実際売りに出すときにも、一括査定で一番高い査定をだしてくれたお店に売ることができれば「お得な買い方」に近づけます。

愛車を高く売って
ポルシェの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ポルシェの購入資金を作る方法【必見!】

ポルシェの購入資金を作る方法【必見!】

ここでは、ポルシェの購入資金を作る方法を紹介します。

「ポルシェが欲しい…」
「でも、購入資金が足りない…」
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで、値引き額をアップできるように頑張るのですが、
高額の値引きを行うとメーカーの利益は減少するため、
値引き額を増やすには限度があります。

そこで、現在乗っている車を高い値段で売却して、
ポルシェの購入資金に充てる方法がおすすめです。

ここで1点注意ですが、
実は買取店によって査定方法が違うため、
買取店ごとに査定額は大きく変わります。

(以下、イメージです)

買取業者買取価格
買取業者Aバツ30万円
買取業者B二重丸
60万円
買取業者Cバツ45万円
ディーラー下取りバツ15万円

このように、
値引き額は数万円の差しかありませんが、
買取価格は数十万円の差が生まれるケースがあります。

こうすれば、数十万円分のポルシェ購入資金を追加でゲットできる可能性があります。

ポルシェの車両価格の値引きが少ない場合でも、
買取価格を上げると、結果的に安くポルシェが買えるのでおすすめです。

そのため、1回の入力で、数十社の業者の買取価格を比較できる、ネットの無料一括査定サービスがおすすめです。

無料一括査定の入力時間は約1分程度で、買い取りを行っている会社の査定価格を一覧で見ることができます。

最終的にディーラーで下取りをする場合も、
買取価格を見せて交渉することで、買取価格をアップできる可能性があります。

ポルシェの値引き価格の相場は10万円前後ですが、
買い取りを含めると、実質値引き100万円以上が叶う場合もあります。

現在の車を売りたいという場合は、ディーラーでの下取りを利用するよりも、買い取り業者を利用する方がお得になる可能性が高いです。

愛車を高く売って
ポルシェの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ポルシェの購入に役立つ!無料一括査定を利用した人の口コミ・評判

ポルシェの購入に役立つ!無料一括査定を利用した人の口コミ・評判

つづいて、ポルシェ購入前に無料一括査定を利用した人の口コミ・評判を紹介します。

実際に利用した人の生の声になるので、参考になるかと思います。

ディーラーの下取り価格と、中古買取店からの査定額を比較した人のツイートです。

下取り価格を聞いても即決する必要はなく、より高い売却を目指すために、複数の買取業者から見積もりを取得してみましょう。

一括査定サービスを使えば、ディーラー下取り価格より高値で売却できるケースが多々あります。

一括査定後、わずか10秒で買取業者から連絡が来た人のツイートです。

急ぎで買い取り手続きを進めたい人にとって、スピーディーな対応は助かりますよね。

同時に複数の業者へ見積もり申請ができる無料一括査定なら、素早い対応が強みの業者にも出会えるでしょう。

投稿の内容から分かるように、車を売るときは複数の会社を掛け持ちして査定・売却を検討することが重要です。

1社だけで査定すると、買取価格がそれまでになりますし、何しろ1社の会社に足元を見られて値切られておしまいです。

ただし「一括査定」を利用することで、自動的に複数の会社から査定してもらえ、高額買取額となるまで粘れるのです。

自分がわざわざ複数の会社に1件ずつ申し込む必要もないので、無料一括査定がおすすめなのです。

所有している車の装飾・オプション・エアロなども査定対象になり、買取価格が跳ね上がったということが言われています。

こういった加点も、一括査定ならではの魅力になります。

1件のディーラー、1件の買い取り業者に下取り価格を提示される以上に、期待以上の買取価格を提示してくれる可能性があるのです。

一括査定サービスを利用したことで相場の倍近い査定額で売れたというツイートです。

一発で上限ギリギリの査定を出してくれるので、短い時間で決めれるようですね。

キャッシュで買おうか迷うほど高額な売却額となりそうですが、一度踏みとどまって今以上の買取価格も期待できるのが一括査定の魅力なのです。

愛車を高く売って
ポルシェの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ポルシェの購入資金をゲット!【無料一括査定サービスおすすめランキング】

ポルシェの購入資金を作るために!【無料一括査定サービスおすすめランキング】

ここでは、ポルシェの購入資金を作る”ために、おすすめの無料一括査定サービスをご紹介します。

「愛車を高く売れば、それだけポルシェの購入資金が増えるのはわかった!」
「でも具体的に、どの一括査定サービスを使えば良いの?」

という方におすすめです!

それぞれにサービスの特徴がありますので、自分に合ったサイトを選んでみてください。

おすすめの無料一括査定サービスを比較!

車の買取価格を引き上げるコツとしては、
ランキング上位のサービスを複数同時に利用するのがおすすめです!

(※横にスクロールできます→)

順位サービス名利用料提携業者数同時査定依頼数業者選択入力の時間電話の多さ
1位
カーセンサー.net
二重丸無料二重丸1,000社以上二重丸30社二重丸可能
三角約60秒
三角多い
メールでの取引も可
2位
カービュー
二重丸無料二重丸230社以上三角8社二重丸可能二重丸約45秒バツ多い
3位
ナビクル車査定
二重丸無料三角50社以上三角10社バツ不可能二重丸約45秒バツ多い
4位
査定比較.com
二重丸無料二重丸290社以上三角10社バツ不可能二重丸約30秒バツ多い
5位
ズバット車買取比較.com
二重丸無料二重丸290社以上三角10社二重丸可能二重丸約30秒バツ多い
6位
楽天Car(楽天カーサービス)
二重丸無料二重丸100社三角10社バツ不可能三角約90秒バツ多い
7位
一括査定.com
二重丸無料二重丸230社以上三角8社バツ不可能二重丸約40秒バツ多い
番外編グーネット買取グーネット買取二重丸無料二重丸376社以上三角1社限定二重丸可能二重丸約30秒二重丸なし

(※横にスクロールできます→)


それぞれのサービスの詳細は「中古車買取の一括査定おすすめ無料ランキング」で紹介しています。

Q.もし「お店から電話がかかってくるのが大変…」という人は?
グーネット買取A.グーネット買取も候補に入れてみましょう!
ネットだけで完結できるから、しつこい電話は一切なく、安心です。

ここからは、一つ一つのサービスを詳しく見ていきます。

1位:カーセンサー.net

提携業者数1,000社以上!
高額査定の期待大の一括査定サービス
車の買取価格5.0
多くの買取店が競合するため、高額査定が見込める
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード5.0
申込みから最短で数分後に連絡がくる
提携査定会社数4.0
1,000社以上
最大査定数4.0
最大30社
メールのみの連絡5.0
メールのみの取引も希望可

カーセンサー.netは、無料一括査定サービスでは知名度が特に高いサイトです。

・リクナビ
・タウンワーク
・じゃらん
・ホットペッパー
・ゼクシィ
などのサービスで有名な「リクルートホールディングス」が運営しています。

無料一括査定サービスを利用するなら、ここは外せません!

