【ハイエース/トヨタ】一番高く売る方法は?中古車買取相場・査定価格情報、高額売却のコツ

【ハイエース/トヨタ】一番高く売る方法は?中古車買取相場・査定価格情報、高額売却のコツ

この記事では、ハイエースを高く買い取ってもらうコツや注意点をまとめました。

「一番高く買ってくれる買取店は?」
「ネットの一括査定サービスって使ったほうがいいの?」
「愛車の車買取相場は?」
「下取りに出した方がいいの?」
「事故車って売れるの?」
「傷があっても大丈夫?」

このように、
愛車を売る際は、たくさんの疑問が出てきますよね。

でも、この記事を読めば、そんな疑問はバッチリ解決!

ハイエースを高価売却したい人は、必見ですよ。

「愛車の本当の価値はいくらなのか?」
たった数分でできる
一括査定サービス
を使って確認してみませんか?
(↓詳しいランキングを見る↓)
>>> 車買取おすすめランキング・無料査定サイトを比較!
 

ハイエース
買取価格をカンタン比較!
おすすめ一括査定サービス

 

ハイエースを一番高く売るなら!
おすすめ一括査定はこちら

ハイエースの買取相場の参考価格表【2021年9月最新】

ハイエースの買取相場の参考価格表【2021年9月最新】

まずは、ハイエースが現在いくらで買い取られているか、参考価格表を見ていきましょう。

車種新車価格中古車の買取価格
ワゴン DX(2004年式)288万円61.8万円
ワゴン DX(2011年式)288万円59.9万円
ワゴン GL(2009年式)311万円66.3万円
ワゴン GL(2012年式)311万円108万円
ワゴン GL 4WD(2010年式)342万円120.9万円
ワゴン グランドキャビン(2007年式)368万円95.2万円
ワゴン グランドキャビン(2018年式)368万円227.3万円

表を見ると、ハイエースの買取相場は、他の車より非常に高額だと分かります。

人気の高い「ワゴン GL」ならば、年式が古くなければ、100万円以上の値段がつくことも、珍しくないようです。

さらに、最もグレードの高い「ワゴン グランドキャビン」では、200万円以上の買取価格がつくこともあります。

そのため、ハイエースはリセールバリューの高い車だといえます。

ハイエースの買取価格は、グレードやモデルにもよりますが、

  • 走行距離1万kmごとに新車価格の7~8%ずつ
  • 年式1年ごとに新車価格の8~10%ずつ

値下がりするのが一般的です。

ただし、年式が3年以内なら5~6%ずつ、走行距離3万km以内なら5~8%ずつの値下がりにおさえられます。

そのほか、人気のワゴンの「GL」や、バンの「スーパーGL」のグレードには、やはり高値がつきやすいです。

そしてどんなに古くても、ハイエースの買取価格が0円になることは、ほとんどありません。

「ハイエース」というだけで、価値のある車であることを覚えておきましょう。

ハイエース
買取価格をカンタン比較!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

【損する?】ハイエースの査定額は買取店舗によって大きく違う!

【損する?】ハイエースの査定額は買取店舗によって大きく違う!

ここでは、ハイエースの査定額が買取店舗によって大きく変わる理由を説明します。

ハイエースの買い取りで損しないために、注意すべきポイントも紹介します。

【損する危険性1】車の買取店舗によって査定額に大きな差が出る!

まず覚えておくべき点は、まったく同じハイエースでも、買取店舗によって査定額が大きく違うことです。

その理由は、買取店によって細かい査定方法や評価基準が異なるからです。

複数の買取店を比較するとわかりますが、
数十万円から最大で100万円の差が出るケースも珍しくありません。

特にハイエースは、日本以上に海外からの需要が高い車です。

そのため、輸出ルートを持つ買取業者であれば、通常より高い査定額をつける可能性があります。

それを知らずに、年式が古いからと安値で売ったり、下取りに出したりしてしまうと、大きく損をすることになります。

そのため、買取業者は慎重に選び、安く買いたたかれないように注意しましょう。

【損する危険性2】ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!

次に、ディーラーで下取りすると、安く買いたたかれやすくなります。

なぜかというと、ディーラーは買取専門業者ではないからです。

つまり、

  • 買取競合をする必要がない
  • 買い取った車を利用できるルートがない

などの理由から、安い買取額を提示してくるのです。

そのため、新車を購入した「ついで」の感覚で、
ディーラーに下取りを出してしまうと、知らないうちに損をしてしまうことがあります。

場合によっては、
買取専門店で売却するケースと比べて、
数十万円ほど差額が出てしまうこともあるので、注意が必要です。

【解決策】ハイエースで車を売るなら複数査定を利用(買取価格の相場表をもらって一番高いところを選ぶ!)

損しないための回避・解決策としては、
現在の愛車を売りたいと思ったら、複数の買取店に査定してもらうのがオススメです。

複数の買取店に査定してもらうことで、査定額を比較でき、

  • 一番高く買い取ってくれる業者が見つかる
  • 自分の愛車(ハイエース)の買取相場がわかる

など、多くのメリットがあるからです。

ただ、複数の買取専門店を実際に回り、
一店舗ずつ査定を受けていくのは、時間も労力もかかって面倒ですよね?

その問題をすべて解決してくれるのが、無料一括査定サイトです。

無料一括査定サイトなら、
ネットを使って、24時間好きなタイミングで、どこからでも、無料で査定を依頼できます。

一度の情報入力で、すぐに複数の買取専門店から、査定額を出してもらえます。

一括査定の結果、実際に高額で買い取ってもらったという口コミもあります。

「下取りの倍以上の金額が出た」という人もいますので、無料一括査定を利用して、納得の査定額に出会いましょう。

ハイエース
買取価格をカンタン比較!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ハイエースを売る3つの方法・選択肢

ハイエースを売る3つの方法・選択肢

ここでは、ハイエースを買い取ってもらう際の選択肢を具体的に説明します。

結論としては、以下の3つです。

それぞれのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

選択肢1:ディーラーの下取り(下取り価格はかなり安い)

選択肢1は、ディーラーで下取りしてもらう方法です。

新車の購入に、下取り代金を充当してくれるため、この方法を選ぶ人も多いです。

新車を購入するタイミングで今の愛車を手離せるため、一番簡単な方法です。

しかし、ディーラーは買取専門店ではないため、下取りの金額を安くつけがちです。

特に、新車を買う店がトヨタ系販売店でない場合、ハイエースの下取り額は低くなってしまう可能性が大きいです。

そのため、本当はもっと価値があるのに、安く買いたたかれてしまう危険性があるのです。

損しないためにも、安易に下取りに出さないよう、注意しましょう。

選択肢2:買取専門店に売却(ディーラーより高額査定が期待できる)

選択肢2は、買取専門店に売却する方法です。

買取専門店では、専門知識を持った査定員が、「中古車としての市場価値」を理解した上で、金額をつけてくれます。

中には、パーツごとに利益になるか見てくれる業者もあり、改造車や古い車でも安心です。

ディーラーの下取りより、高く買い取ってくれる可能性がアップします。

ただし、注意が必要なのは、
買取専門店によって、得意としている車がそれぞれ違っていることです。

ハイエースは海外でも人気が高い車なので、その販売ルートを持っているかどうかでも、金額は大きく異なります。

中には、ハイエースの価値を知っていながら、安く買いたたいて利益を出そうとする悪徳業者も存在します。

悪徳業者にひっかからないためにも、複数の買取店で査定してもらい、見積もりを比較するのがベストです。

しかし実際、いくつも店舗を回り、何度も査定してもらうのは非常に面倒ですよね。

そこでおすすめなのが、次に紹介する一括見積もりサービスの利用です。

選択肢3:一括見積もりサービスを利用(一番高く売れる可能性が高い)

