【ジープ/Jeep】値引き額はいくら?初心者必見の交渉術!相場表と限界価格をレポート!

【ジープ/Jeep】値引き額はいくら?初心者必見の交渉術!相場表と限界価格をレポート!

この記事では、ジープを値引きしてお得に購入するコツを解説します。

ジープは、無骨でワイルドな見た目、高い走破性が特徴の四輪駆動車です。

もともとはアメリカで軍事用に開発された小型四輪駆動車が起源となっています。

「大人の男が憧れる要素」を数多く備えた魅力ある車(ブランド)です。

非常に人気の車ですが、値引きでどのくらい安くなるのか気になりますよね?

もし購入資金が足りないからといって、グレードを下げたり、大きなローンを組むのを避けたいです。

そこでジープについて、以下をまとめました。

・ジープの値引き額の相場
・ジープの値引きテクニック
・ジープの購入資金を作る方法【おすすめ】

特に、誰でもカンタンに大幅値引きを狙える交渉術を紹介します。

さらに値引き交渉をする上で、気を付けるべき注意点も書いています。

ただし、いくら値引きに成功しても、
手元に資金がなければ、ジープを買うことはできません!
購入資金が足りないからといって、大きなローンを組むのも、少し気が引けてしまいます。

そこで、もし今乗っている車があるなら、それを高く売るのがおすすめです。

無料のネット一括査定サービスを使えば、
「買取価格が数十万円アップした」なんて事例も♪

予想より大きな資金が入ってくるので、
「ジープが欲しい!」
「でも手元には資金があまりない…」
という方には、特におすすめです♪

・値引き額のアップ
・下取り価格のアップ
両方をうまく活用して、ジープを賢くゲットしてくださいね。

愛車を高く売って
”ジープ”の購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

 

愛車を高く売って
ジープの購入資金に!
おすすめ一括査定はこちら

ジープの値引き額の価格相場表【2021年10月最新】

ジープの値引き額の価格相場表【2021年10月最新】

まずは、ジープの値引き額の価格相場表をご紹介します。

値引き額は日々変動し、グレードやモデルによって値引き額は異なる点に注意してください。

車種(グレード別)値引き額
ラングラーRubicon0円
ラングラーUnlimited Rubicon Sky One-Toudh Aower Top5万円~20万円
ラングラーUnlimited Rubicon0円~20万円
ラングラーUnlimited Sahara 3.60円
ラングラーSport0円~15万円
ラングラーUnlimited Sahara Launch Edition0円~15万円
ラングラーUnlimited Sahara 2.0ターボ10万円
レネゲードLimited0円~25万円
レネゲードSafety Edition0円~5万円
レネゲードTrainhawk0円~15万円
コンパス S Model0円~40万円
コンパス Limited0円~5万円
コンパス North 4×415万円
チェロキー リミテッド0円~45万円
チェロキー トレイルホーク0円~20万円
チェロキー 75th アニバーサリーエディション0円~50万円
グランドチェロキーSRT80円~40万円
グランドチェロキーLaredo5万円~20万円
ジープ パトリオット Limited0円~20万円

これらの一覧を見ると、やはり豪華仕様なグレードほど値引き率が高いように見えます。

一般に車両価格の10%が値引き額の相場であって、よくて15%程度です。

目標としては車両価格から20万円、オプションからも20万円、合わせて40万円ほどの値引きは狙っていきたいですね。

愛車を高く売って
ジープの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ジープの値引き交渉術(新車購入で損をしないテクニック)

ジープの値引き交渉術(新車購入で損をしないテクニック)

続いては、ジープの値引き交渉術を見ていきましょう。

ここでは新車を購入する際に、損をしない4つのテクニックを解説します。

コツ1:ライバル車種と競合させる

値引き交渉を行う際には、ライバル車種と比較して交渉するのが効果的です。

さらに言ってしまえば競合車の価格、見積もりや低金利サービスなどを知っていると最大値引きへ持っていくことが容易になります。

具体的には以下が、ジープのライバル車として挙げられるでしょう。

  • ランドローバー ディフェンダー
  • メルセデスベンツ GLB
  • メルセデスベンツ GLC
  • マツダ CX-8
  • トヨタ ランドクルーザープラド

ジープと一括りに言っても実際にはレネゲードのようなやや小ぶりなものからラングラーのような超大型SUVまで幅広いラインナップが存在します。

そんな中ジープの競合となるとやはり外観的にもアウトドアチックかつワイルドな中型~大型のSUVで、値段的には500万~600万円の価格帯の車種が競合に入ってくるでしょう。

ディーラーの営業マンからすれば他社の競合車を引き合いに出され、そちらのディーラーでオプションサービスや低金利ローンサービスがあったと言われてしまえば引くに引けないのです。

そんな駆け引きの末にオプション含む車両総額の15%にも及ぶ値引きを引き出した実例も!

交渉術としては、例えば同じジープ正規ディーラーであっても地域、つまりは法人が変わってしまえばライバル店になってしまうので同じメーカーの他店舗を巡って値引きを引き出すようなことも可能です。

コツ2:総額で攻める(付属品・ローンなどを含めて値引き)