提携している車買取業者の数は、一括査定サービスでは業界最大級の1,000社以上。

さらに、大手やJADRI加盟店も多数含まれるので、信頼性は抜群です。

最大30社の同時査定が可能で、これは業界でも圧倒的な数を誇ります。

査定を依頼したい業者が選べるのも、カーセンサー.netのおすすめポイントです。

カーセンサーの画面上で、買取会社との連絡方法を「メールのみ希望」に設定することもできます。

  • 提携業者や同時査定数が業界トップクラスで、高額買取が期待できる
  • 運営は上場企業のリクルート、提携先は優良業者ばかりで安心
  • メールでの取引が可能で、営業電話を減らせる

カーセンサーはこちら

 

2位:carview(カービュー)

平均16万円アップ!
大手買取店との提携が多い一括査定サービス
車の買取価格4.0
ディーラーの下取りより平均16万円高い
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
24時間以内にcarviewからメールが届き、2営業日以内に各査定会社から連絡がくる
提携査定会社数3.0
230社以上
最大査定数3.0
最大8社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

「carview(カービュー)」は日本最大級のクルマ情報サイトです。

車の買取トラブルに対応する「一般社団法人日本自動車購入協会」の監修を受けているので、信頼性も高いので安心ですね。

システムは使いやすさと分かりやすさを重視しており、初心者でも簡単にサービスが利用できると評判です。

・ガリバー
・ビッグモーター
・カーセブン
・オートバックス
・アップル
・ラビット
といった、大手買取店と多く提携しているのも、carviewの特徴です。

carviewが行う無料一括査定サービスは、450万人超えの利用実績があります。

  • 一般社団法人日本自動車購入協会の監修サイトで安心
  • 多くの大手買取店と提携しているので、信頼性が高い
  • 商用車や修復歴ありの車も高値で買い取ってくれる

カービューはこちら

 

3位:ナビクル車査定

優良買取店が揃う!年間35万人が利用する一括査定サービス
車の買取価格4.0
下取りから平均17万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア4.0
全国に対応
※一部地方は対象外
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数1.0
50社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

ナビクル車査定は、年間35万人が利用する無料一括査定サービスです。

運営しているのは、上場企業「エイチーム」の子会社である「エイチームライフスタイル」です。

ナビクル車査定では、一括査定の申し込み後、
全国の査定データから算出した、愛車の最新の買取価格(概算)をWeb上ですぐに見ることができます。

業者数は50社と少なめですが、これは優良買取店だけに絞って提携しているからです。

提携業者の中には、JPUC認定の適正買取店も含まれるので、悪質な業者にあたる心配は少ない(可能性は低い)です。

  • 申し込み後、車の買取相場がすぐわかる
  • 多くの大手買取店と提携しているので、信頼性が高い
  • 商用車や修復歴ありの車も高値で買い取ってくれる

ナビクル車査定はこちら

 

4位:査定比較.com

80%が査定士の対応に満足している一括査定サービス
車の買取価格3.0
サービス利用者の7割が、平均で23.2万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数3.5
290社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

査定比較.comには、「車買取のノウハウ」や「高額売却のコツ」などのコンテンツがありません。

つまり、一括査定に特化したサイトなのです。

システムはシンプルで使いやすいと評判で、利用者の累計は200万人を突破しています。

査定比較.comは、後ほど紹介するズバット車買取比較.comと同じ「ウェブクルー」が運営しています。

提携業者は、JADRI加盟店を含む大手から、地域密着型の中小買取会社まで様々です。

査定士の対応の良さに満足している利用者が多いのも、サービスのポイントですね。

  • システムが分かりやすく、初心者でも簡単に利用できる
  • 提携業者には、JADRI加盟店も入っているので安心
  • 査定士の対応や査定額に満足しているユーザーが多い

査定比較.comはこちら

 

5位:ズバット車買取比較.com

75万台の取引データから相場を分析する一括査定サービス
車の買取価格3.0
利用者の7割が、下取りから平均23.2万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数3.5
290社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

ズバット車買取比較.comは、累計利用者数200万人超えの実績を持つ、一括査定サービスです。

運営会社は「ウェブクルー」です。

同じ運営会社の査定比較.comと違い、「車買取の基本」や「高額売却のコツ」など、参考になるコンテンツが満載です。

さらに、
「サービスの利用方法が分からない」
「買取業者からの営業電話を止めてほしい」
といった、疑問や要望に応えてくれるカスタマーサポートもあります。

ズバット車買取比較.comなら、数か月先の買取相場(概算)も分かるため、売却のタイミングを判断しやすいのもポイントです。

  • 申し込み前に平均査定相場が分かる
  • 査定時だけでなく、6か月後の買取相場も分かる
  • 電話サポートがあるので、初心者でも安心

ズバット車買取比較.comはこちら

 

6位:楽天Carサービス

楽天スーパーポイントがもらえる一括査定サービス
車の買取価格3.0
下取りより査定額がアップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード5.0
申し込みから最短で数分後に連絡がくる
提携査定会社数2.0
100社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

楽天Carの一括査定サービスは、楽天Carオークションと同じ、「楽天株式会社」が運営する一括査定サービスです。

サービスは無料で利用でき、100社以上の業者の中から最大10社に同時査定してもらえます。

提携業者には、JADRI加盟店や大手買取店も多く含まれるので、トラブルのリスクも少ないです。

  • 完全無料でサービスを利用できる
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 上場企業の楽天が運営するサービスで信頼度が高い

楽天Carサービスはこちら

 

7位:一括査定.com

日本自動車流通研究会(JADRI)が運営する安心の一括査定サービス
車の買取価格4.0
各買取社が高額査定を出してくれる
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード3.5
申し込み後48時間以内に査定結果がわかる
提携査定会社数3.0
200社以上
最大査定数3.5
最大8社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメール連絡がくる

一括査定.comは、株式会社メディア4uが運営する車一括査定サイトです。

安心して利用できる車査定サイトであるために、「一般社団法人 日本自動車購入協会(通称:JPUC)」と提携。

実際の車買取現場で発生するトラブル等の監視に努めています。

万が一トラブルが発生した時も、JPUC車売却消費者相談室が対応してくれ、サポート体制も充実しています。

それもあり、一括査定.comは利用者累計数400万人超え&年間5,000台の実績を誇ります。

公式サイトでは、車種やグレードごとの査定相場の情報も公開しているので、査定前に参考にするのもおすすめです。

  • 愛車の相場がすぐに分かる
  • 利用実績も多く、信頼性が高い
  • トラブルにはJPUC(日本自動車購入協会)が対応してくれる

一括査定.comはこちら

 

番外編:電話がわずらわしいなら「グーネット買取」がおすすめ

グーネット買取

ネット完結なので、車一括査定サービスと違って
電話が大量にかかってくるマイナス点なし!
車の買取価格4.0
各買取社が高額査定を出してくれる
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード3.5
申し込み後48時間以内に査定結果がわかる
提携査定会社数3.0
376社以上
最大査定数3.5
最大1社
メールのみの連絡5.0
面倒な電話がかかってこない、すべてネットのみで完結できるサービス

グーネット買取は、車の情報を入力するだけで、愛車の買取価格の相場を把握できる査定サイトです。

ネットだけで、買取業者の選定から査定依頼まで完結できるのが特徴です。

そのため、一括査定サービスにありがちな、「電話がたくさんかかってきて大変…」ということがありません。

運営会社は、一部上場企業のプロトコーポレーションなので安心です。

プロトコーポレーションは、大手ウェブサービス「goo」を運営しており、300万人以上の利用者がいます。

ディーラーの下取りよりも、「数十万円も高く買い取ってもらえた」という実績もあり、多くの人から利用されています。

  • 愛車の相場がすぐに分かる
  • めんどうな電話がかかってこない
  • 大手の会社が運営している安心感

グーネット買取はこちら

 

1番おすすめの車一括見積もりサービスはどこ?