選択肢3は、一括見積もりサービスを利用する方法です。

一括見積りサービスは、一回の申し込みですぐに、複数の買取専門店から査定額を聞くことができます。

さらに、買取店同士の競合があるため、最初から高めの査定額を出してくれます。

時間をかけずに最高額がわかるので、大変便利です。

また、より高い買取価格を出したい場合は、
本査定でも複数の業者を同時に呼び出し、競争させることもできます。

その他、

  • わざわざ店舗に行く必要がない
  • 対応が早い(依頼後すぐに連絡が来ることも)
  • 手続きが簡単で、サポートも万全

など、多くのメリットがあります。

特にハイエースは、中古での市場価値が非常に高いことで有名な車です。

状態次第では、競争の結果、
新車同様の値がつくこともあるので、ぜひ無料一括見積もりサービスを利用してみましょう。

ハイエース
買取価格をカンタン比較!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ハイエースの高値売却に役立つ!無料一括査定を利用した人の口コミ・評判

ハイエースの高値売却に役立つ!無料一括査定を利用した人の口コミ・評判

ここからは、ハイエースの高値売却に役立つ、
無料一括査定を利用した人の口コミや、評判を紹介します。

こちらは、ディーラーの下取りより買取専門店の方が高い査定額をつけてくれた、という口コミです。

下取りですぐ決めるより、買取相場を知ってから決める方が、損しないことがわかります。

複数の買取業者の査定額を比較すれば、買取相場や最高額を知ることができます。

無料一括査定を利用すると、複数の見積もりを効率的に手に入れられ、すぐに相場がわかりますよ。

こちらは、無料一括査定のあと、すぐに連絡がきたという口コミです。

元日でも対応してくれたという内容で、早いだけでなく、臨機応変であることがわかります。

仕事で忙しい人、「車検残り」で売りたい人、早く売却先を決めたい人などにも利用しやすいサービスです。

無料一括査定の利用で、相場の倍近くの金額で売却した人もいます。

買取業者が競合するため、どの業者も最初から最高値の査定額を出してくれるからです。

見積もりを比較すると、相場がわかると同時に最高査定額もすぐにわかります。

また、査定額の交渉ができ、査定額をさらに上げることも可能です。

できるだけ高く売りたい場合は、ぜひ無料一括査定を利用してみましょう。

こちらは逆に、安く買いたたかれそうになったという口コミです。

買いたたかれないようにするためには、車の査定は複数の買取業者に依頼し、比較するべきです。

そして、一括査定をすれば、査定額の低い業者、高い業者がすぐにわかりますね。

また一括査定は、利用したユーザーの評価が高く、提携する買取店も厳しいチェックを受けています。

そのため、悪徳業者に引っかかることなく、査定してもらうことが可能です。

複数の口コミを見ると、ハイエースを高く売るには、とにかく見積もりの比較が重要です。

一括査定を利用して、査定額の最高値と最低値を知ることがベストです。

その結果、最高値の店で売却しても良いし、ディーラーへの交渉材料にしても良いでしょう。

どこで売るかを判断する材料にもなるので、ぜひ無料一括査定をしてみましょう。

ハイエース
買取価格をカンタン比較!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ハイエースを一番高く売る!【無料一括査定サービスおすすめランキング】

ハイエースの一番高く売る!【無料一括査定サービスおすすめランキング】

ここでは、ハイエースを一番高く売る”ために、おすすめの無料一括査定サービスをご紹介します。

「ハイエースの査定額は、買取店によって大きく変わる」
「だから、一括査定サービスを使って、複数の買取店の査定額を見比べる必要があるのはわかった!」
「でも具体的に、どの一括査定サービスを使えば良いの?」

という方におすすめです!

それぞれにサービスの特徴がありますので、自分に合ったサイトを選んでみてください。

おすすめの無料一括査定サービスを比較!

(※横にスクロールできます→)

順位サービス名利用料提携業者数同時査定依頼数業者選択入力の時間電話の多さ
1位
カーセンサー.net
二重丸無料二重丸1,000社以上二重丸30社二重丸可能
三角約60秒
三角多い
メールでの取引も可
2位
カービュー
二重丸無料二重丸230社以上三角8社二重丸可能二重丸約45秒バツ多い
3位
ナビクル車査定
二重丸無料三角50社以上三角10社バツ不可能二重丸約45秒バツ多い
4位
査定比較.com
二重丸無料二重丸290社以上三角10社バツ不可能二重丸約30秒バツ多い
5位
ズバット車買取比較.com
二重丸無料二重丸290社以上三角10社二重丸可能二重丸約30秒バツ多い
6位
楽天Car(楽天カーサービス)
二重丸無料二重丸100社三角10社バツ不可能三角約90秒バツ多い
7位
一括査定.com
二重丸無料二重丸230社以上三角8社バツ不可能二重丸約40秒バツ多い

(※横にスクロールできます→)

さらに買取価格を引き上げるコツとして、
ランキング上位のサービスを複数利用するのもおすすめです!

一括査定サービスの違いを比較しました。

ここからは、1つ1つのサービスを詳しく見ていきます。

1位:カーセンサー.net

提携業者数1,000社以上!
高額査定の期待大の一括査定サービス
車の買取価格5.0
多くの買取店が競合するため、高額査定が見込める
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード5.0
申込みから最短で数分後に連絡がくる
提携査定会社数4.0
1,000社以上
最大査定数4.0
最大30社
メールのみの連絡5.0
メールのみの取引も希望可

カーセンサー.netは、無料一括査定サービスでは知名度が特に高いサイトです。

・リクナビ
・タウンワーク
・じゃらん
・ホットペッパー
・ゼクシィ
などのサービスで有名な「リクルートホールディングス」が運営しています。

無料一括査定サービスを利用するなら、ここは外せません!

