【日産ノート】値引き額はいくら?初心者必見の交渉術!相場表と限界価格をレポート!

【日産ノート】値引き額はいくら?初心者必見の交渉術!相場表と限界価格をレポート!

この記事では、ノートを値引きしてお得に購入するコツを解説します。

日産の売れ筋コンパクトカーと言えば、ノートが有名ですようね。

先進安全装備に、e-powerの燃費はとても魅力的です!

このノート、とても素晴らしい車ですが、唯一の欠点があります。

それは、値段が高いこと。

ディーラーに行って、見積もりを出してもらってガッカリした経験があると思います。

もし購入資金が足りないからといって、グレードを下げたり、大きなローンを組むのを避けたいです。

そこでノートの値引きに関して、以下をまとめました。

・ノートの値引き額の相場
・ノートの値引きテクニック
・ノートの購入資金を作る方法【おすすめ】

特に、誰でもカンタンに大幅値引きを狙える交渉術を紹介します。

さらに値引き交渉をする上で、気を付けるべき注意点も書いています。

ただし、いくら値引きに成功しても、
手元に資金がなければ、ノートを買うことはできません!
購入資金が足りないからといって、大きなローンを組むのも、少し気が引けてしまいます。

そこで、もし今乗っている車があるなら、それを高く売るのがおすすめです。

無料のネット一括査定サービスを使えば、
「買取価格が数十万円アップした」なんて事例も♪

予想より大きな資金が入ってくるので、
「ノートが欲しい!」
「でも手元には資金があまりない…」
という方には、特におすすめです♪

・値引き額のアップ
・下取り価格のアップ
両方をうまく活用して、ノートを賢くゲットしてくださいね。

愛車を高く売って
ノートの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

 

愛車を高く売って
ノートの購入資金に!
おすすめ一括査定はこちら

ノートの値引き額の価格相場表【2021年10月最新】

ノートの値引き額の価格相場表【2021年10月最新】

ノートの値引き額の価格相場表を紹介します。

車種(グレード別)値引き額
ノート e-POWER X5~20万円
ノート e-POWER FOUR5~10万円
ノート e-POWER S5万円

金額の高い上位グレードほど大きな値引きがされています。

オプション値引きは5万円が相場でした。

車両価格の値引き+オプション値引きで最大20万円程度が相場のようです。

車両価格の10%程度が値引き交渉の目安になるでしょう。

ただオプション値引きを多くすると、その分だけ購入価格が高くなります。

それなのであまりオプション値引きの割合を多くすることはおすすめできません。

自己負担額を減らすという意味で、今の車を高額査定してもらうのも、一つの手段でしょう。

現行型のノートは発売してからまだ日が浅いので、旧モデルと比べると値引きは渋い印象です。

参考までに旧モデルの値引き情報を載せておきます。

旧モデルはすでに日産のディーラーでは入手できないのでご注意ください。

車種(グレード別)値引き額
ノート 2012年モデル X DIG-S10~40万円
ノート 2012年モデル X20~35万円
ノート 2012年モデル NISMO5~40万円
ノート 2012年モデル MEDALIST15~25万円
ノート 2012年モデル X エマージェンシーブレーキ パッケージ15~20万円
ノート 2012年モデル ライダー X DIG-S25万円
ノート 2012年モデル X FOUR20万円

現行モデルのノートは車両本体価格の10%が相場となっています。

値引き額にしてみるとほぼ旧モデルと現行モデルは大差ないように見えますが、本体価格が上がっているため、旧モデルの方が値引き率は良くなっています。

旧モデルの値引き相場は20%程度。

なかには20%以上の値引きを引き出している例もあります。

日産随一の人気車種だけに、なかなか大幅な値引きは厳しそうです。

愛車を高く売って
ノートの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ノートの値引き交渉術(新車購入で損をしないテクニック)

ノートの値引き交渉術(新車購入で損をしないテクニック)

それではどんな風に交渉したら、値引き額をアップすることができるのでしょうか。

ノートの値引き交渉にはコツが必要です。

ここではとっておきのコツを4つ紹介します。

コツ1:ライバル車種と競合させる

一つ目のコツは、ライバル車種と競合させることです。

ノートはコンパクトカーという分類の車になります。

コンパクトカーとは、一般的に5ナンバーサイズの車体で、排気量が1000~1500ccの車のです。

ノートのライバル車は、以下のようになります。

  • トヨタ アクア
  • トヨタ ヤリス
  • ホンダ フィット

現行型のノートは全車e-powerのため、ライバル車より価格が高めの傾向にあります。

競合させるために、ライバル車の価格をノートの価格に近づけておくことがポイントです。

ライバル車の中で特に競合させたい車がトヨタのアクアです。

2021年7月に二代目が発売されたばかりの新型車です。

コンパクトカー販売台数No.1を謳う日産にとって、負けられない相手なので、競合させるのにびったりです。

同じトヨタ、日産系の系列でもお店の名前が違うと系列が違う場合があるので、競合が可能です。

(例 トヨタネッツ店とトヨペット、日産プリンス店と日産サティオ店など)

ライバル車の見積書をもって、日産のお店で価格交渉しましょう。

さらに日産系列同士でノートを競合させることも効果的だと思います。

コツ2:総額で攻める(付属品・ローンなどを含めて値引き)