おすすめの無料一括査定サービスは、ランキング1位の「カーセンサー.net」です。

査定の申し込み手続きも簡単なので、初めて一括査定サービスを利用する人でも安心

なんと最大30社の同時査定が可能なので、高額買取の期待大です。

提携業者は大手からローカル企業まで幅広く、近場の買取店が見つかりやすいのも魅力です。

また、提携業者にはJADRI加盟の優良買取店も含まれるため、トラブルのリスクも少なく、安心して査定を依頼できます。

メールのみでの取引も希望できるので、他の車査定サイトよりも、初めての利用でもハードルが低いことが特徴です。

運営しているのは、上場企業のリクルートなので、安心して利用することができます。

公式サイトには、査定依頼が多い車の月・週・日別ランキングに加え、査定の基礎知識や高額査定のテクニックなど、参考になる情報も掲載されています。

ランキング1位
カーセンサーはこちら

もくじに戻る▲

ポルシェの購入資金作りに最適!無料一括査定を利用するメリット

ポルシェの購入資金作りに最適!無料一括査定を利用するメリット

ポルシェの購入資金作りに最適な、無料一括査定を利用するメリットを紹介します。

出張査定の時間がスピーディー(15分~1時間程度)

メリットの一つ目は、査定の時間が早い点です。

出張査定で気になるのは、実際の査定にかかる時間です。

実車の状態をチェックするので時間はそれなりにかかりますが、査定にかかる時間は早くて15分、遅くても1時間と考えれば間違いありません。

全国に出張し、手数料も不要

メリットの二つ目は、全国に出張してくれて料金も無料という点です。

地方に住んでいても、全国各地に各会社の支店があるので、即出張できるのも無料一括査定の魅力。

”無料”なので、申し込みから査定まで全て手数料などの費用はかかりません。

買い取り業者は、申し込んだ人から車を買い取り、その車を中古車として違う販路で商売をしています。

よって、車を売る側は手数料などを負担しなくても、双方ウィンウィンな取引ができるわけなのです。

一度の情報入力で複数の見積もりが手に入り、手間が省ける

メリットの三つ目は、手続きが簡単な点です。

無料一括査定はたった一度だけ愛車の情報を入力するだけでたくさんの買取専門店から概算見積もりが届きます。

手間を省くことだけがメリットではなく、さらに買い取り価格を競合させることもできます。

「Aという会社で60万円で買い取ってくれるので…」と言えば、「じゃあうちは80万円でいかがですか?」と切り出してくれたりします。

これがいわゆる価格競合であり、一括査定においては売る側の方が有利なのです。

その中で最高額を提示した車買取店に出張査定を依頼して、さらに高値を付けてもらいましょう。

このように所有している車を高く売れれば、ポルシェを新車購入する資金に充てられますよね。

愛車を高く売って
ポルシェの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ポルシェの購入資金をゲット!愛車売却の流れ・必要なもの

ポルシェの購入資金をゲット!愛車売却の流れ・必要なもの

ポルシェの購入資金を増やすために、一括査定の申し込みから愛車売却までの流れ・必要なものを紹介します。

難しい話ではなく「一括査定(1~5分程度)」⇒「本査定」⇒「売買契約書をかわす」⇒「車の引取、入金」です。

買い取りまでの流れ

まずは買い取りの流れを、それぞれ具体的に説明します。

前提として、一括査定から終始無料で利用できます。

一括査定

まずは無料の一括査定サービス売りたい車の情報を入力します。

今所有している車の車種・グレード・年式・修復歴などを申し込み欄に入力します。

入力時間は1~3分程度、簡単に終わります。

申し込み送信が終わると、おおよその査定額が即座に分かります。

現在のシステムであれば、本査定の金額にかなり近い金額が提示されます。

この金額をベースにして、より高く買ってくれる会社に売却する方針を決めましょう。

本査定

一括査定申し込み後に本査定です。

ここのフェーズで出張査定となり、売却前に所有している車を見てもらう必要があります。

出張査定なので自宅でしなくてはいけない…という縛りはなく、指定する場所で査定してもらえるのも融通がききます。

本査定には数時間ほど要し、最終的に査定額を伝えてくれます。

本査定において高値になるポイントは、車体の状態以外にも付属品や加飾、保証なども加点されます。

この時に査定額が気に入らない場合は、お断りしてください。

ただ希望買取価格となるのであれば、一度保留する旨を伝えるのもOKです。

複数の会社に本査定してもらい、後から売却する会社を決める方が、ポルシェを購入する資金を増やせるからです。

売買契約書をかわす

最後に最高売却額を提示してくれる会社と売買契約書をかわします。

契約において数十万円~数百円単位の取引となるので、焦らず慎重に契約を確認しましょう。

一括査定の取引における重要なポイントは『入金日・入金方法・代車手配・車の回収日』です。

これらは事前に確認しておくことです。

また、契約に関して意義がある際は、売買契約書にサインする前に質問してください。

サインした後だと契約が完了したことになり、後からいちゃもんをつけても違約となる恐れがあるので要注意です。

車の引取、入金

契約後は車の引取り日・入金日を待ちます。

当日までに引き渡す必要のあるものをそろえておきましょう。

そして最も重要なのが、入金が行われているか確認することです。

現在であれば銀行振込が一般的であると思うので、即チェックしましょう。

引き渡しから3~4営業日以内に入金となるのが一般的です。

必要なもの(必要書類一覧)

ここでは、車両の売却の際に必要なもの(必要書類一覧)をご紹介します。

普通車と軽自動車では、必要書類が少し異なります。

普通車の場合

用意しておくもの備考
自動車検査証
自賠責保険証明書
自動車リサイクル券リサイクル料金を買取業者から返金してもらえる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
自動車納税証明書その年の4~5月に支払ったもの。売却後に月割りで還付を受けられる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
振込口座情報通帳など。
印鑑登録証明書発行から1~3ヶ月以内のもの。※買取業者により異なる
実印印鑑登録済の実印。
譲渡証明書※買取業者が用意
委任状※買取業者が用意
メンテナンスノート(任意)メーカー保証書と点検整備記録簿がセットになったもの。