提携している車買取業者の数は、一括査定サービスでは業界最大級の1,000社以上。

さらに、大手やJADRI加盟店も多数含まれるので、信頼性は抜群です。

最大30社の同時査定が可能で、これは業界でも圧倒的な数を誇ります。

査定を依頼したい業者が選べるのも、カーセンサー.netのおすすめポイントです。

カーセンサーの画面上で、買取会社との連絡方法を「メールのみ希望」に設定することもできます。

  • 提携業者や同時査定数が業界トップクラスで、高額買取が期待できる
  • 運営は上場企業のリクルート、提携先は優良業者ばかりで安心
  • メールでの取引が可能で、営業電話を減らせる

カーセンサーはこちら

 

2位:carview(カービュー)

平均16万円アップ!
大手買取店との提携が多い一括査定サービス
車の買取価格4.0
ディーラーの下取りより平均16万円高い
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
24時間以内にcarviewからメールが届き、2営業日以内に各査定会社から連絡がくる
提携査定会社数3.0
230社以上
最大査定数3.0
最大8社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

「carview(カービュー)」は日本最大級のクルマ情報サイトです。

車の買取トラブルに対応する「一般社団法人日本自動車購入協会」の監修を受けているので、信頼性も高いので安心ですね。

システムは使いやすさと分かりやすさを重視しており、初心者でも簡単にサービスが利用できると評判です。

・ガリバー
・ビッグモーター
・カーセブン
・オートバックス
・アップル
・ラビット
といった、大手買取店と多く提携しているのも、carviewの特徴です。

carviewが行う無料一括査定サービスは、450万人超えの利用実績があります。

  • 一般社団法人日本自動車購入協会の監修サイトで安心
  • 多くの大手買取店と提携しているので、信頼性が高い
  • 商用車や修復歴ありの車も高価で買い取ってくれる

カービューはこちら

 

3位:ナビクル車査定

優良買取店が揃う!年間35万人が利用する一括査定サービス
車の買取価格4.0
下取りから平均17万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア4.0
全国に対応
※一部地方は対象外
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数1.0
50社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

ナビクル車査定は、年間35万人が利用する無料一括査定サービスです。

運営しているのは、上場企業「エイチーム」の子会社である「エイチームライフスタイル」です。

ナビクル車査定では、一括査定の申し込み後、
全国の査定データから算出した、愛車の最新の買取価格(概算)をWeb上ですぐに見ることができます。

業者数は50社と少なめですが、これは優良買取店だけに絞って提携しているからです。

提携業者の中には、JPUC認定の適正買取店も含まれるので、悪質な業者にあたる心配は低いです。

  • 申し込み後、車の買取相場がすぐわかる
  • 多くの大手買取店と提携しているので、信頼性が高い
  • 商用車や修復歴ありの車も高価で買い取ってくれる

ナビクル車査定はこちら

 

4位:査定比較.com

80%が査定士の対応に満足している一括査定サービス
車の買取価格3.0
サービス利用者の7割が、平均で23.2万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数3.5
290社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

査定比較.comには、「車買取のノウハウ」や「高額売却のコツ」などのコンテンツがありません。

つまり、一括査定に特化したサイトなのです。

システムはシンプルで使いやすいと評判で、利用者の累計は200万人を突破しています。

査定比較.comは、後ほど紹介するズバット車買取比較.comと同じ「ウェブクルー」が運営しています。

提携業者は、JADRI加盟店を含む大手から、地域密着型の中小買取会社まで様々です。

査定士の対応の良さに満足している利用者が多いのも、サービスのポイントですね。

  • システムが分かりやすく、初心者でも簡単に利用できる
  • 提携業者には、JADRI加盟店も入っているので安心
  • 査定士の対応や査定額に満足しているユーザーが多い

査定比較.comはこちら

 

5位:ズバット車買取比較.com

75万台の取引データから相場を分析する一括査定サービス
車の買取価格3.0
利用者の7割が、下取りから平均23.2万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数3.5
290社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

ズバット車買取比較.comは、累計利用者数200万人越えの実績を持つ、一括査定サービスです。

運営会社は「ウェブクルー」です。

同じ運営会社の査定比較.comと違い、「車買取の基本」や「高額売却のコツ」など、参考になるコンテンツが満載です。

さらに、
「サービスの利用方法が分からない」
「買取業者からの営業電話を止めてほしい」
といった、疑問や要望に応えてくれるカスタマーサポートもあります。

ズバット車買取比較.comなら、数か月先の買取相場(概算)も分かるため、売却のタイミングを判断しやすいのもポイントです。

  • 申し込み前に平均査定相場が分かる
  • 査定時だけでなく、6か月後の買取相場も分かる
  • 電話サポートがあるので、初心者でも安心

ズバット車買取比較.comはこちら

 

6位:楽天Carサービス

楽天スーパーポイントがもらえる一括査定サービス
車の買取価格3.0
下取りより査定額がアップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード5.0
申し込みから最短で数分後に連絡がくる
提携査定会社数2.0
100社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

楽天Carの一括査定サービスは、楽天Carオークションと同じ、「楽天株式会社」が運営する一括査定サービスです。

サービスは無料で利用でき、100社以上の業者の中から最大10社に同時査定してもらえます。

提携業者には、JADRI加盟店や大手買取店も多く含まれるので、トラブルのリスクも少ないです。

  • 完全無料でサービスを利用できる
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 上場企業の楽天が運営するサービスで信頼度が高い

楽天Carサービスはこちら

 

7位:一括査定.com

日本自動車流通研究会(JADRI)が運営する安心の一括査定サービス
車の買取価格4.0
各買取社が高額査定を出してくれる
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード3.5
申し込み後48時間以内に査定結果がわかる
提携査定会社数3.0
200社以上
最大査定数3.5
最大8社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメール連絡がくる

一括査定.comは、株式会社メディア4uが運営する車一括査定サイトです。

安心して利用できる車査定サイトであるために、「社団法人 日本自動車購入協会(通称:JPUC)」と提携。

実際の車買取現場で発生するトラブル等の監視に努めています。

万が一トラブルが発生した時も、JPUC車売却消費者相談室が対応してくれ、サポート体制も充実しています。

それもあり、一括査定.comは利用者累計数400万人超え&年間5,000台の実績を誇ります。

公式サイトでは、車種やグレードごとの査定相場の情報も公開しているので、査定前に参考にするのもおすすめです。

  • 愛車の相場がすぐに分かる
  • 利用実績も多く、信頼性が高い
  • トラブルにはJPUC(日本自動車購入協会)が対応してくれる

一括査定.comはこちら

 

1番おすすめの車一括見積もりサービスはどこ?

おすすめの無料一括査定サービスは、ランキング1位の「カーセンサー.net」です。

査定の申し込み手続きも簡単なので、初めて一括査定サービスを利用する人でも安心

なんと最大30社の同時査定が可能なので、高額買取の期待大です。

提携業者は大手からローカル企業まで幅広く、近場の買取店が見つかりやすいのも魅力です。

また、提携業者にはJADRI加盟の優良買取店も含まれるため、トラブルのリスクも少なく、安心して査定を依頼できます。

メールのみでの取引も希望できるので、他の車査定サイトよりも、初めての利用でもハードルが低いことが特徴です。

運営しているのは、上場企業のリクルートなので、安心して利用することができます。

公式サイトには、査定依頼が多い車の月・週・日別ランキングに加え、査定の基礎知識や高額査定のテクニックなど、参考になる情報も掲載されています。

ランキング1位
カーセンサーはこちら

もくじに戻る▲

ハイエースを高値で売るために!無料一括査定を利用するメリット

ハイエースを高値で売るために!無料一括査定を利用するメリット

ここからは実際に、無料一括査定を利用するメリットを紹介します。

自分にとって魅力的な面が多ければ、ぜひ利用してみてください。

査定時間がスピーディー(ネット査定は数分、出張査定も15分~1時間程度)