二つ目のコツは、付属品やローンなどを活用して総額で攻めることです。

何も付属品を付けなかった場合の値引きは、ディーラーの利益を削ることを意味します。

だから値引き交渉が難しいんです。

値引きしやすくするためにディーラーの利益を増やしてあげましょう。

付属品はメーカーオプションとディーラーオプションに分かれます。

ディーラーの利益率が大きいのは、ディーラーオプションです。

車両本体やメーカーオプションの利益率は2割程度ですが、ディーラーオプションの場合、最大9割程度が利益になるものもあります。

ディーラーオプションの場合、ディーラーで取り付け作業するので、取付工賃もディーラーの利益になります。

またディーラーローンの手数料や金利はディーラーの利益になります。

現金一括で払えるけど、一部をディーラーローンを利用することも有効です。

以上のように、ディーラーの利益を増やしてあげることで値引き可能額が広がります。

コツ3:若手の売れてなさそうなセールスマンを選ぶ

3つ目のコツは、若手の売れてなさそうなセールスマンを交渉相手に選ぶことです。

ベテランのセールスマンほど、値引きが多い印象がありますが、実はそうではないんです。

ベテランセールスマンはすでに顧客を抱えているために、大幅な値引きをする必要がありません。

一方で若手セールスマンは、馴染みの顧客が少ないため、平均以上の値引きを提示して実績を作る傾向があります。

若手セールスマンの場合、値引きには上司の許可が必要な場合が多いんですが、ベテランではありえないような破格の条件が許可される場合があります。

ディーラーに行った時は、若手のセールスマンと交渉してみましょう。

コツ4:今乗っている車の買取相場を把握しておく

最後のコツは、今乗っている車の買取相場を把握しておくことです。

新車を購入する場合、多くの人が購入したディーラーで今まで乗っていた車を下取りに出すと思います。

ディーラーは車の買い取りは専門分野ではないので、適正価格ではないかもしれません。

買取相場が分かれば、売却交渉を有利に進めることができます。

愛車の相場を知るために、無料の一括査定を利用しましょう。

業者が違うだけで売却価格が大幅に違うこともあります。

せっかく大事に乗った愛車ですから、高く評価してほしいものですね。

愛車を高く売って
ノートの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ノートの購入資金を作る方法【必見!】

ノートの購入資金を作る方法【必見!】

ここでは、ノートの購入資金を作る方法を紹介します。

「ノートが欲しい…」
「でも、購入資金が足りない…」
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで、値引き額をアップできるように頑張るのですが、
高額の値引きを行うとメーカーの利益は減少するため、
値引き額を増やすには限度があります。

そこで、現在乗っている車を高い値段で売却して、
ノートの購入資金に充てる方法がおすすめです。

ここで1点注意ですが、
実は買取店によって査定方法が違うため、
買取店ごとに査定額は大きく変わります。

(以下、イメージです)

買取業者買取価格
買取業者Aバツ30万円
買取業者B二重丸
60万円
買取業者Cバツ45万円
ディーラー下取りバツ15万円

このように、
値引き額は数万円の差しかありませんが、
買取価格は数十万円の差が生まれるケースがあります。

こうすれば、数十万円分のノート購入資金を追加でゲットできる可能性があります。

ノートの車両価格の値引きが少ない場合でも、
買取価格を上げると、結果的に安くノートが買えるのでおすすめです。

そのため、1回の入力で、数十社の業者の買取価格を比較できる、ネットの無料一括査定サービスがおすすめです。

無料一括査定の入力時間は約1分程度で、買い取りを行っている会社の査定価格を一覧で見ることができます。

最終的にディーラーで下取りをする場合も、
買取価格を見せて交渉することで、買取価格をアップできる可能性があります。

ノートの値引き価格の相場は10万円前後ですが、
買い取りを含めると、実質値引き100万円以上が叶う場合もあります。

現在の車を売りたいという場合は、ディーラーでの下取りを利用するよりも、買い取り業者利用する方がお得になる可能性が高いです。

愛車を高く売って
ノートの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ノートの購入に役立つ!無料一括査定を利用した人の口コミ・評判

ノートの購入に役立つ!無料一括査定を利用した人の口コミ・評判

無料一括査定を利用した人の口コミ・評判をいくつか紹介します。

口コミ・評判をしっかり確認して愛車を高値で売却して、ノートをお得に手に入れましょう。

無料一括査定で愛車を高値で売却できた例です。

一括査定で相場の倍以上の価格を提示されたようです。

無料一括査定では、複数の買取業者から見積もりを手軽にとることができます。

そのため業者の方も、競合されているのが分かるので、相場以上の価格を提示してくるのです。

こちらはディーラーと無料一括査定の売却価格の差に驚いているツイートです。

ディーラーは40万円だったのに対し、無料一括査定では80万の値がつきました。

さらにその後81万円の業者もあったとのこと。

中古車業者のお客さんが探している車種だったようです。

このように人気の車種であれば、ディーラーの見積もりよりも高値で売却できます。

このツイートは、業者の対応スピードに驚いているツイートです。

元旦にも関わらず、登録後すぐに連絡が来たそうです。

ガリバーやビッグモーターなどの大手は対応が早いです。

愛車を高く売って
ノートの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ノートの購入資金をゲット!【無料一括査定サービスおすすめランキング】

ノートの購入資金を作るために!【無料一括査定サービスおすすめランキング】

ここでは、ノートの購入資金を作る”ために、おすすめの無料一括査定サービスをご紹介します。

「愛車を高く売れば、それだけノートの購入資金が増えるのはわかった!」
「でも具体的に、どの一括査定サービスを使えば良いの?」

という方におすすめです!

それぞれにサービスの特徴がありますので、自分に合ったサイトを選んでみてください。

おすすめの無料一括査定サービスを比較!

車の買取価格を引き上げるコツとしては、
ランキング上位のサービスを複数同時に利用するのがおすすめです!

(※横にスクロールできます→)

順位サービス名利用料提携業者数同時査定依頼数業者選択入力の時間電話の多さ
1位
カーセンサー.net
二重丸無料二重丸1,000社以上二重丸30社二重丸可能
三角約60秒
三角多い
メールでの取引も可
2位
カービュー
二重丸無料二重丸230社以上三角8社二重丸可能二重丸約45秒バツ多い
3位
ナビクル車査定
二重丸無料三角50社以上三角10社バツ不可能二重丸約45秒バツ多い
4位
査定比較.com
二重丸無料二重丸290社以上三角10社バツ不可能二重丸約30秒バツ多い
5位
ズバット車買取比較.com
二重丸無料二重丸290社以上三角10社二重丸可能二重丸約30秒バツ多い
6位
楽天Car(楽天カーサービス)
二重丸無料二重丸100社三角10社バツ不可能三角約90秒バツ多い
7位
一括査定.com
二重丸無料二重丸230社以上三角8社バツ不可能二重丸約40秒バツ多い
番外編グーネット買取グーネット買取二重丸無料二重丸376社以上三角1社限定二重丸可能二重丸約30秒二重丸なし

(※横にスクロールできます→)


それぞれのサービスの詳細は「中古車買取の一括査定おすすめ無料ランキング」で紹介しています。

Q.もし「お店から電話がかかってくるのが大変…」という人は?
グーネット買取A.グーネット買取も候補に入れてみましょう!
ネットだけで完結できるから、しつこい電話は一切なく、安心です。

ここからは、一つ一つのサービスを詳しく見ていきます。

1位:カーセンサー.net

提携業者数1,000社以上!
高額査定の期待大の一括査定サービス
車の買取価格5.0
多くの買取店が競合するため、高額査定が見込める
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード5.0
申込みから最短で数分後に連絡がくる
提携査定会社数4.0
1,000社以上
最大査定数4.0
最大30社
メールのみの連絡5.0
メールのみの取引も希望可

カーセンサー.netは、無料一括査定サービスでは知名度が特に高いサイトです。

・リクナビ
・タウンワーク
・じゃらん
・ホットペッパー
・ゼクシィ
などのサービスで有名な「リクルートホールディングス」が運営しています。

無料一括査定サービスを利用するなら、ここは外せません!