軽自動車の場合

用意しておくもの備考
自動車検査証
自賠責保険証明書
自動車リサイクル券リサイクル料金を買取業者から返金してもらえる。
※買取業者が用意
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
軽自動車納税証明書その年の4~5月に支払ったもの。売却後に還付を受けられる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
振込口座情報通帳など。
認印軽自動車は認印でOK
自動車検査証記入申請書運輸支局窓口、国土交通省ホームページにあり。
買取業者の店舗においていることも。
メンテナンスノート(任意)メーカー保証書と点検整備記録簿がセットになったもの

「納税証明書」は毎年税金を支払うと交付されますが、紛失している人も多いので、事前に確認が必要です。

車の売却前までには、必要な書類はすべて準備しておくようにしましょう。

愛車を高く売って
ポルシェの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

車を売る前にやっておくこと(車査定で高く売る2つのコツ)

車を売る前にやっておくこと(車査定で高く売る2つのコツ)

ポルシェの購入資金を増やすため、車を売る前にやっておきたい2つのコツをご紹介します。

このコツを知り実行・把握しておくことが、最終的な高額売却に繋がります。

査定額を上げるために、傷の補修は不要、売る前に簡単に洗車するだけ

本査定において、買取業者は車の状態を見るわけですが、傷の修理は不要です。

なぜなら修理代金が売却価格に貢献しないからです。

簡単にいうと、修理代3万円かかったとしても、査定において3万円分のマイナスにはなりえないからです。

「傷の種類にもよるんじゃない?」と思うかもしれませんが、正直車のどの部位を修理するにしても、修理しない方が得であることが多いです。

よって売却前に洗車する程度で問題ありません。

車内の掃除を忘れず、タバコやペット、食べ物の臭いも残さない

洗車に関連するのが、車内の掃除です。

タバコやペット、食べ物などの臭いは本査定に影響してくるポイントの一つです。

修理とは違い、これらの査定までの対策は費用が大きくかかりません。

車内の掃除は費用がかかりませんし、消臭のために数千円ほどで消臭グッズを予め用意しておけばOK。

本査定までの間にできるだけ臭いを抑えて、清潔感を保つことがコスパのいい高額売却のための工夫なのです。

愛車を高く売って
ポルシェの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ポルシェの値引きの注意点

ポルシェの値引きの注意点

ここでは、新車のポルシェの値引き交渉の注意点を紹介します。

値引きに大切な注意点ばかりなので、事前知識として頭に入れておきましょう。

ポルシェに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない

ポルシェに限らず購入時期による値引き価格の差は少ないので、購入時期について気にする必要はありません。

というのも、購入者が所有している車を下取りに出す場合、”差分を計算して大幅に値引きしているように細工する”ことが普通です。

例えば、新車本体の値引き金額を10万円上乗せしても、下取り金額を10万円引き下げているのです。

できるセールスマンの間では常識であり、よくあるのが「今回は特別に…さらに〇十万円をまけさせて頂きます。」と言いながら、下取り価格を安値に設定するのです。

こういった形で購入の値引きに応じたように見せかけるのが、ディーラー側の立場です。

ですから、ディーラーに下取りに出すよりも、別口に買取業者へ申し込むのが賢明だと言えるのです。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれるケースが多い!

ディーラーは競合がいないという理由から査定が安いです。

また、金額を提示されてもそれが妥当かどうかもその場で判断するのが難しいです。

ディーラーで下取りをするのはほぼデメリットしかないといってもいいでしょう。

悪徳な業者に引っかかるとどうなるの?

悪質な業者というのは一定数存在しています。

よって、特定の業者だけに査定してもらう場合はリスクが伴います。

とくに実態の分からない業者や、個人で営業している買取専門業者の場合、以下のようなリスクが想定できます。

  • 相場より安い買取価格の提示
  • 申し込んだら絶対売らないといけないと押しつける
  • 何度もしつこいセールスをかけてくる
  • 無料査定と言いながら別途料金を要求

悪徳な業者に引っかからないためには?

悪徳業者に引っかからないための対策として、最も簡単で効果のあるものは一括査定です。

なぜなら、一括査定サービスと提携している買取店は厳格な審査を受けていて、公的な査定の資格を持っている業者ばかりだからです。

きちんと精査された業者しか一括査定サービスに登録できないため、一括査定利用者のクチコミや評価も高く、被害にあう事例が見受けられません。

なおかつ、万が一イヤな業者に査定された場合でも、一括査定の問い合わせ・サポートに連絡することで、具体的な相談にものってくれます。

悪質な業者に引っかからないためには、一括査定を使うのが現状一番お得&安全なのです。

下取りではなく買取業者の一括査定を利用(新車のポルシェの大幅値引きと同じ効果!)

最後の注意点ですが、ディーラーでの下取りではなく、買取業者の一括査定を利用しましょう。

一括査定サービスと提携している買取専門店は優良な会社ばかりなので、ディーラーの下取よりも有利な価格で買い取ってくれます。

口コミを見ていると、「ディーラーの査定額の倍になった!」という声がよく見られます。

こうした差額をそのままポルシェの購入費用に回せるのです。

ディーラーで下取りをするにしても、一括査定サービスを使ってあらかじめ買取価格の相場を知っておくと、ディーラーの下取り価格をアップする交渉材料にも使えます。

複数の買取専門店の買取金額を比較できるので、結果的に一番高く買い取ってくれるお店に売ることができて大変便利です。

愛車を高く売って
ポルシェの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ポルシェとは(特徴・どんな車)

ポルシェとは(特徴・どんな車)

ポルシェについて、特徴や実燃費、納期やグレードなどについて詳しく説明します。

高級車として格のあるメーカーであり、歴史もある車となっているので、すでに知っている人も今一度チェックしてみてください。

ポルシェとは?特徴・どんな車?

ポルシェとはドイツの高級車メーカーで、正式名称は『Dr.Ing.h.c.F.Porsche AG』と言います。

日本語でいうと「F(フェルディナント)・ポルシェ名誉工学博士株式会社」となり、“Dr.Ing.h.c.” という創業者の肩書も含まれています。

何と言ってもポルシェはロゴが特徴的で、シュトゥットガルト市の紋章である跳ね馬が中央に位置しています。

左上と右下にあるまつ毛のような模様は、バーデン=ヴュルテンベルク州の紋章に描かれた鹿の角。

そして右上と左下の赤いシマシマ模様は、赤色=知を表し、金色=豊穣を表す麦の色を表しているのです。

つまりドイツの歴史と格を表しているのです。

現行車種はもちろん、昔からスポーツカーや馬力が高いラグジュアルな車として販売されています。

なんせポルシェの新車価格はゆうに1,000万円を超え、オプション・グレードによっては4,000万円近くするものもザラにあるのです。

ポルシェの実燃費は?