まず一番のメリットは、査定時間が短く済むことです。

特にネット査定は、入力から査定額が出るまで、1~3分程度です。

また、ネット査定の場合、出てくる査定額は概算ですが、過去の大量のデータをもとにしています。

そのため非常に正確で、本査定との差がほとんどありません。

しかもネットで行うため、24時間好きな場所で、無料でできるのも便利なポイントです。

また、ネットではなく出張査定の場合でも、短ければ15分程度、長くても1時間程度で完了します。

依頼するとすぐに対応してくれるので、時間のない人にはありがたいサービスです。

全国に出張し、手数料も不要

次に挙げられるメリットは、手数料無料で全国に出張し、査定してくれることです。

そのため、自分で買取店の場所を探す手間も、そこに車で行く時間もかかりません。

また出張査定は、日程などを査定員と調整するため、店の定休日や営業時間外に来てくれることもあります。

場所についても、対応地域であれば勤務先にも来てくれるので、忙しい人でも安心です。

さらにレッカー代なども無料なので、実際に売った後、帰りの車を心配する必要もありません。

地方に住んでいても、安心して利用できます。

改造車や古い年式でも、買取業者が見つかりやすい

またどんな条件の車であっても、一括査定なら、買取業者を見つけられる可能性があります。

特にハイエースは、海外でも需要が高いため、一世代前の古い型番でも価値があります。

下取りでは0円と出た車でも、販売ルートを持つ買取業者を見つければ、高値で買い取ってくれる可能性があります。

また、ハイエースは改造車も多いですが、その改造をプラスに査定してくれる業者もいます。

ただそういった業者を、個々に探していくのは非常に面倒ですよね。

無料一括査定なら、複数の買取業者に一気に査定してもらえるため、最適な買取業者を見つけられます。

ハイエースの価値を、正しく評価できる買取業者と、効率的に出会えます。

一度の情報入力で複数の見積もりが手に入るので、最も高く売れる

一括査定なら、一度の情報入力で複数の見積もりが手に入るため、手間をかけずに最高値で売れます。

ハイエースをできるだけ高く売るには、複数の買取店から見積もりを取り、競合させるのが一番です。

しかし、実際の買取店を回るとなると、2~3店舗で1日が終わってしまいますね。

一括査定なら、多ければ一度に数十社の見積もりを手に入れることができ、非常に効率的です。

買取業者側も、競合を意識して査定額を出すので、最初から高い金額を提示してくれます。

あとは見積もりを比較して、一番高い業者に買い取ってもらえばOK。

ちなみに、最終的に下取りを考えている場合でも、この最高値が交渉材料になります。

できる限り高く売りたい場合は、ぜひ無料一括査定を利用してみてくださいね。

ハイエース
買取価格をカンタン比較!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ハイエースの売却の流れ・必要なもの

ハイエースの売却の流れ・必要なもの

ここでは、実際にハイエースを売却する際の流れや、必要書類などを説明します。

買い取りまでの流れ

一括査定

まずはネットで必要事項を入力し、一括査定を申し込みます。

具体的な入力内容は、車のメーカーや車種、グレードなどです。

この時、年式や走行距離などがわかっていると、より正確に査定額が出てきます。

ネットで行うため、いつでもどこでも申し込みが可能、入力自体は数分で完了です。

過去のデータを利用し、査定額を出してくれるので、概算といえどもかなり正確な査定額が出ます。

そのため、実際に車を見て行う本査定でも、ほぼ同じような金額が出ます。

一括査定の後、自分が気に入る査定額を出した店があれば、本査定に進みます。

本査定

本査定とは、実際に車を見てもらい、確実な査定額を出してもらうことです。

実際に、キズやヘコミの有無などを確認しながら査定するので、ここで出た査定額が、確定の買取額です。

対応地域であれば、勤務先など指定した場所へ、出張査定しに来てくれます。

査定額に納得できなければ、キャンセルすることも可能です。

また、本査定で出た金額を再度比較したい場合も、その旨を査定員に伝えて、保留してもOK。

しかし、中古車はその時の状況によって、日々買取相場が変化します。

本査定後に一度保留する際は、必ず、今回の査定金額の「有効期限」を確認しましょう。

売買契約書を交わす

本査定を終えて、車を売る店を決めたら、売買契約書を交わします。

契約書のサイン後に、キャンセルや変更があると、別途費用が発生する場合があるので、注意が必要です。

以下のような質問は、契約書を交わす前に確認しておきましょう。

  • 引き渡しや変更手続きの日程
  • 入金日
  • 入金方法(銀行振込・現金払いなど)
  • 新車納車までの代車の有無

それ以外の質問でも、何か不明なことがあれば、トラブル回避のためにも、必ずサイン前に確認してください。

車の引取、入金

最後に、車の引き取りと入金です。

事前に引き取りの日程を決めて、

  • 車内のものをすべて取り出す
  • レッカー作業のスペース確保(不動車・車検切れ車の場合)

など、引き取りの日時に合わせて準備しておきましょう。

また、新車が納車されるまで代車を借りる場合は、引き取りと同時に手続きを行います。

そして約束の日に、買取価格が入金されていれば、買い取りは終了です。

ちなみに入金は、即日現金払いの業者もありますが、後日銀行振り込みされるのが一般的です。

最短で3~4営業日以内には、買取額が入金されます。

必要なもの(必要書類一覧)

ここでは、車両の売却の際に必要なもの(必要書類一覧)をご紹介します。

普通車と軽自動車では、必要書類が少し異なります。

普通車の場合

用意しておくもの備考
自動車検査証
自賠責保険証明書
自動車リサイクル券リサイクル料金を買取業者から返金してもらえる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
自動車納税証明書その年の4~5月に支払ったもの。売却後に月割りで還付を受けられる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
振込口座情報通帳など。
印鑑登録証明書発行から1~3か月以内のもの。※買取業者により異なる
実印印鑑登録済の実印。
譲渡証明書※買取業者が用意
委任状※買取業者が用意
メンテナンスノート(任意)メーカー保証書と点検整備記録簿がセットになったもの。

軽自動車の場合

用意しておくもの備考
自動車検査証
自賠責保険証明書
自動車リサイクル券リサイクル料金を買取業者から返金してもらえる。
※買取業者が用意
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
軽自動車納税証明書その年の4~5月に支払ったもの。売却後に還付を受けられる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
振込口座情報通帳など。
認印軽自動車は認印でOK
自動車検査証記入申請書運輸支局窓口、国土交通省ホームページにあり。
買取業者の店舗においていることも。
メンテナンスノート(任意)メーカー保証書と点検整備記録簿がセットになったもの

「納税証明書」は毎年税金を支払うと交付されますが、紛失している人も多いので、事前に確認が必要です。

「リサイクル券」が手元にない場合は、用意しなくても問題ありません。

住民票は、車検証に記載されている住所と現住所が異なる場合、または、買取店舗によって提出が必須です。

上記書類の他に、委任状(車の名義変更手続きを業者に委任する書類)や譲渡証明証(車を販売店に譲渡する書類)を買取店側が用意してくれます。

車の売却前までには、必要な書類はすべて準備しておくようにしましょう。

ハイエース
買取価格をカンタン比較!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ハイエースを売る前にやっておくこと(車査定で高く売る3つのコツ)

ハイエースを売る前にやっておくこと(車査定で高く売る3つのコツ)