付属品やローンなどを含めた総額で攻めるのも、ジープを値引き交渉するコツです。

実は、ディーラー側で価格をコントロールできるものがあります。

たとえば、スペアタイヤやカーエアコンなどの付属品は、販売側で簡単に値引き操作を行えます。

こうした付属品やオプションを含めたうえで、「総額〇〇万円におさめたい」などと交渉してみましょう。

さらには現金一括ではなくオートローンで新車を契約する場合も値引き額を増やす要因の一つになります。

通常ディーラーはローン会社と提携しておりローン契約を獲得することで購入者である筆者や読者だけではなくローン会社からも利益が発生するのです。

その利益分も値引きの対象としてみることができるため結果としてオートローンを組んで購入したケースの方がより値引き額を増やすことに成功しやすいのです。

コツ3:若手の売れてなさそうなセールスマンを選ぶ

値引き額を増やすためには、若手の売れてなさそうなセールスマンを選びましょう。

ベテランのセールスマンよりも、若手のセールスマンのほうが値引き交渉が上手くいく可能性が高いからです。

ディーラーのセールスマンは、基本的に歩合制やノルマが厳しいケースが多く、自分で契約を取れなければ収入は増えません。

ベテランのディーラーなら、経験年数が多いだけ固定客を多く持っている可能性が高いと考えられます。

反対に新人の営業マンはなんとかして成約することが第一の目的となっていることが多く、固定客が少ないからこそ値引きのハードルを下げることが可能になります。

上司やベテランセールスマンも新人の商談を応援して、なんとか契約が結べるように運んでくれます。

その結果、若手営業マンが担当することが、値引きを最大化できる要素に直結してくるのです。

コツ4:今乗っている車の買取相場を把握しておく

ここで一番忘れてはならないのが、今乗っている車の買取相場を把握しておくことです。

値引きに成功しても、下取りで失敗しては「お得な買い方」はできません。

新たに車を購入すると、今まで乗っていた車は下取りに出すことになりますが、安易にディーラーに下取りしてもらうのは間違いです。

ディーラーは買取業者ではないので、かなり安い金額で下取りされる場合があるからです。

でも、買取価格の相場を把握していれば、安い値段で下取りされることを防ぐだけでなく、価格交渉の手段になります。

買取相場を調べるには、車の無料一括査定を利用しましょう。

複数の買取店から査定をしてもらうことで、買取相場が把握できますよ。

実際売りに出すときにも、一括査定で一番高い査定をだしてくれたお店に売ることができれば「お得な買い方」に近づけます。

愛車を高く売って
ジープの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ジープの購入資金を作る方法【必見!】

ジープの購入資金を作る方法【必見!】

ここでは、ジープの購入資金を作る方法を紹介します。

「ジープが欲しい…」
「でも、購入資金が足りない…」
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで、値引き額をアップできるように頑張るのですが、
高額の値引きを行うとメーカーの利益は減少するため、
値引き額を増やすには限度があります。

そこで、現在乗っている車を高い値段で売却して、
ジープの購入資金に充てる方法がおすすめです。

ここで1点注意ですが、
実は買取店によって査定方法が違うため、
買取店ごとに査定額は大きく変わります。

(以下、イメージです)

買取業者買取価格
買取業者Aバツ30万円
買取業者B二重丸
60万円
買取業者Cバツ45万円
ディーラー下取りバツ15万円

このように、
値引き額は数万円の差しかありませんが、
買取価格は数十万円の差が生まれるケースがあります。

こうすれば、数十万円分のジープ購入資金を追加でゲットできる可能性があります。

ジープの車両価格の値引きが少ない場合でも、
買取価格を上げると、結果的に安くジープが買えるのでおすすめです。

そのため、1回の入力で、数十社の業者の買取価格を比較できる、ネットの無料一括査定サービスがおすすめです。

無料一括査定の入力時間は約1分程度で、買い取りを行っている会社の査定価格を一覧で見ることができます。

最終的にディーラーで下取りをする場合も、
買取価格を見せて交渉することで、買取価格をアップできる可能性があります。

ジープの値引き価格の相場は10万円前後ですが、
買い取りを含めると、実質値引き100万円以上が叶う場合もあります。

現在の車を売りたいという場合は、ディーラーでの下取りを利用するよりも、買い取り業者を利用する方がお得になる可能性が高いです。

愛車を高く売って
ジープの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ジープの購入に役立つ!無料一括査定を利用した人の口コミ・評判

ジープの購入に役立つ!無料一括査定を利用した人の口コミ・評判

ここからは、ジープの高値売却に役立つ、
実際に無料一括査定を利用して、車を査定してもらった方の口コミや評判を紹介します。

一括査定サービスを利用したことで相場の倍近い査定額で売れたというツイートです。

一発で上限ギリギリの査定を出してくれるので、短い時間で決めれるようですね。

一括査定後、わずか10秒で買取業者から連絡が来た人のツイートです。

急ぎで買い取り手続きを進めたい人にとって、スピーディーな対応は助かりますよね。

同時に複数の業者へ見積もり申請ができる無料一括査定なら、素早い対応が強みの業者にも出会えるでしょう。

こちらは無料一括査定サービスを通じて、近場の優良業者に出会えた人のツイートです。

一括査定を使えば、金額面だけでなく、熱意を感じさせる優良業者と出会えるチャンスも。

近くにある複数の買取業者へ同時にアプローチできるのは、一括査定ならではのメリットと言えるでしょう。

愛車を高く売って
ジープの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ジープの購入資金をゲット!【無料一括査定サービスおすすめランキング】

ジープの購入資金を作るために!【無料一括査定サービスおすすめランキング】

ここでは、ジープの購入資金を作る”ために、おすすめの無料一括査定サービスをご紹介します。

「愛車を高く売れば、それだけジープの購入資金が増えるのはわかった!」
「でも具体的に、どの一括査定サービスを使えば良いの?」

という方におすすめです!

それぞれにサービスの特徴がありますので、自分に合ったサイトを選んでみてください。

おすすめの無料一括査定サービスを比較!

車の買取価格を引き上げるコツとしては、
ランキング上位のサービスを複数同時に利用するのがおすすめです!

(※横にスクロールできます→)

順位サービス名利用料提携業者数同時査定依頼数業者選択入力の時間電話の多さ
1位
カーセンサー.net
二重丸無料二重丸1,000社以上二重丸30社二重丸可能
三角約60秒
三角多い
メールでの取引も可
2位
カービュー
二重丸無料二重丸230社以上三角8社二重丸可能二重丸約45秒バツ多い
3位
ナビクル車査定
二重丸無料三角50社以上三角10社バツ不可能二重丸約45秒バツ多い
4位
査定比較.com
二重丸無料二重丸290社以上三角10社バツ不可能二重丸約30秒バツ多い
5位
ズバット車買取比較.com
二重丸無料二重丸290社以上三角10社二重丸可能二重丸約30秒バツ多い
6位
楽天Car(楽天カーサービス)
二重丸無料二重丸100社三角10社バツ不可能三角約90秒バツ多い
7位
一括査定.com
二重丸無料二重丸230社以上三角8社バツ不可能二重丸約40秒バツ多い
番外編グーネット買取グーネット買取二重丸無料二重丸376社以上三角1社限定二重丸可能二重丸約30秒二重丸なし

(※横にスクロールできます→)


それぞれのサービスの詳細は「中古車買取の一括査定おすすめ無料ランキング」で紹介しています。

Q.もし「お店から電話がかかってくるのが大変…」という人は?
グーネット買取A.グーネット買取も候補に入れてみましょう!
ネットだけで完結できるから、しつこい電話は一切なく、安心です。

ここからは、一つ一つのサービスを詳しく見ていきます。

1位:カーセンサー.net

提携業者数1,000社以上!
高額査定の期待大の一括査定サービス
車の買取価格5.0
多くの買取店が競合するため、高額査定が見込める
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード5.0
申込みから最短で数分後に連絡がくる
提携査定会社数4.0
1,000社以上
最大査定数4.0
最大30社
メールのみの連絡5.0
メールのみの取引も希望可

カーセンサー.netは、無料一括査定サービスでは知名度が特に高いサイトです。

・リクナビ
・タウンワーク
・じゃらん
・ホットペッパー
・ゼクシィ
などのサービスで有名な「リクルートホールディングス」が運営しています。

無料一括査定サービスを利用するなら、ここは外せません!

