橋本 隆志

カーライフニュース - 橋本 隆志

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

11月28日、お台場のメガウェブ内、特設コース内にてグッドイヤー雪上体験・試乗会が開かれた。会場では、コース内に人工の雪道を設営。雪道での運転ポイントや、冬タイヤでの雪上走行体験、夏タイヤでの比較走行が行われた。

この日講師を務めたのは、レーシングドライバーの田ヶ原章蔵氏と水谷大介氏。水谷氏は雪道の運転について「晴れであろうが、雨であろうが、雪であろうが、基本は丁寧な運転がポイント。ドライでは“急”のつく操作をしても大きな問題にはなら・・・

ニュースを読む

◆音へのこだわりとクルマとの一体感

「全ての音は、うち(トヨタ)はノイズだった。全部ノイズ。だけど(音には)音色というものもある。意志を持って、アクセルを踏んでいるときの『ウーン』っていう音は、いわば自分の意思の音」

このセリフは、トヨタ自動車が公開した豊田章男社長とイチローとの対談動画の中で、豊田氏が「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を説明する際に語った会話の冒頭部分だが、クルマの「音」について会話がスタ・・・

ニュースを読む

日本グッドイヤーは東京モーターショー15に出展、タイヤの発熱と走行時の圧力を電気に変換する発電タイヤ「BH-03」と路面状況に応じて変形するモーフィングタイヤ「トリプル・チューブ」を公開した。

29日に行われた記者会見において取締役のマイク・リトコスキー氏は、BH-03について「ガソリンもいらない、充電もいらないそんな未来を想像してほしい。タイヤは(走行中に)80度まで発熱。その熱をエネルギーに変換してバッテリーに充電する。さらにタイ・・・

ニュースを読む

三菱ふそうは東京モーターショー15に出展、参考出展を含む3台のトラックを展示した。

三菱ふそう代表取締役社長・CEOのマーク・リストセーヤ氏は「今回の当社ブースは、当社の高い燃費性能を実現した最新車輌と、将来に向けて型にはまらない答えを創り出す能力を示したもの」と、出展車輌をアピール。

3台のトラックはそれぞれ、『スーパーグレートV スパイダー(参考出展)』『スーパーグレートV 2016年モデル』『キャンター電源供給車(参考出展)』・・・

ニュースを読む

VWは東京モーターショー15において、2代目となる小型SUVモデル『ティグアン』とそのPHEVモデル『ティグアン GTE』を日本初公開した。

ディーゼル搭載車の排気ガス不正問題で揺れるVW。カンファレンス冒頭では、VW乗用車部門トップのヘルベルト・ディースCEOが記者会見し一連の騒動を謝罪し、クルマの電動化を強化していくと改めて宣言した。

今回、VWブースの中央を飾ったのは、独・フランクフルトモーターショー15でデビューしたティグア・・・

ニュースを読む

川崎重工は東京モーターショー15で『Ninja ZX-10R ABS』『Ninja ZX-14R ABS』『Z125 PRO』の3機種を日本初公開した。

Ninja ZX-10R ABSは、5年ぶりにモデルチェンジしたカワサキのリッタースポーツバイク。新型では、2015年のスーパーバイク世界選手権でライダーズタイトルおよびマニュファクチャラーズタイトルを獲得したチャンピオンマシンのノウハウをフィードバックし、エンジンの出力向上やシャシ・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは東京モーターショー15の会場で、ミッドシップ・プレミアムオープンスポーツ『4C スパイダー』を発表した。

同車は、昨年国内導入した『4C』のオープンモデル。カーボンファイバー製モノコックシャシーを採用することで高い剛性を確保した結果、同社の発表によれば、4Cスパイダーと4Cの構造の差異は最小限に抑えることができたという。

FCAジャパン社長のポンタス・ヘグストロム氏は「ミッドエンジンとオープンエアーの織りなすパフォー・・・

ニュースを読む

28日に開幕した東京モーターショー15。ダイハツはFFプラットフォームを採用したスペース系商用車『テンポ』を出展した。

ダイハツ工業の三井正則社長は「商用車はちょっと苦手という方でも、使いやすいクルマを作れないのか、その答えがテンポ。乗用車のメリットを持つ新たな商用車だ」と説明する。

テンポは、従来の商用車と異なりFF構造を採用することで、運転のしやすさや乗降性などの利便性を高めているのが特徴。三井社長によると「発想の転換から生まれ・・・

ニュースを読む

28日に開幕した東京モーターショー15。ダイハツは乗り降りに着目した軽自動車のコンセプトカー『ノリオリ』を出展した。

発表会において、ダイハツ工業社長 三井正則氏は同車について「イージーアクセスなスモールカーを目指した近未来のマルチユースコミューター。子供と親、近くに住むご両親、地域の方々、様々な支え合いの中で暮らす姿、そんな暮らしを思い描く中から1つの提案に至った」と説明。

段差ゼロを目指したという超低床フロアを採用。車両横の電動・・・

ニュースを読む

10月28日、第44回東京モーターショーのプレスデーが開幕。マツダは『RX-VISION コンセプト』をワールドプレミアした。

RX-VISION コンセプトは、次世代ロータリーエンジンの「SKYACTIV-R」を搭載し、ロータリーの動力性能、環境性能を大きく高めた 「マツダが将来、実現したい夢」を形にしたモデル。大のスポーツカー好きを公言するマツダデザイン本部長 前田育男氏は、同車を一言で表現すると“色気”と述べる。

「色っぽいク・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

トトロ

燃費は上々

車種名:マツダ アクセラスポーツ (ディーゼル)
投稿ユーザー:トト***** さん
総合評価:

現在片道30キロの通勤で利用しています。通勤路は走りやすい農免道やバイパ...[ 続きを見る ]

カンノマン

デイズハイウエイスター(B21W 4WD)からデイズハイウエイスターシン...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針