ここでは、ハイエースをより高く査定してもらうために、やっておくべきことを3つ紹介します。

コツ1:傷の補修は不要、売る前に簡単に掃除

まず、車の状態をよく見せるため、車内外の簡単な掃除をしましょう。

ただし、傷やへこみに関しては、あえて修復する必要はありません。

傷やへこみを直して上がる査定額より、修理費の方が高くついてしまうからです。

また、自力で小さい傷を直すことも、絶対にやめましょう。

査定士は、そういった無理な修理を必ず見抜きますし、逆に、そのために減額されてしまうこともあります。

車内の簡単な掃除、洗車を行う程度にしておきましょう。

コツ2:タバコやペット、食べ物の臭いを残さない

タバコやペット、食べ物などの臭いは、残さないよう日頃から注意が必要です。

特にタバコは、販売の際、禁煙車と喫煙車で区分があり、臭いがすると査定額に大きく影響します。

またペットも、アレルギーの問題から、臭いが残っていると、状態に応じて減額されます。

対策として、日頃からクリーニングをかける、換気するなど、臭いが残らないように工夫しましょう。

既に臭いがある場合、無理にクリーニングすると、逆に高くつく場合があります。

査定直前ならば、消臭剤や消臭スプレーなどを使用する、こまめに換気する程度にしましょう。

コツ3:今から査定にかける車の「相場」を知る

今から査定にかける車(ハイエース)の「相場」を知るのも、重要なポイントです。

相場を知っておけば、
提示された査定額が安いのか高いのか、売る前に判断できるからです。

ただし、愛車の買取相場は、車のモデルや部品の状態、走行距離なども影響するため、日々変化します。

そのため、「売る時点での買取相場」を知っておくことが大切です。

「相場」を知るには、複数の業者から見積もりをとり、比較するのが一番です。

効率的に比較できる無料一括査定を、本査定の前にぜひ活用してください。

ハイエース
買取価格をカンタン比較!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ハイエースの査定金額はどのように決まる?

ハイエースの査定金額はどのように決まる?

ここからは、ハイエースの査定金額が、実際にどのように決められるのかを詳しく見ていきます。

結論から言うと、査定時に見られる要素は、以下の4点です。

では順に、詳しく説明します。

車種やグレード、年式・モデル

まず、査定額を大きく左右するのは、車種やグレード、年式やモデルなどの要素です。

一般的には、新しい車種、人気の車種に高値がつきます。

ハイエースは「人気の車種」として、高値で取引される車です。

また、年式やモデルが最新に近いほど、高値で買い取られます。

しかし、ハイエースはモデルチェンジのサイクルが長いため、ほとんどの場合、モデルでの査定減額はありません。

さらにハイエースは、年式が古くても価値があります。

10年以上前に販売された「100系」モデルでも、海外では人気だからです。

ハイエースは年式やモデルが古くても、0円にはならないと考えていいでしょう。

走行距離やダメージ

走行距離やダメージなど、車の傷み具合も、査定に大きく影響します。

自動車が良好な状態を維持できる目安として、走行距離は1年につき1万kmとされています。

そのため、1万km×使用年数よりも走行距離が上回っていると、減額対象になることがあります。

また、使用年数を問わず、走行距離が3万~5万kmを超えると、査定金額はぐんと下がります。

そのほか、車の傷やへこみ、シートのシミなども、大きなものはマイナス査定につながります。

ただし、バンパーのかすり傷など小さなものは、査定にはほとんど影響しません。

車業界のトレンド

車業界のトレンドも、査定額を左右することがあります。

例えば、ミニバンやSUVが市場で多く出回り始めた場合。

そのジャンルの車を見に来る顧客が増えるため、それ以外の車の需要は、必然的に落ちます。

すると、ハイエースの査定額も下がることがあります。

オプション

そして、オプションや装備なども、査定額に影響します。

特に純正品の場合は、後付けできない点や、保証もしっかりしている点などから、プラス評価につながります。

ちなみに、社外品でも査定額がアップしやすいのはカーナビですが、スペックや新しさなど、物によるのが現状です。

もし、取り外した正規の装備やオプションがある場合は、一緒に査定してもらいましょう。

場合によっては、プラスになることがあります。

ハイエース
買取価格をカンタン比較!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ハイエースを売却する際の注意点

ハイエースを売却する際の注意点

実際にハイエースを売ると決めた場合の注意点を紹介します。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多いので注意!

まず最初の注意点は、ディーラーで下取りすると、安く買いたたかれやすいことです。

買いたたかれやすい主な理由は、二つあります。

  • ディーラーは買取専門業者ではなく、競合する必要がないため
  • 新車を値引きした分、下取りを安くして利益を出すため

安く買いたたかれるのを防ぐためには、下取り価格が適正なのか判断することが必要です。

つまり、専門知識を持つ車買取業者から、複数見積もりを取り、買取相場を知ればいいのです。

しかし、買取店をいくつも回ると時間がかかるので、無料一括査定の利用がオススメです。

下取りと数十万円の差が出ることも多く、結果としてお得に新車も買えますよ。

悪徳な業者に引っかかるとどうなるの?

二つ目の注意点は、悪徳な業者に引っかからないようにすることです。

悪徳な業者に引っかかると、以下のようなトラブルに巻き込まれます。

  • 相場より大幅に低い査定金額を提示される
  • 査定後に難癖をつけきて、減額される
  • しつこく勧誘(迷惑電話)される
  • 査定士に知識がなく、態度も悪い

悪徳な業者に引っかからないためには?

悪徳な業者に出会わないためには、無料一括査定サービスを利用するのがおすすめです。

その理由は、無料一括査定サービスに登録しているのは、厳正な審査をクリアした買取業者だけだからです。

どの業者も専門的な資格を持っており、実際に利用したユーザーからは、高い口コミ評価を得ています。

また、一度の情報入力で、
複数の買取業者から査定してもらえるため、相性の合う業者もすぐに見つかります。

優良な買取業者の中から、さらに自分が信頼できる業者を見つけられるので、安心して任せられますね。

無料一括査定サービスを使う利点は?

無料一括査定サービスを使う利点は、主に以下の4つです。

  • 優良な買取業者だけが提携している
  • ネットですぐに買取相場がわかる
  • 競合するため、高額な査定額がつきやすい
  • 査定の時間がスピーディー

買取相場がわかると、ディーラーの下取り額が低かった場合に、価格交渉を行えて便利です。

逆に、無料一括査定を使わない場合を考えてみましょう。

その場合、買取店が本当に適正な査定をしているか、自分で判断する必要があります。

そのためには、自力で買取店を探し、複数の店舗を実際に回り、見積もりを比較します。

さらに、その買取店が本当にハイエースの価値を理解しているのかも、調べなければなりません。

高額な査定額を出したいなら、さらに交渉も必要です。

ここまで考えると、かなり面倒で時間がかかりそうなのがわかりますよね。

また、2~3店舗回った程度では、出てきた査定額が最高値なのかも判断できません。

しかし無料一括査定なら、すぐに最大数十社から見積もりをもらえて、買い取りの最高値がわかります。

賢く高値でハイエースを売りたいなら、無料一括査定の利用がおすすめです。

ハイエース
買取価格をカンタン比較!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ハイエースとは(特徴・どんな車)

ハイエースとは(特徴・どんな車)

ここでは、ハイエースとは一体どんな車なのか、特徴を詳しく説明します。

ハイエースとは?特徴・どんな車?