そんなポルシェですが、もちろん車種によって実燃費も前後します。

具体的な実燃費の参考値を以下の表にまとめています。

ポルシェ 718ケイマン

走行シーン燃費
高速道路中心10~13km/L
郊外・幹線道路6~9km/L
市街地5~8km/L

※4WD車では1~2割減

ポルシェ 718スパイダー

走行シーン燃費
高速道路中心8~10km/L
郊外・幹線道路5~8km/L
市街地4~5km/L

※4WD車では1~2割減

ポルシェ 718ボクスター

走行シーン燃費
高速道路中心12~13km/L
郊外・幹線道路6~8km/L
市街地6~8km/L

※4WD車では1~2割減

ポルシェ911

走行シーン燃費
高速道路中心8~10km/L
郊外・幹線道路6~8km/L
市街地6~10km/L

※4WD車では1~2割減

ポルシェタイカン

走行シーン燃費
高速道路中心7~10km/L
郊外・幹線道路5~7km/L
市街地5~7km/L

※4WD車では1~2割減

ポルシェパナメーラ

走行シーン燃費
高速道路中心10~12km/L
郊外・幹線道路6~10km/L
市街地5~8km/L

※4WD車では1~2割減
※ハイブリッド車では1~2割増

ポルシェマカン

走行シーン燃費
高速道路中心10~11km/L
郊外・幹線道路5~7km/L
市街地5~7km/L

※4WD車では1~2割減

ポルシェカイエン

走行シーン燃費
高速道路中心10~11km/L
郊外・幹線道路5~7km/L
市街地5~6km/L

※4WD車では1~2割減
※ハイブリッド車では1~2割増

そもそもポルシェは「燃費を気にする車ではない」という声が多いです。

ハイブリッド車に関しては、表記している数値よりも多少燃費がよく、「魔法のじゅうたんのような乗り心地である」というコメントもあります。

新車のポルシェの納期は?

新車のポルシェの納期は「6ヶ月~12ヶ月」と比較的長めになります。

ポルシェ自体スーツのオーダーメイドのように、1回の注文で1台を精密に造り始めるため、多少時間がかかることになります。

ポルシェのグレードの違い、おすすめのグレードは?

次にポルシェのグレードの違いと、おすすめのグレードを紹介します。

ポルシェ各車種のグレードには、それぞれ「ベースグレード」「T」「S」「GTS」「Cabriolet」がラインナップ。

車種によっては「4」「4 Cabriolet」「S Cabriolet」「GT」「GTS Cabriolet」「GT3」「Cross Turismo」、そしてハイブリッド車の「E-Hybrid」が存在しています。

これらグレードの違いが以下になります。

  • 「ベースグレード」:スタンダードなグレード
  • 「T」:ツーリングのTであり、他モデルよりも軽量化されている
  • 「S」:出力などのパワーがベースグレードより大きいスポーツグレード
  • 「GTS」:4.0リッター6気筒自然吸気エンジンのパワフルグレード
  • 「4」:4WD=4輪駆動グレード
  • 「Cabriolet」:折り畳み式=Cabrioletであるオープンカーグレード
  • 「GT3」:6速GTスポーツマニュアルトランスミッション車
  • 「Cross Turismo」:4名の乗員に快適性と利便性を追求した広い室内
  • 「Executive」:高級感をもたせる外装や広い車内の実現のためのゆとりあるリアシート
  • 「E-Hybrid」:ハイブリッド車

おおむねグレードの違いはこのようになっており、さらに細分化するとエアロ・エンジン・車内車外装飾が違ってきます。

ただベースグレードだけでも、さすがポルシェと言わんばかりの超高品質。

グレード選びに迷う方へおすすめのグレードが何か、お伝えしますと…

  • 走りを求めるなら絶対『GTS』
  • 高級車として魅せの走りを楽しむなら『E-Hybrid』(車種による)

です。

車種はSUVだったりセダンなどがありますが、グレード選びに迷ったら、「おしとやかに走るのか?」「ガッツリスポーツカーとして走るのか?」に振り切って考えてみてください。

高級外車であるポルシェを購入するに当たり、やはりお金持ちであるステータスになるわけです。

細かな違い以前に、何を求めてポルシェを買いたいと思ったのか?今一度思い出し、振り切って考えてみてください!

ポルシェのカラーバリエーションは?

ポルシェは各車種ごとで数十色のカラーバリエーションがあります。

さらにカスタムカラーという100万円超えのオプションも存在しており、色の組み合わせが大幅に広がるのです。

各車種ごとにカラーバリエーションの数を紹介します。

「ポルシェ 718」カラーバリエーション

  • 「718 ケイマン」=スタンダード:4色+メタリック:9色+スペシャル:5色=18色
  • 「718 ケイマン T」=スタンダード:4色+メタリック:4色+スペシャル:3色=11色
  • 「718 ケイマン S」=スタンダード:4色+メタリック:9色+スペシャル:5色=18色
  • 「718 ケイマン GTS 4.0」=スタンダード:4色+メタリック:9色+スペシャル:5色=18色
  • 「718 ケイマン GT4」=スタンダード:4色+メタリック:4色+スペシャル:3色=11色
  • 「718 ボクスター」=スタンダード:4色+メタリック:9色+スペシャル:5色+ソフトトップ:4色=22色
  • 「718 ボクスター T」=スタンダード:4色+メタリック:4色+スペシャル:3色+ソフトトップ:4色=15色
  • 「718 ボクスター S」=スタンダード:4色+メタリック:9色+スペシャル:5色+ソフトトップ:4色=22色
  • 「718 ボクスター GTS 4.0」=スタンダード:4色+メタリック:9色+スペシャル:5色+ソフトトップ:4色=22色
  • 「718 ボクスター 25 イヤーズ」=メタリック:3色+ソフトトップ:2色=5色
  • 「718 スパイダー」=スタンダード:4色+メタリック:4色+スペシャル:3色+ソフトトップ:2色=13色

「ポルシェ 911」カラーバリエーション

  • 「911 カレラ」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色=17色
  • 「911 カレラ Cabriolet」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色+ソフトトップ:5色=22色
  • 「911 カレラ 4」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色=17色
  • 「911 カレラ 4 Cabriolet」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色+ソフトトップ:5色=22色
  • 「911 カレラ S」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色=17色
  • 「911 カレラ S Cabriolet」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色+ソフトトップ:5色=22色
  • 「911 カレラ 4S」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色=17色
  • 「911 カレラ 4S Cabriolet」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色+ソフトトップ:5色=22色
  • 「911 カレラ GTS」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色=17色
  • 「911 カレラ GTS Cabriolet」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色+ソフトトップ:5色=22色
  • 「911 カレラ 4 GTS」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色=17色
  • 「911 カレラ 4 GTS Cabriolet」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色+ソフトトップ:5色=22色
  • 「911 タルガ 4」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色+ソフトトップ:4色=21色
  • 「911 タルガ 4S」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色+ソフトトップ:4色=21色
  • 「911 タルガ 4S」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色+ソフトトップ:4色=21色
  • 「911 タルガ 4 GTS」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色+ソフトトップ:4色=21色
  • 「911 ターボ」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色=17色
  • 「911 ターボ Cabriolet」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色+ソフトトップ:5色=22色
  • 「911 ターボ S」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色=17色
  • 「911 ターボ S Cabriolet」=スタンダード:4色+メタリック:8色+スペシャル:5色+ソフトトップ:5色=22色
  • 「911 GT3」=スタンダード:4色+メタリック:6色+スペシャル:4色=14色
  • 「911 GT3 with Touring Package」=スタンダード:4色+メタリック:6色+スペシャル:4色=14色