提携している車買取業者の数は、一括査定サービスでは業界最大級の1,000社以上。

さらに、大手やJADRI加盟店も多数含まれるので、信頼性は抜群です。

最大30社の同時査定が可能で、これは業界でも圧倒的な数を誇ります。

査定を依頼したい業者が選べるのも、カーセンサー.netのおすすめポイントです。

カーセンサーの画面上で、買取会社との連絡方法を「メールのみ希望」に設定することもできます。

  • 提携業者や同時査定数が業界トップクラスで、高額買取が期待できる
  • 運営は上場企業のリクルート、提携先は優良業者ばかりで安心
  • メールでの取引が可能で、営業電話を減らせる

カーセンサーはこちら

 

2位:carview(カービュー)

平均16万円アップ!
大手買取店との提携が多い一括査定サービス
車の買取価格4.0
ディーラーの下取りより平均16万円高い
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
24時間以内にcarviewからメールが届き、2営業日以内に各査定会社から連絡がくる
提携査定会社数3.0
230社以上
最大査定数3.0
最大8社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

「carview(カービュー)」は日本最大級のクルマ情報サイトです。

車の買取トラブルに対応する「一般社団法人日本自動車購入協会」の監修を受けているので、信頼性も高いので安心ですね。

システムは使いやすさと分かりやすさを重視しており、初心者でも簡単にサービスが利用できると評判です。

・ガリバー
・ビッグモーター
・カーセブン
・オートバックス
・アップル
・ラビット
といった、大手買取店と多く提携しているのも、carviewの特徴です。

carviewが行う無料一括査定サービスは、450万人超えの利用実績があります。

  • 一般社団法人日本自動車購入協会の監修サイトで安心
  • 多くの大手買取店と提携しているので、信頼性が高い
  • 商用車や修復歴ありの車も高値で買い取ってくれる

カービューはこちら

 

3位:ナビクル車査定

優良買取店が揃う!年間35万人が利用する一括査定サービス
車の買取価格4.0
下取りから平均17万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア4.0
全国に対応
※一部地方は対象外
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数1.0
50社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

ナビクル車査定は、年間35万人が利用する無料一括査定サービスです。

運営しているのは、上場企業「エイチーム」の子会社である「エイチームライフスタイル」です。

ナビクル車査定では、一括査定の申し込み後、
全国の査定データから算出した、愛車の最新の買取価格(概算)をWeb上ですぐに見ることができます。

業者数は50社と少なめですが、これは優良買取店だけに絞って提携しているからです。

提携業者の中には、JPUC認定の適正買取店も含まれるので、悪質な業者にあたる心配は少ない(可能性は低い)です。

  • 申し込み後、車の買取相場がすぐわかる
  • 多くの大手買取店と提携しているので、信頼性が高い
  • 商用車や修復歴ありの車も高値で買い取ってくれる

ナビクル車査定はこちら

 

4位:査定比較.com

80%が査定士の対応に満足している一括査定サービス
車の買取価格3.0
サービス利用者の7割が、平均で23.2万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数3.5
290社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

査定比較.comには、「車買取のノウハウ」や「高額売却のコツ」などのコンテンツがありません。

つまり、一括査定に特化したサイトなのです。

システムはシンプルで使いやすいと評判で、利用者の累計は200万人を突破しています。

査定比較.comは、後ほど紹介するズバット車買取比較.comと同じ「ウェブクルー」が運営しています。

提携業者は、JADRI加盟店を含む大手から、地域密着型の中小買取会社まで様々です。

査定士の対応の良さに満足している利用者が多いのも、サービスのポイントですね。

  • システムが分かりやすく、初心者でも簡単に利用できる
  • 提携業者には、JADRI加盟店も入っているので安心
  • 査定士の対応や査定額に満足しているユーザーが多い

査定比較.comはこちら

 

5位:ズバット車買取比較.com

75万台の取引データから相場を分析する一括査定サービス
車の買取価格3.0
利用者の7割が、下取りから平均23.2万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数3.5
290社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

ズバット車買取比較.comは、累計利用者数200万人超えの実績を持つ、一括査定サービスです。

運営会社は「ウェブクルー」です。

同じ運営会社の査定比較.comと違い、「車買取の基本」や「高額売却のコツ」など、参考になるコンテンツが満載です。

さらに、
「サービスの利用方法が分からない」
「買取業者からの営業電話を止めてほしい」
といった、疑問や要望に応えてくれるカスタマーサポートもあります。

ズバット車買取比較.comなら、数か月先の買取相場(概算)も分かるため、売却のタイミングを判断しやすいのもポイントです。

  • 申し込み前に平均査定相場が分かる
  • 査定時だけでなく、6か月後の買取相場も分かる
  • 電話サポートがあるので、初心者でも安心

ズバット車買取比較.comはこちら

 

6位:楽天Carサービス

楽天スーパーポイントがもらえる一括査定サービス
車の買取価格3.0
下取りより査定額がアップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード5.0
申し込みから最短で数分後に連絡がくる
提携査定会社数2.0
100社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

楽天Carの一括査定サービスは、楽天Carオークションと同じ、「楽天株式会社」が運営する一括査定サービスです。

サービスは無料で利用でき、100社以上の業者の中から最大10社に同時査定してもらえます。

提携業者には、JADRI加盟店や大手買取店も多く含まれるので、トラブルのリスクも少ないです。

  • 完全無料でサービスを利用できる
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 上場企業の楽天が運営するサービスで信頼度が高い

楽天Carサービスはこちら

 