ハイエースは、トヨタが販売しているワンボックスカーです。

「商業車の金字塔」ともいわれ、その積載量の多さから、運搬車にも送迎車にもなる、汎用性の高い車です。

カスタムのパーツも多く、最近では自家用車として所有し、趣味に合わせて利用する人も多いです。

人も荷物も一度にたくさん運べるため、最近では特にキャンピングカーとして、改造する人が増えています。

現在販売されているハイエースのモデルは、2004年から発売されている「200系」。

2017年の4度目のマイナーチェンジが施された、5型が最新モデルです。

また200系は、大きく分けて

  • バン(貨物車)
  • ワゴン(乗用車)
  • コミューター(マイクロバス)

の3種類があり、普通免許で利用できるのはバンとワゴンです。

荷物を多く積みたいならバン、人を多く乗せたいならワゴンを購入するのがおすすめです。

そして2022年頃にフルモデルチェンジが行われ、300系へ進化するとの情報もあり、注目を集めています。

ハイエースの実燃費は?

ガソリン車の実燃費

走行シーン燃費
高速道路中心10.0km/L
郊外・幹線道路9.2km/L
市街地6.5km/L

ガソリン(4WD)車の実燃費

走行シーン燃費
高速道路中心9.1km/L
郊外・幹線道路8.4km/L
市街地6.2km/L

ディーゼルターボ車の実燃費

走行シーン燃費
高速道路中心13.8km/L
郊外・幹線道路10.4km/L
市街地8.7km/L

参考:トヨタ ハイエース/レジアスエース ハイエース ロング DX / GL の燃費

参考:トヨタ ハイエース/レジアスエース ハイエースワゴン / ハイエース ロング DX /GL の燃費

積載量の多さやボディの大きさから、燃費が悪い印象のあるハイエースですが、実は他のワンボックスカーよりも高燃費です。

6速オートマチックが搭載されていて、効率良くエンジンのパワーが使えるからです。

また、ガソリン車よりディーゼル車の方が燃費が良いため、
ハイエースを長く乗りたい人は、ディーゼル車がおすすめです。

新車のハイエースの納期は?

ハイエースを新車で購入した場合、1~2か月と標準的な納期で手に入ります。

ただしコロナ禍の影響で、納期がずれこむこともあるので注意しましょう。

ちなみに、バンの方がワゴンよりも納期は短い傾向にあります。

ハイエースのグレードの違い、おすすめのグレードは?

ハイエースのグレードは、バンとワゴンによって少々異なります。

バンは、
下位グレードから「DX」「DX/GLパッケージ」「スーパーGL」の3グレード。

ワゴンは、
下位グレードから「DX」「GL」「グランドキャビン」の3グレードです。

ハイエースは、
グレードによって装備が異なり、基本グレードの「DX」は必要最低限の装備内容です。

そのため、価格面で手頃なのは「DX」ですが、商業車の印象が強くなります。

自家用車として乗るのにおすすめのグレードは「GL(スーパーGL)」です。

特にバンの「スーパーGL」は、選べるオプションが多い上に、好みに応じてカスタムもしやすくなっています。

「スーパーGL」が、ハイエースの中で最も人気の高いグレードで、中古でも高額で取引されています。

ハイエースのカラーバリエーションは?

ハイエースのカラーバリエーションは、バンが9色、ワゴンが8色を展開しています。

そのうち、パール塗装を施すカラーは、メーカーオプションとして選ぶことができます。

その他、特定のグレードでしか選択できない色もあります。

例えば、スパークリングブラックパールクリスタルシャインは、バンの特別仕様車でのみ選択できるカラーです。

国内外問わず人気なのは、ダントツで白です。

特にホワイトパールクリスタルシャインは、単色のホワイト(ソリッドホワイト)よりも人気が高いです。

黒やシルバーも定番で人気が高いのですが、

  • 車内の温度が上がりにくい
  • 洗車傷などの細かい傷が目立たない

などの理由から、白がやはり最も人気です。

そして白は、「世界中の定番」であり、流行の影響を受けにくい色です。

数年後に売却することを考えても、価格が下がりにくい白の購入がおすすめです。

ハイエースの安全装備・システムは?

ハイエースには安全装備として、「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が標準装備されています。

どのグレードでも装備されており、具体的には、

  • 歩行者(昼のみ)の検知
  • 白線や対向車の検知
  • 自動(被害軽減)ブレーキ
  • 車線はみ出しアラート
  • オートマチックハイビーム

といった機能が搭載されています。

また、運転席のエアバックや、急ブレーキ時にハザードランプがつく「緊急ブレーキシグナル」も搭載。

その他、対人衝突時に衝撃を吸収・分散するボディ構造が採用されています。

ハイエースの新型は機械式の立体駐車場に入る?

ハイエースが立体駐車場に入るかどうかは、ボディサイズによりますが、ほとんどの場合は入るので安心してください。

ハイエースには、車幅が2種類、長さが2種類、高さが3種類あり、組み合わせによってサイズが変わります。

以下のボディの場合は、立体駐車場に停める際、注意が必要です。

  • スーパーロングタイプ
  • ワイドボディタイプ
  • ハイルーフタイプ
  • その他、パーツを付けて車高などが変わっている場合

また、高さ制限が2.1m以下の立体駐車場の場合は、ミドルルーフでも注意が必要です。

ちなみに、ハイエースの最大は、

  • 全長:5.38m
  • 全幅:1.88m
  • 高さ:2.28m

ですので、それが入る立体駐車場であればどのハイエースでも停められます。

ハイエースのおすすめオプションは?

ハイエース購入時のおすすめのオプションは、以下の通りです。

  • 助手席エアバック
  • スマートキー
  • 自動防眩インナーミラー(バックモニター内蔵)
  • アクセサリーコンセント
  • 寒冷地仕様

では、少し詳しく紹介していきます。

オススメオプション:助手席エアバック・スマートキー

助手席のエアバックやスマートキーのオプションは、もはや必須といっても過言ではありません。

通常の車では標準装備されていることが多い機能のため、逆に付けるのを忘れないようにしてください。

オススメオプション:自動防眩インナーミラー(バックモニター内蔵)