「ポルシェ タイカン」カラーバリエーション

  • 「タイカン」=スタンダード:2色+メタリック:11色+スペシャル:4色=17色
  • 「タイカン Cross Turismo」=スタンダード:2色+メタリック:11色+スペシャル:4色=17色
  • 「タイカン 4S」=スタンダード:2色+メタリック:11色+スペシャル:4色=17色
  • 「タイカン 4S Cross Turismo」=スタンダード:2色+メタリック:11色+スペシャル:4色=17色
  • 「タイカン ターボ」=スタンダード:2色+メタリック:11色+スペシャル:4色=17色
  • 「タイカン ターボ Cross Turismo」=スタンダード:2色+メタリック:11色+スペシャル:4色=17色
  • 「タイカン ターボ S」=スタンダード:2色+メタリック:11色+スペシャル:4色=17色

「ポルシェ パナメーラ」カラーバリエーション

  • 「パナメーラ」=スタンダード:2色+メタリック:9色+スペシャル:4色=15色
  • 「パナメーラ 4」=スタンダード:2色+メタリック:9色+スペシャル:4色=15色
  • 「パナメーラ Executive」=スタンダード:2色+メタリック:9色+スペシャル:4色=15色
  • 「パナメーラ 4 Sport Turismo」=スタンダード:2色+メタリック:9色+スペシャル:4色=15色
  • 「パナメーラ 4 E-Hybrid」=スタンダード:2色+メタリック:8色+スペシャル:5色=15色
  • 「パナメーラ 4 E-Hybrid Sport Turismo」=スタンダード:2色+メタリック:8色+スペシャル:5色=15色
  • 「パナメーラ 4S E-Hybrid」=スタンダード:2色+メタリック:8色+スペシャル:5色=15色
  • 「パナメーラ GTS」=スタンダード:2色+メタリック:9色+スペシャル:4色=15色
  • 「パナメーラ GTS Sport Turismo」=スタンダード:2色+メタリック:9色+スペシャル:4色=15色
  • 「パナメーラ ターボ S」=スタンダード:2色+メタリック:9色+スペシャル:4色=15色
  • 「パナメーラ ターボ S E-Hybrid」=スタンダード:2色+メタリック:8色+スペシャル:5色=15色

「ポルシェ マカン」カラーバリエーション

  • 「マカン」=スタンダード:2色+メタリック:8色+スペシャル:3色=13色
  • 「マカン S」=スタンダード:2色+メタリック:8色+スペシャル:3色=13色
  • 「マカン GTS」=スタンダード:2色+メタリック:8色+スペシャル:3色=13色

「ポルシェ カイエン」カラーバリエーション

  • 「カイエン」=スタンダード:2色+メタリック:6色+スペシャル:3色=11色
  • 「カイエン クーペ」=スタンダード:2色+メタリック:6色+スペシャル:3色=11色
  • 「カイエン E-Hybrid」=スタンダード:2色+メタリック:6色+スペシャル:3色=11色
  • 「カイエン E-Hybrid クーペ」=スタンダード:2色+メタリック:6色+スペシャル:3色=11色
  • 「カイエン S」=スタンダード:2色+メタリック:6色+スペシャル:3色=11色
  • 「カイエン S クーペ」=スタンダード:2色+メタリック:6色+スペシャル:3色=11色
  • 「カイエン GTS」=スタンダード:2色+メタリック:6色+スペシャル:3色=11色
  • 「カイエン GTS クーペ」=スタンダード:2色+メタリック:6色+スペシャル:3色=11色
  • 「カイエン ターボ」=スタンダード:2色+メタリック:6色+スペシャル:3色=11色
  • 「カイエン ターボ クーペ」=スタンダード:2色+メタリック:6色+スペシャル:3色=11色
  • 「カイエン ターボ S E-Hybrid」=スタンダード:2色+メタリック:6色+スペシャル:3色=11色
  • 「カイエン ターボ S E-Hybrid クーペ」=スタンダード:2色+メタリック:6色+スペシャル:3色=11色
  • 「カイエン ターボ GT」=スタンダード:2色+メタリック:4色+スペシャル:2色=8色

ポルシェ各車種にはホワイトが存在しており、これが人気の高いカラーとなっています。

よってホワイト系のカラーがおすすめ!

人気なだけあって、売却する際の価格も他のカラーよりも高値になる傾向があるのも、おすすめする理由です。

ポルシェの安全装備・システムは?

新型ポルシェには、以下の安全装備・システムが搭載されています。

  • ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)
  • ESP(横滑り防止装置)
  • LDW(車線逸脱警報)
  • 自動防眩ルームミラーとヘッドランプ・レベライザー
  • デュアルクラッチ・トランスミッション
  • スタート/ストップ機能
  • 車間距離センサー
  • 緊急ブレーキアシストやオートマティック・パーキング・エイド

各安全装備は名の通りの機能があり、ベースグレードであっても必要以上の安全装備が搭載されています。

さらにポルシェでは自動運転技術にも力を注いでおり、今後も期待以上の機能が搭載されることが見込まれています。

ポルシェの新型は機械式の立体駐車場に入る?

ポルシェの車種、そして機械式立体駐車場の全体サイズによっても、入るか?どうか?の話は変わってきます。

参考として、ポルシェの中でも大きなモデルである「ポルシェ カイエン」の場合、以下のサイズになっています。

  • 全長:4,920mm
  • 全幅:2,194mm
  • 全高:1,695 mm
  • 許容総重量:2,830㎏

気になる立体駐車場と、購入予定のポルシェの車種を比較してみてください。

ポルシェのおすすめオプションは?

オプションを付ける以前から1,000万円はゆうに超えるのがポルシェ。

そんなポルシェゆえにオプションも豪華かつ”多くのオプション”があって、正直悩む人も多いと噂されています。

ポルシェの車体値下げは難しいながら、オプション値下げは許容されやすいです。

よって、おすすめのオプションをいくつか紹介します。

電動格納式ドアミラー

これは車種によって標準装備されているものもありますが、「ボクスタ GTS」のように、初めから搭載されていない場合はおすすめ!

ドアミラーを手で閉じる必要がなくなるため、どんな駐車場だとしても、わざわざ車を降りる必要がなくなります。

シートベンチレーション

シートヒーターと一緒につけたいのが、シートベンチレーションです。

何かといいますと、シートを冷やすオプションです。

シート背面から空気が送られるため、夏の暑い時期にはエアコンが効いてくる前から暑さをしのぐことができます。

自動防眩ミラー

後ろの車のライトが眩しい…という時に役立つオプションです。

自動で後方から照らされた際のライトを識別して、ミラーを若干暗くしてくれます。

安全装備の充実にはとことんオプションを加える方が身のためです。

オートエアコン

ポルシェのベースグレードなどでは搭載されていないのが、オートエアコン。

自動で室内温度を最適化してくれますが、搭載されていない車種は手動でエアコンの温度を調節します。

人によっては贅沢な機能かもしれませんが、急に体が冷えてきた…という前に調節してくれるので、身体の心配を見込むならおすすめのオプションです。

ポルシェのメリット・デメリット

ポルシェの所有・運転など、ポルシェにまつわることにおいてのメリット・デメリットを紹介します。

メリット

何と言っても「ポルシェ」というブランド・高級車に乗るということは、社会的に大きなステータスとなりえます。

それがたとえベースグレードであろうとも、周りの人から一目置かれるのは間違いありません。

今の時代、経済格差が日本国内でも目立ち始めるなか、ポルシェが嫌味に思える…というのは間違い。

日本国内におけるお金持ちは、納税負担額が大きいのですから、それなりの地位を表すポルシェを所有することは強い意味があります。

その他、乗り心地・運転性能・エンジンなどなど、販売台数の多い一般乗用車とは違う高品質さがあります。

このように、ポルシェに関するメリットなど、話せば日が暮れるほど多く存在してます。

デメリット

ではポルシェに関するデメリットとは何でしょうか?