7位:一括査定.com

日本自動車流通研究会(JADRI)が運営する安心の一括査定サービス
車の買取価格4.0
各買取社が高額査定を出してくれる
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード3.5
申し込み後48時間以内に査定結果がわかる
提携査定会社数3.0
200社以上
最大査定数3.5
最大8社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメール連絡がくる

一括査定.comは、株式会社メディア4uが運営する車一括査定サイトです。

安心して利用できる車査定サイトであるために、「一般社団法人 日本自動車購入協会(通称:JPUC)」と提携。

実際の車買取現場で発生するトラブル等の監視に努めています。

万が一トラブルが発生した時も、JPUC車売却消費者相談室が対応してくれ、サポート体制も充実しています。

それもあり、一括査定.comは利用者累計数400万人超え&年間5,000台の実績を誇ります。

公式サイトでは、車種やグレードごとの査定相場の情報も公開しているので、査定前に参考にするのもおすすめです。

  • 愛車の相場がすぐに分かる
  • 利用実績も多く、信頼性が高い
  • トラブルにはJPUC(日本自動車購入協会)が対応してくれる

一括査定.comはこちら

 

番外編:電話がわずらわしいなら「グーネット買取」がおすすめ

グーネット買取

ネット完結なので、車一括査定サービスと違って
電話が大量にかかってくるマイナス点なし!
車の買取価格4.0
各買取社が高額査定を出してくれる
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード3.5
申し込み後48時間以内に査定結果がわかる
提携査定会社数3.0
376社以上
最大査定数3.5
最大1社
メールのみの連絡5.0
面倒な電話がかかってこない、すべてネットのみで完結できるサービス

グーネット買取は、車の情報を入力するだけで、愛車の買取価格の相場を把握できる査定サイトです。

ネットだけで、買取業者の選定から査定依頼まで完結できるのが特徴です。

そのため、一括査定サービスにありがちな、「電話がたくさんかかってきて大変…」ということがありません。

運営会社は、一部上場企業のプロトコーポレーションなので安心です。

プロトコーポレーションは、大手ウェブサービス「goo」を運営しており、300万人以上の利用者がいます。

ディーラーの下取りよりも、「数十万円も高く買い取ってもらえた」という実績もあり、多くの人から利用されています。

  • 愛車の相場がすぐに分かる
  • めんどうな電話がかかってこない
  • 大手の会社が運営している安心感

グーネット買取はこちら

 

1番おすすめの車一括見積もりサービスはどこ?

おすすめの無料一括査定サービスは、ランキング1位の「カーセンサー.net」です。

査定の申し込み手続きも簡単なので、初めて一括査定サービスを利用する人でも安心

なんと最大30社の同時査定が可能なので、高額買取の期待大です。

提携業者は大手からローカル企業まで幅広く、近場の買取店が見つかりやすいのも魅力です。

また、提携業者にはJADRI加盟の優良買取店も含まれるため、トラブルのリスクも少なく、安心して査定を依頼できます。

メールのみでの取引も希望できるので、他の車査定サイトよりも、初めての利用でもハードルが低いことが特徴です。

運営しているのは、上場企業のリクルートなので、安心して利用することができます。

公式サイトには、査定依頼が多い車の月・週・日別ランキングに加え、査定の基礎知識や高額査定のテクニックなど、参考になる情報も掲載されています。

ランキング1位
カーセンサーはこちら

もくじに戻る▲

ノートの購入資金作りに最適!無料一括査定を利用するメリット

ノートの購入資金作りに最適!無料一括査定を利用するメリット

それではノートの購入資金を作るために無料一括査定を利用するメリットについて紹介します。

出張査定の時間がスピーディー(15分~1時間程度)

まず挙げたいメリットが、査定にかかる時間がスピーディーなことです。

ネットなので、24時間いつでも好きな時に査定できます。

ネットでの査定にかかる時間は1~3分程度。

しかも売るつもりがなく査定額を知りたいだけでも利用できます。

出張査定してもらっても、15分~1時間程度で終わります。

業者によってはその場で現金で買い取りをしてくれることも。

すぐに連絡が来るし、都合もこちらに合わせてくれます。

忙しい人に最適なサービスです。

全国に出張し、手数料も不要

無料一括査定を利用すると、全国に出張してくれて、なおかつ手数料無料で査定をしてもらえます。

無料一括査定を利用していなければ、自分で買取業者に持ち込む必要があります。

持ち込んで査定額が折り合わなければ、また次のお店を探して、という手順をふむことになります。

無料一括査定なら、複数社から見積もりをとり、気になる業者に自宅に来てもらうだけです。

買い取りにかかる費用、例えば出張費とか車のレッカー代などの手数料も無料です。

お店の定休日や営業時間などを気にすることなく、こちらの都合に合わせて出張査定してくれるので、非常に便利です。

一度の情報入力で複数の見積もりが手に入り、手間が省ける

無料の一括査定では、一度の入力で複数の見積もりが手に入り、手間が省ける点もとても魅力的です。

通常車を売却しようとしたら、買取店に行き見積もりを取る必要があります。

その見積もりを手に、他の買取店に行き、見積もりを取る。

最初のお店が本命なら、また戻って価格交渉。

実店舗を数件回って、見積もりを取っていたら、丸一日かかってしまいます。

それに満足いく売却価格を提示されるとは限りません。

それが無料一括なら、必要事項を入力するだけで、複数店舗の見積もりが取れちゃうんです。

業者の方も予め競合されると分かっているから、出してくるのはその業者の高値が多いです。

無料一括査定で複数の買取店から、見積もりをとったら、気になるお店に出張査定を申し込むだけ。

実店舗を回るよりも効率的で、納得いく価格で愛車を売却できます。

愛車を高く売って
ノートの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ノートの購入資金をゲット!愛車売却の流れ・必要なもの