周囲と後方からの光の差に応じて、反射の状態を変化させてくれるのが、自動防眩インナーミラーです。

例えば夜間、後ろのライトが眩しくて運転しづらいなどのトラブルを、自動防眩インナーミラーが軽減してくれます。

また、自動防眩インナーミラーには、バックモニターが内蔵されています。

ハイエースは車体が長いため、駐車の際など、バックモニターがあると便利です。

安全性を高めるためにも、ぜひこのオプションは付けておきましょう。

オススメオプション:アクセサリーコンセント

アクセサリーコンセントは、助手席の前と荷室の2か所にコンセントが付けられるオプションです。

運転しながら充電などができるため、現代では付けておきたいオプションですね。

また、ハイエースをキャンプなどで使用する場合にも大変便利です。

価格も比較的安いので、おすすめです。

オススメオプション:寒冷地仕様

寒冷地仕様のオプションは、住まいが寒冷地でなくてもおすすめしたいオプションです。

寒冷地仕様にすることで、防塵処理やバッテリー容量アップなどの装備をまとめて付けることができます。

装備内容に対して値段は比較的安く、かなりコスパの高いオプションなので、付けて損はないでしょう。

ハイエースのメリット・デメリット

ここでは、ハイエースのメリットとデメリットをまとめました。

ハイエースのメリット

室内空間が広い

ハイエースの最大のメリットは、室内空間の広さです。

特に荷室が広いため、サーフボードやオートバイなども載せることができます。

またワゴンなら10名まで乗車可能。

バンでも最大9名まで乗れるため、大人数でも一度に移動できます。

カスタムパーツが豊富で自由度が高い

カスタムパーツの多さも、ハイエースの魅力のひとつ。

自分の好みに合わせてカスタムしやすく、最近ではDIYでカスタムする人もいるほどです。

非常に自由度が高いため、いつまでもハイエースで「遊べる」といわれています。

耐久性がある

またハイエースは、非常に丈夫なことで有名です。

よく「走行距離10万km以上」や「10年落ち」が「車の限界」といわれますが、ハイエースは違います。

なんと100万kmを超えても目立った故障がなく、まだまだ現役というハイエースもあるほどです。

この耐久性の高さは、日本だけではなく世界中で評価されています。

中古車として高く売れる

「リセールバリュー」の高さも、ハイエースの大きなメリットです。

ハイエースは、廃車寸前でも値段が残ることがあります。

もはや「形があればいい」といわれるほどで、最終的に売ることを考慮しても、買って損のない車です。

ハイエースのデメリット

普通車より燃費が悪い

ハイエースのデメリットとして大きい点は、燃費の悪さでしょう。

ただし、他のワンボックスカーに比べると、ハイエースは燃費の良い車です。

また運べる人数や荷物の量を考えれば、燃費の欠点は補って余りあるといえます。

少しでも燃費を良くしたい場合は、ガソリン車ではなくディーゼル車の購入がおすすめです。

車検が高いことが多い

ハイエースのもう一つのデメリットは、車検代が高い可能性があること。

2年間の車検費用として計算すると、大体10万円~15万円程度かかることが多いです。

定期的にメンテナンスし、整備や修理を少なくすれば、費用は抑えられます。

また、業者によって費用は異なるので、複数の業者から見積もりをもらいましょう。

ハイエース
買取価格をカンタン比較!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

ハイエースの廃車/事故車/不動車を売るなら!おすすめ査定サービスは?

ハイエースの廃車/事故車/不動車を売るなら!おすすめ査定サービスは?

ここでは、ハイエースの廃車/事故車/不動車を売る場合におすすめ査定サービスをご紹介します。

それぞれにサービスの特徴がありますので、自分に合ったサイトを選んでみてください。

おすすめの廃車OK査定サービスを比較!

(※横にスクロールできます→)

順位サービス名利用料入力の時間電話の多さその他(提携業者)
1位
カーネクスト
二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)サービス運営のため、
1,000社以上の自動車関連業者と提携
2位
廃車本舗
二重丸無料二重丸約10秒二重丸少ない(1社のみ)販路として海外輸出事業と連携
3位廃車ラボ二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)全国に協力会社や提携会社が多数
4位
廃車買取.com
二重丸無料二重丸約25秒二重丸少ない(1社のみ)販路として海外業者と提携
5位
ハイシャル
二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)販路や運営のため、
全国1,000社以上の専門業者と提携

(※横にスクロールできます→)

比較しても迷ってしまいますが、
1位のカーネクストは、
・買取価格が高い
・廃車手続きや引き取りの費用が無料
・コールセンターの評判が高い
などの理由から、おすすめ度1位となっています。
※迷ったら、複数のサービスに依頼してみるのもアリ!
※買取価格がさらに上がるかも!

ここからは、1つ1つのサービスを詳しく見ていきます。

1位:カーネクスト

どんな車も原則0円以上の値がつく!廃車買取サービス
車の買取価格5.0
どんな車でも0円以上で買い取ってもらえる
手間(電話査定可)4.5
専用フォームか電話で申し込み
対応スピード5.0
書類があれば契約にも即対応
提携査定会社数
※全国引取りを可能にするため、1,000社以上の業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、カーネクストと電話でやり取り

カーネクストは、他店で値段がつかない車も、原則0円以上で買い取ってくれる廃車買取サービスです。

査定依頼は24時間WEB受付中で、20秒の簡単入力で見積りを出してもらえます。

また、車の買取額とは別に、還付金が返ってくるのもポイントです。

面倒な廃車手続きや自動車税の還付手続きは、カーネクストの専門スタッフが無料で代行してくれます。

カーネクストは全国の専門業者と連携しているので、どこでも希望の場所まで車を引き取りに来てくれて、レッカー代も無料です。

サポートも充実しており、専門スタッフが年中無休で対応してくれますよ。

  • 原則0円以上の買取保証
  • 買取額の他に還付金も受け取れる
  • 廃車手続きでは、必要書類を揃えるだけでOK

カーネクストはこちら

 

2位:廃車本舗

リサイクル工場&海外への販売ルート保有で、高額買取が期待できる!
車の買取価格4.0
他社で0円査定だった車にも買値がつく
手間(電話査定可)4.5
専用フォームまたは電話で申し込み
対応スピード4.0
当日または翌日に査定金額を回答
提携査定会社数
※販路として海外輸出事業と連携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車本舗と電話でやり取り

廃車本舗は、事故車、不動車、ボロボロの車、エンジンがかからない車でも、高値で買い取ってくれる廃車買取サービスです。

高額買取が実現する理由は、
国内3ヵ所に自社のリサイクル工場があり、さらにアジア圏を中心に海外への販売ルートを持っているからです。

廃車本舗は自動車リサイクルシステム登録業者なので、適正な廃車処理を行ってくれ、非常に信頼できます。

査定依頼は専用フォームから簡単にでき、情報入力も10秒ほどで済みます。

廃車手続きの代行や車の引取り(レッカー代含む)も、すべて無料。

専門のスタッフが一貫してサポートしてくれるので、初心者でも安心ですよ。

  • 自社の解体工場と海外への販路があるため、高価買取が実現
  • 面倒で複雑な廃車手続きも無料で代行
  • 自動車リサイクルシステム登録業者&手厚いサポートで安心

廃車本舗はこちら

 

3位:廃車ラボ

買取と廃車の2通りから査定してくれる!
車の買取価格3.5
どんな車も引き取ってくれる
手間(電話査定可)4.0
メール・電話・FAXでの問い合わせ
対応スピード3.0
引取りは連絡から3営業日以降
提携査定会社数-(非公開)
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開))
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車ラボと電話でやり取り

廃車ラボは、放置車・不動車・カギなし車・事故車といった、どんな車も引き取ってくれる廃車買取サービスです。

そして、買取と廃車の2通りから査定を行い、より高値で売れるほうを提案してくれるのが特徴です。

ちなみに、
買取は車両の価値から算出し、
廃車は車両(鉄や部品)と還付金(重量税・自賠責保険・自動車税)の価値から算出します。

サービスは完全無料で利用でき、査定依頼はメールまたは電話から、24時間・年中無休で受け付けています。

廃車手続きは、書類の準備と当日の立会いだけでOKです。

公式サイトには、廃車に関する豆知識がたくさん載っており、とても参考になりますよ。

  • 廃車と買取の2通りから査定
  • 廃車手続きは、必要書類の準備と当日立会いだけ
  • サイトには廃車のノウハウが満載

廃車ラボはこちら

 

4位:廃車買取.com

事故車や故障車など、多くの買取実績あり!
車の買取価格3.0
0円以上保証で、高値がつく場合も
手間(電話査定可)4.5
専用フォームから申込み
対応スピード4.0
最短で翌日引き取り
提携査定会社数
※販路として海外業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車買取.comと電話でやり取り