提携している車買取業者の数は、一括査定サービスでは業界最大級の1,000社以上。

さらに、大手やJADRI加盟店も多数含まれるので、信頼性は抜群です。

最大30社の同時査定が可能で、これは業界でも圧倒的な数を誇ります。

査定を依頼したい業者が選べるのも、カーセンサー.netのおすすめポイントです。

カーセンサーの画面上で、買取会社との連絡方法を「メールのみ希望」に設定することもできます。

  • 提携業者や同時査定数が業界トップクラスで、高額買取が期待できる
  • 運営は上場企業のリクルート、提携先は優良業者ばかりで安心
  • メールでの取引が可能で、営業電話を減らせる

カーセンサーはこちら

 

2位:carview(カービュー)

平均16万円アップ!
大手買取店との提携が多い一括査定サービス
車の買取価格4.0
ディーラーの下取りより平均16万円高い
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
24時間以内にcarviewからメールが届き、2営業日以内に各査定会社から連絡がくる
提携査定会社数3.0
230社以上
最大査定数3.0
最大8社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

「carview(カービュー)」は日本最大級のクルマ情報サイトです。

車の買取トラブルに対応する「一般社団法人日本自動車購入協会」の監修を受けているので、信頼性も高いので安心ですね。

システムは使いやすさと分かりやすさを重視しており、初心者でも簡単にサービスが利用できると評判です。

・ガリバー
・ビッグモーター
・カーセブン
・オートバックス
・アップル
・ラビット
といった、大手買取店と多く提携しているのも、carviewの特徴です。

carviewが行う無料一括査定サービスは、450万人超えの利用実績があります。

  • 一般社団法人日本自動車購入協会の監修サイトで安心
  • 多くの大手買取店と提携しているので、信頼性が高い
  • 商用車や修復歴ありの車も高値で買い取ってくれる

カービューはこちら

 

3位:ナビクル車査定

優良買取店が揃う!年間35万人が利用する一括査定サービス
車の買取価格4.0
下取りから平均17万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア4.0
全国に対応
※一部地方は対象外
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数1.0
50社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

ナビクル車査定は、年間35万人が利用する無料一括査定サービスです。

運営しているのは、上場企業「エイチーム」の子会社である「エイチームライフスタイル」です。

ナビクル車査定では、一括査定の申し込み後、
全国の査定データから算出した、愛車の最新の買取価格(概算)をWeb上ですぐに見ることができます。

業者数は50社と少なめですが、これは優良買取店だけに絞って提携しているからです。

提携業者の中には、JPUC認定の適正買取店も含まれるので、悪質な業者にあたる心配は少ない(可能性は低い)です。

  • 申し込み後、車の買取相場がすぐわかる
  • 多くの大手買取店と提携しているので、信頼性が高い
  • 商用車や修復歴ありの車も高値で買い取ってくれる

ナビクル車査定はこちら

 

4位:査定比較.com

80%が査定士の対応に満足している一括査定サービス
車の買取価格3.0
サービス利用者の7割が、平均で23.2万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数3.5
290社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

査定比較.comには、「車買取のノウハウ」や「高額売却のコツ」などのコンテンツがありません。

つまり、一括査定に特化したサイトなのです。

システムはシンプルで使いやすいと評判で、利用者の累計は200万人を突破しています。

査定比較.comは、後ほど紹介するズバット車買取比較.comと同じ「ウェブクルー」が運営しています。

提携業者は、JADRI加盟店を含む大手から、地域密着型の中小買取会社まで様々です。

査定士の対応の良さに満足している利用者が多いのも、サービスのポイントですね。

  • システムが分かりやすく、初心者でも簡単に利用できる
  • 提携業者には、JADRI加盟店も入っているので安心
  • 査定士の対応や査定額に満足しているユーザーが多い

査定比較.comはこちら

 

5位:ズバット車買取比較.com

75万台の取引データから相場を分析する一括査定サービス
車の買取価格3.0
利用者の7割が、下取りから平均23.2万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数3.5
290社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

ズバット車買取比較.comは、累計利用者数200万人超えの実績を持つ、一括査定サービスです。

運営会社は「ウェブクルー」です。

同じ運営会社の査定比較.comと違い、「車買取の基本」や「高額売却のコツ」など、参考になるコンテンツが満載です。

さらに、
「サービスの利用方法が分からない」
「買取業者からの営業電話を止めてほしい」
といった、疑問や要望に応えてくれるカスタマーサポートもあります。

ズバット車買取比較.comなら、数か月先の買取相場(概算)も分かるため、売却のタイミングを判断しやすいのもポイントです。

  • 申し込み前に平均査定相場が分かる
  • 査定時だけでなく、6か月後の買取相場も分かる
  • 電話サポートがあるので、初心者でも安心

ズバット車買取比較.comはこちら

 

6位:楽天Carサービス

楽天スーパーポイントがもらえる一括査定サービス
車の買取価格3.0
下取りより査定額がアップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード5.0
申し込みから最短で数分後に連絡がくる
提携査定会社数2.0
100社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

楽天Carの一括査定サービスは、楽天Carオークションと同じ、「楽天株式会社」が運営する一括査定サービスです。

サービスは無料で利用でき、100社以上の業者の中から最大10社に同時査定してもらえます。

提携業者には、JADRI加盟店や大手買取店も多く含まれるので、トラブルのリスクも少ないです。

  • 完全無料でサービスを利用できる
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 上場企業の楽天が運営するサービスで信頼度が高い

楽天Carサービスはこちら

 

7位:一括査定.com

日本自動車流通研究会(JADRI)が運営する安心の一括査定サービス
車の買取価格4.0
各買取社が高額査定を出してくれる
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード3.5
申し込み後48時間以内に査定結果がわかる
提携査定会社数3.0
200社以上
最大査定数3.5
最大8社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメール連絡がくる