ノートの購入資金をゲット!愛車売却の流れ・必要なもの

それではノートの購入資金をゲットするために、愛車売却の流れや必要なものを確認しておきましょう。

流れを把握しておくだけで、今後の取引や交渉をスムーズにすすめることができます。

買い取りまでの流れ

愛車を買い取ってもらうまでのおおまかな流れです。

一括査定

最初に一括査定サービスに必要事項を入力します。

サイトによって入力する項目は多少異なる場合がありますが、基本的には同じです。

車検証を見ながら、車種、グレード、年式、修理歴などを正確に入力します。

査定を依頼する買取店を選べば、入力は終了です。

入力にかかる時間は1~3分程度です。

入力が完了すれば、すぐに買取店から査定額が送られてきます。

実車を見ていないのにどうして査定額が出るの?と思うかもしれませんが、買取店は大手なら年間何千台と扱っています。

そのため今までの実績から、ほぼ正解な査定額を出すことができます。

本査定

査定額に満足できる買取店があれば、本査定の予約をしましょう。

査定担当の営業マンが自宅や職場など、指定の場所に来てくれます。

ここで提示されるのが、最終的な査定額です。

ネットの一括査定より少しでも評価が上がるように、車内を清掃しておくといいでしょう。

ナビ付きのクルマも高査定になりやすいです。

今まで大切に乗ったことがアピールできると、評価があがる可能性があります。

売買契約書をかわす

本査定をしてもらって提示された金額に満足できたなら、売買契約書をかわしましょう。

契約書にサインしたら、もう変更はできませんので、気になることは事前に確認しておくといいと思います。

入金日や銀行振り込みなのか手渡しなのかといった入金方法、代車の用意が可能かどうかの確認は必須です。

中古車相場は常に変動しています。

大きな金額が動くので、焦りは禁物ですが、本査定後早めに契約しましょう。

車の引取、入金

契約が済んだら、あとは車の引取と入金です。

買取店が指定の日時に引取に来ますので、車内をきれいにしておきましょう。

この時スペアキーやスタッドレスタイヤなどの付属品があれば、一緒に渡します。

入金の方法は銀行振り込みが一般的です。

銀行振り込みの場合は、買取店側の書類の手続き等の関係で、3~4日程度かかるのが一般的です。

口座への入金が済めば、引取は完了です。

これが一般的な愛車売却の一連の流れとなっています。

必要なもの(必要書類一覧)

ここでは、車両の売却の際に必要なもの(必要書類一覧)をご紹介します。

普通車と軽自動車では、必要書類が少し異なります。

普通車の場合

用意しておくもの備考
自動車検査証
自賠責保険証明書
自動車リサイクル券リサイクル料金を買取業者から返金してもらえる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
自動車納税証明書その年の4~5月に支払ったもの。売却後に月割りで還付を受けられる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
振込口座情報通帳など。
印鑑登録証明書発行から1~3ヶ月以内のもの。※買取業者により異なる
実印印鑑登録済の実印。
譲渡証明書※買取業者が用意
委任状※買取業者が用意
メンテナンスノート(任意)メーカー保証書と点検整備記録簿がセットになったもの。

軽自動車の場合

用意しておくもの備考
自動車検査証
自賠責保険証明書
自動車リサイクル券リサイクル料金を買取業者から返金してもらえる。
※買取業者が用意
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
軽自動車納税証明書その年の4~5月に支払ったもの。売却後に還付を受けられる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
振込口座情報通帳など。
認印軽自動車は認印でOK
自動車検査証記入申請書運輸支局窓口、国土交通省ホームページにあり。
買取業者の店舗においていることも。
メンテナンスノート(任意)メーカー保証書と点検整備記録簿がセットになったもの

「納税証明書」は毎年税金を支払うと交付されますが、紛失している人も多いので、事前に確認が必要です。

車の売却前までには、必要な書類はすべて準備しておくようにしましょう。

愛車を高く売って
ノートの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ノートの値引きの注意点

ノートの値引きの注意点

ノートの値引き交渉の際に注意するべき点を5つ紹介します。

ノートに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない

意外に思われるかもしれませんが、実は購入時期による値引きの差はほとんどないのが実情です。

決算期やボーナス時期に値引き価格が拡大する印象がありますが、実は違います。

新車の値引きを大きくした場合は、実は下取り車の価格を調整することで、販売総額の調整を行っているのです。

例えば通常の値引き額が20万円、下取り価格が30万円だとします。

これが決算時期は30万円に値引きが拡大していたら、その時の下取り価格は20万円になります。

どちらも総額は50万円なので、実際には値引き額は大きくは変わらないということになります。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!

前述の通り、ディーラーは下取り価格で販売総額や利益を調整しています。

新車購入者の約70%はディーラーで車を下取りに出しているというデータもあります。

下取り価格を高く設定すると、ディーラーの利益を減らすことになるので、できるだけ安く買い取ろうとします。

良心的な営業マンだと、下取りを勧めず、買取店での売却を勧めることもあるそうです。

ディーラーで下取りしてもらうと楽ですが、ちょっとした手間を惜しんだために大金を失うことは避けたいものです。

悪徳な業者に引っかかるとどうなるの?

残念ながら車の買取業者の中には、悪徳業者がいるのも現実です。

このような悪徳業者に遭ってしまったら、どうなるのでしょうか?

悪徳業者はネットの無料一括査定で高額を提示し、本査定で理由をつけて大幅に評価額を下げてくる場合があります。

こうした場合は悪徳業者を疑ってください。

買取金額を入金しなかったり、なかなか名義変更をしないというような報告もあります。

悪徳な業者に引っかからないためには?

こうした業者に引っかからないために、複数の業者から見積もりを取りましょう。

業者の良し悪しを見分けることも重要になります。

なかなか個人では見分けることは難しいと思います。

そこでおすすめなのが、ネットの無料一括査定です。

提携しているお店は厳しいチェックを受けているので、安心して利用できるのです。

それでも心配な人は直接買取業者と連絡を取ってみるといいと思います。

最終的には営業マンと人対人の交渉になるので、相性があります。

実際にアポイントを取ってみて、気が合うところを選んだ方がいいと思います。

慎重に愛車の売却先を選びましょう。

下取りではなく買取業者の一括査定を利用(新車のノートの大幅値引きと同じ効果!)

お得に愛車を売却するためにも、下取りではなく、一括査定を利用しましょう。

複数の買取店から同時に見積もりを取れるので、買取相場が分かりやすく、ディーラーとの値引き交渉の材料にできます。

自力でお店を探して交渉するよりも、ずっとお手軽にしかも高く売却できます。

手間がかからず、しかも高額で売却することができるのが、無料一括査定です。

ぜひ積極的に利用して、ノートの購入資金に充てていきましょう。

愛車を高く売って
ノートの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ノートとは(特徴・どんな車)

ノートとは(特徴・どんな車)

ノートはどんな車なのか、ノートの特徴について紹介します。

ノートとは?特徴・どんな車?