廃車買取.comなら、20年前の車や車検切れの車でも高値がつく場合があり、還付金も返ってきます。

古い車を高値で買い取ってくれる理由は、
全国50箇所に自社の廃車工場があり、海外の業者にパーツやメタル資源として販売しているからです。

廃車買取.comなら、廃車に出すか決まっていなくても、査定だけお願いできます。

公的な資格を持つ査定士が車の価値をしっかり見極め、適正価格を出してくれるのもポイントです。

全国への出張引取り手数料・不動車や事故車のレッカー代・解体費・手続き代行費などは、全て無料です。

さらに、当日の立ち会いができなくても引き取り可能なので、忙しい人でも利用しやすいですね。

  • 低年式や多走行の車、事故車や故障車など、高額買取実績あり
  • 廃車が決まっていなくても、査定依頼してOK
  • 当日立ち合いができなくても、引き取り可能

廃車買取.comはこちら

 

5位:ハイシャル

査定のみOK&無理な営業電話なしの廃車買取サービス!
車の買取価格4.0
どんな車も0円以上で買取保証
手間(電話査定可)4.5
専用フォーム・電話・LINEで申込み
対応スピード4.0
最短で翌日の引き取り
提携査定会社数
販路や運営のため、全国1,000社以上の専門業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
電話またはメールで、ハイシャルとやり取り

ハイシャルは、女性や年配の人でも安心して利用できる、廃車買取サービスです。

2019年の相談実績は65,000件突破しました。

分かりやすいシステムと専門スタッフによる年中無休のサポートが、ハイシャルの特徴です。

1,000社以上の専門業者と提携することで、サービスの全国展開を可能にしています。

エリアや車両状況によっては、午前中の依頼で当日に引き取ってもらえる場合もあります。

ハイシャルは、国内での再販・輸出・マテリアルとしての再利用など、様々な販路を持っているため、どんな車も0円以上の買値がつくのです。

それから、廃車手続きも無料で代行してくれて、還付金も受け取れますよ。

  • 廃車買取に詳しくない人でも、分かりやすいシステム
  • 査定のみOKで、無理な営業電話なし
  • LINEでの査定申込みや相談も可能

ハイシャルはこちら

 

1番おすすめの廃車OKの査定サービスはどこ?

おすすめの廃車OKの査定サービスは、ランキング1位の「カーネクスト」です。

カーネクストは、業界でもトップクラスの廃車買取価格を実現しています。

廃車に高値がつく理由は、海外に独自の販路を持っており、そこに輸出やパーツ資源を販売しているからです。

15年以上前の車・15万Km以上走行の車・車検切れの車・故障車・事故車・不動車などの買い取り実績も多く、安心して査定を任せられますよ。

カーネクストは、専門スタッフが利用者一人一人を最後までしっかりサポートしてくれるため、廃車買取が初めての人でも利用しやすいです。

「売れないだろう」と諦めていた車に、思わぬ買取価格がつくケースもあります。

古い車の処分に困ったら、カーネクストに査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

ランキング1位
カーネクストはこちら

もくじに戻る▲

ハイエースの買い取りでよくある質問と回答

ハイエースの買い取りでよくある質問と回答

つづいて、ハイエースの買い取りでよくある質問と回答をご説明します。

Q1.ハイエースを高く買い取ってくれる買取店はどこ?

「絶対に高く買い取ってくれる店」を、断定することはできません。

車の状態や店の買取状況などで、買取価格が変わるからです。

ただ、無料一括査定を利用すると、その時一番高く買い取ってくれる店を、すぐに見つけられます。

安く買い取られることも防げるので、売却を考えたら、まずは一括査定することをおすすめします。

Q2.ローン(残債)がある車でも売ることはできる?

ローンが残っていても、売ることは可能です。

ただし、確認事項や必要な手続きがあるため、詳しくは車買取業者や、ディーラーに確認してください。

Q3.車を売るか分からないけど、ネット査定できる?

車を売るか迷っている段階でも、ネット査定は可能です。

店舗で査定してもらうより、断るストレスがない分、安心して利用できます。

実際に売却を決めた際も、車の相場を知っておくと、安く買いたたかれずに済みます。

迷っている時こそ、ネットの無料査定サービスを利用するのがおすすめです。

Q4.買い取りと下取りってどう違うの?

買い取りは、買取専門店や中古車販売業者に、車を買い取ってもらうこと。

下取りは、車を購入する際に、現在の車をディーラーなどに売り、その買取金を車の購入代金に充当してもらうことです。

つまり、下取りの場合は「新しい車を買う」ことが必須条件。

どちらにしても、相場より愛車を安く買われてしまうと、損します。

そのため、愛車の相場がいくらなのか、無料一括査定などを利用して、事前に調べておきましょう。

Q5.自動車保険などの契約はどうすればいい?

ハイエース売却後、しばらく車に乗らない場合は、自動車保険などは「中断」するのがおすすめです。

「中断」であれば、現在の等級を継承することができます。

手続きに関しては、ハイエースの売却が決まってからでOK。

不明点や詳細は、加入している保険会社の他、買取専門店でも相談が可能です。

ハイエース
買取価格をカンタン比較!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

まとめ(ハイエースの買い取り)

まとめ(ハイエースの買い取り)

最後に、ハイエースの買い取りについてまとめます。

ハイエースを売るなら、

1、ディーラーでの下取り
2、買取専門店への売却
3、一括査定サービスの利用

といった選択肢があります。

ディーラーでは安く買い叩かれるリスクがあるため、
複数の買取専門店から査定を受けられる一括査定サービスの利用がおすすめです。

同じ車でも、買取専門店によって査定方法が違うため、
買取専門店によって買取価格は大きく異なります。

(以下、イメージです)

買取業者買取価格
買取業者Aバツ30万円
買取業者B二重丸
60万円
買取業者Cバツ45万円
ディーラー下取りバツ15万円

それぞれの買取査定額がわかれば、
この中から、一番高値を提示した買取店に売却するだけです♪

買取店が違えば数十万円の差が生まれるので、
安いお店に売ってしまわないように注意です!

それぞれの買取価格を知るために、
買取専門店を1つ1つ回って、
何度も査定を受けるのは非常に面倒な作業ですよね?

無料一括査定サイトを使えば、こうした面倒な作業から解放されます。

無料の一括査定サイトなら、
たった1度の入力で、複数の買取店から見積額が届きます。
もし一括査定サービスを活用せずに愛車を手放してしまっては、
何万円もしくは何十万円の大金を捨ててしまうことになりかねません。

あなたが大事に乗ってきた車には、あなたが思っている以上の価値があります!

愛車の本当の価値はいくらなのか
一括査定サービスを使って確認してみてはいかがでしょうか?

ハイエース
買取価格をカンタン比較!
おすすめ一括査定サービス

「新車が欲しい…」
「手元に資金がない…」
そんな時は一括見積もりで愛車の買取価格を大幅アップ!
無料のネット一括査定はコチラ
「新車が欲しい…」
「手元に資金がない…」
そんな時は一括見積もりで愛車の買取価格を大幅アップ!
無料のネット一括査定はコチラ
タイトルとURLをコピーしました