一括査定.comは、株式会社メディア4uが運営する車一括査定サイトです。

安心して利用できる車査定サイトであるために、「一般社団法人 日本自動車購入協会(通称:JPUC)」と提携。

実際の車買取現場で発生するトラブル等の監視に努めています。

万が一トラブルが発生した時も、JPUC車売却消費者相談室が対応してくれ、サポート体制も充実しています。

それもあり、一括査定.comは利用者累計数400万人超え&年間5,000台の実績を誇ります。

公式サイトでは、車種やグレードごとの査定相場の情報も公開しているので、査定前に参考にするのもおすすめです。

  • 愛車の相場がすぐに分かる
  • 利用実績も多く、信頼性が高い
  • トラブルにはJPUC(日本自動車購入協会)が対応してくれる

一括査定.comはこちら

 

番外編:電話がわずらわしいなら「グーネット買取」がおすすめ

グーネット買取

ネット完結なので、車一括査定サービスと違って
電話が大量にかかってくるマイナス点なし!
車の買取価格4.0
各買取社が高額査定を出してくれる
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード3.5
申し込み後48時間以内に査定結果がわかる
提携査定会社数3.0
376社以上
最大査定数3.5
最大1社
メールのみの連絡5.0
面倒な電話がかかってこない、すべてネットのみで完結できるサービス

グーネット買取は、車の情報を入力するだけで、愛車の買取価格の相場を把握できる査定サイトです。

ネットだけで、買取業者の選定から査定依頼まで完結できるのが特徴です。

そのため、一括査定サービスにありがちな、「電話がたくさんかかってきて大変…」ということがありません。

運営会社は、一部上場企業のプロトコーポレーションなので安心です。

プロトコーポレーションは、大手ウェブサービス「goo」を運営しており、300万人以上の利用者がいます。

ディーラーの下取りよりも、「数十万円も高く買い取ってもらえた」という実績もあり、多くの人から利用されています。

  • 愛車の相場がすぐに分かる
  • めんどうな電話がかかってこない
  • 大手の会社が運営している安心感

グーネット買取はこちら

 

1番おすすめの車一括見積もりサービスはどこ?

おすすめの無料一括査定サービスは、ランキング1位の「カーセンサー.net」です。

査定の申し込み手続きも簡単なので、初めて一括査定サービスを利用する人でも安心

なんと最大30社の同時査定が可能なので、高額買取の期待大です。

提携業者は大手からローカル企業まで幅広く、近場の買取店が見つかりやすいのも魅力です。

また、提携業者にはJADRI加盟の優良買取店も含まれるため、トラブルのリスクも少なく、安心して査定を依頼できます。

メールのみでの取引も希望できるので、他の車査定サイトよりも、初めての利用でもハードルが低いことが特徴です。

運営しているのは、上場企業のリクルートなので、安心して利用することができます。

公式サイトには、査定依頼が多い車の月・週・日別ランキングに加え、査定の基礎知識や高額査定のテクニックなど、参考になる情報も掲載されています。

ランキング1位
カーセンサーはこちら

もくじに戻る▲

ジープの購入資金作りに最適!無料一括査定を利用するメリット

ジープの購入資金を作りに最適!無料一括査定を利用するメリット

ジープの購入資金を作るために無料一括査定サイトを利用するメリットについていくつか紹介します。

出張査定の時間がスピーディー(15分~1時間程度)

メリットの一つ目は、査定の時間が早い点です。

出張査定で気になるのは、実際の査定にかかる時間です。

実車の状態をチェックするので時間はそれなりにかかりますが、査定にかかる時間は早くて15分、遅くても1時間と考えれば間違いありません。

非常にスピード感のある対応が可能なため、忙しい人ほどおすすめです。

全国に出張し、手数料も不要

メリットの二つ目は、全国に出張してくれて料金も無料という点です。

無料一括査定なので当然のことながら出張査定の費用も手数料もすべて無料です。

通常一括査定を利用しない場合には、自分で買取店舗へ連絡、予約をした後に実際に愛車を持ち込み査定をお願いしなければいけません。

しかし、一括査定であれば面倒な予約や店舗へ足を運ぶこともありません。

直接買取業者が訪問してくれて、査定まで行ってくれるので非常に手軽です。

実際に売却するとなった場合にも車両のレッカー費用、査定の出張代金、その他売却に関わる手数料なども一切かからずに、自分の車の売却額がそのままもらえます。

そのため、無駄な出費がなくマイカーを買い取りに出せますよ。

一度の情報入力で複数の見積もりが手に入り、手間が省ける

メリットの三つ目は、手続きが簡単な点です。

無料一括査定はたった一度だけ愛車の情報を入力するだけでたくさんの買取専門店から概算見積もりが届きます。

その中で最高額を提示した車買取店に出張査定を依頼して、さらに高値を付けてもらいましょう。

買い取りに出す際、最も重要なことは一番自分の車を高く買い取ってくれるお店を見つけること。

そのためには買取店を何店舗も探しまわり、面倒な手続きをして、見積もりを集めたのちに一番高い見積もりをくれた買取店へまた車を持ち込み。

見積もりがどこも低い金額の場合には最終的にまた買取店と交渉をして少しでも買取額を引き上げると言った手間もかかってきます。

一括査定なら、こんな面倒なことをしなくても簡単に、一番高い買取店が見つかります。

そうすることにより、本来であればベースグレードしか手が届かなかった車でも上級グレードに変更!

本当は欲しかったけど、予算の都合で諦めていたオプションパーツを装着することも夢では無くなってきます。

ネットなので、わずか1~3分で完了します。

愛車を高く売って
ジープの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ジープの購入資金をゲット!愛車売却の流れ・必要なもの

ジープの購入資金をゲット!愛車売却の流れ・必要なもの

ジープの購入資金をゲットするために、愛車売却の流れと必要なものを紹介します。

買い取りまでの流れ

最初に、愛車の査定、買い取りまでの流れをご紹介します。

一括査定

まずは無料の一括査定サービス売りたい車の情報を入力します。

自分の連絡先、車種、年式、走行距離を入力するだけ。

入力時間は1~3分程度、簡単に終わります。

インターネット環境さえあれば誰でも何曜日でも、どこでもできます。

更に時間はたったの1分!

これだけでさまざまな買い取りのプロが査定を正確に行ってくれます。

一括査定ではあくまで暫定の金額になりますが、買取専門店には豊富な経験と実績があるため、わずかな情報だけで正確な買取額を査定する事ができます。

多くの場合でネット査定後の売却前に本査定と呼ばれている実際の車を確認する作業がありますが、ほとんどのケースでネット査定と金額が変わることはありません。

本査定

査定後に買取店を決めたら本査定を申し込みましょう。

本査定では、最終的に車の状態を見ます。

基本的には一括査定の金額から大きく変わることはなく、ここで納得できなければキャンセルしても問題ありません。

気に入った買取店があれば、気負いする事なく、気軽に本査定を頼んでみましょう。

売買契約書をかわす

ここまできたら正式な取引になり、売買契約書と呼ばれている書類にサインします。

このサインをしたら契約が完了してしまい、後戻りができなくなります。

不安なことや気になることなどがあれば、サインをする前に確認しておくのがベストです。

たとえば、以下です。

  • 入金日はいつ頃?
  • 実際のお金は手渡しか振り込み?
  • 次の愛車が納車されるまでの代車は出る?
  • 自分の車にある個人情報はどうなる?