ずばり経済面・所有リスクというところでしょう。

ポルシェを新車購入する場合、やはり高級車ゆえのお高い価格設定となっています。

また天災の多い日本においては、車を所有することがリスクです。

これはポルシェに限った話ではありませんが、高い車を所有することは、最悪の場合を考える必要があります。

地震・台風・津波など、不可抗力に見舞われても耐久してくれるガレージなどがあれば、大切なポルシェも守ることができます。

事前にデメリットを対策できるのであれば、ポルシェを所有するメリットの方が大きいと言えるのではないでしょうか。

愛車を高く売って
ポルシェの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ポルシェの購入資金をゲット!手持ちの廃車/事故車/不動車の売却におすすめの査定サービスは?

ポルシェの購入資金をゲット!手持ちの廃車/事故車/不動車の売却におすすめの査定サービスは?

ここからは、廃車/事故車/不動車の売却におすすめの査定サービスをご紹介します。

車は持っているけど、

「廃車だから…」
「事故車だから…」
「動かない車だから…」

なんて諦めていませんか?

実は、「廃車/事故車/不動車」を対象とした買取査定サービスがあるんです。

実際に査定してもらうと、予想以上の金額で買い取ってくれた事例もたくさんありますよ!

ここでは、おすすめの査定サービスをランキング形式でご紹介します。

それぞれに特徴があるので、自分に合ったサービスを選んでみてください。

おすすめの廃車OK査定サービスを比較!

(※横にスクロールできます→)

順位サービス名利用料入力の時間電話の多さその他(提携業者)
1位
カーネクスト
二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)サービス運営のため、
1,000社以上の自動車関連業者と提携
2位
廃車本舗
二重丸無料二重丸約10秒二重丸少ない(1社のみ)販路として海外輸出事業と連携
3位廃車ラボ二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)全国に協力会社や提携会社が多数
4位
廃車買取.com
二重丸無料二重丸約25秒二重丸少ない(1社のみ)販路として海外業者と提携
5位
ハイシャル
二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)販路や運営のため、
全国1,000社以上の専門業者と提携

(※横にスクロールできます→)

比較しても迷ってしまいますが、
1位のカーネクストは、
・買取価格が高い
・廃車手続きや引き取りの費用が無料
・コールセンターの評判が高い
などの理由から、おすすめ度1位となっています。
※迷ったら、複数のサービスに依頼してみるのもアリ!
※買取価格がさらに上がるかも!

ここからは、1つ1つのサービスを詳しく見ていきます。

1位:カーネクスト

どんな車も原則0円以上の値がつく!廃車買取サービス
車の買取価格5.0
どんな車でも0円以上で買い取ってもらえる
手間(電話査定可)4.5
専用フォームか電話で申し込み
対応スピード5.0
書類があれば契約にも即対応
提携査定会社数
※全国引取りを可能にするため、1,000社以上の業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、カーネクストと電話でやり取り

カーネクストは、他店で値段がつかない車も、原則0円以上で買い取ってくれる廃車買取サービスです。

査定依頼は24時間WEB受付中で、20秒の簡単入力で見積りを出してもらえます。

また、車の買取額とは別に、還付金が返ってくるのもポイントです。

面倒な廃車手続きや自動車税の還付手続きは、カーネクストの専門スタッフが無料で代行してくれます。

カーネクストは全国の専門業者と連携しているので、どこでも希望の場所まで車を引き取りに来てくれて、レッカー代も無料です。

サポートも充実しており、専門スタッフが年中無休で対応してくれますよ。

  • 原則0円以上の買取保証
  • 買取額の他に還付金も受け取れる
  • 廃車手続きでは、必要書類を揃えるだけでOK

カーネクストはこちら

 

2位:廃車本舗

リサイクル工場&海外への販売ルート保有で、高額買取が期待できる!
車の買取価格4.0
他社で0円査定だった車にも買値がつく
手間(電話査定可)4.5
専用フォームまたは電話で申し込み
対応スピード4.0
当日または翌日に査定金額を回答
提携査定会社数
※販路として海外輸出事業と連携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車本舗と電話でやり取り

廃車本舗は、事故車、不動車、ボロボロの車、エンジンがかからない車でも、高値で買い取ってくれる廃車買取サービスです。

高額買取が実現する理由は、
国内3ヵ所に自社のリサイクル工場があり、さらにアジア圏を中心に海外への販売ルートを持っているからです。

廃車本舗は自動車リサイクルシステム登録業者なので、適正な廃車処理を行ってくれ、非常に信頼できます。

査定依頼は専用フォームから簡単にでき、情報入力も10秒ほどで済みます。

廃車手続きの代行や車の引取り(レッカー代含む)も、すべて無料。

専門のスタッフが一貫してサポートしてくれるので、初心者でも安心ですよ。

  • 自社の解体工場と海外への販路があるため、高価買取が実現
  • 面倒で複雑な廃車手続きも無料で代行
  • 自動車リサイクルシステム登録業者&手厚いサポートで安心

廃車本舗はこちら

 

3位:廃車ラボ

買取と廃車の2通りから査定してくれる!
車の買取価格3.5
どんな車も引き取ってくれる
手間(電話査定可)4.0
メール・電話・FAXでの問い合わせ
対応スピード3.0
引取りは連絡から3営業日以降
提携査定会社数-(非公開)
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開))
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車ラボと電話でやり取り

廃車ラボは、放置車・不動車・カギなし車・事故車といった、どんな車も引き取ってくれる廃車買取サービスです。

そして、買取と廃車の2通りから査定を行い、より高値で売れるほうを提案してくれるのが特徴です。

ちなみに、
買取は車両の価値から算出し、
廃車は車両(鉄や部品)と還付金(重量税・自賠責保険・自動車税)の価値から算出します。

サービスは完全無料で利用でき、査定依頼はメールまたは電話から、24時間・年中無休で受け付けています。

廃車手続きは、書類の準備と当日の立会いだけでOKです。

公式サイトには、廃車に関する豆知識がたくさん載っており、とても参考になりますよ。

  • 廃車と買取の2通りから査定
  • 廃車手続きは、必要書類の準備と当日立会いだけ
  • サイトには廃車のノウハウが満載

廃車ラボはこちら

 