ノートは2005年1月に発売された日産のコンパクトカーです。

現在の日産の業績をリードする日産No.1の売れ筋車種です。

2017年から3年連続でコンパクトカー売り上げNo.1を記録しています。

現在販売されているのは2020年に発売された3代目になります。

3代目にモデルチェンジする際に、ガソリン車を全て廃止。

現行モデルは全グレードでe-powerとなっています。

ノートの実燃費は?

ノートの気になる実燃費を紹介します。

走行シーン燃費
高速道路中心25.7km/L
郊外・幹線道路26.4km/L
市街地18.6km/L

市街地での走行がノートの燃費性能を発揮できない結果となりました。

市街地で苦戦した理由はノートの特性にあるようです。

ノートはアクセルペダルを戻すと回生充電を行い、減速する機能が備わっています。

ブレーキを踏んだ時は回生充電を行わないので、ブレーキを踏む回数が多いと、十分にノートの燃費性能を発揮できないのです。

ドライバーの乗り方が燃費という結果になるので、慣れてくれば、よりいい燃費性能を発揮できそうです。

新車のノートの納期は?

ノートの納期は現在1~3ヶ月となっています。

フルモデルチェンジ直後よりは少し短くなってきましたが、世界的な半導体不足で、また納期が少し伸びてきています。

少し余裕をもっておいた方がいいでしょう。

ノートのグレードの違い、おすすめのグレードは?

ノートのグレード構成は3種類なので、それほど多くありません。

大きな違いは、日産独自の安全装備であるプロパイロットを選択できるかどうかです。

ノートに用意されているF、S、Xの3つのグレードについて紹介します。

  • F プロパイロットなし 205万4,800円
  • S プロパイロットなし 202万9,500円
  • X プロパイロットあり 218万6,800円

Fはシートリフターもついてないシンプルな構成です。

カラーバリエーションも5色のみと少し物足りない内容です。

SはなぜかFより安いんですが、中間グレードの扱いです。

Fでは選択できなかったオプションを選択できるようになります。

上位グレードであるXは、プロパイロットなどの先進装備を選択できるようになります。

ノートのカラーバリエーションは?

現在ノートには、モノトーンが13色、ブラックルーフのツートーン仕様が10色あり、全23色で展開しています。

ノートの売れ筋1位のボディカラーは白。

オプション料金がかかってしまいますが、ブリリアントホワイトパールが一番人気となっています。

2位3位はともに銀色、ちょっと明るめの銀色のブリリアントシルバーが2位、濃い目の銀色ダークメタルグレーが3位となっています。

ノートはとてもカラーバリエーションの多い車ですが、ボディカラーを選ぶときはリセールバリューも気にしておきたいところです。

将来売却を考えるなら、白や黒といった落ち着いた色を選びましょう。

女性の方はかわいい色を選びたくなりますが、リセールバリューが下がってしまうのであまりおすすめできません。

ノートの安全装備・システムは?

ノートの安全装備といえば、プロパイロットです。

ノートの最上級グレードであるXにのみ追加可能な装備です。

プロパイロットとは、主に高速道路などで同一車線内でステアリングをアシストしてくれたり、車がアクセルやブレーキを自動で操作してくれる半自動運転とも言える装備です。

ノートに搭載されているプロパイロットはナビリンク機能も備えているため、自車位置を把握して、コーナーでは自然なコーナーリングをしてくれる優れものです。

オプションで追加料金がかかるものの、装着率は41%だというから驚きです。

ノートの新型は機械式の立体駐車場に入る?

まずのノートの仕様を記載しておきます。

全長4,045-4,100 mm
全幅1,695 mm
全高1,505-1,525 mm

立体駐車場の高さは平均して1,600mm程度です。

十分入る全高ですが、オプションによって変わりますので立体駐車場を利用するときには注意が必要です。

ノートのおすすめオプションは?

ノートは意外に上位グレードでもオプションが標準装備にはなっていません。

そこで付けるべきオプションを厳選して紹介します。

LEDヘッドランプ

ノートは最上級グレードのXでもハロゲンランプが採用されています。

ハロゲンランプはちょっと電球色の黄色いヘッドライトのこと。

せっかくの新型車なのに、少し古臭い印象になってしまうので、ぜひつけておきたい装備です。

LEDの方が明るいので、夜道も快適に走ることができます。

アルミホイール

こちらも上位グレードのXでもオプションとなっています。

標準はスチールホイールとホイールキャップなので、ぜひ日産のロゴが入ったアルミホイールを装備したいところです。

後席用充電USBポート

最近USBで充電できる機器が増えてきています。

後席に人を乗せて長距離移動する用途で考えているなら、付けておいて損はないオプションです。

ノートのメリット・デメリット

ノートのメリットデメリットを紹介します。

ノートのメリット

全グレードがe-power

ノートは現行モデルが販売された2020年にガソリン車を廃止し、すべてe-powerになりました。

パワフルな加速はコンパクトカー随一です。

静粛性も高く、ハイブリッドというよりEVに近い乗り味に仕上がっています。

安全装備がすごい

ノートではコンパクトカーには珍しく、運転手の足を保護するニーエアバッグが全車標準装備装備されています。

また一般的な自動ブレーキに加えて、2台前の車をモニタリングする「インテリジェントFCW」という機能が付いています。

2台前の車が急ブレーキをすると、ブザーで知らせてくれる機能です。

競合他社にこういった機能を搭載する車がないため、ノートの強みと言えるでしょう。

ノートのデメリット

価格が高い

ノートのカタログ価格は202万~218万円となっています。

一番売れ筋の最上級グレードのXですらほとんどオプションが付いていないので、必要な装備を追加すると300万近くになります。

ライバル車のヤリスやフィットが150万円程度から買えることを考えると、価格面がデメリットと言わざるをえません。

ただ価格以外には大きなデメリットが見当たらない車です。

愛車を高く売って
ノートの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ノートの購入資金をゲット!手持ちの廃車/事故車/不動車の売却におすすめの査定サービスは?

ノートの購入資金をゲット!手持ちの廃車/事故車/不動車の売却におすすめの査定サービスは?

ここからは、廃車/事故車/不動車の売却におすすめの査定サービスをご紹介します。

車は持っているけど、

「廃車だから…」
「事故車だから…」
「動かない車だから…」

なんて諦めていませんか?