車の引取、入金

その後、車の引取と入金があります。

売買契約を結んだときに引取の日が決められますので、それまでにキーや説明書、スタッドレスタイヤなどはしっかり準備しておきましょう。

また、代車のサービスを利用する場合、引取の時に手続きが行われます。

そして、入金はほとんどの場合銀行振り込みで、車の引取後3~4日で入金する買取専門店が一般的で、入金が確認できれば売却の取引は終了です。

必要なもの(必要書類一覧)

ここでは、車両の売却の際に必要なもの(必要書類一覧)をご紹介します。

普通車と軽自動車では、必要書類が少し異なります。

普通車の場合

用意しておくもの備考
自動車検査証
自賠責保険証明書
自動車リサイクル券リサイクル料金を買取業者から返金してもらえる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
自動車納税証明書その年の4~5月に支払ったもの。売却後に月割りで還付を受けられる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
振込口座情報通帳など。
印鑑登録証明書発行から1~3ヶ月以内のもの。※買取業者により異なる
実印印鑑登録済の実印。
譲渡証明書※買取業者が用意
委任状※買取業者が用意
メンテナンスノート(任意)メーカー保証書と点検整備記録簿がセットになったもの。

軽自動車の場合

用意しておくもの備考
自動車検査証
自賠責保険証明書
自動車リサイクル券リサイクル料金を買取業者から返金してもらえる。
※買取業者が用意
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
軽自動車納税証明書その年の4~5月に支払ったもの。売却後に還付を受けられる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
振込口座情報通帳など。
認印軽自動車は認印でOK
自動車検査証記入申請書運輸支局窓口、国土交通省ホームページにあり。
買取業者の店舗においていることも。
メンテナンスノート(任意)メーカー保証書と点検整備記録簿がセットになったもの

「納税証明書」は毎年税金を支払うと交付されますが、紛失している人も多いので、事前に確認が必要です。

車の売却前までには、必要な書類はすべて準備しておくようにしましょう。

愛車を高く売って
ジープの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ジープの値引きの注意点

ジープの値引きの注意点

では次に、ジープの値引きの注意点について5点紹介します。

ジープに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない

ジープに限らず購入時期による値引き価格の差は少ないので、購入時期について気にする必要はありません。

よく耳にするのは、「決算時期や年末年始など、車を購入する時期によって車両価格や値引き額に差が出る」といった話です。

「決算セールなので何十万円も値引きします!」とセールスマンに言われると嬉しくなって舞い上がってしまいがちです。

しかしこれは間違っており、ディーラーは値引きを大きくする分、下取り価格を抑えて帳尻を合わせています。

例えば、新車本体の値引き金額を10万円上乗せしても、下取り金額を10万円引き下げているのです。

それによって見た目で値引き額が増えたように見せつつ、実際の車両総額は変わらないというトリックが隠されているのです。

つまり、時期によって値引き額が変わって見えても、実際の総額に差が出ることは少ないのです。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!

新しい車を購入する際には、一般的に販売店であるディーラーに現在所有の車をそのまま下取りに出す事が多いです。

ディーラーは競合がいないという理由から査定額が安い(査定が低い)です。

新しい車を購入する際には、一般的に販売店であるディーラーに現在所有の車をそのまま下取りに出す事が多いです。

特に手間も掛からず、ディーラーですべて行ってくれるので楽してお得に乗り換えできていると思っていませんか?

ですが、ディーラーで下取りをするのはほぼデメリットしかありません。

見積もり額についても一般の人が相場や見積もり額を適正なのかどうか判断することは非常に困難です。

結果として、ディーラーによって下取り金額を安く買い叩いかれてしまうのです。

悪徳な業者に引っかかるとどうなるの?

どんな業界でも同じですが、車の買い取りにも残念ながら悪徳な会社が存在しています。

絶対に引っかかりたくない悪徳業者ですが、もし引っかかるとどうなってしまうのか気になりますよね。

たとえば、無料査定としていながら出張代金や査定手数料など料金を請求、または下取り額から差し引くなどの行為。

査定時における車の状態で、本来減額対象ではないところにも難癖をつけ、異常に安く見積もりを出す。

売る気がなくなっても強引な勧誘でしつこく買い取りを契約させようとしたり、買取店が素人のようなスタッフを出張させてトラブルに発展してしまうようなケースまであります。

悪徳な業者に引っかからないためには?

悪徳業者に引っかからないための対策として、最も簡単で効果のあるものは一括査定です。

なぜなら、一括査定サービスと提携している買取店は厳格な審査を受けていて、公的な査定の資格を持っている業者ばかりだからです。

こちらのサービスで査定を行う業者は、全国にたくさんある買取店の中から厳選された優良業者だけが査定を行います。

そのため一括査定に登録されている時点で、一定基準の安心が保証された業者であるということです。

もちろん専門的な資格、経験があるスタッフが対応するため、実際に利用したユーザーからの評判も高いのが特徴です。

担当者との相性も電話やメールでコミュニケーションする事で確認もできるので安心して任せる事ができます。

下取りではなく買取業者の一括査定を利用(新車のジープの大幅値引きと同じ効果!)

最後の注意点ですが、ディーラーでの下取りではなく、買取業者の一括査定を利用しましょう。

一括査定サービスと提携している買取専門店は優良な会社ばかりなので、ディーラーの下取りよりも有利な価格で買い取ってくれます。

口コミを見ていると、「ディーラーの査定額の倍になった!」という声がよく見られます。

こうした差額をそのままジープの購入費用に回せるのです。

ディーラーで下取りをするにしても、一括査定サービスを使ってあらかじめ買取価格の相場を知っておくと、ディーラーの下取り価格をアップする交渉材料にも使えます。

複数の買取専門店の買取金額を比較できるので、結果的に一番高く買い取ってくれるお店に売ることができて大変便利です。

愛車を高く売って
ジープの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ジープとは(特徴・どんな車)

ジープとは(特徴・どんな車)

ジープについて、特徴や実燃費、納期やグレードなどについて詳しく説明します。

ジープとは?特徴・どんな車?

