森野恭行

カーライフニュース - 森野恭行

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

クルマとの対話がきちんとできるステアリングや、ペダルタッチがしっかりとしていて、回生が強めに入った時も「効き」に違和感を覚えないブレーキが象徴するように、4代目の『プリウス』は、普通の人が普通に運転のできるクルマになっていた。その点が、これまでのモデルとの最大の違いだと考える。

また、モーター走行の状態から、負荷の高まりによりエンジン走行に移行する際の印象もかなり変わった。従来型はエンジンがいかにも苦しげな音を発し、細かな振動も伝えて・・・

ニュースを読む

「名車『フォーカスST』のSUV版」と位置づけることができた初代の時代から、「通」のあいだでは話題に上ることが多かったSUVが『クーガ』だ。

世界各地の道やオフロードを舞台として鍛え上げられたハイバランスな走りは、いうまでもなく2013年に日本に投入された2代目にも引き継がれている。

そんなクーガのエンジンが一新されたことは、大きなトピックと言っていいだろう。まず試したのは2リットルエコブーストを搭載する「タイタニウム」だが、走り出・・・

ニュースを読む

今のSUVの高い人気は、一過性のブームではなく、市場にしっかりと定着したものだ。

なぜ、セダンやハッチバック、ワゴンではなくSUVなのかといえば、クルマにまつわる欲張りなニーズに応えてくれる存在だから。「SUV=レジャー」は過去の話で、万能なファミリーカー、そして行動の自由を広げてくれる日常のパートナーとして、SUVを選ぶ人が増えた。

そこで、マツダ『CX-5』、トヨタ『ハリアー』、スバル『フォレスター』という、3台のミドルクラスS・・・

ニュースを読む

6代目の見どころは、「伝統」と「変革」のほどよいバランスだろう。『マスタング』のDNAを明確に主張するスタイルは、大柄なボディサイズとも相まって、アメリカンスペシャルティに期待する迫力や威圧感を表現しているし、質感を大幅に高めたインテリアも、期待に違わない魅力的な仕上がりだ。さらに、古くからのファンには「ファストバック」の呼称も懐かしく耳に響くはず。新型が、いかに「伝統」を大切にしているかがわかる。

で、こんどは「変革」の部分に注目す・・・

ニュースを読む

最後まで迷いに迷ったのは、『デミオ』と『Cクラス』のどちらに10点をつけるか。「よしっ!」とデミオに決めたのは、日本のコンパクトカー界を大きく変えるだけでなく、世界のコンパクトカーの潮流にも影響をおよぼすエポックメーキングなモデルだと考えたからだ。

カギを握るのは、SKYACTIV-D 1.5が生む気持ちのいい走りと、所有欲をくすぐる艶やかな容姿や上質な仕立ての内装。日の丸コンパクトの常識を超えた、と表現してもいいだろう。なら、なぜC・・・

ニュースを読む

近ごろ、花盛りの様相を呈するのが、Bセグメントカーをベースとするコンパクトクロスオーバーだ。とくに活発な動きを見せるのは欧州ブランドで、プジョー『2008』やルノー『キャプチャー』が日本でも大きな注目を集めている。

で、今度はフォード『エコスポーツ』が上陸してきた。サイズや価格面では2008やキャプチャーと競合するが、キャラクターが大きく異なるのが興味深い。背面スペアタイヤが象徴するように、エコスポーツのイメージはワイルドで、SUV本・・・

ニュースを読む

すでに語り尽くされている感もあるが…新型『アクセラ』最大の注目点は、個性のまったく異なる3種のパワートレーンを用意しているところだ。

とくに関心を集めるのは、マツダ初のハイブリッド。提携先のトヨタから基本システムの供給を受けながらも、スカイアクティブの技術と思想に基づく独自開発を進めたのが見どころで、『プリウス』とは趣が違うマツダ味のハイブリッド車に仕上げている。

光るのは段つき感のないモード移行で、優れたドライバビリティとリニアな・・・

ニュースを読む

悩みの種はやはり、『ゴルフ』と『フィット』のどちらに10点をつけるかでした。どちらも力のあるモデルで、ゴルフは欧州代表、フィットは日本代表という印象です。

フィットの減点要素となったのは、ファンの期待がもっとも大きく、実際に売れているハイブリッドモデルの熟成不足。新技術で挑んだ点に「ホンダらしさ」を感じますが、低速域のギクシャク感については早い対策が望まれます。

逆に、ゴルフは隙のないクルマづくりに圧倒される思い。MQBという革新の・・・

ニュースを読む

いちばんの興味の対象は、やっぱりIMAからi-DCDにシステムを一新したハイブリッド。

シンプル&低コストな1モーター式を継承しながら、『アクア』を超えるJC08モード36.4km/リットルの燃費値を達成するというから…こんどのホンダは本気の本気だ! 7速DCTを組み合わせて、奇数ギヤにおいてモーターアシストを行うというアイデアにも、ホンダらしいユニークさを感じる。

発進および低速走行はEV状態(モーター走行)でカバーすることができ・・・

ニュースを読む

PHV(プラグインハイブリッド)に興味を持つ人の一番の関心事は…やはり、EVとして走ることができる航続距離だろう。そこで、横浜みなとみらいを起点とした報道試乗会で試してみると…ECOモードなら25km以上走れることがわかった。

ちなみにこの数値は、全体に平坦な一般道で、ムダのないアクセルワークを心がけつつも、極端なエコランはしないで得られた1人乗車での結果だ。

道のアップダウンが多いコースや、ドライバーのアクセルワークがラフなケース・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiloichi

まさに人馬一体!

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:hil***** さん
総合評価:

2シーターのスポーツカーという性質上、どうしても載せられる荷物の量は限ら...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算41回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算41回目)を1/18に行いました。前回の給油から576.0km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針