実は、「廃車/事故車/不動車」を対象とした買取査定サービスがあるんです。

実際に査定してもらうと、予想以上の金額で買い取ってくれた事例もたくさんありますよ!

ここでは、おすすめの査定サービスをランキング形式でご紹介します。

それぞれに特徴があるので、自分に合ったサービスを選んでみてください。

おすすめの廃車OK査定サービスを比較!

(※横にスクロールできます→)

順位サービス名利用料入力の時間電話の多さその他(提携業者)
1位
カーネクスト
二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)サービス運営のため、
1,000社以上の自動車関連業者と提携
2位
廃車本舗
二重丸無料二重丸約10秒二重丸少ない(1社のみ)販路として海外輸出事業と連携
3位廃車ラボ二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)全国に協力会社や提携会社が多数
4位
廃車買取.com
二重丸無料二重丸約25秒二重丸少ない(1社のみ)販路として海外業者と提携
5位
ハイシャル
二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)販路や運営のため、
全国1,000社以上の専門業者と提携

(※横にスクロールできます→)

比較しても迷ってしまいますが、
1位のカーネクストは、
・買取価格が高い
・廃車手続きや引き取りの費用が無料
・コールセンターの評判が高い
などの理由から、おすすめ度1位となっています。
※迷ったら、複数のサービスに依頼してみるのもアリ!
※買取価格がさらに上がるかも!

ここからは、1つ1つのサービスを詳しく見ていきます。

1位:カーネクスト

どんな車も原則0円以上の値がつく!廃車買取サービス
車の買取価格5.0
どんな車でも0円以上で買い取ってもらえる
手間(電話査定可)4.5
専用フォームか電話で申し込み
対応スピード5.0
書類があれば契約にも即対応
提携査定会社数
※全国引取りを可能にするため、1,000社以上の業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、カーネクストと電話でやり取り

カーネクストは、他店で値段がつかない車も、原則0円以上で買い取ってくれる廃車買取サービスです。

査定依頼は24時間WEB受付中で、20秒の簡単入力で見積りを出してもらえます。

また、車の買取額とは別に、還付金が返ってくるのもポイントです。

面倒な廃車手続きや自動車税の還付手続きは、カーネクストの専門スタッフが無料で代行してくれます。

カーネクストは全国の専門業者と連携しているので、どこでも希望の場所まで車を引き取りに来てくれて、レッカー代も無料です。

サポートも充実しており、専門スタッフが年中無休で対応してくれますよ。

  • 原則0円以上の買取保証
  • 買取額の他に還付金も受け取れる
  • 廃車手続きでは、必要書類を揃えるだけでOK

カーネクストはこちら

 

2位:廃車本舗

リサイクル工場&海外への販売ルート保有で、高額買取が期待できる!
車の買取価格4.0
他社で0円査定だった車にも買値がつく
手間(電話査定可)4.5
専用フォームまたは電話で申し込み
対応スピード4.0
当日または翌日に査定金額を回答
提携査定会社数
※販路として海外輸出事業と連携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車本舗と電話でやり取り

廃車本舗は、事故車、不動車、ボロボロの車、エンジンがかからない車でも、高値で買い取ってくれる廃車買取サービスです。

高額買取が実現する理由は、
国内3ヵ所に自社のリサイクル工場があり、さらにアジア圏を中心に海外への販売ルートを持っているからです。

廃車本舗は自動車リサイクルシステム登録業者なので、適正な廃車処理を行ってくれ、非常に信頼できます。

査定依頼は専用フォームから簡単にでき、情報入力も10秒ほどで済みます。

廃車手続きの代行や車の引取り(レッカー代含む)も、すべて無料。

専門のスタッフが一貫してサポートしてくれるので、初心者でも安心ですよ。

  • 自社の解体工場と海外への販路があるため、高価買取が実現
  • 面倒で複雑な廃車手続きも無料で代行
  • 自動車リサイクルシステム登録業者&手厚いサポートで安心

廃車本舗はこちら

 

3位:廃車ラボ

買取と廃車の2通りから査定してくれる!
車の買取価格3.5
どんな車も引き取ってくれる
手間(電話査定可)4.0
メール・電話・FAXでの問い合わせ
対応スピード3.0
引取りは連絡から3営業日以降
提携査定会社数-(非公開)
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開))
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車ラボと電話でやり取り

廃車ラボは、放置車・不動車・カギなし車・事故車といった、どんな車も引き取ってくれる廃車買取サービスです。

そして、買取と廃車の2通りから査定を行い、より高値で売れるほうを提案してくれるのが特徴です。

ちなみに、
買取は車両の価値から算出し、
廃車は車両(鉄や部品)と還付金(重量税・自賠責保険・自動車税)の価値から算出します。

サービスは完全無料で利用でき、査定依頼はメールまたは電話から、24時間・年中無休で受け付けています。

廃車手続きは、書類の準備と当日の立会いだけでOKです。

公式サイトには、廃車に関する豆知識がたくさん載っており、とても参考になりますよ。

  • 廃車と買取の2通りから査定
  • 廃車手続きは、必要書類の準備と当日立会いだけ
  • サイトには廃車のノウハウが満載

廃車ラボはこちら

 

4位:廃車買取.com

事故車や故障車など、多くの買取実績あり!
車の買取価格3.0
0円以上保証で、高値がつく場合も
手間(電話査定可)4.5
専用フォームから申込み
対応スピード4.0
最短で翌日引き取り
提携査定会社数
※販路として海外業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車買取.comと電話でやり取り

廃車買取.comなら、20年前の車や車検切れの車でも高値がつく場合があり、還付金も返ってきます。

古い車を高値で買い取ってくれる理由は、
全国50箇所に自社の廃車工場があり、海外の業者にパーツやメタル資源として販売しているからです。

廃車買取.comなら、廃車に出すか決まっていなくても、査定だけお願いできます。

公的な資格を持つ査定士が車の価値をしっかり見極め、適正価格を出してくれるのもポイントです。

全国への出張引取り手数料・不動車や事故車のレッカー代・解体費・手続き代行費などは、全て無料です。

さらに、当日の立ち会いができなくても引き取り可能なので、忙しい人でも利用しやすいですね。

  • 低年式や多走行の車、事故車や故障車など、高額買取実績あり
  • 廃車が決まっていなくても、査定依頼してOK
  • 当日立ち会いができなくても、引き取り可能

廃車買取.comはこちら

 