ジープは、アメリカで軍事用に開発された小型四輪駆動車が起源とされています。

現在では世界各国で幅広く認知されており、小型のシティ向けから歴史ある本格的SUVまで豊富に取り揃えています。

特徴は、全てのラインナップに共通して見られる無骨でワイルドな見た目と走破性の高い四輪駆動。

大人の男が憧れる要素を数多く備えた、そんな魅力ある車(ブランド)です。

ジープの実燃費は?

では、ジープの実燃費はどのくらいなのか見てみましょう。

走行シーン燃費
高速道路中心12.9km/L
郊外・幹線道路10.7km/L
市街地8.2km/L

※ジープはモデルやグレードにより燃費が大きく異なります
※上記は「ジープ ラングラー2L ガソリンターボ」の実燃費です

新車のジープの納期は?

ジープは代表車のラングラーからレネゲードなど、ほとんどのラインナップで半年から一年ほどの納期が標準となっています。

新車を購入する際には国産車などと比べてやや気長に待つ必要がありそうです。

ただ、当然例外もあり2~3ヶ月で納車されているケースもあるため、購入予定の車種を事前にディーラーへ納期を確認しておくのがベストです。

ジープのグレードの違い、おすすめのグレードは?

次に、ジープのグレードの違いやおすすめのグレードについて考えます。

ジープには2ドアの「スポーツ」と、4ドアである「アンリミテッド」が存在します。

さらに限定車や特別仕様車を除けば、「スポーツ」「サハラ」「ルビコン」の三種類がラインナップされています。

スポーツ

「スポーツ」は実質上のベースグレードに当たります。

エンジンは最上位グレードと同じパワートレインが採用されおり、快適装備へのこだわりがなければ価格帯的にもおすすめのグレードとなっています。

サハラ

「サハラ」についてはまず、外観上の違いとして他グレードがルーフトップとリア周りがブラック塗装で色分けされているのに対して、「サハラ」だけはボディ全体が同色塗装されています。

さらにパワートレインが3.6L V6仕様と、2,0Lターボから選択可能なのも大きな特徴となっています。

ルビコン

「ルビコン」は最上級グレードに位置しており、それぞれに専用の加飾が施されています。

専用のタイヤホイール、ロゴ入りレザーシート、専用フロントグリルなどが備わっており、一目で特別な印象を感じ取る事ができます。

ジープのカラーバリエーションは?

全8色のカラー展開がされています。

しかし、グレードによってそれぞれ選択できる色が違うので要注意です。

「スポーツ」では、ファイアークラッカーレッド、グラナイトクリスタルメタリック、ブラック、ブライトホワイト、ヘラヤライエローが選択できます。

「サハラ」には、グラナイトクリスタルメタリック、ブラック、ブライトホワイト、パンプキンメタリック、オーシャンブルーメタリックが選択できます。

「ルビコン」では、ブラック、ブライトホワイト、パンプキンメタリック、スティングレー、ヘラヤライエローが選択できます。

全てのグレードで一番人気は、「ブライトホワイト」です。

やはり人気色とあって中古車市場でも、他の色と比較して高価格帯を維持しています。

となると下取り、買取などリセールバリューの面で有利になります。

将来的に乗り換えを検討している場合には(乗り換えを予定している場合には)、「ブライトホワイト」がおすすめです。

ジープの安全装備・システムは?

ジープは現在、標準でヘッドランプ、フォグランプ、テールランプなどがLED化され視認性がアップしています。

車間距離を監視して運転者に知らせてくれるブラインドスポットモニターの他に、車両後方を通る歩行者や他車を検知する事ができるリアクロスパスデティクションなど充実の安全装備があります。

さらにParkSenseフロントパークアシストと呼ばれる駐車時の前方障害物を感知するシステムも標準で装備されています。

そして、本格SUVならではの機能もしっかり搭載。

下り坂にて走行を支援するヒルディセントコントロール、上り坂をアシストするヒルアセントコントロールも新たに追加されました。

グレードによる違いとして代表的な装備は「サハラ」にオートハイビーム、最上級の「ルビコン」にはOffRoad+ボタンが搭載。

ワンタッチでスロットルコントロールやトランスミッションのシフトタイミングの他にトラクションコントロールまで調整を行ってくれます。

これにより砂丘などの悪路で高速走行が可能になるほか、低速でのロック走行においても最適なドライビングが楽しめるようになります。

ジープの新型は機械式の立体駐車場に入る?

ジープのラインナップにて最も大型に該当するラングラー アンリミテッドで考察します。

  • 全長:4,870mm
  • 全幅:1,895mm
  • ホイールベース:3,010mm

グレード毎に全高のみ違いがあり、「スポーツ」は1,825mm、「サハラ」は1,840mmとなり2,0Lターボモデルは1,845mmとなっています。

「ルビコン」が一番高さがある1,850mmです。

この数字から見ると一般車用スペースでは全幅、全高で制限が厳しく、ラングラーを駐車するのは難しいです。

しかし、同じ機械式駐車場でも、大型車用のスペースであれば駐車は十分に可能となっています。

実際には数値の範囲内でも重量制限や全長配分の都合でスペースに入らないケースもあるので、実車で確認するのがベターです。

ジープのおすすめオプションは?

ジープでつけるべき、おすすめオプションをまとめます。

まずはドライブレコーダーです。

このご時世、付けているだけで安心感も違います。

次にETCです。

もはや必須とも言える機械ですが、各メーカーいまだにオプション扱いとなっています。

そしてここからはジープならではのおすすめオプションです。

まず、オールウェザーフロアマットです。

ゴム製でフロアの形にぴったりフィットするためアウトドア目的だけではなく普段使用の汚れ防止にも◎

汚れた場合も丸洗いできるので便利です。

外観的には、ヒューエルフィラーカバーが給油口内部の汚れ防止とデザイン性を兼ねており、非常におすすめのパーツとなっています。

ジープのメリット・デメリット

ジープのメリット・デメリットをまとめます。

メリット

ジープを乗る上で最大のメリットは、唯一無二であるワイルドな見た目と、期待を裏切らない走破性の高さです。

街乗りや高速道路などの普段乗りを快適に走れる車でありながら、オフロードへ一度出れば本格的なSUVを一瞬で感じる事ができます。

どんどん電動化が進んでいる中で燃料を使い、力強く走ってくれるというのも今や大きなメリットとなり得るのかもしれません。

デメリット

ではデメリットはどうでしょう?