4位:廃車買取.com

事故車や故障車など、多くの買取実績あり!
車の買取価格3.0
0円以上保証で、高値がつく場合も
手間(電話査定可)4.5
専用フォームから申込み
対応スピード4.0
最短で翌日引き取り
提携査定会社数
※販路として海外業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車買取.comと電話でやり取り

廃車買取.comなら、20年前の車や車検切れの車でも高値がつく場合があり、還付金も返ってきます。

古い車を高値で買い取ってくれる理由は、
全国50箇所に自社の廃車工場があり、海外の業者にパーツやメタル資源として販売しているからです。

廃車買取.comなら、廃車に出すか決まっていなくても、査定だけお願いできます。

公的な資格を持つ査定士が車の価値をしっかり見極め、適正価格を出してくれるのもポイントです。

全国への出張引取り手数料・不動車や事故車のレッカー代・解体費・手続き代行費などは、全て無料です。

さらに、当日の立ち会いができなくても引き取り可能なので、忙しい人でも利用しやすいですね。

  • 低年式や多走行の車、事故車や故障車など、高額買取実績あり
  • 廃車が決まっていなくても、査定依頼してOK
  • 当日立ち会いができなくても、引き取り可能

廃車買取.comはこちら

 

5位:ハイシャル

査定のみOK&無理な営業電話なしの廃車買取サービス!
車の買取価格4.0
どんな車も0円以上で買取保証
手間(電話査定可)4.5
専用フォーム・電話・LINEで申込み
対応スピード4.0
最短で翌日の引き取り
提携査定会社数
販路や運営のため、全国1,000社以上の専門業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
電話またはメールで、ハイシャルとやり取り

ハイシャルは、女性や年配の人でも安心して利用できる、廃車買取サービスです。

2019年の相談実績は65,000件を突破しました。

分かりやすいシステムと専門スタッフによる年中無休のサポートが、ハイシャルの特徴です。

1,000社以上の専門業者と提携することで、サービスの全国展開を可能にしています。

エリアや車両状況によっては、午前中の依頼で当日に引き取ってもらえる場合もあります。

ハイシャルは、国内での再販・輸出・マテリアルとしての再利用など、様々な販路を持っているため、どんな車も0円以上の買値がつくのです。

それから、廃車手続きも無料で代行してくれて、還付金も受け取れますよ。

  • 廃車買取に詳しくない人でも、分かりやすいシステム
  • 査定のみOKで、無理な営業電話なし
  • LINEでの査定申込みや相談も可能

ハイシャルはこちら

 

1番おすすめの廃車OKの査定サービスはどこ?

おすすめの廃車OKの査定サービスは、ランキング1位の「カーネクスト」です。

カーネクストは、業界でもトップクラスの廃車買取価格を実現しています。

廃車に高値がつく理由は、海外に独自の販路を持っており、そこに輸出やパーツ資源を販売しているからです。

15年以上前の車・15万Km以上走行の車・車検切れの車・故障車・事故車・不動車などの買い取り実績も多く、安心して査定を任せられますよ。

カーネクストは、専門スタッフが利用者一人一人を最後までしっかりサポートしてくれるため、廃車買取が初めての人でも利用しやすいです。

「売れないだろう」と諦めていた車に、思わぬ買取価格がつくケースもあります。

古い車の処分に困ったら、カーネクストに査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

ランキング1位
カーネクストはこちら

もくじに戻る▲

ポルシェの値引きでよくある質問と回答

ポルシェの値引きでよくある質問と回答

続いて、ポルシェの値引きでよくある質問と回答について紹介します。

Q1.ポルシェの値引き価格は、決算期等・購入時期によって変わる?

ポルシェは、決算期・購入時期によって値引き価格が変わることは基本ありません。

これは先ほど伝えたように、ディーラー側は下取り額で旨いこと言ったり、差分を考えたうえで値引き交渉に応じます。

【例:時期による見積書の違い】

通常期の見積書値引き40万 下取り車70万
決算期等・繁盛期の見積書値引き80万 下取り車30万

このように、支払いの総額は結局同じなのです。

さらにポルシェ自体、車両本体価格を値引きすることを基本しないメーカーなので、そもそも値引き交渉が難しいです。

ただし、オプション値引きは期待できますし、記事冒頭で紹介した交渉術「値引き額に幅を利かせて交渉する」ことをすれば、期待以上に値引きしてくれる可能性はあります。

ここで推奨するのが無料の一括査定です。

一括査定を使って、一番高い査定額の会社に車を売り、ポルシェ購入資金に充てましょう。

Q2.車を売るか分からなくても、ネット査定できる?

車を売るか分からなくても、ネット査定できます。

一括査定の後は複数の会社に本査定をしてもらう訳ですが、その都度「他の会社の買取価格もききたい」という旨を伝えればOK。

わざわざ各業者に対して、車を売るか迷っている、というのを自分から伝える必要はありません。

Q3.故障車や改造車も買い取ってもらえる?

廃車専門の買取業者に申し込むことで、故障車を買い取ってもらえます。

一括査定では難しい車は、廃車専門の査定サービスで査定してもらうのがおすすめです。

その他、改造車でも一括査定で買い取ってもらえます。

車がどんなにギラギラしていたり、車検に出せない風貌だとしても、走れれば車は車。

価値はあるので、どんな車であっても査定するところがはじめの一歩なのです。

愛車を高く売って
ポルシェの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

まとめ(ポルシェの値引き)

まとめ(ポルシェの値引き)

最後に、ポルシェの値引きについてまとめます。

ポルシェの値引き額は「車両本体価格の約10%」で、他の車種と比べて平均的な数字です。

しかし、値引き額をこれ以上増やすとなると、メーカーの利益が少なくなるため、限界があります。

そのため、値引き交渉を頑張るだけでなく、
現在乗っている車をより高く売ることをおすすめします。

実は、査定する買取店によって、現在乗っている車の買取価格は大きく変わります。

(以下、イメージです)

買取業者買取価格
買取業者Aバツ30万円
買取業者B二重丸
60万円
買取業者Cバツ45万円
ディーラー下取りバツ15万円

このように、
値引き額は数万円の差しかありませんが、
買取価格は数十万円の差が生まれます!

この中から最も高い査定額を提示した買取店に売却しましょう。

すると、差額の数十万円も得して、ポルシェの購入に回せる可能性があるのです。

ただし、買取店を1店1店巡り、買取価格を聞いて回るのは非常に大変です。

そこでおすすめなのが一括査定サイトです。

一括査定サイトなら、
たった一度の入力で、複数の買取店から見積額が届きます。

その中で、最も高い査定額を提示した業者に売却すれば、より割安でポルシェに乗り換えることが可能になります。

無料一括査定サイトの使い方はとても簡単なので、ポルシェに乗り換える予定の人はぜひ利用してみてください。

愛車を高く売って
ポルシェの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

「新車が欲しい…」
「購入資金がない…」
それなら一括査定で最高額のお店に売れば、愛車の買取額を大幅UP!
たったの数分でOK!一括査定はこちら(無料)
「新車が欲しい…」
「購入資金がない…」
それなら一括査定で最高額のお店に売れば、愛車の買取額を大幅UP!
たったの数分でOK!一括査定はこちら(無料)
タイトルとURLをコピーしました