5位:ハイシャル

査定のみOK&無理な営業電話なしの廃車買取サービス!
車の買取価格4.0
どんな車も0円以上で買取保証
手間(電話査定可)4.5
専用フォーム・電話・LINEで申込み
対応スピード4.0
最短で翌日の引き取り
提携査定会社数
販路や運営のため、全国1,000社以上の専門業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
電話またはメールで、ハイシャルとやり取り

ハイシャルは、女性や年配の人でも安心して利用できる、廃車買取サービスです。

2019年の相談実績は65,000件を突破しました。

分かりやすいシステムと専門スタッフによる年中無休のサポートが、ハイシャルの特徴です。

1,000社以上の専門業者と提携することで、サービスの全国展開を可能にしています。

エリアや車両状況によっては、午前中の依頼で当日に引き取ってもらえる場合もあります。

ハイシャルは、国内での再販・輸出・マテリアルとしての再利用など、様々な販路を持っているため、どんな車も0円以上の買値がつくのです。

それから、廃車手続きも無料で代行してくれて、還付金も受け取れますよ。

  • 廃車買取に詳しくない人でも、分かりやすいシステム
  • 査定のみOKで、無理な営業電話なし
  • LINEでの査定申込みや相談も可能

ハイシャルはこちら

 

1番おすすめの廃車OKの査定サービスはどこ?

おすすめの廃車OKの査定サービスは、ランキング1位の「カーネクスト」です。

カーネクストは、業界でもトップクラスの廃車買取価格を実現しています。

廃車に高値がつく理由は、海外に独自の販路を持っており、そこに輸出やパーツ資源を販売しているからです。

15年以上前の車・15万Km以上走行の車・車検切れの車・故障車・事故車・不動車などの買い取り実績も多く、安心して査定を任せられますよ。

カーネクストは、専門スタッフが利用者一人一人を最後までしっかりサポートしてくれるため、廃車買取が初めての人でも利用しやすいです。

「売れないだろう」と諦めていた車に、思わぬ買取価格がつくケースもあります。

古い車の処分に困ったら、カーネクストに査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

ランキング1位
カーネクストはこちら

もくじに戻る▲

ノートの値引きでよくある質問と回答

ノートの値引きでよくある質問と回答

ノートの値引きについてよくある質問を確認しておきます。

誰もがもつ疑問なので、前もってチェックしておくと、値引き交渉に役立てることができます。

Q1.ノートの値引き価格は、決算期等・購入時期によって変わる?

ノートの値引き価格が時期によって変わるのかという疑問です。

販売会社の決算期や大商談会のようなイベントの時に、値引き拡大して販売攻勢をかけているイメージがあります。

ディーラーでの新車販売価格は、値引き価格と下取りとディーラーオプションの価格で決まります。

下取り価格とディーラーオプションについては、ディーラーが値を自由に決定できるものです。

値引き拡大している時期であれば、下取りやディーラーオプションの価格を上げて調整しているのです。

時期によって、見た目の値引き価格は変わるように思えるものの、実際はそんなに大差ないのが実情なのです。

Q2.車を売るか分からなくても、ネット査定できる?

売るか分からないけど査定額を知りたいという動機でも、もちろんネット査定を利用できます。

もし高額査定なら、今のうちに売却して乗り換えるのもありかもしれません。

クルマの価格を知っておいて損はないでしょう。

実店舗で査定してもらうよりもはるかにハードルは低いです。

Q3.現在乗っている車の買取価格を上げるには?

買取店は、状態の良い車を探しています。

一般的にオーナーが大切に乗ってきた車は、状態が良いことが多いです。

買取店に対して大切に乗ってきたことをアピールできると査定額がアップすることがあります。

査定前にこんなことをしておくといいでしょう。

  • 車内は掃除機をかけるなど、きれいにしてから査定に持っていく。
  • 市販のもので対応できるような小さな傷は、自分で対処してみる。
  • 取扱説明書や整備手帳などクルマに関するものがあれば、一緒に査定に持参する。

もちろんその時だけでなく、普段からの愛車との付き合い方が大事です。

大事に乗っていれば、最後に愛車が恩返ししてくれるはずです。

愛車を高く売って
ノートの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

まとめ(ノートの値引き)

まとめ(ノートの値引き)

ここでは、ノートの購入資金を作る方法を紹介します。

「ノートが欲しい…」
「でも、購入資金が足りない…」
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで、値引き額をアップできるように頑張るのですが、
高額の値引きを行うとメーカーの利益は減少するため、
値引き額を増やすには限度があります。

そこで、現在乗っている車を高い値段で売却して、
ノートの購入資金に充てる方法がおすすめです。

ここで1点注意ですが、
実は買取店によって査定方法が違うため、
買取店ごとに査定額は大きく変わります。

(以下、イメージです)

買取業者買取価格
買取業者Aバツ30万円
買取業者B二重丸
60万円
買取業者Cバツ45万円
ディーラー下取りバツ15万円

このように、
値引き額は数万円の差しかありませんが、
買取価格は数十万円の差が生まれるケースがあります。

こうすれば、数十万円分のノート購入資金を追加でゲットできる可能性があります。

ノートの車両価格の値引きが少ない場合でも、
買取価格を上げると、結果的に安くノートが買えるのでおすすめです。

そのため、1回の入力で、数十社の業者の買取価格を比較できる、ネットの無料一括査定サービスがおすすめです。

無料一括査定の入力時間は約1分程度で、買い取りを行っている会社の査定価格を一覧で見ることができます。

最終的にディーラーで下取りをする場合も、
買取価格を見せて交渉することで、買取価格をアップできる可能性があります。

ノートの値引き価格の相場は10万円前後ですが、
買い取りを含めると、実質値引き100万円以上が叶う場合もあります。

現在の車を売りたいという場合は、ディーラーでの下取りを利用するよりも、買い取り業者を利用する方がお得になる可能性が高いです。

愛車を高く売って
ノートの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

「新車が欲しい…」
「購入資金がない…」
それなら一括査定で最高額のお店に売れば、愛車の買取額を大幅UP!
たったの数分でOK!一括査定はこちら(無料)
「新車が欲しい…」
「購入資金がない…」
それなら一括査定で最高額のお店に売れば、愛車の買取額を大幅UP!
たったの数分でOK!一括査定はこちら(無料)
タイトルとURLをコピーしました