その大きな車体を四輪駆動でグイグイ進む車。

ジープが欲しい人からすればデメリットと呼べる物ではないかもしれませんが、気になるのは実燃費ですね。

グレードや使い方で一概には言えませんが、およそ平均で7~9km/Lというのが最も有力となっています。

そしてもう一つは想像に難くないのですが、車体が大きい分どうしても取り回しが難しく小回りが利かないようです。

このような点を競合車と比較して、値引き交渉を行っていきましょう。

愛車を高く売って
ジープの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ジープの購入資金をゲット!手持ちの廃車/事故車/不動車の売却におすすめの査定サービスは?

ジープの購入資金をゲット!手持ちの廃車/事故車/不動車の売却におすすめの査定サービスは?

ここからは、廃車/事故車/不動車の売却におすすめの査定サービスをご紹介します。

車は持っているけど、

「廃車だから…」
「事故車だから…」
「動かない車だから…」

なんて諦めていませんか?

実は、「廃車/事故車/不動車」を対象とした買取査定サービスがあるんです。

実際に査定してもらうと、予想以上の金額で買い取ってくれた事例もたくさんありますよ!

ここでは、おすすめの査定サービスをランキング形式でご紹介します。

それぞれに特徴があるので、自分に合ったサービスを選んでみてください。

おすすめの廃車OK査定サービスを比較!

(※横にスクロールできます→)

順位サービス名利用料入力の時間電話の多さその他(提携業者)
1位
カーネクスト
二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)サービス運営のため、
1,000社以上の自動車関連業者と提携
2位
廃車本舗
二重丸無料二重丸約10秒二重丸少ない(1社のみ)販路として海外輸出事業と連携
3位廃車ラボ二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)全国に協力会社や提携会社が多数
4位
廃車買取.com
二重丸無料二重丸約25秒二重丸少ない(1社のみ)販路として海外業者と提携
5位
ハイシャル
二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)販路や運営のため、
全国1,000社以上の専門業者と提携

(※横にスクロールできます→)

比較しても迷ってしまいますが、
1位のカーネクストは、
・買取価格が高い
・廃車手続きや引き取りの費用が無料
・コールセンターの評判が高い
などの理由から、おすすめ度1位となっています。
※迷ったら、複数のサービスに依頼してみるのもアリ!
※買取価格がさらに上がるかも!

ここからは、1つ1つのサービスを詳しく見ていきます。

1位:カーネクスト

どんな車も原則0円以上の値がつく!廃車買取サービス
車の買取価格5.0
どんな車でも0円以上で買い取ってもらえる
手間(電話査定可)4.5
専用フォームか電話で申し込み
対応スピード5.0
書類があれば契約にも即対応
提携査定会社数
※全国引取りを可能にするため、1,000社以上の業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、カーネクストと電話でやり取り

カーネクストは、他店で値段がつかない車も、原則0円以上で買い取ってくれる廃車買取サービスです。

査定依頼は24時間WEB受付中で、20秒の簡単入力で見積りを出してもらえます。

また、車の買取額とは別に、還付金が返ってくるのもポイントです。

面倒な廃車手続きや自動車税の還付手続きは、カーネクストの専門スタッフが無料で代行してくれます。

カーネクストは全国の専門業者と連携しているので、どこでも希望の場所まで車を引き取りに来てくれて、レッカー代も無料です。

サポートも充実しており、専門スタッフが年中無休で対応してくれますよ。

  • 原則0円以上の買取保証
  • 買取額の他に還付金も受け取れる
  • 廃車手続きでは、必要書類を揃えるだけでOK

カーネクストはこちら

 

2位:廃車本舗

リサイクル工場&海外への販売ルート保有で、高額買取が期待できる!
車の買取価格4.0
他社で0円査定だった車にも買値がつく
手間(電話査定可)4.5
専用フォームまたは電話で申し込み
対応スピード4.0
当日または翌日に査定金額を回答
提携査定会社数
※販路として海外輸出事業と連携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車本舗と電話でやり取り

廃車本舗は、事故車、不動車、ボロボロの車、エンジンがかからない車でも、高値で買い取ってくれる廃車買取サービスです。

高額買取が実現する理由は、
国内3ヵ所に自社のリサイクル工場があり、さらにアジア圏を中心に海外への販売ルートを持っているからです。

廃車本舗は自動車リサイクルシステム登録業者なので、適正な廃車処理を行ってくれ、非常に信頼できます。

査定依頼は専用フォームから簡単にでき、情報入力も10秒ほどで済みます。

廃車手続きの代行や車の引取り(レッカー代含む)も、すべて無料。

専門のスタッフが一貫してサポートしてくれるので、初心者でも安心ですよ。

  • 自社の解体工場と海外への販路があるため、高価買取が実現
  • 面倒で複雑な廃車手続きも無料で代行
  • 自動車リサイクルシステム登録業者&手厚いサポートで安心

廃車本舗はこちら

 

3位:廃車ラボ

買取と廃車の2通りから査定してくれる!
車の買取価格3.5
どんな車も引き取ってくれる
手間(電話査定可)4.0
メール・電話・FAXでの問い合わせ
対応スピード3.0
引取りは連絡から3営業日以降
提携査定会社数-(非公開)
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開))
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車ラボと電話でやり取り

廃車ラボは、放置車・不動車・カギなし車・事故車といった、どんな車も引き取ってくれる廃車買取サービスです。

そして、買取と廃車の2通りから査定を行い、より高値で売れるほうを提案してくれるのが特徴です。

ちなみに、
買取は車両の価値から算出し、
廃車は車両(鉄や部品)と還付金(重量税・自賠責保険・自動車税)の価値から算出します。

サービスは完全無料で利用でき、査定依頼はメールまたは電話から、24時間・年中無休で受け付けています。

廃車手続きは、書類の準備と当日の立会いだけでOKです。

公式サイトには、廃車に関する豆知識がたくさん載っており、とても参考になりますよ。

  • 廃車と買取の2通りから査定
  • 廃車手続きは、必要書類の準備と当日立会いだけ
  • サイトには廃車のノウハウが満載

廃車ラボはこちら

 

4位:廃車買取.com

事故車や故障車など、多くの買取実績あり!
車の買取価格3.0
0円以上保証で、高値がつく場合も
手間(電話査定可)4.5
専用フォームから申込み
対応スピード4.0
最短で翌日引き取り
提携査定会社数
※販路として海外業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車買取.comと電話でやり取り

廃車買取.comなら、20年前の車や車検切れの車でも高値がつく場合があり、還付金も返ってきます。

古い車を高値で買い取ってくれる理由は、
全国50箇所に自社の廃車工場があり、海外の業者にパーツやメタル資源として販売しているからです。

廃車買取.comなら、廃車に出すか決まっていなくても、査定だけお願いできます。

公的な資格を持つ査定士が車の価値をしっかり見極め、適正価格を出してくれるのもポイントです。

全国への出張引取り手数料・不動車や事故車のレッカー代・解体費・手続き代行費などは、全て無料です。

さらに、当日の立ち会いができなくても引き取り可能なので、忙しい人でも利用しやすいですね。

  • 低年式や多走行の車、事故車や故障車など、高額買取実績あり
  • 廃車が決まっていなくても、査定依頼してOK
  • 当日立ち会いができなくても、引き取り可能

廃車買取.comはこちら

 

5位:ハイシャル

査定のみOK&無理な営業電話なしの廃車買取サービス!
車の買取価格4.0
どんな車も0円以上で買取保証
手間(電話査定可)4.5
専用フォーム・電話・LINEで申込み
対応スピード4.0
最短で翌日の引き取り
提携査定会社数
販路や運営のため、全国1,000社以上の専門業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
電話またはメールで、ハイシャルとやり取り

ハイシャルは、女性や年配の人でも安心して利用できる、廃車買取サービスです。

2019年の相談実績は65,000件を突破しました。

分かりやすいシステムと専門スタッフによる年中無休のサポートが、ハイシャルの特徴です。

1,000社以上の専門業者と提携することで、サービスの全国展開を可能にしています。

エリアや車両状況によっては、午前中の依頼で当日に引き取ってもらえる場合もあります。

ハイシャルは、国内での再販・輸出・マテリアルとしての再利用など、様々な販路を持っているため、どんな車も0円以上の買値がつくのです。

それから、廃車手続きも無料で代行してくれて、還付金も受け取れますよ。

  • 廃車買取に詳しくない人でも、分かりやすいシステム
  • 査定のみOKで、無理な営業電話なし
  • LINEでの査定申込みや相談も可能

ハイシャルはこちら

 

1番おすすめの廃車OKの査定サービスはどこ?

おすすめの廃車OKの査定サービスは、ランキング1位の「カーネクスト」です。

カーネクストは、業界でもトップクラスの廃車買取価格を実現しています。

廃車に高値がつく理由は、海外に独自の販路を持っており、そこに輸出やパーツ資源を販売しているからです。

15年以上前の車・15万Km以上走行の車・車検切れの車・故障車・事故車・不動車などの買い取り実績も多く、安心して査定を任せられますよ。

カーネクストは、専門スタッフが利用者一人一人を最後までしっかりサポートしてくれるため、廃車買取が初めての人でも利用しやすいです。

「売れないだろう」と諦めていた車に、思わぬ買取価格がつくケースもあります。

古い車の処分に困ったら、カーネクストに査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

ランキング1位
カーネクストはこちら

もくじに戻る▲

ジープの値引きでよくある質問と回答

ジープの値引きでよくある質問と回答

続いて、ジープの値引きでよくある質問と回答について紹介します。

Q1.ジープの値引き価格は、決算期等・購入時期によって変わる?

結果からいうと値引き率は変わりません。

世の中のボーナス時期やディーラーの決算期にはキャンペーンを開催しており、値引きが多く、その他の時期には値引きが渋くなるというイメージがあります。

しかしこれは、実際の値引き額が多く見えても、その分下取り価格で差し引かれているため、総額は変わっていないのです。

これはどこのディーラーでも行われているので、結果として値引き額は時期に左右されていない事がわかります。

当たり前ですが、値引き交渉しない客、値引き交渉が苦手な客をセールスマンは見逃しません。

だからこそ、切り出し方を間違えずに、最低限の交渉は行う必要があります。

それだけで何十万円も変わって来るのであれば、ここで解説しているテクニックを使わない手はありません。

中には商談中に正直なセールスマンが、下取りではなく買取専門店に持ち込み査定することを勧めてくれる場合もありますが、そんな優しい人はごく一部です。

Q2.車を売るか分からなくても、ネット査定できる?

車を売るか分からなくても、ネット査定は利用できます。

そのため、実際に愛車を手放すかどうかは置いておいて、最後の契約サインを交わすまで、じっくりと悩みましょう。

相場を知った上で、買取店の見積もりを自分で判断できるため安心して利用できます。

Q3.オプションや装備を値引きすることはできるの?

車を買うときに、ある順番を守ればオプションやその他装備も値引きしてもらうことは可能です。

それは車両本体価格と希望のオプションや装備をまとめた見積もりを作ってもらうこと。

後から装備などを追加してしまうと、車体からの値引きのみでオプションからは値引きを引き出す事ができません。

だからこそ、すべてをまとめた見積もりを作ってもらう事で、オプションを含めた一括値引きで交渉できるようになります。

実はディーラー側もその方が値引き額を増やしやすいので、おすすめです。

愛車を高く売って
ジープの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

まとめ(ジープの値引き)

まとめ(ジープの値引き)

最後に、ジープの値引きについてまとめます。

ジープの値引き額は「車両本体価格の約10%」で、他の車種と比べて平均的な数字です。

しかし、値引き額をこれ以上増やすとなると、メーカーの利益が少なくなるため、限界があります。

そのため、値引き交渉を頑張るだけでなく、
現在乗っている車をより高く売ることをおすすめします。

実は、査定する買取店によって、現在乗っている車の買取価格は大きく変わります。

(以下、イメージです)

買取業者買取価格
買取業者Aバツ30万円
買取業者B二重丸
60万円
買取業者Cバツ45万円
ディーラー下取りバツ15万円

このように、
値引き額は数万円の差しかありませんが、
買取価格は数十万円の差が生まれます!

この中から最も高い査定額を提示した買取店に売却しましょう。

すると、差額の数十万円も得して、ジープの購入に回せる可能性があるのです。

ただし、買取店を1店1店巡り、買取価格を聞いて回るのは非常に大変です。

そこでおすすめなのが一括査定サイトです。

一括査定サイトなら、
たった一度の入力で、複数の買取店から見積額が届きます。

その中で、最も高い査定額を提示した業者に売却すれば、より割安でジープに乗り換えることが可能になります。

無料一括査定サイトの使い方はとても簡単なので、ジープに乗り換える予定の人はぜひ利用してみてください。

愛車を高く売って
ジープの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

「新車が欲しい…」
「購入資金がない…」
それなら一括査定で最高額のお店に売れば、愛車の買取額を大幅UP!
たったの数分でOK!一括査定はこちら(無料)
「新車が欲しい…」
「購入資金がない…」
それなら一括査定で最高額のお店に売れば、愛車の買取額を大幅UP!
たったの数分でOK!一括査定はこちら(無料)
タイトルとURLをコピーしました